金井克子は現在は?70を過ぎて尚輝く美貌の秘訣や代表曲を調査! エンタメ

金井克子は現在は?70を過ぎて尚輝く美貌の秘訣や代表曲を調査!

70年代、若者から圧倒的な人気を得た「西野バレエ団5人娘」の一人である金井克子さん。1973年には「他人の関係」がミリオンセラーを記録する大ヒット。未だにその美貌・プロポーションは衰えを知りません。そんな彼女の過去から現在までをまとめました。

目次

[表示]

パールライスのCMで有名!金井克子の現在は?今何歳?

1990年代前半、JAグループの「パールライス」のテレビコマーシャルに起用された金井克子さん。彼女のヒット曲である他人の関係を真似たCMソングは当時の子供にも大変ウケました。

しゃもじを持って歌っている姿を思い出す人も多いことでしょう。

そんな金井克子さんのプロフィールを調べてみました。

現在の年齢は?金井克子のプロフィール

金井克子の年齢は、1945年6月生まれの74歳(2019年)です。

  • 本名:足立克子
  • 中華民国の天津で生まれ、終戦後に日本に帰国。大阪府岸和田市で育つ
  • 四天王寺高校を卒業
  • 1953年西野バレエ団に所属
  • 1962年8月「ハップスバーグ・セレナーデ/涙の白鳥」でレコード・デビュー
  • 1964年NHK「歌のグランドショー」に出演。「西野バレエ団5人娘」として活躍

1993年、病魔に冒されるも現在は回復!

1982年、金井克子さんは大阪の歯科医と結婚しました。その後もミュージカルなど舞台で活躍していましたが、1993年から一時期、病気療養のため一線を退きました。

その後、順調に回復し、2017年には中尾ミエ・前田美波里と「THE レビュー『カーテンコールをもう一度!』2018」に出演しています。

金井克子が発症した「レイノー病」とは

手足の指の細い動脈の収縮が急速に起こり、その最も一般的な誘因は寒さにさらされることです。数分から数時間にわたって持続することがあります。手足の指が青白くなり、通常はまだら状に変色します。この現象は、1本の指だけにみられる場合も、複数の指に部分的にみられる場合もあります。通常は手足の指が痛むことはありませんが、しびれ、チクチク感、灼熱感がよくみられます。発作が終わると、患部が通常よりも赤くなったり青みを帯びたりすることがあります。手や足を温めると正常な皮膚の色と感覚が回復します。

(引用:MSDマニュアル家庭版)

懐メロを特集した番組等に出演、現在も芸能活動を継続している

金井克子さんは、現在でも懐メロを特集したテレビ番組やディナーショーにも時々、出演しています。

彼女のディナーショーを観た多くの方々は、未だに衰えない彼女の美貌とプロポーションに驚きを隠せないそうです。

2017年、18年と「カーテンコールをもう一度!」に出演

2017年、中尾ミエさんのプロデュースで金井克子さん、前田美波里さん、尾藤イサオさんが集まりTheレビュー「カーテンコールをもう一度」を公演しました。

何と言いましても、女性3人の年齢がすごいです。古希を迎えた金井克子さん・前田美波里さん・中尾ミエさんの3人がダンス・歌のエンターテインメントを公演しました。

2017年の公演で大盛況だったため、翌年2018年にも公演することになりました。3人のレビューに観客の誰もがエネルギーをもらったと言います。

2018年には中尾ミエらと共に徹子の部屋に出演

2018年8月13日(月)に金井克子さんは中尾ミエさん・前田美波里さんと共に「徹子の部屋」に出演しました。70歳を超える3人が結婚や恋のエピソードについて語りました。

番組の中で黒柳さんが3人を「MKB215」と命名しました。「MKB215」とは「ミエ・克子・美波里の年齢をたすと215歳」という意味だそうです。

今も昔も綺麗!美貌は衰える事なく、年齢を感じさせない美しさを維持!

