好きだけど別れたい!矛盾した感情を抱く理由は?別れたほうが良い? 恋愛・心理

好きだけど別れたい!矛盾した感情を抱く理由は?別れたほうが良い?

好きだけど別れたいと思う心理には、男性、女性とも様々な理由が絡み合っています。遠距離などで辛くて別れたとしても、後悔して復縁を望むケースも少なくありません。好きだけど別れたいと思った時の対処法を知っておいて、冷静に判断することが大切です。

目次

[表示]

「好きだけど別れたい」ってどういうこと?その心理は?

congerdesign / Pixabay

恋人のことが好きであれば、別れたくないと思うのが普通です。しかし、付き合っているうちに「好きだけど別れたい」と思うようになる人もいます。

交際相手から「好きだけど別れたい」と言われたことがある人もいるかもしれません。このように感じるようになるには、様々な理由と心理状態が絡み合っています。

なぜ好きなのに別れるという選択肢が出てくる?

Takmeomeo / Pixabay

好きなのであれば別れたくないと思うのが一般的ですが「好きだけど別れたい」と思ったり、恋人からそのように言われたりしたことがある人は少なくありません。

好きだからこそ離れた方が良いのだと感じていたり、好きになりすぎて疲れてしまったりと、その理由は様々です。

相手のことが好きなのに、別れる決断をすることはとても辛いことです。しかし、好きだからこそ離れようと心に決める場合もあるようです。

「好きだけど別れたい」と思う女性の心理は?

DanaTentis / Pixabay

好きだけど別れたいと思う女性の心理には、様々なものがあります。たとえば、恋人としては好きだけど、結婚相手としては考えられないので別れたい、と思うこともあります。

また、好きな彼氏が浮気症なので、辛いけど別れたいと感じる場合もあります。

いずれにしても好きではあるので辛い思いをすることになりますが、それでも別れたほうが良いと感じる場合は少なくありません。

「好きだけど別れたい」と思う男性の心理は?

Free-Photos / Pixabay

好きだけど別れたいと思う男性の心理にも、様々あります。たとえば、どちらかが既婚者である場合には、好きだけど別れなければ、と思うことになります。

また、彼女のことも好きだけど、他の女性のことも気になるようになってしまった、ということもあります。素敵な女性なので、自分には釣り合わないと諦めてしまっていることもあるでしょう。

男性の場合にも様々な状況が絡み合って、好きだけど別れたいという心理状態に至るようです。

自分が悪者になりたくないから、「好きだけど別れる」を理由にすることも

geralt / Pixabay

恋人と別れる際に、自分が悪者になりたくないために「好きだけど別れる」という理由をつける人もいます。

本当は、他に好きな人ができたり、愛情が冷めてしまったような場合でも、それを本人に伝えられなくて、好きだけど別れてほしいというフレーズを使うことがあります。

この場合は、本当の意味で好きだけど別れたいと言っているわけではなく、単なる言い訳だと考えて良いでしょう。

「好きだけど別れたい」には様々な状況が絡み合っている!

pasja1000 / Pixabay

好きだけど別れたいと感じるには、様々な理由があります。相手のことが好きなので別れようと考えるのはとてもツラいことです。

好きだけど別れようと考えるには、一つだけではなく様々な状況が絡み合っている場合の方が多いようです。

関連する記事はこちら

もう疲れた…「好きだけど別れたい」感情に陥るパターンとは?

DanaTentis / Pixabay

「好きだけど別れたい」という感情に陥るには、様々なパターンが存在します。相手に依存してしまったり、価値観が違ったりと、交際を続けることがお互いの為にならないことが大きな理由になるようです。

パターン①相手のことが好きすぎて依存状態になっている

Foundry / Pixabay

相手のことが好きすぎて依存状態になってしまうことで「好きだけど別れたい」という感情に陥る場合があります。

依存状態になると、相手のことを一日中考えていたり、相手がいないと生きていけないと感じてしまうようになります。お互いに依存し合って、心のバランスを崩してしまうこともあります。

依存状態に気がついたときには、このままではダメになってしまうと危機感を感じます。そのため「好きだけど別れたい」という感情を抱くことになると考えられます。

パターン②自分に自信が持てない・ふさわしくないと思う

Free-Photos / Pixabay

好きだけど別れたいと感じる理由の一つに、自分に自信がもてないことが挙げられます。恋人にとって自分はふさわしくない人間だと感じてしまい、好きだけど別れようと考えるようになります。

これは、相手のことが好きで、素敵な人間だと思うからこそ抱いてしまう感情です。それ自体は素晴らしいことですが、あまりに自信がないと劣等感に苦しむことになってしまいます。

恋人にはもっとふさわしい人がいるはずだ、と相手の幸せを願う気持ちから「好きだけど別れたい」と感じてしまうのだと言えます。

パターン③コミュニケーション・連絡不足

Averyanovphoto / Pixabay

コミュニケーションや連絡の不足から、好きだけど別れたいと感じるようになることもあります。恋人からの連絡がないことで不安になり、耐えられなくなった時に、好きだけど別れようと考えてしまいます。

