出世する人の男女別の特徴や共通点は?出世しない人との違いは? ライフ

出世する人の男女別の特徴や共通点は?出世しない人との違いは?

目次

[表示]

自分の部屋も綺麗に片付いている

GloriaAgostina / Pixabay

誰にも見られない自分の部屋が片付いているのは自分の中で「やり通す力」がある証拠です。ほとんどの人が「明日やろう」や「これぐらいいいか」といった中途半端な気持ちはありません。

部屋を片付けることで自分をリセットしたりリラックスでき、そのマメな行動が上司や部下の信頼を築いている要因のひとつになっています。

両立することが上手

pasja1000 / Pixabay

仕事で出世する女性は仕事だけできるわけではありません。非常にパワフルであり仕事をしながらの子育て、家事など多彩に活躍します。

男性から見ても「どこからそんな力が出てくるのか」と頭が上がらないこともあるようですが上手に手伝ってもらったり役割分担を賢く決めることが出来る証拠でもあります。

出世する人に共通する性格は?性格が悪い?

rawpixel / Pixabay

男女別に様々な出世する特徴や性格を紹介しましたが共通することも多いようです。中には人の心理を利用したズル賢い性格も。ここでは男性女性に共通する性格を8つにまとめました。

ポジティブ

sweetlouise / Pixabay

失敗してもめげずに次の解決策を考えることやピンチになるほど前向きに物事を捉えることができるポジティブな性格は男女共にあるようです。

前向きな姿勢は周りも巻き込みます。「本当に大丈夫なのか」と不安で物怖じしている人もポジティブな人がいれば背中を押してくれるきっかけになります。

結果として周りが付いてくることになりチーム一丸になって仕事を進められるようになるのです。

臨機応変

rawpixel / Pixabay

古い習慣に捉われずその場面に合わせた行動が出来る人は出世しやすいとされます。いつまでも基本に忠実なのは大切なことですが納期に遅れるようではクライアントの信用に響きます。

自分の力を最大限に発揮するためにも臨機応変な行動や発言は必要であり、その姿を見た部下にとって憧れの存在になるでしょう。

誰にでも謙虚で誠実

StockSnap / Pixabay

出世する人は他の人の「上に立つ」人間です。上に立つということは下で支えてもらっているということであり、横柄な発言や偉そうな態度はいずれ墓穴を掘ることになりかねません。

それがわかっている人は誰に対しても謙虚な姿勢で感謝の気持ちを決して忘れません。男女共に「感謝する」ことは出世することに関して必須項目なのです。

相手の心理を読むのが得意

geralt / Pixabay

出世する人は心理学や脳科学に長けている人が多く、それを利用することで出世を引き寄せているとされています。相手の心理を操ることが出来れば相手が勝手に自分を評価してくれます。

人の心を利用するのは意地が悪いイメージがありますが仕事は綺麗事で全て解決できるほど甘くありません。時には相手の心理を見破り自分の思い通りにする事で成果を上げることが大切です。

飲み会には必ず参加する

conan_mizuta / Pixabay

人は酔った時に本性が現れると言われています。飲み会で本音や熱意を語ることが好きな上司も多く存在し、出世する人は相手の本性を知るために飲み会には必ず参加します。

さらに出世する人は異業種交流会などにも積極的に参加している人が多く、それだけいろいろな人脈を持っているのも特徴です。

人が好き

StockSnap / Pixabay

出世する人は誰に対しても興味を持ち質問や悩み事を聞くことで信頼を築きます。それは単純に人が好きだから出来ることです。人に興味がないと相手を深く知ることはできません。

「この人はどんな人なのか」「何が好きで何が気に入らないのか」など相手を思う気持ちが伝わり好感を持ってもらえるのです。

他人との境界線をきっちり分ける

ermakovasve / Pixabay

「自分は今何をすべきなのか」「それは相手の役割か自分の役割か」を明確に区別出来る人は出世する可能性があります。

何でも受け入れたり、何でも人に任せてしまうことはどちらもいい結果に繋がりません。しっかりと自分の仕事と周りの仕事を把握することは出世するための一つの要因とされています。

自信家で野心家

geralt / Pixabay

出世する人は日頃の努力を欠かしません。そのため自尊心が強くいつでも自信があります。この自信は決して根拠の無い自信ではなく努力や真実に裏付けされた自信を持っています。

さらに出世する人は決めたことは必ず達成するまで諦めません。その目標を達成するため虎視眈々と用意を進めます。

ただ単に仕事をするだけでなく大きな夢や野心を持ちながら仕事をするのが出世する人の共通する特徴です。

出世する人の顔つきや手相の特徴はある?

