妊婦は明太子やたらこを食べてもいいの?生は危険?食べちゃったら? 美容

妊婦は明太子やたらこを食べてもいいの?生は危険?食べちゃったら?

「妊婦は明太子やたらこを食べない方が良い」こんな噂を耳にしたことはありませんか?果たしてこれは本当なのでしょうか?この記事では、明太子やたらこを生で食べると危険だと言われている理由や、「食べたい」時の注意点、「食べちゃった」という時の対処法についてご紹介ます。

目次

[表示]

妊婦は明太子やたらこを食べてもいいの?

Anemone123 / Pixabay

まず初めに、「妊婦は明太子やたらこを食べても良いのか」という根本的な問題から見ていきましょう。

妊娠中は食べ物を気にする人が多数!明太子やたらこは食べても良い?

rawpixel / Pixabay

妊娠中は、食生活がお腹の赤ちゃんに影響を与えることを懸念したり、貧血やつわりの症状を悪化させないためにも、食べ物には気を遣っている人が多いようです。

では、明太子やたらこは妊婦さんが食べても良い食べ物なのでしょうか。

結論は?食べても大丈夫!

RobinHiggins / Pixabay

結論から言うと、妊娠中に明太子やたらこを食べても大丈夫です。これなら、明太子やたらこが好きという妊婦さんも安心ですね。

ただし、食べる際には注意が必要

ただし、明太子やたらこを生で食べることは控えた方が良いでしょう。明太子やたらこを食べる時には十分に火を通したり、なるべく新鮮なものを選ぶように心がけましょう。

その他の注意点については後に詳述しますので、「どうしても明太子やたらこが食べたい!」という妊婦さんは参考にしてみてください。

関連する記事はこちら

妊娠中、明太子やたらこに注意が必要な理由は?

qimono / Pixabay

では、そもそもなぜ妊娠中に明太子やたらこを食べることは注意が必要であると言われているのでしょうか。

リステリア菌が危険?流産や早産の危険性がある?

Free-Photos / Pixabay

明太子やたらこにはリステリア菌というものが含まれています。このリステリア菌は、生ハムやスモークサーモンなどの食材にも含まれています。

実はこのリステリア菌に感染してしまうと、妊婦さんの体への影響が軽度だったとしても、胎児の体に大きなダメージを与え、結果的に流産や早産の危険性を高めてしまう可能性があるのです。

妊娠中は塩分が高いものや生ものも食べないほうが良い?

一般的に、妊婦さんは塩分の高いものや生ものは控えた方が良いと言われています。

特に生ものは、食中毒を引き起こしたり、下痢や嘔吐の原因となることが考えられるので避けるべきでしょう。

塩分を過剰摂取すると妊娠高血圧症候群になる可能性も

onefox / Pixabay

塩分の摂りすぎは妊娠高血圧症の原因となります。妊娠高血圧症は妊婦さんの約20人に1人の割合で発症すると言われています。

血圧の上昇やむくみ、たんぱく尿などの症状が一般的ですが、重症化すると脳出血やけいれん、肝機能障害など妊婦さん側のリスクのみならず、胎児の発育不全や常位胎盤早期剥離、最悪の場合死亡のリスクもあります。

このようなリスクを極力減らすためにも、塩分の摂取には注意しましょう。

妊婦が明太子やたらこを食べた場合に考えられるリスクは?

WikimediaImages / Pixabay

では実際に、妊婦さんが明太子やたらこを食べた場合にはどのようなリスクが考えられるのでしょうか。

明太子やたらこにはリステリア菌が含まれている場合が多い?

whoismargot / Pixabay

明太子におけるリステリア菌の保有率はおよそ30%と言われています。リステリア菌の保有率は、鶏肉が40%、豚肉が15%、チーズが3~4%と言われていますから、これは決して低くない数字と言えるでしょう。

妊娠中はリステリア菌への感染率が高まる

stevepb / Pixabay

また、妊婦さんは妊娠していない人に比べて、20倍もこのリステリア菌に感染しやすいと言われているのです。

先ほどご紹介したように、妊婦さんがリステリア菌に感染することは、胎児にとって大きなリスクを伴います。そのため、生の状態で明太子やたらこを食べることは避けるべきでしょう。

妊娠中は免疫力が低下するため、食中毒の危険性が!