いつもこちらから連絡をするばかりだと、本当に好かれているのか疑問に感じる心が生まれます。会った時のコミュニケーションも上手くいかないと、不安ばかりが募ることとなります。

コミュニケーションや連絡の不足から、愛情を感じられずに辛くなり、好きだけど別れようという心境に至るパターンです。

パターン④価値観の違いを受け入れられない

Andi_Graf / Pixabay

恋人との価値観の違いから、好きだけど別れたいと感じるケースもあります。相手が悪いわけではなくても、どうしても受け入れられない価値観の違いがあるために、別れようと考えることがあります。

たとえば、金銭感覚や生活する上での優先順位などの価値観が大きく違うと、一緒にいることが苦痛になっていきます。しかし、今までの価値観を変えることは、なかなか難しいことでもあります。

相手のことは好きだけど、価値観が違いすぎて一緒にいられない、と感じるパターンは少なくありません。

パターン⑤遠距離恋愛・相手の転勤

恋人の転勤などで遠距離恋愛になってしまったときにも、好きだけど別れたいと感じる場合があります。遠距離恋愛になれば、会いたいときに会うことができず、辛い思いをすることも多くなります。

突然の環境変化で気持ちが整理できず、寂しさに耐え切れなくなって「好きだけど別れたい」と考えるようになってしまいます。

パターン⑥相手に浮気癖がある

Tumisu / Pixabay

相手に浮気癖がある場合にも、好きだけど別れたいと感じる場合があります。好きだからといって我慢していても、何度も浮気を繰り返されてしまうと、いずれ限界が訪れます。

相手のことが好きな分、浮気をされたときのショックは大きいはずです。浮気性だからと諦めていても、浮気をされれば傷つきます。

相手のことは好きだけど、これ以上浮気されるのは我慢できないと感じたときに、好きだけど別れたいという心境に至ります。

パターン⑦相手を信用できず素直になれない

panajiotis / Pixabay

相手を信用できない時にも、好きだけど別れたいと思う場合があります。相手のことを信用できないと自分も素直な気持ちを表現できずに、上手く関係を築けなくなってしまいます。

いくら好きな相手でも、浮気を繰り返されたり、嘘をつかれたりすると、信用することは難しくなります。一度不審に思ってしまうと、再び信用して心を開くのは大変なことになります。

好きな相手でも、信用でいない相手とは別れたいと感じるパターンです。

パターン⑧恋愛に時間を割けない

JESHOOTS-com / Pixabay

恋愛に時間を割くことができないというのも、好きだけど別れたいと感じる理由の一つです。仕事などが忙しいと、好きな相手との時間であっても負担になっていくことがあります。

特に、相手がマメな連絡を求めていたり、頻繁に会いたがっていたりすると、恋愛自体が重荷になってしまいます。

そのような状況が続くと、恋愛するのが面倒だとさえ感じるようになってしまい、別れたいという心境に至ってしまいます。

パターン⑨愛されていると感じられない

qimono / Pixabay

愛されていると感じられないと、好きだけど別れたいと考えるようになります。自分に自信がなく、些細なことでも落ち込んでしまうようになると、好きな相手でも別れたいと感じてしまいます。

自信がないと、相手の何気ない言動や振る舞いによって、愛されていないのではないかと考えてしまいます。それが積み重なると、一緒にいることや連絡を取り合うことが苦痛になっていきます。

愛されていないと感じることはとても苦しいので、別れたほうが楽だという心境に至ります。

パターン⑩相手に結婚願望が無い

Free-Photos / Pixabay

相手に結婚願望が無いために、好きだけど別れたいと感じる場合があります。自分が結婚を望んで交際しているときには、好きな相手でも別れたいと思うことになります。

交際が続いていて結婚を意識するようになったとき、相手に結婚の意思がないと分かればショックです。特に、結婚して子供が欲しいと考えている女性であれば、焦りを感じることも少なくありません。

相手のことは好きだけど、結婚相手として考えられないのであれば、別れたいと感じてしまうパターンです。

パターン⑪一緒にいても喧嘩が絶えない

RobsonWojcik / Pixabay

好きな相手でも、一緒にいて喧嘩が絶えない場合には、別れたいと感じることがあります。好きだからこそ喧嘩になってしまうのかもしれませんが、傷つけ合うことに疲れてしまう場合があります。

一緒にて楽しいことがあっても、喧嘩が繰り返されてしまうようだと、お互いに疲弊していきます。根底には価値観の違いがあって、お互いを許すことができない状態です。

好きだし一緒にいたいけど、これ以上はお互いの為にならないからと、別れたいと感じるようになっていきます。

パターン⑫相手に合わせすぎて疲れた

Free-Photos / Pixabay

好きだけど別れたいと思う理由の一つに、相手に合わせすぎて疲れてしまったということもあります。好きだからこそ相手を喜ばせたいと行動しても、それが続くと疲弊してしまいます。

