自己管理能力は重要!自己管理能力は何かから高める方法まで解説 ライフ

自己管理能力は重要!自己管理能力は何かから高める方法まで解説

目次

[表示]

自己管理⑤お金の管理

blickpixel / Pixabay

お金の管理も自己管理の重要なカテゴリの一つです。お金の管理が出来ない人は、自己管理能力が低いといわれています。お金の計画をせず散財してしまったり、必要ないものを買ってしまうなどです。

お財布の中にお金がいくら入ってるか、貯金や預金口座にいくら入っているのか、今月どのくらいのお金が使えるのかなど、お金の管理をすることが重要です。

お金の管理がきちんとできると、無駄遣いや散財をすることはなくなります。また自分でお金の使い方をコントロールすることもでき、自分の精神にも余裕ができます。

自己管理能力の高さが生み出すメリットは?

qimono / Pixabay

自己管理能力が高さが生み出すメリットとは具体的にどのようなものなのでしょうか。自分でメリットと感じられるものがあったら、自己管理能力を高めようと思うきっかけにもなります。

ここからは自己管理能力が高い場合に生み出されるメリットについてご紹介していきます。

メリット①目標を達成する事が出来る、自己肯定感が高まる

denkendewolke / Pixabay

自己管理能力が高いと一つ一つの目標を達成することができ、また自己肯定感が高まります。目標を達成し自己肯定感が高まることで自分の生活が充実することができるのです。

目標を達成することで、自分自身の価値や技術が磨かれるので、仕事で活躍することができたり、プライベートでの生活も豊かになるのです。

メリット②体調を崩さなくてすむ

geralt / Pixabay

自己管理能力が高いと生み出すことができるメリットの一つとして体調を崩さなくてすむというメリットがあります。

自己管理能力が高いということは自分の生活をきちんと管理していることになります。規則正しい生活をし、生活リズムを狂わさずに生活をしていると体調を崩さなくてすむのです。

不規則な生活をしているとその分体調を崩すリスクが跳ね上がってしまいます。長い目でみても日ごろの自己管理を怠らずにすることで大病になる割合も少なくなるのです。

メリット③自分を客観視できる為感情的な行動がなくなる

RobinHiggins / Pixabay

自己管理能力が高いと生じるメリットとして自分の感情的な行動を客観視することができます。

感情的に行動をしてしまうと何かしらの問題が発生してしまったりと、マイナスの方向に行ってしまうことがことがあります。

冷静になり自分を客観視することで、感情的な行動を抑え、冷静に物事判断することが自己管理能力が高い人は可能なのです。

メリット④時間を有効に使えるようになる

Foto-Rabe / Pixabay

自己管理能力の高さが生じるメリットとしては時間を有効に使えるようになります。自己管理能力が高い人は、自分の能力や技術を把握しているため、時間を効率よく有効に使えるのです。

常に自分の時間を計算し行動することで、時間を無駄にすることを抑えることもでき、時間に余裕を生み出すことも可能なのです。そのため、有意義に充実した毎日を送ることができます。

自己管理能力の高さは面接でもPR出来る

styles66 / Pixabay

現在就活中の人や、転職を考えている人は自分の自己管理能力を面接でPRしてみてはいかがでしょうか。仕事をする上で、自己管理能力が高いと有能な人材と判断される可能性が高いでしょう。

自己管理能力が低い人は、管理ができていないため何事もルーズな印象を与えてしまったりと採用する上でもマイナスな印象になりかねません。

自己管理能力が低い人の特徴は?できる人とできない人の違いは何?

lannyboy89 / Pixabay

自己管理能力が高い人は生活する上で様々なメリットがありますが、それとは真逆の自己管理能力の低い人はどのような特徴をもっているのでしょうか。

できる人とできない人の違いは一体何なのでしょうか。心辺りがある場合はこれを機に自己管理能力を高めてみてはいかがですか。

いつもイライラしている

PDPics / Pixabay

自己管理能力の低い人の特徴は、いつもイライラしているという特徴があります。自己管理ができていないため、心に余裕がなくイライラしてしまうのです。

ですが、イライラしている原因がわからずに、イライラしてしまっている人が多いようです。

何故こんなにイライラしているのだろうを疑問に思った時は客観的に自分の今の状況を把握することが大事なのではないでしょうか。

散財する、金銭面がルーズ

stevepb / Pixabay

自己管理能力が低い人は、散財、金銭面がルーズなことも特徴としてあげられます。

特に必要でないものを無駄に買っていたり、欲しいものをあれこれと買ってしまい、今月どのぐらいの出費があったか、カードの支払いはいくらあるのか把握していないなどです。

