尾崎豆の今現在!年齢や職業は?15の昼の歌詞や動画も紹介!

人気番組「学校へ行こう!」に出演したことで大ブレイクし話題となった尾崎豆。尾崎豊の曲「15の昼」を自虐的な歌詞に替え歌っていた彼ですが、実はすでに死亡したという説も存在するのです。そんな彼の現在の姿や年齢に迫ってみましょう。

尾崎豆の現在は?

大人気だったテレビ番組「学校へ行こう!」の「B-RAPハイスクール」に出演し、尾崎豊の名曲を自虐的な替え歌にして歌い上げ話題をさらった尾崎豆ですが、現在はどのような活動をしているのでしょうか。

尾崎豆のプロフィール!現在の年齢は?身長は?【画像アリ】

  • 名前:尾崎豆(おざき まめ)
  • 誕生日:1977年10月6日(推定)
  • 年齢:推定41歳(2019年6月現在)
  • 出身地:東京都
  • 血液型:AB型
  • 身長:156cm
  • 職業:お笑い芸人

2003年4月に「学校へ行こう!」のB-RAPハイスクールに初出場した手乗りラッパーで、尾崎豊の名前をもじった芸名で活動。そのユニークなキャラクターと秀逸な替え歌で人気を博しました。

自身の身長の低さや、いじめられっ子の気持ちを歌ったような哀愁漂う歌詞が多く、「リクエストアワード2003」では1位を獲得して号泣する姿も見られました。

「学校へ行こう!」でブレイク後消えたと言われていた尾崎豆

番組出演時は大人気だった尾崎豆ですが、2004年8月以降はテレビで見かけることがほとんどなくなりました。そして2008年の番組終了と共に全く露出がなくなり、消えたのではと噂されていました。

病気で死亡説が浮上?真相は?

2007年には公式ブログもストップし、急に活動がフェードアウトしたことから「死んだのでは?」という説も囁かれていました。

おまけにネット上の掲示板で「【悲報】尾崎豆死亡」などというスレットが乱立し、一部のファンが騒いだため、噂が大きくなってしまったようです。

色々と説はありましたが死亡説は全くのデマで、尾崎豆は今も元気で生活しており、以前ほどではありませんが活動も続けています。

尾崎豆が死亡説に憤慨!小人症の噂もあった?

Gerlock / Pixabay

尾崎豆は自身の身長が低いことをネタにすることがありましたが、その身長は156cmで、日本人の平均身長が170.6cmであることを考えるとかなりの低身長です。

また体重は非公開であるため不明ですが、小柄でやせ型な体型からすると40キロ台であったのではと推測されます。それゆえに「小人症なのでは」という噂もあったようです。

小人症は著しい低身長が症状の特徴ですが、重大な疾患を併発していない場合は治療対象とならないため、声楽家の米良美一や俳優の白木みのるなど、著名人にもその症状を持つ人物は多くいます。

尾崎豆には障害説も?真相は?

あまりにも小柄な体型と弱々しい雰囲気から、尾崎豆は障害を持っており、それを理由にイジメられていたのではという説も一部で囁かれていました。

しかし実際は障害について確かな情報はなく、これもデマであったと考えられます。

現在はトークイベント・お笑いライブなどを行い芸人として活動中!

一時は消えたと言われていた尾崎豆ですが、現在はお笑いイベントやパーティ、結婚式の余興などで芸人としてパフォーマンスを披露しています。

テレビに出演しないものの人気?単独ライブのチケットは即完売

地方公演やイベントなどでは相変わらず自虐ネタで客席を沸かせているようですが、単独ライブを開けばチケットはすぐ完売するなんていうこともあるそうです。

パチンコ店のイベントにも出演

ライブやお笑いのイベント以外にも、パチンコ店など足を運びやすい場所にも参加しており、積極的な活動ぶりがうかがえます。

身近なところでかつての人気者を見れるとあって、このようなイベントには多くの人が集まるようです。

2016年2月に公式ツイッター開設

尾崎豆は2016年に自身の公式ツイッターアカウントを開設し、「生きてますよ~」と過去の死亡説を否定するようなアピールも見せています。

2019年6月現在、フォロワー数は8000人を超えており、現在の姿の写真なども載せながら、野球観戦や食事の様子など頻繁にツイートしています。

吉本に干されていた?気になるツイートも!

