男になりたい女性の心理とは?性転換手術の実態は?診断も紹介! 恋愛・心理

男になりたい女性の心理とは?性転換手術の実態は?診断も紹介!

女性として生まれながら、身も心も男性になりたいと思う女性が存在します。そんな女性が今から出来る事、最終手段である性転換手術の費用やリスク、手術による病気、生まれ変わったらかっこいい男性になりたいという意見が多数存在する理由についてまとめました。

目次

[表示]

男になりたい女性は、意外と多い?

男性に憧れる女性は意外と多いという結果が実際数字で出ています。女性より、男性の方が思うように生きていられるように女性からは見えているようです。

女性ならではの悩みや、束縛を感じている人が多い中、特にどんなところに不満を感じているのか、男性のどんなところに憧れを感じているのか以下詳しく解説していきます。

生まれ変わったら男になりたい女性の割合は?

Foundry / Pixabay

女性が生まれ変わったらならなりたい性別のアンケート結果では、男になりたい69%、女のままでいい31%という結果になりました。

男性の方が、生まれ変わっても男性でいたいと答える割合が多く、今の性別に満足しているような傾向にあります。

男性から見た女性のイメージは、面倒臭そうというもの。詳細として、月一度必ず来るの生理や、化粧、ヘアスタイルやファッションに対するものです。

男になりたいと思うのは、病気なの?

Free-Photos / Pixabay

女性が男性になりたいと思うことについて、単なる憧れや羨ましいと思う感情であることと、身も心も男性として生きていきたいと思っている性同一障害という病気である可能性の二つが考えられます。

男になりたいと思う感情を抱いている人は、この二つの可能性のどちらに近いのかということを慎重に判断する必要があります。

関連する記事はこちら

男になりたい女性の心理とは?男になりたい理由は?

ThePixelman / Pixabay

女性が男性になりたいと思うその心理は一体どんなものがあるのでしょうか。憧れ心理から、恋愛感情、身体の悩みまで様々なタイトルを上げご紹介します。

男性が思うよりも、日常の中で女性が抱えている悩みは多いようです。女性社会はギクシャクしがちである理由についても詳しく見てみましょう。

不自由

geralt / Pixabay

女性の多くが感じるものとして、女性は不自由なのではないかという点です。仕事をしたいと思っていても、女性は子供を産める年齢が大まかに定まっています。

20代から30代というのは、女性にとって沢山のことが出来る一方、この時でなければ難しくなることもあります。仕事をがむしゃらに頑張れて、経験を詰めるのもこの年齢。

結婚や妊娠の可能性が1番広がるのもこの年齢でしょう。全てを手に入れることはなかなか困難であり、なにかを諦めなければならない状況になる女性も少なくありません。

付き合いが面倒

StockSnap / Pixabay

女性特有の悩みとして、人間関係があげられます。男性も、男性なりの付き合いに悩むこともありますが、女性の方が陰険なイメージがあるでしょう。

些細なことや、ふとした振る舞いなどからグループ内の派閥があったり、ママ友付き合いや夫の収入によっての格差など、好んでいない集まりにも行かなければならない事があります。

言いたいことが言えなかったり、辛いことを我慢しがちなのは女性の方が割合としては多いかもしれません。

大雑把な性格

Papafox / Pixabay

女性でも大雑把な人は沢山います。ですが、女性なのに大雑把というのは世間からすると聞こえが良くない傾向にあります。

最近ではあまり聞かなくなりましたが、女性は女性らしくというレッテルを貼られることは少なくありません。男性は逆に、大雑把くらいが男らしく見えたり格好良く見られることもあります。

そんな姿を見て大雑把な女性は男性を羨ましく見えます。女性らしくいなければならないというのは、周囲の男性が女性に求めている理想論であり昔の人はそれを忠実に守りおしとやかな振る舞いをしていたのでしょう。

下に見られる

27soon / Pixabay

今ではかなり減ってきましたが、まだまだ完全な解決にはなっていないのが男女差別です。特に、仕事上では女性が出世するのはなかなか困難なことです。

結局、今頑張って出世をしたとしても結婚や出産を迎えれば仕事を辞める、もしくは長期休暇を取らなければならないというレッテルをはられてしまうのです。

女性は、男性には逆立ちしても出来ない出産という大きな役割を果たすことが出来ます。それでも、中にはそれを出世させるだけ無駄だという意見を持つ男性が少数派存在します。