自己肯定感が低い

RyanMcGuire / Pixabay

自己管理能力が低いとその分、自己肯定感が低いのも自己管理能力が低い人の特徴です。

自己肯定感が低いと自分に対しての責任感もなく、自分への自信も低いようです。

ギャンブルが好き

quinonesnaomy / Pixabay

ギャンブルが好きな人も自己管理能力が低い人の特徴としてあげられます。

趣味範囲でギャンブルを楽しむことは良いことですが、ギャンブルを自分の大金などはたいてやってしまうというのは自身の計画性が乏しいからです。

自分の弱さを知らない

sasint / Pixabay

自己管理能力の低い人は、自分の弱さを知らないという特徴があります。自分の弱さを知らないと、繰り返し失敗をしてしまったりすることがあります。

自己管理能力が高いと、自分の弱さを把握しており、未然に弱い部分に対策を打つことができます。

約束を守らない、時間にルーズ

qimono / Pixabay

自己管理能力が低い人は、約束を守らなかったり、時間にルーズな人が多いです。約束を守れず、時間にもルーズな人は他人の信用問題にも関わってきてしまいます。

約束があったり、時間が決まっていれば、自己管理能力が高い人はあらかじめ自分のスケジュールを組み立て時間通りに、約束どおりに事を進めることができます。

目標やなりたいイメージがない

Anemone123 / Pixabay

自己管理能力が低い人は自分の目標やなりたいイメージがないことが一番の特徴としてあげられるのではないでしょうか。

目標やなりたいイメージがないと、モチベーションがあがったり意欲が湧くということもないのでしょう。

自己管理能力とは極論ですが、自分の目標を達成するために必要な能力です。

誘いや他の身を断れない

geralt / Pixabay

日常生活を送る上で、知人や友人からの誘いや他の身を断れないということはないでしょうか。誘いや他の身を断れない点も自己管理能力が低い人の特徴の一つです。

やるべき事があるのに、知人や友人からの誘いを断れずに流されてしまったり、自分自身を犠牲にして、仕事を受け入れてしまってしまうことは自分のキャパを把握していないことになります。

責任感がない

jwvein / Pixabay

自己管理能力が低い人は、責任感がないという特徴もあります。目的意識が低く、物事に関していい加減に行動をしていると、周りの信用問題にも関わってきてしまいます。

肥満体の人も自己管理ができていない?

jarmoluk / Pixabay

肥満体の人も自己管理できていないという考えを持っている人が中にはいるかもしれませんが、必ずしも肥満体の人が自己管理できていないという訳ではありません。

自己管理ができずに好きな物ばかり食べていることは、当てはまってしまうことですが、自己管理はきちんとしていても体質や環境、遺伝などが原因で肥満体になってしまう人もいます。

そのため肥満体の人が全員自己管理できていないというイメージは、失礼にあたる可能性もありますし、差別として悪い印象を持たれることもあるので注意したほうがいいでしょう。

自己管理について取り扱った本

EliFrancis / Pixabay

近年自己啓発や自己管理能力に関する本が数々出版されています。ビジネスのためや人生をより豊かにするために読んでいる方は多いのではないでしょうか。

ここからは自己管理について取り扱っている数多くの本から、数冊ご紹介していきます。気になる本があったら是非読んでみてはいかがでしょうか。

自分を変える習慣力

18万部を突破した三浦将が著書の「自分を変える習慣力」は、なかなか習慣化できない原因は潜在意識であるとし、脳科学、心理学を交えて原因を説明しています。

自己管理能力を上げるために、どのように習慣を変えていけばいいかがわかる本です。1100円弱で買うことができるので気になる方は読んでみてはいかがでしょうか。

人生を変える行動科学セルフマネジメント-自分と変化させるたった1つの方法-

石田淳さんが著書の「人生を変える行動科学セルフマネジメント-自分と変化させるたった1つの方法-」は行動や習慣を論理的に説明しており、理解しやすい内容となっています。

どのように行動をして人生を変えればいいかわからないという方に具体的に行動科学に基づいて説明しています。1500円弱で手にすることができる一冊です。

原田隆史監修 目標達成ノート STAR PLANNER

題名には、目標達成ノートとありますが、本の中身の内容は具体的にはノートというより読み物と手帳がメインです。自己啓発界では有名な原田メソッドをこの本で活用することができます。

