安藤和津は母の介護でうつを経験?犬養毅の血筋?華麗なる家系図!エンタメ

安藤和津は母の介護でうつを経験?犬養毅の血筋?華麗なる家系図!

目次

[表示]

犬養毅元首相の血を引いている

https://twitter.com/smartsenkyo/status/1140848312632786945

安藤和津さんの父親・犬養健さんは、「第29代内閣総理大臣」を務めた犬養毅元首相の三男です。安藤和津さんにとっては父方の祖父が元首相ということになります。

祖父で元首相の犬養毅さんは、1855年岡山県岡山市生まれ。慶應義塾に入学後中退し「東海社」を興し記者として活躍するなどした後、1890年の”第1回”衆議院議員総選挙”に立候補し当選します。

政治家としての活動は実に42年にも及び、1931年に76歳で内閣総理大臣に就任しましたが、翌1932年5月15日海軍将校らによって首相官邸内にて暗殺・凶弾に倒れこの世を去りました。

犬養健が52歳のときに、愛人・荻野昌子との間に生まれた

安藤和津さんは、父親の犬養健さんが52歳の時に当時、柳橋の花街で芸者をしていた母親の荻野昌子さんとの間に生まれました。父親と母親は27歳も年が離れていたそうです。

その頃、犬養健さんには既に仲子さんという奥様と、一男一女の子供がいました。安藤和津さんの母親との関係は、もしかすると「芸者との軽い火遊び」感覚だったのかもしれません。

実際、安藤和津さんは私生児として生まれており、犬養健さんが子供を認知したのは出生から少し経過してからだったのです。家柄や世間体もあり、すぐには認知できない事情も色々とあったのでしょう。

犬養道子は異母姉、犬養康彦は異母兄、緒方貞子は従姉の娘と著名人が多い

犬養健さんは本妻の仲子さんとの間に2人子供をもうけています。安藤和津さんにとっては、”異母姉・異母兄”ということになります。実は犬養家の一族には、安藤和津さんを含め著名人が多くいます。

異母姉である犬養道子さんは、元NHKのニュース解説者であり、小説家・評論家として多数の著書を出版する傍ら、世界各国の難民支援・救済活動に携わるなどし有名となりました。

異母兄の犬養康彦さんは共同通信社の元社長で、退任後は顧問・相談役を務めています。従姉の娘の緒方貞子さんは「初の日本人・女性・学識者」として国連難民高等弁務官に就任した国際政治学者です。

母・荻野昌子の実家は石材店だったが倒産し、芸者となったのち料亭に

one-vibe / Pixabay

安藤和津さんの母・荻野昌子さんは、実家が石材店を営んでおりそれなりに裕福な家庭の子として育っていたようです。しかし、女学生時代に実家の石材店が倒産したことでその生活は一転します。

荻野昌子さんは通っていた女学校を辞め、柳橋(現在の東京都台東区柳橋)の花街で芸者として働くようになります。芸者として働いている時に犬養健さんとも出会ったようです。

安藤和津さんを出産後は芸者を引退し、柳橋の一等地で日本料亭『をぎ乃』を経営するようになります。経営者としての才があったのか、その手腕に対する評価は高かったといいます。

「今夜くらべてみました」話した安藤和津のお嬢様エピソードがすごすぎる

Olivine / Pixabay

2019年6月22日に2時間スペシャル番組として放送された、日本テレビ系列の人気バラエティ番組「今夜くらべてみました」に出演した安藤和津さんは、その凄すぎるお嬢様エピソードを話しています。

5歳の頃には、洋服屋が自宅に来て生地からデザインしたオーダーメイドの服を着たり、髪の毛のカットも美容師(髪結いさん)を自宅に呼んでカットしていたそうです。

お正月の「おせち料理」は板前特注でお年玉は40~50万円。14歳の頃には母親と1ヶ月間の世界一周旅行。その旅費は少なく見積もっても3500万円は掛かっているなど、唖然とするエピソードばかりでした。

犬養健の葬儀で親族席には座れなかったが、それでも母は気丈に振る舞っていた

annca / Pixabay

安藤和津さんが中学1年生の時に、父・犬養健さんは心臓病が原因で他界。父親の葬儀に出席した安藤和さんと母・荻野昌子さんは『妾とその子供』であることから、親族席に座ることは出来ませんでした。

しかし、母・荻野昌子さんは「それが(親族席に座れないことが)何だっていうのよ」と言ったそうです。

立場上、公の場に出ると好奇の目に晒され、犬養家の親族からは白い目で見られたでしょうが、安藤和津さんの母は、葬儀の場で犬養家の人々からに邪険に扱われても気丈に振舞っていたといいます。

安藤和津は整形している?

