スリランカ人の特徴を男女別で紹介!恋愛傾向や結婚観は?嘘つき? 恋愛・心理

スリランカ人の特徴を男女別で紹介!恋愛傾向や結婚観は?嘘つき?

美しいリゾート地を持つスリランカは日本でも観光先として人気です。今回は、そこに住むスリランカ人の特徴や性格などを詳しく紹介します。恋愛傾向や結婚観やイケメンが多いと話題のスリランカ人男性を彼氏にする時の注意点、スリランカの人口や多い名前など詳しくまとめます。

目次

[表示]

スリランカとは?

今回は、スリランカ人の特徴を詳しく紹介します。まず最初に、インド洋に浮かぶ美しい島国「スリランカ」とはどのような国なのかについて、場所や気候、言語などを簡単に紹介していきます。

スリランカはどこにある?首都は?

Poswiecie / Pixabay

スリランカはインドの南、インド洋に浮かぶ島国で、セイロン島の名称で知られます。国土は北海道より少し小さく、九州より少し大きい程度、首都は西部に位置する都市「スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ」です。

国名にある「スリ」は聖なる、光輝くという意味を持つ単語で「ランカ」は古くからこの島を示す固有名詞です。したがって「スリランカ」は「聖なる(光輝く)ランカ島」という意味を持ちます。

その名前の通り、島のあちこちで宝石が取れる事で知られ「ダイヤモンド以外は大体採れる」と言われ、特にサファイヤやルビーが有名です。熱帯気候の常夏の国でビーチリゾートとしても大変人気です。

スリランカの人口や民族・言語は?

185053 / Pixabay

スリランカの人口は、2012年の調査では約2千20万人ほどとなっています。民族構成は約75パーセントがセイロン島の先住民族とインドアーリア人が混合した民族「シンハラ人」です。

その他、多いのが南インドを中心に広がる民族「タミル人」が約15パーセント、「ムーア人」が約10パーセントとなっています。国民の7割が仏教徒で、仏教が準国教扱いとなっています。

スリランカの公用語は、スリランカ人の7割を占める民族「シンハラ人」の使用する「シンハラ語」や「タミル人」が使用する「タミル語」など。ただし、イギリスの植民地だった歴史から英語も一般的に使われています。

スリランカへの英語の語学留学がリーズナブルで人気?

スリランカへの英語の語学留学が密かに人気を集めています。その人気の秘密は費用がとてもリーズナブルな事です。語学学校の中でも安いところなら1ヶ月の学費が日本円にして1000円程度のところもあります。

先生の英語力に関しても、元々イギリスの植民地だった歴史を持つことから、きれいなクイーンズイングリッシュを使いこなす方もかなり多く、しっかりとした語学学校を選べばかなり学びやすい環境です。

もちろん、きっちりとした学校であればその分学費は上がり、別途渡航費や滞在費用、保険費用などもかかりますが、欧州の国やアメリカへ留学するよりは遥かに安く留学する事が可能です。

関連する記事はこちら

スリランカ人の特徴や性格は?【男性編】

nuzree / Pixabay

それでは、スリランカ人の特徴や性格について詳しく見ていきたいと思います。まずはスリランカ人の男性の特徴や性格の代表的なものをピックアップして紹介します。

おしゃれ意識が高い

スリランカの男性はとてもオシャレに気を使う人が多いです。スリランカの男性は、サロンと呼ばれるスカート状の腰布を使用する事が多いです。

このサロンは、スリランカの民族衣装であり、正装でもあります。様々な美しいデザインのものがあり、男性たちはそれぞれに、自分がこだわったデザインのサロンを着用しています。

また、サロンは、一枚の布に足を通し、余った布を腰に挟み込むように着用するのですが、その布の挟み方は男性それぞれにこだわりがあり、美しいシワを作りながらとてもオシャレに着こなしています。

男友達と手をつないで歩く

un-perfekt / Pixabay

スリランカでは男同士で手を繋いで歩いているのを目撃する事があります。これは別に同性愛者というわけではなく、仲の良い親友同士ならば、手を繋いで歩くことに違和感を感じる文化ではないためです。

日本人から見ると少し奇異に映る価値観ですが、バングラディッシュやサウジアラビアなど、他のいくつかの国でも見られます。単なる文化の違いなので、妙な目で見ないようにしましょう。

本音と建前を使い分ける

nuzree / Pixabay

スリランカの男性は、本音と建前をしっかりと使い分けます。表面上では波風を立てないように親切に接しているものの、実は本音では違う事を考えている場合も多いです。

これは、スリランカが小さな島国であり、地域社会との関係でなるべくトラブルを起こさないようにするための知恵であり、別に嘘つきなわけでも、相手を騙そうと何かを企んでやっているわけでもありません。

