桜田淳子の現在は?夫と子供、姉も宗教は統一教会?ついに芸能界完全復帰か!

桜田淳子さんは宗教団体統一教会に入信し、現在は芸能活動を休止中と思われていました。しかし、今年単独コンサートを開催し、事実上の芸能界復帰では?と騒がれています。また、あの合同結婚式で結婚した夫との離婚の噂も本当なのか、早速調査してみました。

桜田淳子の現在は?夫・子供の現在と統一教会、芸能界完全復帰!

2018年3月27日、芸能活動を休止していた桜田淳子さんが、単独コンサートを開催して話題になりました。ここ数年音楽活動を再開し始めた桜田さんですが、離婚して経済的に大変なのでは?という噂も出ています。実際のところどうなのか、検証してみましょう。

桜田淳子ってどんな人?プロフィールまとめ

桜田淳子のプロフィール

桜田淳子さんは、公式プロフィールが「1958年4月14日生まれ(2018年現在60歳)・秋田県秋田市出身・身長160cm・血液型O型・聖トマス大学卒業」となっている元歌手・女優です。

桜田淳子、アイドル歌手デビューし人気を博す

1972年「スター誕生!」で、番組史上最高得点を獲得しグランドチャンピオンになった桜田淳子さんは、サンミュージックに所属し1973年歌手デビューしました。その後同世代の森昌子さん、山口百恵さんとともに花の中三トリオ、高校に入ってからは花の高三トリオと呼ばれ、人気を集めました。

宗教団体統一教会信者であることを告白

歌手・女優としても活躍していた桜田淳子さんですが、1992年に宗教団体統一教会(当時の正式名称:世界基督教統一神霊教会)の信者であり、同年開催された合同結婚式(正式名称:3万組国際合同祝福結婚式)に参加表明し大騒動になりました。しかしその後は宗教活動の影響もあり、1996年の仕事を最後に芸能活動を休止しています。

桜田淳子の現在①:2018年3月27日単独コンサートを開催!

2018年の単独コンサート、アルバム発売で完全復帰か

そんな桜田淳子さんが2018年3月27日、「マイ・アイドロジー・スペシャル~ありがとうのかわりに」と題した単独コンサートを開催しました。このコンサートは、同年2月25日にリリースしたニューアルバム「マイ・アイドロジー」の記念イベントでもあり、桜田さん45周年記念のファンイベントでもありました。
このニューアルバムは35年ぶりの新録アルバムで、代表作の新録に加え、桜田さん本人が作詞作曲した新曲も収録しています。また、同年3月25日にもベストアルバムを発売し、いよいよ本格的に桜田さんが芸能活動を再開するのでは、と複数のニュースサイトが報じています。

2017年4月オムニバスコンサートで芸能界復帰を見据えていた

桜田淳子さんは2017年4月7日、映画音楽のオムニバスコンサート「スクリーン・ミュージックの宴」にも参加していました。関係者もこの参加により芸能界復帰を見据えていたと話しており、桜田さん自身も、2013年の40周年公演でファンの反応が良かったため参加を踏み切ったものでした。

桜田淳子の現在②:2013年デビュー40周年でステージ復帰!

2013年5月、元所属事務所社長の通夜で公の場へ姿を現す

実は2013年の40周年公演の前に、桜田淳子さんが公の場に姿を現したことがありました。それは2013年5月、桜田さんの元所属事務所サンミュージックの社長、相澤秀禎氏の通夜が行われたときのことでした。相澤社長は、桜田さんの芸能活動は統一教会脱会が条件としていたことから、桜田さんは1991年に個人事務所を設立しています。

2013年11月40周年記念コンサートでステージ復帰を果たす

図らずも世間に顔見世してから開催となった、2013年11月の40周年記念コンサート「Thanks40スペシャルファン感謝DAY」では、桜田淳子さんは半年前よりスリムになってステージ復帰しました。夫の信行氏によると、5月の通夜に参列した際「太った」と騒がれたことで、桜田さんもさすがに気にしてダイエットしたとのことでした。
こうして見てみると、桜田さんは2013年の40周年記念コンサートを皮切りに、ファンの反応を受けて次へ繋げ、2017年のコンサートの結果を受けて2018年の芸能活動再開にシフトしてきていると言えますね。

桜田淳子の現在③:夫、東信行氏との間に子供が3人いる!