geralt / Pixabay

70歳を過ぎた現在もエッセイストとして執筆活動を行いながら講演会を開催したり、タレントとしてもテレビ番組に出演するなど精力的に活動を続けている安藤和津さん。

その年齢を感じさせないタフさと、変わらぬ美しさは「凄い!」の一言に尽きるところですが、実は安藤和津さんに整形疑惑が浮上しているのです。

ネット上で噂されている、安藤和津さんの整形疑惑について検証してみました。

近年の顔の変化からボトックスをしているのではと噂されている

安藤和津さんは、近年「顔が変わった」「顔面が崩壊している」などとネット上で噂されています。

確かに70歳を超えているとは思えないほど肌に張りがあり、若々しい印象を受けます。テレビなどで拝見する限り顔面が崩壊していると感じることはありませんが、70歳過ぎには見えません。

そしてその若々しさから『ボトックス』をしているのではないかと囁かれているのです。

プチ整形としてボトックスをしているかどうか真相は謎

jochenpippir / Pixabay

プチ整形と称される『ボトックス注射』は、近年手軽に出来るプチ整形として人気で、芸能人・一般人問わずボトックスをする人が増加しているようです。

ボトックスはシワ・肌の張りを改善したり、多汗症を抑制することが出来るため、顔の気になる箇所(目元・エラ・口元・顎など)や脇などにボトックスを注射する治療です。

定期的なケア(継続的にボトックス注射を行う)が必要だったり、失敗すると筋肉が緩んで笑えなくなることもあるとか。ただし、安藤和津さんがボトックスをしているかの真相は謎のままです。

安藤和津の学歴・経歴

AbsolutVision / Pixabay

現在も多方面で活躍を続ける安藤和津さん。由緒ある犬養家の血筋を受け継ぐお嬢様で、箱入り娘として育てられたようですが、決して甘やかされてばかりではなかったようです。

母・荻野昌子さんは躾けに厳しく、教育熱心だったそうです。そんな安藤和津さんの学歴・経歴についてまとめました。

学習院初等科、女子中等科、女子高等科を経て、上智大学文学部独文科を中退

Free-Photos / Pixabay

安藤和津さんの出身小学校は、私立校の「学習院初等科」です。皇族関係者や政治家のお子さんが通われることの多い学舎としても有名です。

学習院初等科を卒業後は、中・高一貫校である、私立の「学習院女子中・高等科」へ進学。中学から高校へは内部進学したということになります。

高校を卒業すると系列校である学習院大学へは進学せず「上智大学文学部独文科」へ進学。大学は中退という噂もありますが、安藤和津さんは卒業したことをインタビューで明言しています。

2年間イギリスに留学したのち、CNNメインキャスターを務める

Neva79 / Pixabay

大学を卒業後は、母親から『パパの遺言だから英国へ留学しなさい』と突如言われます。留学に関する全ての手配を母が行い、安藤和津さんは追い出される形でイギリスへ渡英したそうです。

イギリスの私立名門語学学校である「ベル・ケンブリッジ校」に留学した安藤和津さんは、母が決めたホームステイ先をすぐに出て、現地で親しくなった友人たちと5人でルームシェアをして生活したそうです。

帰国・結婚後は、NHKニュース番組の中継リポーターでデビューします。1984年にはCNN「デイウォッチ」のメインキャスターを務めています。

若い頃の安藤和津の画像は?

この画像は安藤和津さんのキャスター時代の頃ですので、30代前半くらいでしょう。鼻筋が通り整った顔立ちで、知性溢れる雰囲気が漂っています。

若い頃の安藤和津さんの画像を見ていると、娘さんである安藤サクラさんは、母である安藤和津さんによく似ている気がします。

1979年、奥田瑛二と同棲、結婚する

1979年1月に結婚した安藤和津さんと奥田瑛二さん。友人の誕生日パーティーで知り合ってから半年のうちに同棲を経て結婚に至ったそうですが、奥田瑛二さんはその期間を8ヶ月だと語っています。

交際したての頃は、管理の厳しい母・荻野昌子さんの目を盗み、安藤和津さんの部屋の洋服ダンスの中に隠れて寝るなどしたこともあったようです。

奥田瑛二さんの父・安藤豊さんが、政治家で元首相の海部俊樹さんに2人の仲人を依頼。奥田瑛二さんは、安藤和津さんとの婚約~結婚するまでの間に様々なプレッシャーで10㎏も痩せたそうです。

母の在宅介護からうつ病を患った経験をもとに講演や執筆もしている

12年にも及ぶ母親の介護生活の間に、実に8年間も「在宅介護」を続けた安藤和津さん。心身ともに疲れ果てうつ病を患い、それでも母の介護に仕事以外の時間全てを費やし、母へ惜しみない愛を注ぎました。

母親が死去された後も長い間『介護後うつ』に悩まされ、喜怒哀楽の感情を取り戻すまでに要した時間は10年以上。現在は病を克服し、自身が陥ったうつ病についてテレビ番組などでも語るようになっています。

安藤和津さんは自らが陥ってしまった、介護により患う「うつ病」の経験をもとに講演を開催したり執筆するなど、介護と上手く向き合うための心得を含め広く活動を続けています。

「介護うつ」ってどんな症状?どんな人がなりなすい?

