自己管理能力は重要!自己管理能力は何かから高める方法まで解説

自分の時間や健康、体調面、モチベーションを管理するには、自己管理能力が大切なことをご存知でしょうか。自己管理を上手く行いたい、改善したいと思う方は多いようです。自己管理能力を高めることで、生活も豊かになります。自己管理能力を高める方法など徹底的にご紹介します。

自己管理能力の高さは一流の証?自己管理は何を意味する?

FotografieLink / Pixabay

生活する中で自分のあらゆる習慣について管理をし、生活を豊かにしたいと思っている方は多いのではないでしょうか。生活を豊かにするために必要となってくるのが自己管理能力です。

この自己管理能力が高いと一流の証とされています。そんな自己管理能力とは、自分達の生活にとって何を意味するのでしょうか。ここから詳しく自己管理についてご紹介していきます。

自己管理とは目標達成の為、自身の精神・行動をコントロールする事

geralt / Pixabay

自己管理とは目標達成の為や、自身の精神・行動をコントロールすることを意味します。

一流のプロスポーツ選手や経営者は自己管理能力が高いと言われる

Pexels / Pixabay

世界で活躍する一流のプロスポーツ選手や数々の成功を収めている経営者は自己管理能力が高いといわれています。

世界で活躍しているプロ野球選手のイチローさんなどは、自己管理能力が高かったため、自身の能力を最大限に活かし、活躍の場を広げたといっても過言ではありません。

自己管理の英語は「self management」、ビジネスでも重視される

whitesession / Pixabay

自己管理は英語で表すと「Self Management」といいます。Selfは日本語で自己、Managementは日本語で管理という意味です。

自己管理能力は、ビジネスでも重視される能力で自己管理能力が高い人ほど成功を収める可能性も付随して高くなるといえます。

自己管理ができないとなる病気「自己管理欠陥症」なるものも存在

MoteOo / Pixabay

自己管理ができないとなる病気として「自己管理欠陥症」なるものも存在するのです。日本では、聞きなれない病気の「自己管理欠陥症」ですが「生活習慣病」と同じ意味となります。

主に「自己管理欠陥症」は、アメリカで言われることが比較的多く、文字通り自己管理ができていない人に対して使われる言葉です。

関連する記事はこちら

自己管理能力を高める方法やコツ

ビジネスシーンにおいても、生活の場でも必要とされる自己管理能力ですが、具体的にどのような方法で高めることができるのでしょうか。

少しずつ考え方や方法を変えていき、自己管理能力を高めることはできるのです。ここからは自己管理能力を高める方法やコツについてご紹介していきます。

ちょっとした心がけで自己管理能力を上げることができるので、自己管理能力が欲しい、上手くやりたいという方は試してみてはいかがでしょうか。

達成可能な小さい目標を立てる

rawpixel / Pixabay

まず目標を決めることが大切になってきますが、最初に大きい目標を立てることで挫折をしてしまっては元も子もありません。そのため達成可能な小さい目標から立てていきましょう。

自分の今の能力で達成可能な小さい目標を達成できると、自分の自信に大きく繋がります。また、小さい目標を最初に設定することで、短期的に目標達成の道のりが見えてきます。

小さい目標を繰り返し達成することができると、目標に対してどういう道筋で達成するか、などの方法がわかってきます。その結果自己管理能力が高くなるのです。

目標はノートや紙に書いて言語化し明確にする

kaboompics / Pixabay

達成したい目標はノートや紙に書いて言語化し明確にすることもポイントの一つです。

紙に書き出し、目標を言語化した上で目に入る情報として自分の目標が明確になってきます。

また紙に書くだけでなく、口に出して目標を唱えることも効果的な方法なので試してみましょう。

目標を書いた紙は見える所や普段使うものに貼ってはいけない

Engin_Akyurt / Pixabay

ノートや紙に書き、言語化した目標を見える所や普段使うものに貼ってはいけません。一見目標を頭に叩き込める方法のように思えますが、かえって目標達成の妨げとなってしまうのです。

そのため、目標を書いた紙は普段なかなか目にすることが少ない場所にしまったり、取り出さないと目にすることができない場所に保管しておきましょう。

1日を振り返る癖をつける

Yummymoon / Pixabay

また自己管理能力を高めるために、1日を振り返る癖をつけましょう。1日を振り返り反省するべき点だけでなくその日嬉しかったことを思い出しましょう。

1日をただ振り返るだけでなく、ノートに書き溜めておくのも効果があります。また自分が反省するべき点の参考にもなりますし、楽しかったことを思い出し元気が出る場合もあります。