尾崎豆は吉本興業に所属していましたが、実質仕事が全くなく干されている状態だったようです。

自身のTwitterでも「もうすぐ吉本干されて6周年」といったつぶやきを投稿していることから、干されていたという事実は本当であったと言えます。

2016年3月に復活!?尾崎豆が東京Naked Loftでライブを開催

2016年3月、東京・Naked Loftにて「10年振りに復活!?」といったタイトルでライブを開催しました。

イベントでは替え歌を披露したほか、自身の生い立ちや近況、趣味の事などもたっぷりと語っています。

2018年「モウレツロック」にゲスト出演

2018年11月には、「モウレツロック」にスペシャルゲストとして出演しています。

テレビで活躍していた頃と比べると声が若干低く出づらい感じがありますが、当時の服装のままに繰り広げる自虐ネタには、時代が変わっても多くの人がひきつけられています。

2019年、「学校へ行こう!」のメンバーが集まるライブに参加

最近では2019年4月に、東京の阿佐ヶ谷ロフトAにて、かつて「B-RAPハイスクール」で共に活躍したメンバーが集まりライブが行われました。

三代目パークマンサーやアンコtheKANCREW、MUSIAなどの懐かしい面々と、近況報告をしつつ、テレビに出演していた頃のエピソードや今後について語っていたそうです。

今現在、彼女はいない?

5688709 / Pixabay

2019年6月現在、自身のTwitterで「彼女がいないのに結婚線が5本ある」とつぶやいていることから、彼女のような存在は現在いないようです。

関連する記事はこちら

尾崎豆のyoutube動画は?歌詞も?

Skitterphoto / Pixabay

尾崎豊の様々な名曲を、自虐的な歌詞に替え歌い上げていた尾崎豆ですが、その様子はどのようなものだったのでしょうか。当時の動画とともに歌詞についても振り返ってみましょう。

15の夜の替え歌「15の昼」

「教科書の落書きを人に書かれた」「弁当が食べられる」など、イジメられていたことを連想させるような歌詞が冒頭から印象的です。

また尾崎豊の曲のタイトル「15の夜」を「15の昼」と言い換えたり、「盗んだバイクを買わされた」という本家の歌詞を活かしながら笑いを誘うようなフレーズが話題となりました。

原曲が青春時代をカッコよく歌い上げているものだけに、そのギャップがなお一層面白さを増す要因となっています。

卒業の替え歌「Graduation」

尾崎豊の「卒業」の替え歌である「Graduation」は、本人いわくオリジナルだそうです。

学校のプール開きについて触れているこのネタでは、「パンツを奪われた」「このあとの授業はノーパン」など相変わらずいじめられているような様子が歌詞になっています。

また「大好きな女子はいつも見学」など、思春期の男子が経験しがちなことも歌詞に含め、共感や笑いを誘っていました。

替え歌「シェリー」

「シェリー」の替え歌では、背の低さをネタにするような歌詞が中心となっています。

「写真を撮るとき最前列では背伸びがバレる」とか、「どこに行けば人を見下せるだろう」といった歌詞で、背が伸びない悩みを表現し、笑いにかえていました。

OH MY LITTLE GIRLの替え歌「傷ついた世代」

しっとりとした曲調の「OH MY LITTLE GIRL」でも、身長の低さをネタにした歌詞を披露しています。

中でも、サビの「Oh my little girl」と言う歌詞を「お前little boy」と言い換える秀逸なセンスは話題となりました。

とてもネガティブな歌詞なのになぜかクスっと笑えてしまうのは、尾崎豆の持つ不思議な雰囲気ならではのことでしょう。

15年後の尾崎豆のライブ

こちらは2016年にイベント会場にて撮影されたライブの様子です。服装は当時のままですが、さすがに経った年月を感じさせる姿になっています。

大人気だった「15の昼」を歌いあげましたが、以前のような高音を出すことは難しい様子です。

Twitterでは「オッサンになったなあ」「昔の声の方がよかった」など、全盛期と比較したコメントが多く寄せられていました。

尾崎豆の経歴は?