Free-Photos / Pixabay

妊婦さんは、ホルモンバランスの変化や睡眠不足、ストレスなど様々なことが原因となって、妊娠していない時に比べて免疫力が低下します。そのため、食中毒にかかりやすくなると言われています。

絶対に生ものを食べてはいけないと言うことではありませんが、リステリア菌のように胎児に大きな影響を与えあるものもあるので、リスクについてしっかり調べておくようにしましょう。

妊娠中の食中毒は胎児に影響!嘔吐や下痢には注意

Alexas_Fotos / Pixabay

食中毒は、嘔吐や下痢などの症状を伴います。嘔吐や下痢が一時的なものであれば流産や早産に直接つながることはありませんが、問題はこれらの症状が長く続く場合です。

嘔吐や下痢が続き脱水症状を引き起こすと、胎盤から胎児に対して送られる血液量が少なくなったり、妊婦さん側の症状が重症化すれば意識障害を引き起こすことも考えられます。

妊娠中は、使用できる薬も少ない

jarmoluk / Pixabay

妊婦さんは、服用できる薬に制限があります。妊娠していない時であれば抗生物質などですぐに治せる症状も、妊娠しているとなるとそうはいかない場合もあるでしょう。

そのため、万が一食中毒にかかってしまった場合、治療も限られ、妊娠していない時と比べて回復が遅れてしまう可能性が考えられます。

明太子とたらこには塩分が多いため、過剰摂取の可能性も

andreas160578 / Pixabay

明太子やたらこは塩漬けなので、当然塩分量の多い食材と言えるでしょう。そのため、気にせずパクパクと食べていると塩分の過剰摂取になってしまいます。

明太子やたらこを食べる時には少量にしたり、減塩のものを選ぶようにしましょう。

食べた後に危険性を知って、不安になってしまう

xusenru / Pixabay

上記の通り、生で明太子やたらこを食べることは様々なリスクが考えられます。たとえ火を十分に通した明太子やたらこであっても、食べた後にこれらのリスクを知れば不安になってしまう妊婦さんもいることでしょう。

妊娠中の過度なストレスは胎児に影響を与えてしまう可能性もあるので、不安に思うようであれば明太子やたらこの摂取は控えた方が良いでしょう。

妊婦が明太子やたらこを食べちゃった時は?

nicolagiordano / Pixabay

生で明太子やたらこを食べた場合、様々なリスクがあることが分かっていただけたかと思います。

では、もしも妊婦さんが「生の明太子やたらこを食べちゃった!」という時には、どうすれば良いのでしょうか。

もし妊娠中に生の明太子やたらこを食べてしまったら、病院へ行った方が良い?

valelopardo / Pixabay

中まで十分に火を通した明太子やたらこであれば問題はありませんが、もしも生の状態で明太子やたらこを食べてしまった場合には、かかりつけの産婦人科に相談をしてみましょう。

リステリア菌に感染してから症状が出るまでの期間は9時間~数週間と、人によってかなり違います。また、妊婦さんの症状が軽くても胎児には大きな影響を与えることも考えられるので、必ず受診するようにしましょう。

食べてしまっても気にしすぎは良くない?

RobinHiggins / Pixabay

産婦人科を受診した方が良いのは確かですが、先ほどもご紹介したように明太子のリステリア菌保有率は30%ですから、当然リステリア菌が含まれていない場合もあります。

もしも生の状態で明太子やたらこを食べてしまってもあまり悩み過ぎず、産婦人科医の指示に従いましょう。

実際には、妊娠中に生ものを食べている妊婦も多い

takedahrs / Pixabay

生ものは食中毒による下痢や嘔吐の症状を引き起こす可能性があるのは確かですが、実際には妊婦さんでも生ものを食べている人は多いようです。

ただし、体調が良くない時やどうしても生ものを食べるのが不安という人は、避けるのが無難でしょう。

妊婦は明太子やたらこを食べた方が良い?食べない方が良い?

