元恋人とよりを戻すための方法やとるべき行動は?心理や注意点も! 恋愛・心理

元恋人とよりを戻すための方法やとるべき行動は?心理や注意点も!

目次

[表示]

自然消滅した場合のよりを戻す方法は?

Nietjuh / Pixabay

自然消滅によって破局をしてしまった場合、どのようによりを戻せば良いのか悩み物です。

そんな場合のよりを戻す方法を紹介していくので、是非参考にしていきましょう。

さりげない内容で連絡を取ってみる

JESHOOTS-com / Pixabay

自然消滅をしたということは、相手が自分を嫌いになったのか、それともまだ好きなのか、微妙なラインになっていると言えます。

そこでまずは、さりげない内容で連絡を取ってみましょう。

まずは、久しぶりと連絡をしてみて、相手の反応を窺ってみましょう。

返事が返ってくれば更に探りを入れていく

kaboompics / Pixabay

もし久々に連絡をして返信が返ってくるようであれば、今何をしているのかなど、話に花を咲かせていきましょう。

相手が悪い気をしていないのであれば、質問に答えてくれる可能性も高く、スムーズに情報を探ることが出来るはずです。

ある程度話が弾むようになったら、デートの誘いや、共通の知人を交えて出かける予定などをたててみると良いでしょう。

元カレや元カノとよりを戻したくなる人は多い?

Pexels / Pixabay

そもそも、元カレや元カノとよりを戻したくなる人というのはどのくらい多いのでしょうか?

そんな割合や実際によりを戻した人たちの期間、心理について注目をしていきます。

元カレとよりを戻すことを願う女性はどれくらいいるのか

Free-Photos / Pixabay

元カレとよりを戻したいと考えたことがある女性は、約6割だと言われています。

女性は気持ちが吹っ切れたら過去を振り返らない人が多いと言われていますが、ふとした瞬間に元カレを思い出し、よりを戻したいと感じてしまうようです。

元カノとよりを戻す・復縁するのは男性的にアリ?ナシ?

Free-Photos / Pixabay

元カノとよりを戻したい、復縁をするのはアリである…そう考える男性は、なんと約8割もいると言われています。

一説では、男性のほうが女性よりも過去の恋愛を振り返りやすいと言われており、復縁を考える人は多いようです。

実際によりを戻した人たちの期間はどれくらい?