たとえば束縛したがる相手であれば、初めのうちは嬉しく感じても、次第に窮屈になっていくこともあります。精神的に重荷になっていき、好きなんだけど別れたいと感じるようになってしまいます。

パターン⑬中学生・高校生などで進路が影響する

StockSnap / Pixabay

中学生や高校生などでは、進路のことが影響して、好きだけど別れたいと考えることもあります。これまで同じ学校で毎日のように会っていたのが、進路が別になれば頻繁に会えなくなってしまうことがあります。

また、大学受験に集中するために、別れを考えるようになる場合もあります。中学生や高校生にとっては、進路をどうするかが恋愛にも大きく影響を与えることになります。

パターン⑭一人の時間を有意義に使いたい

reaklop2 / Pixabay

好きだけど別れたいと思うには、一人の時間を有意義に使いたいことが理由になることがあります。相手のことを好きな気持ちがあっても、恋愛以外のことにもっと時間を割きたいと感じることもあります。

特に、仕事や趣味に打ち込んでいるタイプの人だと、もっと一人の時間が欲しいと感じる傾向があります。

お互いに自立していて、それぞれの時間を大切にできる関係であれば、このような理由で好きだけど別れたいとは思わないのかもしれません。

パターン⑮友達としての関係の方が気楽

StockSnap / Pixabay

友達としての関係の方が気楽だと感じてしまい、好きだけど別れたいと考えるようになることがあります。友人関係から恋人に発展した場合には、このパターンで別れを考えるようになることがあります。

友達の時はもっと気楽に付き合えたのに、恋人同士になったらぎくしゃくしてしまったというケースは少なくありません。恋人になって初めて価値観の違いに気が付く場合もあります。

友達同士で気兼ねなく付き合えていた頃を思い出すと、好きだけど別れたいと考えてしまうこともあるようです。

パターン⑯他に好きな人が出来た

watcharaph / Pixabay

他に好きな人ができてしまって、好きだけど別れたいと思う場合もあります。恋人のことは好きだけど、他にも気になる人が現れてしまったというパターンです。

同時に二人を好きになってしまうことは、珍しいことではありません。しかし、二股や浮気の関係にはなりたくないので、好きだけど別れたいと考えるようになります。

パターン⑰家族の賛同が得られない

Pexels / Pixabay

家族の賛同が得られないために、好きだけど別れたいと考えることもあります。相手のことをいくら好きであっても、大切な家族の意見を無視できない場合は多いです。

特に、将来的に結婚を考えているようであれば、家族の反対は大きなハードルになります。家族を大切に考える人であるほど、好きだけど別れたいと思う十分な理由になります。

パターン⑱同棲中で相手の嫌な部分が見えてくる

Free-Photos / Pixabay

同棲中に相手の嫌な部分が見えてきてしまい、好きだけど別れたいと思う場合もあります。一緒に生活をするようになると、今まで気にならなかった価値観の違いに気が付くことは多いです。

相手への気持ちはあっても、どうしても生活スタイルの違いが埋められないこともあります。

同棲すると毎日一緒に過ごすことになるので、生活の中で許せないことがあると大きなストレスになります。いくら好きな相手でも、我慢できない場合も少なくありません。

パターン⑲安定感が無く将来を見据えることができない

Pexels / Pixabay

恋人に安定感が無く、将来を見据えることができないのも、好きだけど別れたいと思う理由の一つになります。結婚を望んでいる人であれば、将来への不安は別れを考える大きな理由になります。

好きな相手であっても、不安定な経済状態で将来が見えないようだと、交際を続けるかどうか迷ってしまいます。特に結婚や妊娠を望む女性であれば、焦りを感じることも多いです。

将来を共にできない相手であれば、好きだけど別れようと考えるケースは珍しくありません。

パターン⑳相手が既婚者

Robert-Owen-Wahl / Pixabay

相手が既婚者であれば、好きだけど別れたいと考えるのは自然なことだと言えます。相手の家庭のことを考えると、別れなければいけないと感じるはずです。

また、相手のことを好きであれば、交際を続けることで自分が傷ついいていくことも明らかです。既婚者との恋愛がバレてしまうリスクも大きなものです。

相手が既婚者であれば、いくら好きだったとしても別れる決断を迫られるのは避けられないことです。

好きだけど別れたい気持ちは関係を見直すキッカケ?判断基準は?

ionasnicolae / Pixabay

好きだけど別れたいと思ったときには、一度相手との関係を見直すキッカケになります。別れてから後悔しないように、様々な対処法を知っておくことが必要です。

NEXT:単純な倦怠期の訪れかも?相手を見直して判断しよう!
1/3