Couleur / Pixabay

流星のごとくテレビに現れ人気を博し、そして消えていった尾崎豆の経歴を、今一度順を追ってみてみましょう。

お笑い芸人?所属事務所は「吉本興業」

尾崎豆は、吉本興業に所属していた期間があったようです。そこでは「お笑い芸人」として、劇のチョイ役などで出演していたとか。

しかし所属はしていたものの全く仕事がもらえない状況だったそうで、Twitterでは吉本専用の通帳の中身を公開し「信じられない給与14円」とつぶやいていました。

本人ですら「何の仕事だったんだろう」と不思議に思うほどなので、よほど仕事がない状態であったことがうかがえます。

2003年4月「学校へ行こう!」のB-RAPハイスクールに登場

当時かなりの視聴率を誇っていた番組「学校へ行こう!」の人気コーナー「B-RAPハイスクール」に2003年4月に初登場し、その独特の雰囲気で一気に話題をさらいました。

他にもユニークなキャラクターが多数いた当コーナーにおいても、目立つ存在であったことは間違いありません。

キャラクターと替え歌の歌詞が面白いと人気に

あまりにも小柄な体型と、弱々しくどこか哀愁ただよう雰囲気で淡々と歌い上げる様子にひきつけられた人は多いようです。

そして何より、尾崎豊の名曲を抜群のセンスで自虐ネタに替えてしまうところが人気を呼びました。その人気から、何回も出演を重ね替え歌を披露しています。

リクエストアワード2003にて1位を獲得

qimono / Pixabay

B-RAPハイスクールには色んな出演者がおり、それぞれ個性的なネタで人気を得ていましたが、そのメンバーを抑えて「リクエストアワード2003」で1位を獲得するという快挙も達成しています。

その結果を受けた尾崎豆が、感極まって号泣するような様子が見られました。

2004年8月まで活躍を続けた

Pexels / Pixabay

2004年8月に「B-RAPハイスクール」のコーナーが取りやめになるまで活躍を続けました。大人気コーナーであったため、視聴者からはその終了を惜しむ声が続出したそうです。

その後、徐々にメディア露出が減るように

eak_kkk / Pixabay

「学校へ行こう!」で活躍するコーナーが終了されてからはメディアでの露出がほとんどなくなり、そのうち世間で「消えた」「死亡したのでは」と噂されるようになってしまいました。

現在は以前ほどの活躍は見せていないものの、小さいイベントなどに出演しており、かつての共演者と交友する姿もTwitter上で魅せています。

尾崎豆は馬術が得意?全国2位の実力!?

WenPhotos / Pixabay

とても弱々しい印象の尾崎豆ですが、実は「馬術障害が特技」だという意外な一面も持っているのです。しかもなんと全国2位の腕前だとか。

小柄な体型ゆえに、馬術は尾崎豆にとってもってこいの競技であったと考えられます。

尾崎豆と有吉弘行は似てる?

Twitter上で、「尾崎豆が有吉弘行と似ている」と噂されたことがありました。それについては「覇気のない有吉に似ている」「微妙」といった様々な意見が出されています。

その話について有吉本人が、「学校へ行こう!に出演させてもらった気分です。ありがとう」とTwitterでコメントしており、7500を超えるリツイートがされています。

まだまだいた!尾崎豆に似ていると言われる人たち

juanluis / Pixabay

有吉弘行が尾崎豆に似ていると言われていたことは前述しましたが、実は他にも尾崎豆に似ていると噂される人たちがいます。いくつかのケースをご紹介しましょう。

NEXT 両角友佑(カーリング選手)