自由に生きられる

jplenio / Pixabay

女性は、男性の方が自由な生き方が出来るのではないかと感じる人が多い傾向にあります。確かに、男脳の方が行動力があり思い立ったらやってみようと思える考え方を持っています。

ですが、女性でも行動力を持ちやりたい事をしっかりと着実にクリアしていく人もいます。女性自身が、男性との格差を作り上げている部分も少なからず存在するのでしょう。

生理や出産に耐えられない

女性として生まれてきた以上、避けて通れないのが毎月迎える生理です。生理は、妊娠をする為の準備として毎月訪れます。

女性にとって、もう1ヶ月たったとかと思わせる厄介なものです。外出してもそわそわしてしまう、夏はプールなどの約束をキャンセルせざるを得なくなることもあります。

また、なんといっても腹痛が酷く辛いものです。特に出産となれば痛いなどという言葉では表せないでしょう。その怖さに耐えられない女性は多く存在します。

かっこよくなりたい

1866946 / Pixabay

女性は女性らしく、可愛らしくいなければならないという見えないレールが引かれます。ですが、中にはかっこいい女性になりたいと思う人もいます。

クールビューティというカテゴリーにハマる人と、男性のようなボーイッシュになりたいと理想を抱く人もいるでしょう。

女性が好き

darksouls1 / Pixabay

1番の悩みの種として、女性でありながら恋愛対象が女性であるという事があげられます。男性を好きになれず女性とお付き合いをしたいという感情を抱く場合、性同一性障害を疑いましょう。

女性として女性が好きな場合もありますし、男性の心を持ち女性が好きな場合があります。自分がどちらに当てはまるのか、自分自身としっかりと向き合う必要があるでしょう。

男が好きだけど男になりたい女性も?

Free-Photos / Pixabay

女性として男性が恋愛対象ではあるものの、自分自身は男性になりたいという願望がある人も存在します。その場合は、男性として生きていき恋愛対象は男性であるということです。

つまりホモと言われる同性愛を意味します。男らしい男性になることが自分自身の理想であり、女性としての人生は考えられないという人は、その先の人生を男性として生きていく選択肢もあります。

男になりたいわけじゃないけど女が嫌?

RondellMelling / Pixabay

身も心も男性になりたいというわけではないけれど、男性としていきる人生に憧れている女性は少なくありません。女性ならではの悩みは沢山あるでしょう。

本気で男性になりたいというわけではないが、女としての人生に嫌気が指すことは多々あるでしょう。女性社会に疲れたり、人間関係に疲れたり、女性としての宿命に対応できない人は少なくありません。

病気?性同一性障害の可能性もある?

MichaelGaida / Pixabay

生まれ持った性別と、育っていくうちに気づいた本来の心の性別が異なる事を性同一性障害と判断されます。

女性として生まれながら、どうしても男性になりたかったり、女性を愛してしまったり、女性の体が屈辱的に感じるようなことがあれば、それは性同一性障害という病気を疑う必要もあるでしょう。

思春期にもありがち?

StockSnap / Pixabay

女性が男性に憧れてを強く抱く時期は、思春期に多く訪れると言われます。大きな理由としては、自分が周囲からのどのように見られているかなど、評価を気にする年頃と言うことがあげられます。

女性の場合、男性よりもデリケートに周囲からの評価を意識します。体型は顔立ちなどは特にそうです。

その点、男性は女性よりも体型を気にせず食事を取れたり、楽しいという気持ちを全力で楽しめている風景に羨ましいという気持ちが生まれるのでしょう。

心理学的にみた、男になりたい女性の特徴は?

Pexels / Pixabay

男性になりたいと思う女性は、どんな女性が多いのか、心理学的に見た性格上の傾向をご紹介します。

男性になりたいと思う心理は、日常で感じる事が多い傾向にあり、女脳は様々な事を考えすぎてしまうことから、スマートな行動が出来る男脳を羨ましく思う傾向にあります。

大雑把

MabelAmber / Pixabay

女性でも、大雑把な人は多く存在します。どこか、女性はおしとやかで綺麗好きで家事ができるというようなイメージを持たれる事が多いですが、そんなことはありません。

女性でも、片付けが苦手だったりざっくりとした性格の人はいます。ですが、周囲からは女性らしくしなさいと言われることも多々あるでしょう。

そうした場面に直面したとき、大雑把な女性は男性であれば許されるのだろうと羨ましく思う傾向にあります。男性であれば、少しくらい大雑把な方がワイルドでかっこいいと評価されることもあるでしょう。