スリランカは、近年まで長く民族間での内戦に苦しめられた歴史もあり、社会の中での小さなトラブルもなるべく回避しようとしているのです。

身内や友達を大切にする

nuzree / Pixabay

スリランカ人の男性は、家族や親類などの身内や、仲の良い友人などをとても大切にします。

自分の親戚や家族、身内に対しての態度と、それ以外の人への接し方が多文化の人から見ると違和感を感じるほどガラリと変わる場合もあります。

仕事よりも家族や友人との約束を優先するのは当たり前で、仕事が終わっていなくてもさっさと帰ってしまいます。これは社会全体の文化でもあり、施設の入場料なども、地元の人と観光客では別料金が設定されています。

プライドが高く見栄を張る

Vishnu-Vasu / Pixabay

スリランカの男性は、とてもプライドが高く見栄を張るところがあります。これは、スリランカの序列社会が深く関係しています。人より劣って見られる事を非常に嫌い、嘘をついてでも自分を大きく見せようとします。

バカにされると、激怒する事もあるで、安易にからかうような事は避けましょう。特に女性より男性が上という男尊女卑的な文化が未だ根強いので、女性が男性をからかう様な行為は避けた方が良いでしょう。

頭のいい人が多い

Vishnu-Vasu / Pixabay

スリランカはとても教育に力を入れている国です。教育の無償化も進んでおり、優秀な学生は大学まで無償で学ぶ事ができます。職業訓練学校の整備も進んでおり、様々な分野を学べる環境が整っています。

元々、スリランカ人は民族的にも頭の良い人々だと言われており、古来、スリランカ人は灌漑や建築に関する高い技術を持っていた事を示す記録が多数残されています。

上下関係に厳しい

Vishnu-Vasu / Pixabay

スリランカは序列社会であり、職業や生まれなどでの身分の差が明確に意識されています。また、年齢が上か下かも強く意識され、年上の人はとても敬い、年下に対しては見下した態度を取ります。

家族内では一家の長たる父親が一番偉く、未だに女性の社会進出が十分ではないため、女性の地位は家族内でも低く見られています。

あまり仕事には力を入れない

nuzree / Pixabay

スリランカ人の男性には、バリバリと仕事をするタイプの人はあまりいません。仕事中にも真面目に作業をしているよりも同僚とおしゃべりしている時間の方が長いのではないかと思えるほどです。

仕事に責任感を持つという価値観がないため、できないと判断するとその仕事を放棄してしまう場合もあります。注意を受けるとその場は謝りますが、しばらくするとまたサボり始める事が多いです。

気さくな性格で、初対面からフレンドリーに接してくる

Vishnu-Vasu / Pixabay

スリランカ人の男性はとても明るく気さくな性格な人が多いです。通りを歩いていても、気になる人を見つけるとなんの抵抗もなくフレンドリーに話しかけてきます。

女性の観光客からは、すれ違う男性すれ違う男性全てが声をかけてきてうんざりしたという声も聞かれます。後述しますが、こうした行動はスリランカ特有の性事情も関係しています。

お年寄りを大切にする

Vishnu-Vasu / Pixabay

これは、スリランカ人の序列を大切にする事や仏教の考え方が根付いている事も関係しているのですが、スリランカの男性はお年寄りをとても大切にします。

困っているお年寄りを見つければ、ほとんどの人が何の迷いもなく手助けをしに行きます。また、バスにお年寄りが乗車してくれば、乗っている若者達は先を争って席を譲ろうとします。

物を借りるという概念がない

filmwithmark / Pixabay

スリランカの男性には、ものを借りたという考え方がそもそも無い様です。こちらは少しの間貸しただけだと思っていて、返してくれというと、驚いた顔をされる事があります。

これは物に限らずお金であってもそうです。そのため、スリランカ人に何かを貸してくれと頼まれた時は、基本的にそれをくれと頼まれているのだと解釈しなくてはなりません。

自分の間違いを認めようとしない

SYEDABBAS786 / Pixabay

スリランカ人の男性は、間違いを指摘されたとしてもそれを素直に認めることは稀です。プライドが高いところや序列社会である事も関係しており、自分の立場を守るためには簡単に謝ってはいけないと考えています。

フレンドリーで親切なところがあるスリランカ男性なので、間違いを見つけたので気楽に指摘したところ、意外にもそれを頑なに認めようとしない事に、驚いてしまったという感想も多く見られます。

基本的に礼儀正しい

rishigangoly / Pixabay

スリランカ人の男性は、プライドが高く見栄っ張りな上に上下関係を気にするので、時に横柄な態度をとる事があります。しかし、基本的なところでは人間として間違った行動はとらない礼儀正しさを持ちます。