ulleo / Pixabay

実際によりを戻したことがあるという人の中でも、別れてからよりを戻すまでの間では3ヶ月内が多いと言われています。

もちろん別れの原因や相手からの印象にもよりますが、些細なすれ違いや意地の張り合いなどで別れた場合は、早い行動が実を結ぶようです。

よりを戻したくなる心理①街中でカップルが楽しそうで羨ましい

3194556 / Pixabay

なぜ別れたにもかかわらずよりを戻したくなるのか…その心理としては、町中でカップルを目撃した際、羨ましいという気持ちが出てくるからのようです。

カップルで楽しそうにしている様子は、過去を思い出させることにも繋がり、よりを戻したい気持ちを強くさせているようです。

よりを戻したくなる心理②新しい恋人と比較してしまってつらい

2704056 / Pixabay

よりを戻したいと思う心理には、新しい恋人との比較がきっかけのケースもあるようです。

新しく恋人ができたものの、何かと過去の恋人と比べてしまい、やっぱりあの人のほうがよかった…という心理が芽生えてしまうこともあるようです。

よりを戻したくなる心理③久しぶりに再会して当時の感情が溢れた

5688709 / Pixabay

たとえよりを戻したいと思っていなかったとしても、久々に再会したことで当時の感情が溢れ、よりを戻したいという気持ちになってしまうケースもあるようです。

特に久々に再会をして、話が弾んだり、息が合う感じに居心地の良さを感じたり、そういたことでよりを戻したいという気持ちが出てくる人は多いようです。

よりを戻したくなる心理④一人が寂しくてたまらない

goodinteractive / Pixabay

一人でいることが寂しく、寂しい間も過去の楽しかった思い出を振り返り、あの頃に戻りたいと考える人も少なくないようです。

特に別れる前は人生を楽しいと感じていて、別れた途端物足りなさを感じてしまった、そういったことがあると男性、女性、共によりを戻したいと考えてしまうようです。

よりを戻したくなる心理⑤自分を理解してくれるのは元恋人だけ

pixel2013 / Pixabay

付き合っていた期間にもよりますが、結局自分のことをよく理解してくれていたのは恋人だけである、そう気づいてしまうとよりを戻したくなってしまうようです。

新しい恋人ができたり、何か仕事でストレスを感じたり、その中でなかなか理解をされないと、自分を理解してくれていた元カレ、元カノに恋い焦がれてしまうようです。

よりを戻したくなる心理⑥元恋人以上の人はこの世にいないと思う

StockSnap / Pixabay

別れた後に大切さに気付かされる場面は少なくありません。

特に元恋人が自分とはぴったりだった、最高で魅力的な人物だった…そういったことに気付かされると、元恋人以上の人とはもう出会えないかもしれないと感じるものです。

そういった心理から、出来ることならばよりを戻したいという気持ちが生まれてくるようです。

よりを戻すことは良いことなの?メリット・デメリットまとめ

qimono / Pixabay

次に、よりを戻すことに対するメリット・デメリットについても注目をしていきましょう。

いくらよりを戻したいと考えていても、メリット・デメリットを理解していないと思わぬトラブルに発展してしまうケースもありえます。

特にデメリットには注目をして、理解した上でよりを戻すか戻さないかを考えていきましょう。

メリット①相手の存在の大きさや大切さがわかる

Free-Photos / Pixabay

まずはメリットにはどのようなものがあるかについて見ていきましょう。

やはり大きなメリットと言えるのが、相手の存在の大きさや大切さが改めてわかるというものです。

別れてから気付かされることも多く、次こそはもっと大切にしたいという気持ちが強く芽生えやすいと考えられています。

メリット②失敗を反省し原因を改善する機会が出来る

Free-Photos / Pixabay

一度破局という失敗をしたということは、それを反省、改善し、さらなる良い関係を築けるということでもあります。

これは別れたカップルだからこそが出来るものでもあり、別れたことで理解が深まり、お互いの嫌だと思う部分や非を認め合うことで、より強い絆で結ばれやすくなると言えるでしょう。

メリット③絆と信頼が更に深くなる

StarFlames / Pixabay

別れ、そして復縁をしたカップルの多くは、絆、信頼がより深いものになると言われています。

別れを経験するということは、2人にとっては大きな試練であり、それを乗り越えてよりを戻したことで、ちょっとやそっとのことでは揺るがない信頼関係が結ばれるようになるのです。

また、2人の間にトラブルが起きたとしても、復縁の際に改善点や反省点を考えていればたやすく乗り越えられることもあります。そういった経験が、より2人の信頼関係を強固なものにしてくれるのです。

メリット④お互いの愛情を再確認することで更に愛情が深まる

StockSnap / Pixabay

破局をしたにもかかわらずよりを戻す…それは、それだけお互い相手への気持ちが深く、愛情が強いことを証明していると言っても過言ではありません。

相手からの受ける愛情にも自信が持てるようになり、自分自身もその自信から相手を更に愛せるようになり、お互いの愛情がより深まることへと繋がっていくのです。

デメリット①同じ失敗を繰り返す可能性がある

Counselling / Pixabay

次によりを戻したことで起きる可能性がある、デメリットについて見ていきましょう。

勢いやノリでよりを戻してしまった場合、お互いの非に向き合っていないと同じ失敗を繰り返す可能性が高くなってしまいます。

人は簡単には変われるものではなく、心構えや向き合い方が中途半端だと、同じことを繰り返し続けてしまい、結局破局に至ってしまうこともあるのです。

デメリット②時間の無駄になる可能性がある

JESHOOTS-com / Pixabay

デメリットとしては、時間の無駄になる可能性があるというものです。

一度破局という失敗をした以上、対処や改善をしていかないと同じことを繰り返し、破局の一途を辿ることになります。そうなれば単なる時間の無駄にしかなりません。

特に将来を真剣に考えたい場合は、お互いに非や相手への思いと誠実に向き合う必要があり、片方が欠けてしまえば無意味なものになります。

デメリット③職場や学校の場合周りからひやかしの対象になる

これはお互いの置かれている環境にもよりますが、よりを戻したことで職場や学校の知人や周囲から、ひやかされてしまうことがあります。

気にしないという場合には問題ありませんが、別れや復縁は他人にとっては甘いスキャンダルのようなものであり、噂好きの人にとってみれば格好の標的です。

そんな噂やひやかしに耐えられないと、それが原因で破局をしてしまう恐れがあるため注意が必要です。

デメリット④過去を持ち出し面倒なことになることもある

Takmeomeo / Pixabay

よりを戻したとしても、些細な言い争いや喧嘩から、過去を持ち出してヒートアップしてしまう可能性もありえます。

過去を知っているから出てしまうものですが、よりを戻すということは過去も受け止めてまた一緒になるということでもあるため、「今更なぜ?」と相手が不快に思う恐れもあります。