予定、計画を立てる

kaboompics / Pixabay

予定や計画を立てることも自己管理能力を高める方法の一つです。目標を達成するためのプロセスを細かく区切り、計画や予定を立てることで、自分がやるべき事が見えてきます。

自分がやるべき事が明確になってくれば、更に目標を達成するための時間や行動がわかりやすくなり、モチベーションの維持にも繋がることができるのです。

予定や計画を細かく立てることは、簡単に自己管理能力を高める方法の一つではないでしょうか。

時間にも意識する

JESHOOTS-com / Pixabay

自己管理能力を高めるためには、時間にも意識を向けることが必要です。人間には平等に一日使える時間が24時間与えられています。この時間の使い方は人それぞれです。

だらだら時間を意識せず生活をしている人と、時間を意識し時間を有効活用する人では生活の効率や仕事の効率や生産性も差が出てしまいます。

時間を意識し、オンとオフの差をはっきりさせることが重要です。「時は金なり」という言葉もあるぐらいです。そのため自己管理能力を高めるためにこれからは時間を意識してみてはいかがでしょうか。

習慣化していく

StockSnap / Pixabay

自己管理能力を高める方法として、最も重要なのは習慣化していくことです。行動を始めても三日坊主で終わってしまったり、一日で終わってしまっては変化を得ることは難しいでしょう。

簡単に習慣化することは難しいことですが、少しずつ習慣化できるように長い目で努力してみましょう。また、定期的に自分の行動を見直してみて習慣を軌道修正することもポイントです。

行動をしっかりと記録に残す

cpastrick / Pixabay

自分が行った行動をしっかりと記録に残すことも自己管理能力を高める方法の一つです。記録をしっかりと残すことで自分の財産にもなります。

この記録が自己管理にも繋がってくるので、目標を達成をするために行った行動は逐一記録として残すことも重要といえるでしょう。

自分のルールを決定する

geralt / Pixabay

自己管理能力を高めるために、自分のルールを決定しましょう。自分の成功した際や、プラスになったことを思い出し繰り返し行うことで更に自分を高めることができます。

自分が成功するというルールを決定することで、自分自身の自信も最大限になりますし、自信も伴ってきます。

効力効果を利用するのも効果的

geralt / Pixabay

自分だけでなく周りの人に、目標や予定を話すことで効力効果を利用するのも自己管理能力を高める方法の一つです。

周りの人に話すことで、良いプレッシャーともなり、やらなければならないと気を引き締めることができモチベーションを向上することもできます。

自己評価を正確に行い弱さを把握する

StockSnap / Pixabay

自己評価を性格に行い自分の弱さを把握することも自己管理能力を高める方法の一つです。自分を客観的に一歩下がってみることで、自分の弱点を評価することができます。

自分の弱さを知ることで、改善点も見つかり今後に活かすことができます。ただ、自己評価をする際、過大評価や過小評価をすることがないように注意してください。

自己評価を正確に行うことが重要となります。また、第三者目線で参考として評価をしてもらうとより、自分の弱さや強みが正確に理解することができます。

まずは苦手な事から取り掛かる

PixArc / Pixabay

人間は苦手な事をどうしても後回しにしてしまいがちですが、まずは苦手な事から取り掛かることも自己管理能力を高める方法の一つです。

最初に苦手な事から取り掛かり、解消できた場合、苦手な事ではないことが残っているため時間的にも精神的にも余裕が生まれます。

この流れを掴むことができると、より時間や精神面での余裕が生まれるため、自己管理能力も高めることができるでしょう。

誘惑を断つ

Free-Photos / Pixabay

自己管理能力を高める方法として誘惑を断つことも重要なポイントです。目標達成の為に行動をする、しなくてはならない時に、自分の身の回りの様々な事柄が誘惑してきます。

誘惑の事柄は人それぞれですが、誘惑を受け入れてしまうと挫折してしまったり自己嫌悪に陥ってしまうことが多いのではないでしょうか。挫折や自己嫌悪にならないために誘惑を断ちましょう。