桜田淳子の夫、東信行氏は現在?子供は3人いる

桜田淳子さんの家族は今どうなっているのでしょうか。1992年に桜田さんと統一教会の合同結婚式で結婚したとき、夫の東信行氏は父から引き継いだ事業を経営していましたが、2000年に会社を整理しています。その後信行氏は会社整理で残った資産を運用して生計を立てており、家族は比較的裕福に暮らしているといいます。
2018年時点、長男24歳、長女22歳、次女20歳という3人兄妹で、学校などの情報は一切入っていませんが、2000年に信行氏の母の世話のために兵庫県西宮市へ、その後2004年には東京都世田谷区へ居住を移しています。

桜田淳子と夫、離婚の噂があるが実際は?

桜田淳子さんが夫と離婚して、生活のために芸能活動の再開を果たそうとしているという噂は本当なのでしょうか。特に離婚を疑わせる情報がなかったため、2人の不仲説は根拠がないと言えます。実際、信行氏の会社整理や現在の生計の情報、40周年コンサート前のダイエットの情報も、雑誌インタビューで信行氏自身が答えたものです。
信行氏が桜田さんとのその後を取材されても丁寧に応じている様子や、2006年桜田さんの著書「アイスルジュンバン」では桜田さんの良妻賢母ぶりがうかがえることから、不仲と思われる兆候はありません。考えられるのは、信行氏が統一教会脱会したという噂から出た憶測なのではということです。

桜田淳子の現在④:夫は宗教団体の統一教会を脱会した?姉は?

夫の東信行氏が宗教団体統一教会脱会の噂、なぜ?

桜田淳子さんの夫、信行氏が統一教会を脱会したという噂は、教団関西地区の伝道部長の発言が原因のようです。しかしこの噂を確認するため報道記者が問い合わせたところ、当の伝道部長及び本部広報は「答えられない」とし、今なお真偽は謎のままです。

桜田淳子と姉は宗教団体統一教会を脱会した?

桜田淳子さんが統一教会に入信したのは、実の姉の熱心な勧めによるものでしたが、現在もまだ共に信者として活動しているのでしょうか。2013年の報道によると、反統一教会の先頭に立っていた父親は1989年に他界しています。桜田さんの兄はその遺志を継いでいるものの、桜田さんと母親との間に立ち、母娘の関係は改善しています。
しかし、現在は教団にも芸能活動復帰も否定的だった母親が認知症になり、むしろ「重しが取れた」状態だという報道もあります。桜田さんは芸能界復帰も見据えてか、宗教活動は最近行っていないということですが、姉とともに統一教会の信者であることに変わりはないようです。

桜田淳子の過去①:夫信行氏と宗教団体統一教会の合同結婚式!

1992年の宗教団体統一教会による合同結婚式ってどんなもの?

1992年に報道された、統一教会の合同結婚式とはどんなものだったのでしょう。調べてみましたが、結局は創始者の文鮮明氏のインスピレーションでマッチングされた、互いに面識のない男女が合同で式を上げるのが合同結婚式ということでした。
世界的に信者がいる統一教会ですが、日本は特に合同結婚式の参加費と結婚後の支払いが高額だといいます。当然、桜田淳子さんも特別扱いではないので、相当な額を支払ったのでしょう。それでも、桜田さんは結婚後、合同結婚式での結婚こそが正しいと実感していると取材で答えています。

桜田淳子が入信した統一教会ってどんな宗教団体?

では、その統一教会がどんな宗教団体かというと、元は朝鮮半島のキリスト教から発生した宗教法人団体ですが、主流派キリスト教からは異端とされています。1954年創設された当時の名称は「世界基督教統一神霊協会」だったため「統一教会」と呼んでいますが、1994年(日本では2015年)に「世界平和統一家庭連合」と改称されました。
日本では、私財の貯蓄を禁じ教団に寄付するよう言われたり、布教のための霊感商法を行うなど、社会問題に発展しました。現在は創始者の鮮明氏は死去、後継者争いで鮮明氏の妻派・三男派・「四男+七男」派に内部分裂しています。桜田淳子さんは妻派ということなので、芸能活動は妻派の広告ということになるのでしょう。

桜田淳子の過去④:宗教団体統一教会流、夫との結婚生活!

統一教会では結婚生活までの期間も決まったルールが?