金井克子さんの身長166cm、30代から変わっていないスリーサイズはB86-W60-H91だそうです。

70歳を超えてこの体型を維持するために毎日のエクスサイズに2時間を費やすそうです。彼女が「美魔女」と言われる所以も分かるような気がします。

現在のところ、ライブやコンサートの情報は無い

Free-Photos / Pixabay

2017年2018年とレビュー「カーテンコールをもう一度」で活躍した金井克子さん。2019年現在のところ、ライブ・コンサートなど公演の予定はありません。

金井克子さんのファンにとっては彼女の魅力的な歌とダンスがとても待ち遠しいでしょうね。

変わらない美しさ、現在の金井克子の画像は?

金井克子さんの現在の画像ですが、とても74歳には見えません。

関連する記事はこちら

金井克子の代表曲「他人の関係」について!

金井克子さんは1965年、10作目となる「ノーチェデ・東京」が初めてのヒット曲になります。1966年1967年と連続してNHK紅白歌合戦に出場します。

1968年には歌手としては出場できなかったもののレ・ガールズとして応援合戦に出場し、1969年にはソロでダンスを披露しましたので、4年連続してNHK紅白歌合戦に出場したことになります。

そして4年後の1973年、大ヒットしたあの曲と出会います。

金井克子最大のヒット曲であり、ミリオンセラーを達成した

Free-Photos / Pixabay

1973年「他人の関係」がオリコン・シングルチャートでトップ10に入り、レコード100万枚以上の売上を記録しました。

他人の関係を歌う金井克子の動画

「他人の関係」は当時、多くの子供たちが「パッパッパヤッパー」のイントロ部分のモノマネをするくらいの大ヒット曲になりました。

他人の関係は何を歌った曲?歌詞は?

pixel2013 / Pixabay

金井克子さんの「他人の関係」大ヒットの秘密はCBSソニーの酒井政利ディレクターとの出会いがあったからです。

酒井は作詞家の有馬三恵子に「冷めた大人の恋愛関係」を歌詞にするように依頼し、また作曲家の川口真は、歌メロのところを同じ曲の繰り返しすることで男女の燃え上がる恋愛感情を表したそうです。

また酒井は、「冷めた大人の恋愛関係」を表すために金井にロボットのように無表情で歌うことも指示しました。大ヒットの影に酒井の総合的プロデュースがあったと言っても過言ではありません。

2014年、一青窈がカバーして話題に!

2014年、「他人の関係」は一青窈が歌いテレビドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち」の主題歌として脚光を浴びます。ドラマの内容に合わせて一青窈は「艶っぽいアダルトな音楽」を目指したと言います。

他人の関係で本家金井克子との共演も

2014年8月13日フジテレビ系「FNSうたの夏祭り」で金井克子さんと一青窈さんが「他人の関係」を歌唱しています。

二人は初めての共演でしたが、この曲の印象的なイントロ「パッパッパヤッパー」は息がぴったり合った振り付けを披露しています。

他人の関係を聴いた人の感想は?

Free-Photos / Pixabay

金井克子さんは鮮やかなオレンジのマーメードドレス、一青窈さんは艶やかな紫色のドレスを身にまとい歌いました。二人の衣装や振り付け、そして歌から視聴者は「大人の妖艶な雰囲気」を感じ魅了されたことでしょう。

金井克子のエピソード!美貌の秘訣は?

Engin_Akyurt / Pixabay

74歳になっても美貌もプロポーションも衰えを知らぬ金井克子さん。彼女がバレエで鍛えた体型をどのように維持しているのか?について迫ってみたいと思います。

美貌を維持する秘訣は1日2時間のエクササイズ

AngelicaBarbieri / Pixabay

金井克子さんは現在74歳、若い頃の美貌やプロポーションを維持しているのは毎日の2時間かけて行うエクササイズだそうです。

いくら彼女がバレエの出身といっても、ここまでやるのはストイックさの何物でもないと思います。金井克子さんのように美しいまま老いるというのは女性の憧れの的となるでしょうね。

