内藤洋子の現在は?経歴は?夫や娘の喜多嶋舞について! エンタメ

内藤洋子の現在は?経歴は?夫や娘の喜多嶋舞について!

黒澤明監督に見出され1965年デビューしたアイドル内藤洋子さんは、翌年のテレビドラマ「氷点」で主役を演じ人気女優としてブレイクします。ですが1970年には結婚、芸能界引退とあっという間でした。彼女のその後の行方、現在はどんな生活をされているのでしょう。

目次

[表示]

内藤洋子の今現在は?絵本作家として活動?

元アイドル・内藤洋子さんの今現在は何をされているのか気になります。芸能界を引退されてから絵本作家として活動されているとのことですが、どのような本を出版されたのでしょうか。

内藤洋子のプロフィール!現在の年齢や血液型は?

まずはプロフィールをご紹介します。夫の修さんや娘の舞さん、ダンサーの和田妙子さんと芸能界で活躍された方々ばかりで、家系図が華やかですね。

名:喜多嶋洋子 生年月日:1950年5月28日(69歳)出生地:日本・茨城鹿島郡神栖村白十字保養農園

出身地:日本・神奈川県鎌倉市  職業:モデル・女優・童話作家 ジャンル:映画・テレビドラマ

配偶者:喜多嶋修(1970年-) 著名な家族:喜多島舞(娘)和田妙子(叔母)

(引用:ウィキペディア)

内藤洋子さんの血液型は公開されていないと思われます。娘の舞さんはAB型ですのでA、B、AB型のどれかのはずです。2014年には娘、舞さんの息子をめぐる出生騒動は世間を騒がせました。

この騒動は「血液型」「DNA」「DNA検査」についても取り沙汰され話題になりました。芸能界を引退した洋子さんは、この騒動に巻き込まれマスコミの対応に追われています。

引退後は主婦業・子育てをメインに活動している内藤洋子

3643825 / Pixabay

1970年には引退、1974年にアメリカ・カリフォルニア州へ移住しています。そこでの食事は自給自足で、近くの川や湖でとった魚と調理し、野菜も自家栽培したものを収穫していたといいます。

そのうち喜多島修さんが、米国で注目の演奏家となっていきます。東洋音楽と西洋ポップスの融合した世界観が高い評価を得て、仕事が忙しくなっていったようです。

内藤さんは主婦に徹します。1男2女の子育てがメインの生活でした。

絵画やグラフィックデザインなどのアート活動も行っている

bodobe / Pixabay

主婦業に徹し子育ての傍ら、絵画、グラフィックデザイン、CDアートワーク、コスチュームデザイン等、多くのアート作品を手掛ける仕事に携わるようになります。

絵本作家としても活動、絵本を出版されています。

彼女のエコロジーを配慮した生活センスはとても話題となり、メディアに取り上げられることも多かったのです。

2004年に絵本「天使の羽音-山鳩からの贈り物-」を出版

cegoh / Pixabay

「天使の羽音-山鳩からの贈り物-」とは、アメリカ・ロサンゼルス郊外のウッドランドヒルズに住む一家と、親がいない山鳩の兄と妹のふれあい、家族愛が描かれている絵本です。

表紙の評判が良く、可愛らしさ、優しさがあふれた絵に惹かれて購入した人が多いようです。

2005年に絵本「おひさまにだっこ」を出版

geralt / Pixabay

2005年に「おひさまにだっこ」という絵本を出版しています。

喜多島洋子さん(内藤洋子さん)が描いた優しい色彩の絵と、「おひさまのことがだーいすき。」という優しくぬくもりがある文章がとても印象的な絵本です。

自伝「ま~るく育て」や対談本「結婚生活って何?」も

Alexas_Fotos / Pixabay

伝説といわれた女優「内藤洋子」さんの自伝、対談本も出版されています。

自伝「ま~るく育て」では、長女で女優だった舞さん、長男・勢さん、次女・維さんの誕生から反抗期など大人になるまでの「子育て記」です。

アグネス・チャンさんと対談「結婚生活って何?」も出版しています。専業主婦の内藤洋子さん、職場に子連れ出勤したアグネス・チャンさんと「ママ」の結婚後の真実が描かれています。

アート展や個展も開催している

Free-Photos / Pixabay

2005年11月「ギャラリー猫町」でアート展を開催しています。(喜多嶋洋子作品展「ねこといっしょ」)2006年3月にはカワイ楽器にて個展を開催しています。

カワイ楽器は、楽器・音楽関係だけではなく、ジャンル違いの展示会も開催しているんですね。

2008年には徹子の部屋に出演

2008年7月10日の「徹子の部屋」に娘、喜多嶋舞さんと共に出演しています。「青春のスター」「永遠の美少女」と呼ばれていただけあり、美しさは健在です。

娘、舞さんを見ていると洋子さんの面影を感じます。さすが親子です。とても似ています。

ロサンゼルスを拠点としてエッセイや絵本などを創作中

12019 / Pixabay

現在ロサンゼルスを拠点にし、エッセイ・絵本・童話などの創作活動をしています。

内藤洋子の現在の画像は?