Engin_Akyurt / Pixabay

出世する人の顔つきや手相を見れば実際の仕事ぶりを見なくても出世する・しないの判断ができるかもしれません。ここでは出世する人を見抜く方法を8つにまとめました。

顔つきの特徴①目に強い力を持っている

Bessi / Pixabay

出世する人は向上心と自信に溢れていていつも目力があります。仕事が楽しくて仕方がないうえに重大な仕事を任されるとより目が活き活きします。

仕事が難しければ難しいほど「必ず達成してやる」という強い気持ちが目に表れるのです。あなたの周りに目に力がある人がいればその人は出世するかもしれません。

顔つきの特徴②清潔感がある

Pexels / Pixabay

出世する人は周りにいつも気を配っています。自分の顔にも気を付けていて無精ひげやべたつきが無いように常に自分の身なりを清潔に保っています。

キリっとした顔つきは相手に好印象を与えることができ、自身も清潔感を保つことで集中力が維持されます。いつも身なりを小綺麗にしている人が職場の周りにいないか探してみましょう。

顔つきの特徴③笑顔の時間が多い

Pexels / Pixabay

あなたはどんな時に笑顔になるでしょうか?楽しい時、嬉しい時、思いもよらないサプライズがあった時などハッピーな時に笑顔になるはずです。

出世する人は常に笑顔です。つまりそれだけ楽しく仕事をしているということです。さらに笑顔で相手に接することで相手の緊張がほぐれて好感を持ってくれます。

顔つきの特徴④鼻が大きく丸い

simonwijers / Pixabay

鼻は顔の中心にあることから金運や野心家の象徴とされています。その象徴が大きく丸いのはその人が大きな野心を抱いている、または高い目標を持っていることを表しています。

会社で鼻が大きく丸い人を発見したら将来出世するかもしれないので注目して見ましょう。

顔つきの特徴⑤耳が大きく福耳

bohed / Pixabay

耳が大きいのは家庭運や健康運など全ての運がいいことを意味しています。仕事と家庭を両立させることができる他、その人がいるだけでみんなが笑顔になると言われています。

福耳は金運が飛びぬけてあり、一生お金に困らないとされています。福耳は統率力の象徴でもあるので出世する人には福耳が多いとされています。

手相の特徴①柔らかい手をしている

skalekar1992 / Pixabay

手相の世界では手が柔らかい人ほど出世するとされています。急成長こそしないものの長期的に成長し続けるので5年10年と仕事を続けるうちにあれよあれよと出世しているかもしれません。

手相の特徴②左手に太陽線がある

太陽線は地位や名誉の象徴とされており、周りからの信頼を得やすいとされています。手相では右手を「現在の自分」左手を「将来へのポテンシャル」で表しています。

将来出世する人という意味では左手の太陽線が太く長い人は将来有望と言って良いでしょう。

手相の特徴③運命線が太く濃い

運命線は手首の上から中指に向かって伸びている線であり、仕事運を表しています。運命線が太く濃いことは仕事での成功を意味しており出世運として有名です。

さらに仕事での成功はもちろん家庭運も大吉とされているので仕事と家庭の両立もできるパーフェクトな人になるかもしれません。

出世する人と出世しない人との違いは?