プロ野球選手として活躍している大谷翔平選手も活用しているツールなこともあり、効果を実感することができるのではないでしょうか。1700円弱で手にすることができるので是非活用してみてください。

セルフマネジメント(ナーシング・グラフィカー成人看護学(3))

voltamax / Pixabay

慢性病を抱えている患者だけでなく、自立した存在をテーマにセルフマネジメントしていく支援方法が書かれています。図解などを用いてわかりやすい内容の本となっています。

3000円弱で手にすることができるので、自分や他人に対してのマネジメントについて興味がある方にオススメの一冊となっています。

自己管理を手助けするアプリやアイテムも!

geralt / Pixabay

現在スマートフォン上で様々なアプリが展開されていますが、その数あるアプリの中で自己管理を手助けするアプリやアイテムが存在するのをご存知でしょうか。

ここからは、手軽に自己管理を手助けしてくれるアプリやアイテムについてご紹介していきます。

[android/iPhone]Googleカレンダー

Simon / Pixabay

知らない人のほうが少ないGoogleからリリースされている「Googleカレンダー」は自己管理をアシスタントしてくれるアプリの一つです。androidやiPhoneで使用することが可能です。

使い方は無限にあるため、Googleカレンダーの可能性は幅が広いのです。まず、スマートフォンだけでなく自分が持っているデバイスで共有することが可能です。

いつどこにいてもデバイスさえあればアクセスが可能ですし、編集なども即座にすることができます。紙の手帳代わりに使って自己管理に役立ててみてはいかがでしょうか。

[android/iPhone]自分ルールポイントプログラム

ijmaki / Pixabay

続いて「自分ルールポイントプログラム」というアプリのご紹介です。こちらもandroidやiPhoneで使用することが可能です。名の通り自分のルールをポイントとして加算して目にすることができます。

自分で設定したルールをポイントとして設定し、ポイントが溜まったら、好きなことやご褒美などしたいことをすることができるという特徴があります。

ゲーム感覚で自己管理を行うことができるので、三日坊主で辞めてしまう人や報酬やご褒美がないとやる気がわかないという人にはオススメのアプリです。

[iPhone]Grid diary

JESHOOTS-com / Pixabay

「Grid Diary」はiPhone限定のアプリですが、「Grid Diary」は自分用の日記を書くことができるアプリです。ただ単にその日あったことを記録するのではないのです。

特徴としては用意した質問に答えていく質問形式の日記ということです。毎日を質問形式で答えていくことで1日を振り返ることができるので、自己管理に役立つのではないでしょうか。

[android/iPhone]超じぶん管理「リズムケア」

geralt / Pixabay

「超じぶん管理「リズムケア」」はandroid、iPhoneで使用することができるアプリです。自分が管理していきたい習慣や行動を多数のカテゴリから設定し管理することができます。

また、アプリ内にないカテゴリについては自分で作成することも可能です。記録は見やすいようにグラフ化してくれるので、一目で生活の行動を管理することができます。

[android/iPhone]Refills

stevepb / Pixabay

「Refills」はandroidやiPhoneで使用することができます。「Refills」はデザインや安定性がしっかりしており、バグなどもなく使用することに不便がない利点があります。

仕事効率化のアプリの傑作といっても過言ではありません。日々のスケジュールやタスク管理を色分けで分類することができたり、Googleカレンダーと連携することもできます。

Googleカレンダーと連携することで、自分だけでなく職場や家族、恋人とも簡単に予定の共有することができるので、予定管理が苦手と言う方には便利なアプリなのです。

箇条書きの手帳術、バレットジャーナル

Free-Photos / Pixabay

現在、世界で流行している自己管理術の方法として「バレットジャーナル」があります。「バレットジャーナル」は2018年末からアメリカで発売されてから、世界28カ国で人気を博しています。

生きているとやる事が絶えませんが、アプリで管理するのではなくここは敢えてアナログで管理するのも一つの手です。予定や、やる事だけでなく思いついたことを書いていくことも魅力の一つです。

箇条書きをアナログの方法で書くことによって、自分と向き合うことができるという最大のメリットがあります。これを機に「バレットジャーナル」を始めてみてはいかがでしょうか。

NEXT:自分会議をはじめて自己管理能力を更に高めよう!
2/3