地黒の人の特徴や原因は?美肌に見せるメイクのコツも紹介! 美容

地黒の人の特徴や原因は?美肌に見せるメイクのコツも紹介!

目次

[表示]

滝沢カレン

特徴的な日本語で人気を掴み、バラエティ番組で活躍もしている滝沢カレンはウクライナ人の父と日本人のハーフです。

そのため地黒の芸能人の一人としてあげられています。モデルでも活躍している滝沢カレンの活躍に今後も注目です。

肌の一部だけ白いことありませんか?白斑をケアしよう

Ana_J / Pixabay

肌の一部が際立って白いということはありませんか?顔や体に関係なく肌の一部だけ斑のように白いところがあるのは、「白斑」という病気です。

特に地黒の人は際立って白斑が目立つため、お悩みの方は多いのではないでしょうか。白斑はケアをして、目立つ白斑を改善し対策することができます。

そもそも白斑とは?

Sophieja23 / Pixabay

白斑は大きく2種類に分類しており「先天性白斑」、「後天性白斑」に分けられます。後天性白斑は100人に1人の確率で発症します。性別は関係なく誰にでも起きる病気です。

その白斑の中でも特に多いのが「尋常性白斑」です。尋常性白斑に悩んでいる人は約100万人以上に達するとも言われています。遺伝は関係ありませんが家族性発生は大体30%程となっています。

白斑ができてしまう場所によっては、他人の目が気になるなど日常生活に支障ができてしまう問題にまで発展をしてしまいます。

白斑ができる原因は?

JillWellington / Pixabay

白斑ができる原因ですが、まだ原因はハッキリと解明されていないといいます。ですが、自己免疫疾患が一つの原因ではないか。と言われています。

肌を作るメラニン色素にはメラノサイトという色素細胞から作られていてますが、何らかの原因で自身のメラノサイトを傷めてしまうことがあるようです。

その結果メラニン色素が作り出せなくなり、肌の色が白く斑のようになってしまうようです。

白斑のケアについて

jarmoluk / Pixabay

まず医学的なケア方法からご紹介していきます。特に症状が酷い方は病院で相談してみてはいかがでしょうか。

医学的なケア方法では、症状が進行している「進行期」と進行の動きがない「固定期」で異なります。進行期ではメインとして3つのケア方法があります。

進行期でのケア方法

rawpixel / Pixabay

1つ目は、白斑の部分に軟膏などを塗ってケアする方法です。ステロイドや免疫調整のために軟膏を塗りケアをします。効果は数ヵ月後で発揮されます。

2つ目に紫外線を照射するケア方法です。効果が高い分リスクを負いやすいケア方法です。紫外線の過度な照射は皮膚がんの発生率も高くなってしまいます。医師との連携が必要です。

3つ目に、ステロイドを服用し体内から白斑をケアしていく方法です。効果はすぐ発揮することはないのですが、白斑が改善され元の肌に戻る可能性は高いです。

固定期でのケア方法

Free-Photos / Pixabay

次に固定期のケア方法ですが、白斑の固定期は進行が1年間停滞します。その間に新しく白斑ができない場合には「手術」か「脱色」することが対策としてあげられます。

手術では、皮膚の表皮と皮膚の内側の真皮という部分を移植したり、表皮だけ移植する方法もあります。また白斑の部分に小さい穴を開け、そこに普通の皮膚を移植する方法などもあります。

脱色では、世界的にも有名なマイケル・ジャクソンが行ったことで有名です。メラノサイトを全て壊す薬剤を使用します。これは、極度な方法ですが全ての皮膚を白斑にするというものです。

自分でできる対策

thisismyurl / Pixabay

医学的なケア方法をご紹介してきましたが、自分で白斑を対策する方法もあります。それは白斑をメイクで隠すというカモフラージュメイクというものです。

カモフラージュメイクの化粧品は、一般の化粧品に比べて耐水性もあり1日中白斑を隠すことができる優れものです。自分の肌色より暗い色を使用することが重要です。

白斑を根こそぎ取り除くことはできませんが、簡単に対策できる方法として、カモフラージュメイクをする人は多いようです。白斑でお困りな方はカモフラージュメイクを始めてみてはどうでしょうか。

地黒を美白にすることもできる!

Free-Photos / Pixabay

いかがでしたでしょうか。地黒がコンプレックスの女性も美白の肌を手に入れることは可能なんです。ですが地黒は地黒の魅力もたくさんあります。

今回ご紹介した美白に近づける方法を試すのも良いですし、あえて地黒を最大限に活かしてかっこよく見せるという方法もあります。地黒で悩んでいる方は参考にしてみてはいかがでしょう。

関連する記事はこちら

3/3