最近の画像です。娘、舞さんと姉妹に間違えられることがあったらしく、舞さんよりも年下と言われ間違えられたこともあったという驚きのエピソードがあるそうです。

関連する記事はこちら

内藤洋子の夫は誰?娘は喜多嶋舞?

女優として人気絶頂期だった内藤洋子さんは、結婚を機に芸能界を引退することとなります。お相手はどのような方なのでしょうか。

1970年、内藤洋子は音楽家の喜多嶋修と結婚

1970年に内藤洋子さんと音楽家の喜多嶋修さんと結婚をし、芸能界を引退しています。

出演する番組は高視聴率、演技が認められゴールデン・アロー賞等多数受賞し、歌手としても大ヒットを飛ばしていますから非常にもったいないですね。

この頃からイギリスへ移住、ロンドンでの生活が始まりました。

子供は、娘2人と息子1人

brenkee / Pixabay

1972年に長女・舞さんを出産し、1974年にはアメリカ・カリフォルニア州に移住します。1981年長男・勢さん、1983年次女・維さんを出産し、娘2人息子1人を育てあげました。

長女は、女優の喜多嶋舞

長女の喜多嶋舞さんは1986年に芸能界デビューを果たします。CM出演、歌手デビュー、ドラマ主演と女優活動を開始し、1989年「春日局」に浅井茶々役で出演しています。

「話題の美少女」として注目されていました。帰国子女であることを活かし売り込んでいましたが、清純派から、悪女役・濡れ場などにも挑戦する女優と変貌を遂げるのでした。

2014年には、娘・喜多嶋舞と大沢樹生の出生騒動に巻き込まれた内藤洋子

元光GENJIの大沢樹生さんと長らく交際をしていましたが、1996年6月、妊娠3か月を契機に結婚をしました。その後男児を出産し順調な結婚生活かと思いきや2005年に離婚をしています。

2年後に仕事で知り合った男性と再婚、その後すぐ妊娠を公表し2008年1月には女児を出産しました。その為、息子さんは、大沢さんが親権を持ち育てる形となったのでした。

その後とんでもない騒動がおこります。大沢樹生さんが息子さんとの「血のつながり」に疑問をもち「DNA鑑定」をしてみたところ、大沢さんとの血縁がないことが明らかとなったのです。

息子さんの親権を誰が持つのか、難しい展開に

大沢さんも2008年に再婚、科学的にも法的にも「親」ではないし、舞さん自身も現在の家庭を大切にしたいと親権を拒否、親権を誰がもつかという問題が生じました。

このままでは息子さんはどうなってしまうのか、ワイドショーで取り上げられて、息子さんの安否が心配されました。

結果、舞さんの実父喜多嶋修さんと実母内藤洋子さんが親権を持つこととなったのです。

騒動では喜多嶋舞との関係が伏せられていた?「#内藤洋子」で話題に?

nvtrlab / Pixabay

息子の喜多嶋零次さんは、2019年1月に女性への暴行という不祥事をおこし逮捕されてしまいます。当然マスコミが動き騒動になっています。

一般人から見ると、喜多嶋修さんや内藤洋子さんの名前は伏せて報道されているという印象が強く、疑問を持たれているようです。ツイッターで「#内藤洋子」を検索すると、この騒動に関する反響を感じます。

「親としての責任」を問う世間の声が大きいです。舞さんの行為についてのバッシングはいまだに強いですし、親の内藤さんの考えを知りたい方も多いのでしょう。

現在、孫の親権は夫・喜多嶋修と内藤洋子が持ち、育てている

Pexels / Pixabay

現在、零次さんの親権は喜多嶋修・洋子夫妻が持って育てています。

零次さんが起こした暴行事件は許されることではありませんが、過去の親権騒動に対する同情の気持ちを持たれている一般の方はとても多いようです。

娘・舞さんに対する世間の風当たりや、今後がとても心配な零次さんについて悩みが絶えませんね。親としての真価が問われています。でも、洋子さんの今までの経験で乗り越えていくことでしょう。

NHK朝ドラ「ひよっこ」で内藤洋子が話題に!

