長澤和明は現在も監督として活躍?娘は長澤まさみで妻は元モデル? スポーツ

長澤和明は現在も監督として活躍?娘は長澤まさみで妻は元モデル?

元日本代表選手でヤマハ発動機、ジュビロ磐田の監督も務めていた長澤和明さんですが、家族には元モデルの妻、女優の長澤まさみさんがいるという噂があります。本当なのでしょうか?今回はそんな長澤和明さんの現在や監督としての経歴、家族についての噂に注目をしていきます。

目次

[表示]

長澤和明の現在は?指導者をしているの?

pixel2013 / Pixabay

元日本代表サッカー選手や監督も務めるなど、サッカー界でたくさんの活躍を見せている長澤和明さんの現在に注目をしていく前に、簡単にプロフィールや経歴に見ていきましょう。

【画像あり】長澤和明のプロフィール!年齢や血液型、出身地は?

長澤和明さんは1958年2月4日生まれ、2019年6月現在は64歳になっていて、血液型は公式には明かされていないようです。

出身地は静岡県清水市であり、高校は清水東高校を卒業し、大学は東京農業大学へと通っていたそうです。

元サッカー選手・監督として知られる長澤和明

Pexels / Pixabay

長澤和明さんと言えば、1978年に日本代表に選出されており、その後7年間に渡って試合に出場していました。

引退後にはヤマハ発動機やジュビロ磐田などで監督を務めていき、名監督しての名を馳せることとなります。

現在は浜松フットボールアカデミーで小・中学生のサッカー指導?総監督に?

長澤和明さんの現在の活動内容は情報によると、監督として正式に退任をした後は、出身地でもある地元静岡県の浜松市にて、「浜松フットボールアカデミー」で指導者になっているようです。

「浜松フットボールアカデミー」は小中学校を対象としたサッカーチームのようで、強豪チームとしても知られていると言われています。

HPには本人のコメントが掲載されている

flooy / Pixabay

「浜松フットボールアカデミー」の公式HPには、長澤和明さん本人のコメントが掲載されています。

公式HPのコーチ・スタッフ紹介では、写真付きで毎週月曜日の担当をしているということ、そしてジュニアユースチームホワイトドラゴンズで総監督を務めていることを明かしています。

2019年、監督を務めるU15「ホワイトドラゴンズ」が3部リーグに昇格

StockSnap / Pixabay

総監督を務めているホワイトドラゴンズは、県リーグであるU15リーグに出場しています。昇格を目指した試合だったようですが、順調に試合を勝ち進んでいったようです。

その結果、3部リーグに昇格をしたとのことで、さすが長澤和明さんが総監督を務めるだけはある、という声も多くありました。

関連する記事はこちらから

長澤和明の妻は元モデル?家族がすごすぎる?

JillWellington / Pixabay

長澤和明の妻は元モデルで、家族がかなりすごいメンバーであるとも噂になっています。そんな長澤和明さんの家族に注目をしていきましょう。

長澤和明の妻は元モデル?

1643606 / Pixabay

噂によると長澤和明さんの妻は元モデルを務めていた美人だと言われているようです。

実際の写真や名前などは明かされていないため噂に過ぎませんが、かなりの美人だということは有名なようです。

娘は女優・長澤まさみ!

実は長澤和明さんの長女は人気女優の長澤まさみさんってご存知ですか?長澤まさみさんは母親似だと言われているようなので、元モデルと噂の妻が美人だと言われているのも頷けます。

長澤まさみさん自身、父親がかつての日本代表選手で名監督だったということはあまり公には公表をしていないようです。

あまりプライベートを見せることもないため、仕事と家族を完全に割り切っているのではないかと言われています。

息子はユニクロ社員?

Free-Photos / Pixabay

長澤和明さんの息子は、現在ユニクロの社員を務めているという噂があるようです。

ただ、息子に関しては完全に一般人であり、当然ですがプライベートなことは公に公表をしておらず、ユニクロの社員だというのも噂の1つだと言われています。

長澤まさみの父親は長澤徹?育ての親がいる?