統一教会では結婚年齢から、合同結婚式後3年出家するなど現在はルールが変わってきているようですが、合同結婚式後もすぐに結婚生活に入るのではなく、少なくとも40日間期間を空ける、3日間連続で行う初夜の手順まで全て決められています。では、そんなことを全てクリアして今の家庭を設けた桜田さんの子育てはどんなものなのでしょう。

宗教団体統一教会流?桜田淳子、驚愕の子育て

桜田淳子さんは1994年に長男、1996年に長女、1998年に次女を自宅で自然分娩で出産しました。統一教会では、我が子であっても神様の子という考え方なので、桜田淳子さんは子供にミルクを与えながら「どうぞお飲みくださいませ」と話しかけていたといいます。
桜田さんのエッセイ集「アイスルジュンバン」では、まず夫を第一に大事にする、そして子供は神の子として大事にする、そんな「愛する順番」を中心に書いているのですが、統一教会信者でない読者からも共感の声が聞かれるように、桜田さんの良妻賢母ぶりの評判は高いようです。

桜田淳子の過去②:姉が宗教入信のきっかけ、両親は後悔!

7歳年上の姉が統一教会に入信、そして桜田淳子の付き人に

桜田淳子さんが統一教会に入信したきっかけは、7歳年上の実の姉の影響といわれています。桜田さんの姉は、20歳で統一教会に入信後失踪しましたが、後日両親に発見され家に連れ戻されました。しばらくすると姉は統一教会のことを言わなくなったため改心したと思った両親は、この姉を芸能界で活躍していた妹の桜田さんの付き人にしました。
しかし姉は改心していたわけではなく、付き人として一緒にいる妹の桜田さんに、熱心に統一教会を勧めていたのです。両親はのちにこれを知り、姉を付き人にしたことを大変後悔していたといいます。

桜田淳子16歳の時の暴漢事件が入信のきっかけか?

そんな環境の中1975年、桜田淳子さんにショッキングな事件が起こりました。姉と桜田さんが暮らす自宅に、暴漢が侵入したのです。たまたま姉が一人で帰宅した際暴漢に襲われたのですが、気丈に立ち向かい、大事に至りませんでした。しかし当時16歳の桜田さんは大きなショックを受け、しばらく恐怖心に悩まされました。

桜田淳子、19歳で統一教会に入信していた

桜田淳子さんが統一教会に入信したのは、その事件から3年後のことでした。早くから親元を離れ、芸能界という特殊な世界で生きていた桜田さんが、7歳年上で気丈な姉を頼りにするのは自然なことでしょう。元々生真面目な性格だった桜田さんが、自分の心を守るために必要としたのが宗教だったのかもしれません。

桜田淳子の過去③:実力派歌手・女優だった桜田淳子

桜田淳子は合同結婚式後仕事を干されていた

桜田淳子さんは1992年に統一教会の合同結婚式で結婚後、宗教活動が影響し仕事が激減しました。結局、1993年の映画「お引越し」に女優として出演し、その後1996年のイベント出演したのを最後に、実質芸能界活動休止となりました。

桜田淳子は実力派歌手・女優として絶賛、将来も有望視されていた

統一教会の一件がなければ、桜田淳子さんはさらに幅広く活躍を続けていたことでしょう。それほどまでに歌手・女優として実力派で評価が高かったのです。歌手としては第15回日本レコード大賞最優秀新人賞、第4回日本歌謡大賞放送音楽新人賞にも輝きました。
女優としては井上ひさしなどの放送作家から絶賛され、舞台では大御所長谷川一夫からの指名を受け、初舞台での大役を演じ切りました。また、映画界でも市川崑監督作品に出演、主演ミュージカルでも成功を収め、芸術祭大衆芸能部門優秀賞他、多数の受賞歴があります。

桜田淳子は復帰のための準備も万端、今も通用する歌手に

桜田淳子さんは、1983年の新曲を最後に、女優に転向し歌手活動はしていませんでした。しかし、30年ぶりに歌で復帰し、変わらぬ歌声を披露したというのは、さすがのプロ根性としか言いようがありませんね。

桜田淳子は家族と円満、宗教団体統一教会に所属し完全復帰!

桜田淳子さんは1992年に結婚し、夫の東信行氏と子供3人で今現在も幸せに暮らしているようです。桜田さんは結婚前の1991年に個人事務所を設立しており、既にその頃から、子育てが一段落すれば芸能界に復帰する意思があったとも言えるでしょう。
40周年記念コンサート以降、歌声に衰えは見られないと評判であることから、桜田さんは復帰に向けて着実に努力を続けてきたと考えられます。事実上の復帰とはいえ、まだ統一教会の被害者の問題があるため、桜田さん自身も公に復帰を宣言してはいません。教団の動向もありますので、今後の動きを注意深く見守っていきましょう。