Free-Photos / Pixabay

なぜ世の中には出世する人としない人がいるのでしょうか?そこには人間の前向きな感情や努力が関係しています。ここでは出世する人としない人の違いについてまとめました。

ポジティブかネガティブか

sasint / Pixabay

出世する人は常にポジティブです。人に何を言われようが自分の信念を曲げることはありません。困難な状況ほどポジティブに考え、周りをもポジティブに変える雰囲気を醸し出しています。

逆に出世しない人は何に対してもネガティブに考えてしまいます。「失敗したらどうしよう」「恥をかくのがイヤだ」と何も行動しないうちからネガティブ思考で結局諦めてしまいます。

嫉妬深い

RobinHiggins / Pixabay

自分の能力を上げるためには競争相手が必要な時があります。「あいつだけには負けたくない」とハングリー精神を持つことで自分に厳しくでき、モチベーションを高く保つことができます。

出世しない人は競争が嫌いです。「相手は相手、自分は自分」と割り切っています。確かにその考えは間違っていません。

ですが嫉妬がないということは平和的で争いを好まないということです。厳しい競争社会で争いから逃げる事は出世を諦めているといっても過言ではないのです。

失敗した原因をつきとめ解決できる

nastya_gepp / Pixabay

あなたは失敗した時にその理由や要因、対策までしっかり実施できているでしょうか?誰でも失敗を反省する事は出来ます。しかし大事なのは反省した後に原因を突き止め自己解決出来る事です。

反省はしたものの原因や対策を他人に任せていては自身の成長になりません。あなたが出世したいなら失敗にしっかり向き合い自己解決できる力を身につけましょう。

上司と嘘でも仲良くできるか

geralt / Pixabay

出世する上で上司との関係はとても大切なことです。時にはイヤな上司とも一緒に仕事をしなければいけない時もあるでしょう。

そんな時に例え自分に嘘をついても上司といい関係を築けるかで今後の将来は決まってきます。上司が嫌いだからと不備な態度をとってしまうと出世への道は遠のいてしまいます。

努力ができる

Wokandapix / Pixabay

努力することは基本的なことですが意外に続けられていない人が多いようです。出世するためには自分の苦手分野であっても努力を怠ることは許されません。例え仕事で疲れていても継続した努力が大切です。

継続といっても一週間や一か月程度の努力では周りと大して変わりません。1年、5年、10年という長期的な努力がいつのまにか他の社員が追いつけないほどの実力になっているのです。

悪口・陰口を言わない

RyanMcGuire / Pixabay

仕事をしているとどうしてもストレスが溜まるものです。あなたもついつい上司や部下の陰口をこぼしていませんか?もし当たっているならあなたは出世に不向きかもしれません。

出世する人は人の悪口や陰口を決して言いません。なぜなら悪口や陰口は意味がないからです。上に立つ人間はコソコソと陰口を言って相手を非難するよりも堂々と本人に注意や指摘を行います。

そのほうが相手に直接伝わりますし効率的です。相手に聞こえなければまた同じトラブルを起こすことは明白であり、出世する人はそのことをわかっています。

報連相ができる

nastya_gepp / Pixabay

これも基本中の基本ですが意外にできていない人がいます。新人の頃は出来ていても仕事がある程度出来るようになると中途半端な自信が邪魔をして報連相が散漫になりやすくなります。

変えてはいけない基本を忠実に守れるのも将来出世できる人と出来ない人の分かれ道になっているようです。

責任を他人に押し付けない

mohamed_hassan / Pixabay

自分の失敗に難癖をつけては部下のせいにしたり、自分は悪くないというアピールをする人がいます。将来人の上に立つ人間としてそんな人に出世は論外です。

自分が直接的な原因でないにしてもその仕事に関わっているなら「全て自分の責任」と思えなければ出世しても部下に慕われることはないと言っても過言ではありません。

「自分が責任者」という強い気持ちを持つことで様々なことに真剣に取り組むことができ、周りから頼れる存在として一目置かれるようになります。

仕事を好きか嫌いかの違い

kropekk_pl / Pixabay

あなたは毎日の仕事に達成感ややりがいを感じ、日々学習しながら仕事ができていますか?仕事で出世するということは業務に関して他の人間よりも多くのことを知っている、できることを意味しています。

なぜ人よりも多くのことをわかっているのか。それは単に覚えるのが得意というだけではなく単純に仕事が好きだからです。好きなことをもっと伸ばしたいと思ったら何時間でも努力できます。

逆に嫌いなことを努力しようとすれば10分でも嫌になるはずです。好きか嫌いかの差は時間が経てば経つほど両者の差が広まっていくことになるのです。

NEXT:小さなことでも真面目に取り組む姿勢
2/4