割鞘朱璃の元夫は山本太郎!父の虐待を告白、現在はAVデビュー? エンタメ

割鞘朱璃の元夫は山本太郎!父の虐待を告白、現在はAVデビュー?

目次

[表示]

中学生の頃は児童養護施設で生活していたときもあったという

cocoparisienne / Pixabay

割鞘朱璃さんに対する暴力が止まらなくなり、遂に児童相談所に保護されることになりました。当時は小学生だったこともあり、心には深い傷を追ってしまったのです。

中学生時代は約2年間もの時間を児童養護施設で過ごし、通学をしていました。

父親がブログのなりすまし投稿をしていることからも確執がうかがえる

pixel2013 / Pixabay

割鞘朱璃さんのブログを父親が管理していたのですが、これは娘の動向が心配だからではなく、支配しようとしていたのでしょう。

割鞘朱璃になりすましてブログを更新していたのですが、性的な表現や社会問題に切り込むような独特な記事になっていたので、父親が暴走しすぎていました。

父親の実家、割鞘家は由緒ある家系だった?

mohamed_hassan / Pixabay

割鞘家は、平安時代から続く由緒ある家系として知られています。珍しい苗字ということもあり、信憑性は高いと言われています。

割鞘朱璃のように父から虐待を受けていた芸能人は?

Free-Photos / Pixabay

割鞘朱璃さんのように父親から虐待を受けていた芸能人は少なくありません。テレビでは華やかな振る舞いを見せていますが、現実は心に暗い闇を抱えているのです。

ここからは、割鞘朱璃さんと同じく、家族から虐待を受けていた芸能人をご紹介します。

虐待されていた芸能人①ダレノガレ明美

  • 生年月日:1990年7月16日(28歳)
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 職業:ファッションモデル

ファッションモデルとして活躍しているダレノガレ明美さんは、トーク&音楽バラエティ番組「チカラウタ」に出演した際に、実父から虐待を受けていたことを告白しました。

「ショックで喋れなくなった」「暴力によって記憶が欠落している」と、幼少期の苦い経験を語ってくれました。ダレノガレ明美さんを救ってくれたのは再婚相手の男性でした。

虐待されていた芸能人②佐々木健介

  • 生年月日:1966年8月4日(52歳)
  • 出身地:福岡県福岡市
  • 職業:元プロレスラー・タレント

佐々木健介さんは幼少期の頃から父親の健吉さんに暴力を振るわれていました。自分の思い通りにならないことがあると、容赦無く殴ったり蹴ったりしてきました。

佐々木健介さんが2〜3歳の頃、いきなりボートから海の中へと放り投げられ、死にそうになった経験もしています。佐々木健介さんにとって、家庭は「我慢する場所」だったのです。

虐待されていた芸能人③小山慶一郎

  • 生年月日:1984年5月1日(35歳)
  • 出身地:神奈川県相模原市
  • 職業:アイドル

ジャニーズの人気アイドルグループNEWSのメンバーとして活躍している小山慶一郎さんも、かつて父親から虐待を受けていました。

殴られて顔が腫れていく感覚を今でも鮮明に覚えており、その経験はトラウマになっていると語っています。父親による暴力は母親にも及んでいました。

割鞘朱璃の経歴は?

Free-Photos / Pixabay

  • 2012年5月:山本太郎さんと結婚。
  • 2012年8月:山本太郎さんと離婚。慰謝料200万円が支払われた円満離婚と言われている。
  • 2012年10月:北新地のキャバクラに務める。
  • 2015年4月:ヌード写真集を発売。AV女優に転身と報道される。

19歳の頃から濃い人生を送ってきた割鞘朱璃さんは、遂に自らの身体を売る結末になってしまいました。自立したことで父親からのしがらみから解放されたようです。

15歳で女子プロサーファー第1号となる

Free-Photos / Pixabay

中学生の頃まで再婚相手の父親から日常的に暴力を受けていた割鞘朱璃さんですが、懸命な努力を続け、15歳で女子プロサーファーになりました。割鞘朱璃さんは日本の第1号のプロサーファーになったのです。

2009年に史上初の3冠を達成、日本初の世界大会優勝を勝ち取る

analogicus / Pixabay

割鞘朱璃さんは、2009年に史上初の3冠を達成しました。サーファーとしてデビューをした頃は可愛すぎるサーファーとして評価されてきましたが、世界大会で優勝したことで実力を評価されるようになりました。

割鞘朱璃の元夫・山本太郎の現在は?

最後になりましたが、割鞘朱璃さんの元夫である山本太郎さんの現在はどうしているのでしょうか?ご紹介したいと思います。

山本太郎はれいわ新選組の代表に!

2019年4月10日、山本太郎さんは夏の参議院選に向けて自由党を離島し、政治団体「れいわ新選組」を設立しました。

そして2019年7月、第25回参議院議員通常選挙に比例区で出馬し、比例区の中の候補者では最多の票を得たものの、他の候補者が2人特定枠で当選したため落選しました。

しかしながら「れいわ新選組」の得票率は4.6%となったことで、「れいわ新選組」は政党要件を満たし、山本太郎さんは「れいわ新選組」の代表となりました。

山本太郎は2020年東京都知事選に落選

2020年には、東京都知事選に出馬しましたが、22名の立候補者中得票数3位で落選しました。とはいえ、現在山本太郎さんにはますます注目が集まっていると言えそうです。

割鞘朱璃は幼少期に父親から虐待を受けていた!AV女優としても活動

Bergadder / Pixabay

割鞘朱璃さんは山本太郎さんの元妻として注目を集めました。交際期間1ヵ月で、結婚生活は3ヵ月で終わってしまいました。様々な要因がありましたが、2人のすれ違いが大きな原因と言われています。

割鞘朱璃さんは、幼少期に両親が離婚をして、再婚相手の男性に日常的に虐待を受けていました。頭から放尿されるなど精神的に追い込まれていましたが、憎しみを活力に変えてプロサーファーとしてデビューをします。

山本太郎さんと離婚した後は、生活費を稼ぐために北新地のキャバクラや AV女優として活動をしました。現在はAV女優としての活動をしていないので、活動についても不明です。

2/2