誘惑は気軽に乗るのではなく、自分が目標を達成したり成功した時のご褒美として取っておくのが一番良いのではないでしょうか。

食事にも気を使う

silviarita / Pixabay

食事に気を使うことも、自己管理能力を高める方法の一つです。常に食事のバランスに気を使い、自分の体を一番良い状態にしておくことで、目標達成などの行動をすることができます。

食事は生活の基本の一つです。食事がバランス良く摂れていないと体調を崩してしまったり、やる気がなくなったりしてしまいます。1日3食をきちんと摂ることがカギとなってきます。

睡眠や体を動かす決まりを作る

Alexas_Fotos / Pixabay

睡眠や体を動かす決まりを作ることも自己管理能力を高める方法の一つです。睡眠時間をきっちりと取り、適度に体を動かすことが重要です。

毎日決まった時間に必ず就寝をし、適度な運動を生活の中に取り入れることで食事同様、体力の基礎が出来上がってきます。

自己管理能力にも種類がある?

Sophieja23 / Pixabay

自己管理能力には種類があるのをご存知でしょうか。普段良く聞く、体調管理、健康管理も自己管理能力の一つとされます。

体調管理や健康管理以外の自己管理能力の種類に関して、ここからはご紹介していきます。

自己管理①時間管理

Icons8_team / Pixabay

自己管理能力を高める方法で時間を意識するという方法をご紹介しましたが、自己管理をする上で「時間管理」をすることも大切となります。

時間管理は、文字通り時間を管理するのですが、時間を守るだけでなく、24時間といった限られた1日の時間の中で自分の最高の行動をすることが時間管理となります。

さらに、1日の行動のパターンを身につける事も、時間管理と密接な繋がりがあります。

自己管理②体調管理、健康管理

RyanMcGuire / Pixabay

何か目標を達成するにも、行動をするにも、まず「体の資本」が重要です。そのため、日ごろの体調管理や健康管理は生きるための基盤にもなるため、重要なカテゴリです。

「心技体」という言葉があるように、体調管理、健康管理をきちんとすることで精神的にも身体的にも安定することができるのです。

風邪やインフルエンザも自己管理で防げるの?

4330009 / Pixabay

体調管理をきちんとしていても風邪やインフルエンザにかかってしまうことはないでしょうか。職場の上司に「体調管理は仕事の内」という言葉を言われることはないでしょうか。

一概に全ての上司が言うとは限られませんが、自分が風邪やインフルエンザにかかってしまった場合に「体調管理は仕事の内」と注意してくる人は中にはいるようです。

体調管理をきちんとしていても、風邪やインフルエンザにかかってしまうことは人間誰しもあることです。自分ができる体調管理として未然に防げることをしておくことが重要ではないでしょうか。

自己管理③モチベーションの管理

Alexas_Fotos / Pixabay

仕事や趣味など、長く同じようなことをしていると人間はモチベーションが下がってしまってやる気がでなくなったり、投げ出してしまいたいという気持ちになることはあるのではないでしょうか。

モチベーションが低下してしまうことによって、自分の目標や達成したいことができなくなってしまったり自分を見失ってしまうことがあります。

そのためモチベーションの管理も自己管理の一つとしてあげられます。モチベーション管理がきちんとしている人は、目の前にある目標だけでなく何歩先にもある大きな目標に目を向けているようです。

自己管理④感情の管理

AbsolutVision / Pixabay

人間には「喜怒哀楽」といった、感情があります。その感情を管理することも自己管理の一つなのです。感情の波が激しく上下する人もいますが、感情の管理能力が高い人もいます。

感情の管理能力が高いと、何か起きた際に感情の波が押し寄せて来ても、一端冷静になり感情を表に出すことなく、通常の感情を保つことができるのです。

感情に左右されずに、物事を進めることができるようになればその分目標達成や行動をすることがスムーズになるでしょう。

自己管理⑤お金の管理

blickpixel / Pixabay

お金の管理も自己管理の重要なカテゴリの一つです。お金の管理が出来ない人は、自己管理能力が低いといわれています。お金の計画をせず散財してしまったり、必要ないものを買ってしまうなどです。

お財布の中にお金がいくら入ってるか、貯金や預金口座にいくら入っているのか、今月どのくらいのお金が使えるのかなど、お金の管理をすることが重要です。

お金の管理がきちんとできると、無駄遣いや散財をすることはなくなります。また自分でお金の使い方をコントロールすることもでき、自分の精神にも余裕ができます。

NEXT 自己管理能力の高さが生み出すメリットは?