コミニュケーション

rawpixel / Pixabay

女性にとって1番の難関は、コミニュケーションでしょう。加えて、女性同士の人間に悩む人は多く存在します。些細なことや、面倒な人付き合いなど、女性には避けては通れないものの1つです。

男性は、その点女性よりも人付き合いが上手な人が多く、もっともその場が楽しめればそれでいい、というようなサバサバした考え方をしています。

そんな近すぎず遠すぎない男性の友情関係に、女性は羨ましさを抱くことがあります。

男脳

simonwijers / Pixabay

男脳とは、男性ならではの考え方の事を指します。女性は複数のことを同時に考えることに長けています。一方で男性は1つのことに集中しがちです。

よって、男性の方が単純であるということが言えます。男性は、目の前のことを考えたらその事だけを全力で考える。その為、楽しさを追求することができます。

女性は、様々な事を考えすぎて少し複雑になりがちなのでしょう。願望だけを見て走れる男性を羨ましく思う事も、理解できるでしょう。

サバサバしている

cuncon / Pixabay

女性でサバサバしている人は、時折出会うことがあるでしょう。サバサバしている女性は格好よく見えますよね。つまり、男らしい雰囲気があるということです。

女性は物事を進めるまでに時間を要する事が多いです。男性の方がサクサクと進められる事が多いため、サバサバしている女性は同じ女性となかなかテンポが合わない事が少なくありません。

うじうじしていたり、なかなか決断できない女性を見ていると、男性同士のやりとりに憧れることがあるようです。

不自由

darksouls1 / Pixabay

女性には、様々な制約があります。例えば、月に一回必ず訪れる生理です。そして妊娠と出産が出来るのも女性のみです。

出産は、容易なことではなく女性にしか耐えられない激痛を伴います。男性ではあまりの痛さに死んでしまうとも言われているほどです。

そんな出産を女性はいつか迎えたいという気持ちはほとんどの人が抱いているでしょう。ですが、そのために仕事や目標を一度ストップせざるを得なくなるという点も不自由と感じさせるポイントです。

男になりたいと思ったらどうしたら良い?

holdosi / Pixabay

女性が、男性になりたいと思った場合、なにか少しでも近づける方法があるのかという点について解説していきます。

なにか、心の中で悩んでいることを解消できる策があるかもしれません。自分にあった解決法を見つけてみましょう。また、一人で解決できないときは病院で診断を受けてみるのも良い方法でしょう。

見た目を男性に近づけてみる

女性が男性に近づきたいという願望をもっている場合、まずは出来る限り見た目を男性に近づけてみる。というのが手軽に出来る事と言えます。

ファッションを男性的にしてみたり、ショートカットにしてみたり、話し方も男性らしい言葉遣いにしてみる事でがらりと印象は変化します。

カウンセリングを受けてみる

DanielCubas / Pixabay

病院に行くというのは、少し気が引けるこうどかもしれません。ですが、専門医に診断をお願いすることで、肩の荷がふっと降りることがあります。

自分のこれからの生き方がとても有意義で楽しい生活を送るための第一歩として、思い切って病院へいってみるのも良いでしょう。

本当に男になりたいのか考えてみる

StockSnap / Pixabay

女性が、男性になりたいと思う心理について、自分がどれほど男性になりたいも思っているのかを丁寧に深掘りする必要があります。

憧れや、無い物ねだりで理想としている人物像なのか。それとも女性という性を捨て、男性として生きていきたいと思うのか。その気持ちの安堵感によって、これからの行く先は大きく異なってきます。

本来の自分を出してみる

なかなか普段から本当の自分を出さずに内に秘めやすい人は、様々な自分の気持ちを口に出さず考え込んでしまう傾向があります。

口に出して、自分の思っていることや感じていることを誰かに伝えてみることも良いでしょう。自分が思うほど、周囲からしたら普通の事だったりすることもあります。

本来の自分を表現して、周囲との価値観や差をなにか感じたときに、また新たな解決策や進む方向を考えてみるのも良いでしょう。

面倒臭い付き合いをやめる

Free-Photos / Pixabay

女性ならではの面倒くさい人付き合い、ありますよね。好きでもないひとと、断らずに上部のランチをしたり、集まりに参加するなどということです。

そういったネチネチとした付き合いによって女性というものに嫌気がさす場合もあります。思い切って、そういった付き合いはきっぱり切り捨てて仕舞いましょう。

自分らしく行動するだけで、性別関係なく息苦しさを感じることなく日々過ごすことができることもあるでしょう。

NEXT:女性としての生き方を受け入れて楽しむ
1/2