これは、仏教が根付いている事に加えて、宗教に熱心な人が多い事も関係している様です。人道に反した行動をとってはいけないという社会通念が存在しています。

スリランカ人の特徴や性格は?【女性編】

続いては、スリランカ人の女性の特徴や性格についても、代表的なものをピックアップして紹介していきます。

学生やおばちゃんはツインの三つ編みが多い

スリランカの女性を見てまず気がつく事は、学生がみんな黒髪のツインの三つ編みをしている事です。こちらは実は校則で決まっているそうで、学生は皆同じ髪型をしています。

また、学校によってはツインではなく、1つにしなくてはならないという決まりがある学校もあるそうです。大学生になると髪型は自由になるそうで、色々な髪型にしている女性も見られます。

大人になると三つ編みにしている人はあまり見かけませんが、年配のおばちゃんの中にはツインの三つ編みをしている方もたまに見かける事があります。

恋愛に関してはとても受け身

スリランカには、自由恋愛の文化が今でもあまり根付いていません。スリランカの社会では、結婚を前提にしていない恋愛関係というのはほぼ全く無いと言えます。

そのため、スリランカの女性は恋愛にはとても奥手で、かなり慎重です。文化全体としても恋愛は人目を忍んでするものという価値観があるので、表立って恋愛感情を表す事はありません。

結婚まではバージンである事が望まれる

スリランカでは、女性は結婚までバージンを守る事が強く望まれています。男性は結婚相手として、バージンの女性を望むため、そうでない女性は結婚する事がかなり難しくなってしまいます。

そのため女性たちの貞操観念は、他の国の人々から見ると信じられないほどに強く、結婚までバージンでいる事は社会的な常識と捉えられています。

男性と少しでもコンタクトがあると結婚を意識する

Pexels / Pixabay

スリランカの女性は、男性とほんの少しでも親密なコンタクトがあれば結婚を意識し始めます。例えば、数時間楽しくおしゃべりをしただけであっても、その女性はその男性との結婚を考えます。

ある日本人の男性は、スリランカへ向かう飛行機の中で隣り合わせになった女性とフライト中ずっと仲良くおしゃべりをしたそうです。当然、男性は飛行中楽しく過ごそうと考えていただけでした。

しかし、その女性は後にその男性の元に両親を伴って現れ、結婚の話題を持ち出してきたそうです。男性は驚いてしまい、結婚は考えていないと伝えると、非常にがっかりとした様子で帰って行ったのだそうです。

酒購入や販売が禁止されている

Josy_Dom_Alexis / Pixabay

スリランカには女性が酒類を購入することを禁止する法律があります。この法律は近年になって一時撤廃されますが、一部の層からの猛反発にあって再びこの法律が復活して物議を醸しています。

スリランカのある政府高官からは「男女平等の原則から外れた判断」と法律の復活を批判するコメントも出るなど、スリランカでも近年では男女平等を訴える人々も多く出てきています。

控えめな性格で男性を立てる

gracinistudios / Pixabay

スリランカでは、男性が女性の上の地位にあるという価値観が根強く残っています。そのため、女性は控えめな性格で男性を立てて、優先するのが当たり前となっています。

女性が男性に逆らうという価値観がそもそもなく、三歩下がって男性に従うようなところがあります。日常生活においても、食事をするのも風呂に入るのも男性が優先という文化が現代でも根付いています。

芯の部分が強い

neildodhia / Pixabay

一歩下がって男性に従うという、まるで戦前の日本のような文化が残るスリランカですが、女性たちは芯の部分がとても強く、しっかりとした女性が多い様です。

厳しい序列の中、女性の生活が制限される社会を生きているので、力強く芯の強いたくましい心が幼い頃から育まれています。そのため、スリランカ女性はちょっとやそっとの事ではくじけません。

性格はとても明るい

tombark / Pixabay

控えめな性格に見えるスリランカ女性ですが、基本的な性格はとても明るく、いつもニコニコと明るく笑っている印象があります。

これは暖かく過ごしやすいスリランカの気候も関係しているのでしょうが、一歩下がって家族を支えるスリランカ女性の、懐の深い心から生まれてくる明るさの様です。

かなり迷信深く、占いを重視する

FeeLoona / Pixabay

スリランカでは占星術などの占いがとても重要視されます。結婚に関しても必ず相手との相性を有名な占い師に占ってもらい、相性が良くなければ結婚が破談になってしまう場合が多いです。

また、女性は普段からスピリチュアルな事に関心を持っていて、占い師に勧められたパワーストーンなどを日頃から身につけている人もかなり多いです。

NEXT:仕事に関して非常に敏感
1/3