GDJ / Pixabay

安藤和津さんが患ってしまった「介護うつ」は、現在そして今後の日本の高齢化社会における『老介護・老々介護』時代において、誰しもが患ってしまう可能性がある病気の一つです。

通常の「うつ病」がそうであるように、「介護うつ」を患った人もその症状が重症化してしまうと、自ら命を絶ってしまったり、介護者を殺めてしまう危険性さえ兼ね備えています。

現在介護中の人も、今後介護の可能性がある人も「介護うつ」の症状や原因を知ることで、出来る限りの対策をとれるようにしておきましょう。

「介護うつ」の症状にはどのようなものがある?

cocoparisienne / Pixabay

在宅介護者の多くが患ってしまう介護うつの初期症状には、「睡眠障害」や「食欲不振」が挙げられます。何を食べても美味しいと思わなくなったり、寝つきが悪くなる・眠りが浅くなるのが特徴です。

初期症状が続くことにより「身体の疲労感・倦怠感」も増すようになり、人によっては身体が重く感じることで活動することを億劫に感じ、やる気が衰えて無気力になることもあります。

更に深刻化すると原因不明の「不安・焦燥感」が付きまとったり、気分が晴れず「憂鬱感」に苛まれ、周囲の人・物事に無関心になり自分一人の世界に入り込んでしまいます。

「介護うつ」になりやすい人の性格・特徴は?

2725881 / Pixabay

介護うつになりやすい人には幾つか特徴があります。真面目・几帳面な性格の人は、介護に対しても仕事・その他の事柄同様に全てをきちんとこなそうとします。自分のことよりも介護を優先する人は要注意です。

責任感が強い人も「自分がやらなければいけない・最後までやりきらないといけない」という気持ちから他人に任せることが出来ず、自身の疲労が蓄積し心身ともに自分を追い込んでしまいがちです。

また、完璧主義者で常に自分の理想を追い求めるタイプの人も、介護に対して「こうしなければ・こうならないといけない」と考える余り、現実が思うようにいかずストレスを抱えてしまいます。

「介護うつ」に陥ってしまう原因とは?

27707 / Pixabay

介護うつに陥ってしまう原因で大きな要因と考えられるものには「精神的な負担(ストレス)」や「経済的負担」、「肉体的負担」などがあります。

在宅介護の場合、身近な家族を介護する場合が圧倒的多数で、介護に対する専門知識・経験が殆どない状態で、24時間体制で介護をしなくてはならないのですから、肉体的な負担も大きいでしょう。

また、介護しても感謝されることはほぼありませんし、介護はお金が掛かります。介護のために離職したり残業のない部署に異動するケースもあり、経済的に逼迫することも併せ精神的負担は増加します。

「介護うつ」は予防できる?その対策方法とは?

Tumisu / Pixabay

安藤和津さんがそうであるように、「介護うつ」を含むうつ病は、発症してしまうとその症状は長く続き、治るまでにかなりの時間が掛かります。まずはうつ病にならないように予防することが大切です。

その為には、精神的・肉体的負担を軽減することがとても重要です。介護の場合は一人で抱え込まず、家族で協力し合うことが必要です。最初から「一人では出来ないこと」だと認識しましょう。

そして自身のストレスの蓄積を自覚し、少しの時間でも介護は他の人に任せて、睡眠とる・1時間でも良いので買い物に行く・お茶を飲みに出掛けることで小まめに気分転換すると良いでしょう。

安藤和津は介護うつを克服し、母親から注がれた大きな愛情を糧に活躍していた!

Alexas_Fotos / Pixabay

華麗な一族の血を引くも本家からは妾の子として扱われてきた安藤和津さん親子。それでも母・荻野昌子さんは、その血筋に恥じぬよう妾の子という負い目を感じないように安藤和津さんを育てたはずです。

母から受けた大きな愛情に「介護」という形で恩返し・愛情返しした安藤和津さんでしたが、長年の在宅介護は徐々に心身を蝕み「介護うつ」を患ってしまいました。

2人の娘の活躍と、孫の世話をすることでうつ病を克服した安藤和津さんは、母からもらった愛情と思い出を糧とし、心からの笑顔で現在も活躍し、これからも多方面で活躍し続けることでしょう。

関連する記事はこちら

2/2