TeroVesalainen / Pixabay

妊婦さんが生の状態で明太子やたらこを食べることにはリスクがありますが、妊娠中に明太子やたらこを食べることは控えるべきなのでしょうか。

妊娠中は、バランスよく栄養を取ることが大切!

RitaE / Pixabay

妊娠中は、妊婦さんの体のため、そして赤ちゃんの成長のためにも、栄養バランスの取れた食生活をすることが大切です。

明太子やたらこにも様々な栄養素が含まれています。十分に加熱して食べる量に気をつければ、妊娠中であっても食べて問題ないでしょう。

明太子やたらこに含まれる栄養素は?

TeroVesalainen / Pixabay

明太子やたらこに含まれる主な栄養素は、たんぱく質・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンEなどです。

たんぱく質は体を作るために必要な栄養素です。また、貧血や冷え性を予防してくれます。既に冷え性気味という人の場合、ビタミンEを摂取することで血行が良くなり、冷え性が改善できるかもしれません。

また、ビタミンB1はエネルギーを作ることで疲労回復を促し、ビタミンB2は脂質の代謝をサポートしたりホルモンや細胞膜の材料となる働きがあります。

バランスの良い食事のためには、食べた方が良い?

RealAKP / Pixabay

明太子やたらこには様々な働きをする栄養素が含まれています。そのため、栄養をバランスよく摂取するために食事に取り入れるのも良いでしょう。

ただし、生の状態で食べることや、食べ過ぎには十分に注意しましょう。

あまりにも心配・不安な場合は、他の食品で栄養を取ろう

Engin_Akyurt / Pixabay

ただし、十分に加熱した状態の明太子やたらこであっても心配だという人は、他の食品で足りない栄養素を補うようにしましょう。

豚肉であればリステリア菌の保有率が明太子やたらこと比べて低く、かつ良質なたんぱく質・ビタミンB1を摂取することが可能です。また、納豆や豆腐などの乳製品もたんぱく質・ビタミンB1の摂取にはおすすめです。

ビタミンB2は納豆や乳製品・卵など、ビタミンEはナッツ類や植物油などで効率的に摂取することができます。

妊娠中でもたらこ・明太子が食べたい!注意すべき点は?

TeroVesalainen / Pixabay

妊婦さんの中でも、「明太子やたらこが食べたい!」という人はいるでしょう。もちろん妊娠中でも明太子やたらこを食べることは可能ですが、その場合に気をつけなければいけないことがいくつかあります。

これからご紹介する注意点をしっかり把握して、安心・安全に明太子やたらこを食べましょう。

妊婦は明太子やたらこを食べたいときは火を通すとOK?生焼けに注意!

Ernest_Roy / Pixabay

ここまでにも何度か書いてきましたが、明太子やたらこを食べる時には必ず火を通しましょう。中まで十分に火を通すことで、明太子やたらこに含まれるリステリア菌が死滅します。

当然生焼けであればリステリア菌は残った状態になってしまうので、十分に焼けているかどうかのチェックをしっかりしてから食べるようにしましょう。

妊婦のたらこ・明太子の1日の摂取量はどのくらいにすべき?

TeroVesalainen / Pixabay

日本人の成人女性の食塩摂取量の基準は、1日当たり7g未満とされています。妊婦さんも妊娠していない人と変わらず、この7g未満を目標として塩分を摂るようにすると良いでしょう。

焼きたらこには、100gあたり約5.3gの食塩が含まれていると言われています。他の食事にも当然塩分は含まれていますから、ひと腹食べると1日のトータルとして1日の摂取量を超えてしまう可能性が高いです。

他の食事で塩分を調整出来れば問題ありませんが、1日ひと腹以上明太子やたらこを食べるのは良くないと言えるでしょう。

NEXT:新鮮なものを選んで早めに食べる
1/2