長澤まさみさんの父親について調べてみると、ファジアーノ岡山の監督である長澤徹さんが父親なのではないか、という噂もあるようです。

結論から言えば長澤まさみさんの父親は長澤和明さんであり、長澤徹さんは名字が一緒というだけで血縁関係はないと言われています。

育ての親がいるという噂も単なる噂のようでしかなく、両親の手によって育てられたのでは?と考えているファンは多いようです。

娘・長澤まさみはサッカーが嫌いだった?仲はいいの?

StockSnap / Pixabay

長澤和明さんの娘である長澤まさみさんですが、サッカーが嫌いだったという噂もあるようです。実際の親子仲についても見ていきましょう。

父・長澤和明と長澤まさみの仲はいい?

過去に長澤まさみさんが家族についてインタビューを受けた際、「家族みんな仲が良い」と答えていたそうです。

長澤和明さんも長澤まさみさんも仕事に対してはかなりストイックな姿勢を見せているため、共感出来る部分が多いのではないかともファンの間では言われているようです。

長澤まさみはサッカーが嫌いだった?

実は長澤まさみさんは子供の頃サッカーが嫌いだったそうです。

選手として活躍をしている長澤和明さんが、幼い頃の長澤まさみさんにとってはサッカーに父親を取られていると感じられていたのではないかと思われています。

幼い頃に両親の仕事が忙しいと反発心を持ってしまうケースは少なくないとも言われていることから、長澤まさみさんも似たような気持ちだったのかと考えられています。

父が監督していたサッカー部の部員達にミサンガを送っていた!?

ファンにとっては夢のような話ですが、実は長澤まさみさんは長澤和明さんが監督を務めていた常葉学園橘高校サッカー部の部員にミサンガを送っていたそうです。

これは女優として人気が出ていた長澤まさみさんが、実際に試合を応援しに行ってしまえば大きな騒ぎになってしまうという懸念から、ミサンガを送ったと言われています。

父のおかげで芸能界入り?

長澤まさみさんは2000年開催の「第5回東宝シンデレラオーディション」でグランプリを受賞したことがきっかけで、芸能界入りを果たしています。

実はオーディションに応募したきっかけというのが、長澤和明さんが当時監督を務めていたジュビロ磐田の選手中山雅史さんの妻が東宝芸能事務所に務めていたそうです。

そういった繋がりから、長澤まさみさん本人がオーディションの存在や芸能界の魅力を知ることとなり、自ら応募をして、見事グランプリを勝ちとったと言われています。

元Jリーガーの妻役を演じた長澤まさみ

2017年に放送されたドラマ「君に捧げるエンブレム」で主演を務めた元Jリーガー役の櫻井翔さんの妻役として、長澤まさみさんが抜擢されていました。

実際に父親が日本代表だったということもあり、収録中は「自分の両親を見ているかのようだった」と語っていました。

難しい役どころのように思えてしまいますが、身近で両親を見てきたからこそ長澤まさみさんにとってはぴったりの役柄だったということもあり、ドラマの評判はかなり良かったようです。

長澤和明の性格は?イカツイ?柔和?

flooy / Pixabay

次に長澤和明さんの性格についても注目をしていきましょう。

長澤和明の性格は?