引退されてから何年もたっているのですが、女優としての内藤洋子さんに注目が集まった時期があります。きっかけは「NHK連続テレビ小説」がきっかけでした。

「ひよっこ」男性陣が夢中の「永遠の美少女」内藤洋子

2017年上半期「NHK連続テレビ小説」第96シリーズ「ひよっこ」がきっかけで内藤洋子さんが話題になりました。

あかね荘住人・島谷純一郎(竹内涼真さん)が、内藤洋子さんのファンであることを照れながら主人公・谷田部みね子(有村架純さん)に話をするシーンでたくさんの方が「内藤洋子さん」を思い出したようです。

ツイッターでトレンドに入りした

なんと、2017年6月21日13時07分ツイッターでトレンド入りするのです。

現在もなお伝説の美少女として印象が強く人気は健在です。内藤洋子さんの活躍を振り返るつぶやきが多数でした。

内藤洋子の代表作品は?

Derks24 / Pixabay

「赤ひげ」出演から東宝清純派ナンバーワン女優と呼ばれるまで時間はかかりませんでした。素晴らしい作品に出演し高い評価を得た内藤洋子さんの代表作品をご紹介します。

1965年映画「赤ひげ」

監督、黒澤明さん、主な出演は三船敏郎さん、加山雄三さんなど大物俳優が登場する映画「赤ひげ」は数々の作品賞を受賞しています。(第26回ヴェネツィア国際映画賞を三船敏郎さん、サンジョルノ賞など他)

主人公・保本登(加山雄三さん)は許嫁に浮気される冴えない青年ですが、「小石川養成所」にいる「赤ひげ先生」こと新出去定(三船敏郎さん)と共に病人を救う医師です。

話が進むごとに保本登は医師として成長し、のちに自分を裏切った許嫁の妹・まさえと夫婦になります。まさえ役こそ内藤洋子さんでした。

1966年放送のドラマ「氷点」

「氷点」は作家三浦綾子さんの小説で1966年にテレビドラマ化・映画化され、以降繰り返し映像化されてきた名作です。悪女・夏枝が浮気中に、娘のルリ子が殺されてしまいます。

その後、夫・啓造は女の子を養女に引き取ります。その子は「陽子」と名付けられるのですが、実はこの陽子は、夏枝自身の娘を殺害した犯人佐石の娘である事に数年後、夏枝が気が付いてしまうのです。

夏枝の陰湿ないじめに耐えながら陽子は必死に生き抜きます。夏枝役は新珠三千代さん、陽子役が内藤洋子さんでした。「赤ひげ」を見て陽子役は内藤さんと、新玉さんたっての希望だったそうです。

1967年映画「伊豆の踊子」

「伊豆の踊子」は川端康成氏の小説ですが、何度かリメイクしながら映像化された作品です。

1967年に映画化、リメイク5度目の作品で、主演は高校生(川端氏)に黒沢年男さん、踊子(薫)に内藤洋子さんが出演しています。

1968年映画「兄貴の恋人」

青春恋愛映画「兄貴の恋人」は1968年9月7日に公開されました。シスコン兄・鉄平を加山雄三さん、ブラコン妹・節子に内藤洋子さんと近親相姦的な兄妹関係を演じています。

そんな兄ゆえ他の女性に見向きもしないのですが、会社の同僚・和子に(酒井和歌子さん)に恋心を抱きます。妹は恋人に嫉妬するという展開で話は進みます。

若大将シリーズ後半のヒロイン・節子を酒井和香子さんが演じていますが、もしかするとこの「兄貴の恋人」の演技が評価されての起用だったかもしれませんね。

1969年映画「地獄変」

芥川龍之介氏原作、豊田四郎さん監督の映画「地獄変」は中村錦之助さんと仲代達矢さんのダブル主演の作品です。

怪奇で地獄的な絵を描く絵師、良秀(仲代達也さん)は一人娘、良香(内藤洋子さん)を領主、堀川(中村錦之助さん)から取り戻すため屏風に地獄絵を描こうとします。

クライマックスの展開はあまりにも凄まじい、無情な結末なのですが、良秀の地獄絵図完成に対する執念の思いはなんとも言えません。映像美の評価も高く、今もなお新鮮さがある作品です。

NEXT:
1/2