また、過去を受け止めてない、非と向き合っていないなどと相手から思われてしまい、それがきっかけで最悪の関係になってしまうことも十分にありえます。

デメリット⑤自分は変わっても相手が変わらない可能性がある

よりを戻すと考えた時に、自分は何をすればいいのか、どのように非を受け止め改善をしていけばいいのか、真剣に考えるでしょう。

しかし、相手が自分と同じように真剣に考えているとは限らないのです。また、自分が変われても相手が変わらない可能性もあり、トラブルの元となります。

そうなると「なんで自分ばかり?」と不満が溜まってしまい、破局について徐々に考えていくようになってしまうことも少なくないようです。

元恋人とよりを戻す・復縁したい人がやってはいけない言動

cripi / Pixabay

次に、よりを戻すにあたってやってはいけないことや言動についても見ていきましょう。

別れた直後から何も無かったように連絡する

Free-Photos / Pixabay

別れに未練を感じ、すぐによりを戻したいと思い、行動してしまう人もいますが注意が必要です。

特に何事もなかったかのように連絡をしてしまえば、相手の神経を逆撫でてしまうことにも繋がり、「まったく反省もしていない」「別れを軽く見ている」と軽蔑される恐れがあります。

すぐに行動をしたいのは山々ですが、対応を間違えてしまえば復縁は不可能になってしまうため、まずは落ち着くことを意識してみましょう。

しつこく復縁を迫る

しつこく復縁を迫るのは絶対にNGです。これは相手から自分のことしか考えていないと判断されることにも繋がり、絶縁状態になりかねません。

特に、復縁を迫った後に断られたとしたら、多少の冷却期間や冷静さ、自分の行動を振り返る時間が必要となります。

それらを無視してしつこく復縁を迫ってしまえば、相手は単なる迷惑としか捉えられず、復縁の言葉も中身がない薄っぺらいものという印象を与えてしまうことになります。

ストーカー注意!脅すような言動をして復縁を迫る

Free-Photos / Pixabay

よりを戻すために復縁を迫る際、脅すような言動をするのは絶対にやめましょう。

よりを戻すのは、お互いの気持ちが一致してこそ出来るものであり、片方の一方的な思いではできないものです。

それを理解せず、脅したりストーカーのような行動に出たりしてしまえば、関係修復は不可能となり、最悪警察沙汰になってしまうこともあるため注意をしましょう。

別れたのに彼女面・彼氏面をする

RobinHiggins / Pixabay

印象最悪で絶対に復縁したくないという気持ちにさせる恐れがあるのが、別れたのに彼女面、彼氏面をするというものです。

破局ということは、いくら特別な関係を築いていたとしても他人、または他人以下になってしまうこともあるものです。

よくて友人関係であり、それを踏まえずにいつまでも彼氏面、彼女面をしてしまえば引かれてしまい、距離を置かれてしまう可能性にも繋がるので絶対にやめましょう。

反省する気が全くない

martakoton / Pixabay

よりを戻したいけど自分の非は認めたくない、むしろ自分に非なんて一切ない、そんな態度を持っていればよりを戻すのは難しくなってしまいます。

極端に別れた原因が相手にあるというのであれば例外になりますが、ほとんどの場合、どちらにも非がある状態であり、それを理解せずにいると復縁は難しくなります。

たとえ自分に非がないと感じていても、破局をした以上、相手からしたらあなたの非があった可能性はあります。それを理解しないと、今後も向き合ってくれないと相手が判断するきっかけになることもあるのです。

元恋人とよりを戻さないほうが良い場合もある?

Free-Photos / Pixabay

よりを戻したい、そうは思っていてもよりを戻さないほうが良いケースというものもあります。

そんなケースについても注目をして、自分たちは本当によりを戻したほうが良いのかを改めて考えてみましょう。

NEXT:何度も別れている場合
2/3