Pexels / Pixabay

長澤和明さんの性格は、見た目がイカツイと言われるものの、見た目のような近寄りがたさを感じさせる性格ではないそうです。

そのため、見た目とのギャップに実際に接してみたら思っていた人柄とは違った…と驚かされる人は少なくないようで、第一印象と後の印象とではかなり印象が変わる人物だと言われています。

熱血監督としての姿が怖い?

xresch / Pixabay

見た目はイカツイものの普段は柔和で穏やかな性格だと言われている長澤和明さんですが、熱血監督としての性格は一味違っていると言われています。

実はサッカーのこととなるとストイックで熱血な一面を覗かせるようで、かなり厳しい指導をするということもあり、鬼監督という呼び名まであるそうです。

特に試合中に関してはいつも以上にヒートアップする姿も多く目撃されており、普段の性格とは打って変わった姿に驚く人も少なくないと言われています。

試合中に退場させられたことも?

tookapic / Pixabay

サッカーのことになると熱血・ストイック・厳しい指導という鬼コーチとも言えるような姿を見せる長澤和明さんですが、あまりの熱血っぷりにトラブルを起こしたこともあったそうです。

そのトラブルというのが、どうやらベンチ席において必要以上に試合中の選手に向けて指示をしていたそうで、審判から注意を受け、その結果退場処分となってしまったようです。

退場させられてもトランシーバーで指示?

paologhedini / Pixabay

退場を受けた後の長澤和明さんの行動も熱血エピソードとして語り継がれています。あまりの熱血っぷりに結果退場をした長澤和明さんでしたが、なんとその後も指示を続けたそうです。

その指示方法というのが、ベンチ後方のスタンド席からトランシーバーを使って指示を続けていたというもので、それもすぐに審判に見つかり、注意を受けたことがあったそうです。

他にもベンチ入りNGとなった試合で後方から大声で指示をし、それを監督が聞いて指示をし、2回聞こえてくる同じ指示に対して疑問を感じた審判が試合を中止させたこともあったようです。

普段は優しくて温和?

viganhajdari / Pixabay

熱血でストイックの鬼監督として知られている長澤和明さんですが、普段は優しく温和で柔和な性格をしているということも有名です。

試合やサッカーのことになると人が変わったようになってしまうため、あまりにも激しいギャップには驚かれる人も多いようですが、普段優しいからこそ慕ってくる選手が多いと言われています。

また、性格の根本が優しいということもあることから、指導がいくら厳しくても選手のことを思ってのことであるということも理解されており、名監督と呼ばれる理由の1つになっていると言われています。

サッカー選手としての長澤和明の活躍は?

tomas_workman0 / Pixabay

次に、サッカー選手としての長澤和明さんはどういった活躍をしてきたのか、選手としての功績を見ていきましょう。

清水東高校でサッカー部に所属!チーム成績がすごかった!

Skitterphoto / Pixabay

長澤和明さんは、清水東高校でサッカー部に所属をしていました。

当時から選手としての才能を発揮していたようで、1973年に行われたインターハイでは3位を記録し、翌年に行われた高校選手権では準優勝を果たしています。

高校生の時点でこれほどまでの成績を収めるチームに所属をしていたということは、選手としての才能や能力もかなり高かったというのが容易に想像が出来ます。

東京農業大学卒業後ヤマハ発動機へ

Pexels / Pixabay

東京農業大学を卒業した後、長澤和明さんはかつて存在していたヤマハ発動機のサッカー部に入部をします。

ヤマハ発動機はジュビロ磐田の前身ともなっているクラブチームでもあり、長澤和明さんの地元静岡県にある磐田市での活動が中心となっていました。

日本代表にも選出されていた

KeithJJ / Pixabay

ヤマハ発動機で活躍をしてく中で、1978年にはいよいよ日本代表へと選出されることとなります。

ただし、選手としての期間はあまり長くは続かず、7年後である1985年までの期間の中での活躍に限られてしまうこととなりました。

現役時代の成績は?

長澤和明さんの現役時代の出場試合数は7年間の間でわずか7試合だけとなっています。

実は当時、長澤和明さんと同じポジションには木村和司さんがいたことにより、長澤和明さんは現役時代に本領を発揮することはほとんど叶わなかったそうです。

木村和司さんというと2016年時点では日本代表連続得点記録保持者でもあり、当時はかなり活躍をして注目をされていた選手でしたが、80年代後半には成績が低迷し、1993年には引退しています。

NEXT:怪我のため、30歳で引退
1/2