ゆでたまごの白身と野菜の千切りも毎日欠かさず摂取

StockSnap / Pixabay

若い頃と変わらぬプロポーション維持するために「ゆで卵の白身」と「野菜の千切り」を毎日欠かさず食べているそうです。

「ゆで卵の白身」は「黄身」と較べて糖質脂質の代謝を促すビタミンBを含み、ローカロリーということをご存じなのでしょうね。

2018年のカーテンコールをもう一度では超ミニスカと美脚を披露

2018年、金井克子さん、中尾ミエさん、前田美波里さんは2017年に引き続き「カーテンコールをもう一度」を公演しました。前回と同様に「60年代、70年代の青春再び」をテーマに歌とダンスを披露しました。

前回の公演を終えてファンから「全然、足を出していない」と言われたので、今回は超ミニスカートで美脚を披露しました。公演では衣装もダンスも素晴らしいとファンから喝采を浴びました。

金井克子は結婚している?家族は?

kgorz / Pixabay

これから金井克子さんの結婚と家族について調べてみたいと思います。

1982年、大阪在住の歯科医の旦那と結婚

oswaldoruiz / Pixabay

1982年、金井克子さんは大阪在住の歯科医師と結婚しました。

現在、金井さんは仕事が入っていない時は、大阪で主婦業に専念されているそうです。彼女の美貌を保っているのは、案外、旦那さんが素敵なことが一因かもしれませんね。

夫は一般の方な為、名前などの詳細は不明

StockSnap / Pixabay

金井克子さんの旦那さんは一般の方なので、名前など詳細は報告されていません。

子供について公表されておらず不明

sasint / Pixabay

金井克子さん夫婦の子供についても公表されていませんが、一度も話題に上らないことから子供はいないみたいです。

73歳の時には、幸せな夫婦生活について語っている

d4lma / Pixabay

 「30年ぐらい前にパキスタンで挙げた結婚式! 主人はジープでサハラ砂漠を旅するような人で、いとこが住んでいるパキスタンでの挙式を選びました。私はお姫様みたいにゴージャスなサリーを着せてもらって、彼は白いターバンを巻いた王子様としてゾウに乗って私を迎えにやって来たの。まわりではロマたちが踊っていて。新婚旅行を兼ねてインドやネパールも旅しました。当時はバタバタと忙しかったけれど、今、改めて客観的に自分の結婚式を眺めて楽しめたら素敵よね」 結婚願望はなかった当時の金井だが、一般男性と縁があって夫婦になり幸せな日々を送っている。オフのときは、大阪の自宅で“普通の主婦の生活”を送っているそうだ。   「車でスーパーへ買い物に行くときもあるんだけど、ふだんはママチャリで(笑)」

(引用:女性自身)

大阪在住で自宅は大阪にあると言われている

金井克子さんのご自宅は大阪にあります。歯科医師と大物歌手のご自宅ですから、とても立派な邸宅ではないでしょうか?

金井克子の経歴・生い立ち

nile / Pixabay

「他人の関係」が大ヒット、70歳を過ぎてからレビューに出演するなど大活躍の金井克子さん。ここからは彼女の芸歴について記します。

中国で生まれ、1952年に西野バレエ団に入団

Skitterphoto / Pixabay

金井克子さんは、1945年6月17日に中華民国の天津で生まれました。生まれて2ヶ月目で終戦となり、家族みんなで日本に引き揚げます。日本では大阪府岸和田市に住むことになりました。

1953年、西野バレエ団1期生として入団しました。西野バレエ団とは宝塚歌劇団男子部2期生だった西野皓三が宝塚歌劇団・宝塚音楽学校の教師・振付師を担当した後、1953年に結成したバレエスクールです。

西野バレエ団は1960年代に拠点を東京に移し、その後、数多くのアイドルを輩出しました。

NEXT:1959年、モデルとして芸能界に入る
1/2