香田晋は芸能界を引退していた!現在は何をしている?引退理由は? エンタメ

香田晋は芸能界を引退していた!現在は何をしている?引退理由は?

目次

[表示]

最大のヒット曲「手酌酒」が最も有名

香田さんの代表曲として挙げられるのは、香田さん自身の最大のヒット曲「手酌酒」です。この曲は1993年にリリースされ、21万枚の売り上げを記録しました。

勘違いを生んだ曲?「うそつき」

1996年にリリースされた「うそつき」も香田さんの代表作として考えられていますが、この曲が有名となったのはある勘違いがきっかけと言われています。

香田さんには「香田さんは嘘つきである」という噂が流れていましたが、これは「香田晋 うそつき」を楽曲ではなく、本当の嘘つきと勘違いしたことで広まってしまいました。

この勘違いをきっかけに「うそつき」が香田さんの代表作になったと考えられています。

村下孝蔵さんが作曲した「ゆうやけ」

1990年にリリースされた「ゆうやけ」も香田さんの代表作の1つとして考えられています。

この曲は「初恋」などで知られ、44歳という若さで亡くなったシンガーソングライターの村下孝蔵さんが作曲をしたということで注目を浴びたと言われています。

その他「酒場の金魚」「櫂」などでもしられる

その他の代表作として考えられているのは、1998年にリリースされた「酒場の金魚」、8枚目のシングル「櫂」、紅白歌合戦に出場した際に歌った「夢いちど」などがあります。

ある意味代表作でもある「唐揚げもみもみ」

香田さんが1999年に出演した唐揚げの素のCMも、ある意味香田さんの代表作だと言われています。

このCMでイタリアの大衆音楽「フニクリ・フニクラ」に合わせ、コミカルな替え歌を披露したことで知名度が急上昇し、披露した替え歌が頭から離れないなどの声もあったと言われています。

香田晋さんの若い頃は?不良だった?

演歌歌手を本業としつつ、タレントとしても活躍を続けていた香田さんですが、若い頃は不良であったと言われています。

ここからは、香田さんの若い頃についてまとめていきたいと思います。

香田晋さんは学生時代不良だった?ヤクザの女に手を出したことも?

ijmaki / Pixabay

後述しますが、複雑な家庭環境で育った香田さんは、学生時代は県内で有名な不良少年であったと言われています。また、香田さんは中学3年の時にヤクザの女に手を出し、車に載せられてとテレビで述べました。

ヤンキー時代の香田晋さんの画像は?

学生時代に、県内で有名になるほどの不良であった香田さんの学生時代の写真を調べてみたところ、18歳の頃の写真がテレビで放送されていました。

この画像からも、学生時代に相当な不良であったことが考えられます。

香田晋さんは暴力団と繋がりがあるという噂も?

また、香田さんには暴力団との繋がりがあるのではないかという噂もあります。

しかし、この噂は先ほど紹介した香田さんが、中学3年の時にヤクザの女に手を出したというエピソードが、歪んで広まってしまったのではないかと考えられています。そのため、この噂はデマの可能性が高いと言えます。

香田晋さんとあずまんが大王の関係は?大ファン?

香田晋さんは、あずまきよひこ作の4コマ漫画「あずまんが大王」のファンであると言われています。ここからは、香田晋さんとあずまんが大王の関係について説明していきたいと思います。

漫画:あずまんが大王とは?

まずは、あずまんが大王について説明していきたいと思います。

  • 作者:あずまきよひこ
  • ジャンル:4コマ漫画、学園漫画、空気系
  • 出版社:メディアワークス(現:アスキー・メディアワークス)、小学館
  • 掲載誌:月間コミック電撃大王

この作品は、後にOVA化、映画化、アニメ化されています。

「萌え4コマ」や「空気系」というジャンルを世に知らしめた作品

この作品はとある学園を舞台とし、登場人物のほとんどが女子高生で、彼女らの日常生活に重きを置いた作品となっています。

当時、このような作品はあまり目立っていませんでしたが、「あずまんが大王」が連載されたことで、いわゆる「萌え4コマ」や「空気系」というジャンルが世に知れ渡るようになりました。

ちなみに、「萌え4コマ」とは、萌えを重視した4コマ漫画のことで、「空気系」とは、「若い女の子たちのまったりとした日常を延々と描く作品」のことを指し、「日常系」とも言われます。

香田晋さんはこの作品のファンでDVD-BOXの告知に出演

香田晋さんはこの作品のファンであると述べており、アニメ版の25話でDVD-BOXの告知に出演をしました。

香田晋さんの経歴と生い立ち

演歌歌手、タレント、料理店経営など様々なジャンルでの活動をしている香田さんですが、どのような経歴を歩んできたのでしょうか?

ここからは香田さんの経歴や生い立ちについてまとめていきたいと思います。

父の蒸発など香田晋さんは幼少期から苦労が絶えなかった

jarmoluk / Pixabay

香田さんの実の父親は、香田さんが生まれて間もない頃に蒸発(突然行方不明になること)してしまい、その後仕事先で亡くなってしまいました。

香田さんはそのことを知らず、義理父と実母と3人で暮らしていて、義理父を本当の父親だと思っていました。しかし、10歳の時に実母からその事実が告げられると、母親との関係が悪化し、14歳の頃に決別しました。

この出来事が、学生時代に県内で有名な不良少年になってしまった原因だと考えられており、香田さんは幼少期から苦労が絶えなかったと言われています。

1985年「船村徹の演歌巡礼」のカラオケ大会出場がきっかけでスカウト

香田さんの転機は高校生の時にやってきました。1985年にラジオ番組「船村徹の演歌巡礼」の一環で行われたカラオケ大会に出演をしたことです。

香田さんは、このカラオケ大会で「兄弟船」を歌いました。そして、その歌声を聴いた作曲家の船村徹さんにスカウトされたことで演歌歌手の道が開かれました。

高校卒業後に上京し3年間の内弟子生活を送る

カラオケ大会でスカウトされた香田さんは、高校を卒業した後に上京し、3年間の内弟子生活を送りました。

当時の生活は3年間のうち歌のレッスンは一度だけで、それ以外はまき割りや料理を毎日行っていたと言われています。

香田晋の料理の腕はこの内弟子生活で培われた?

geralt / Pixabay

先ほども述べたように、香田さんは内弟子生活中は主に、料理やまき割りをしていました。また、香田さんが作る料理はとても好評だったと言われています。

さらに、歌手時代に料理本を出しているということから、香田さんの料理の腕前はこの内弟子生活時代に培われたのではないかと言われています。

1989年「男同士」で演歌歌手デビュー!新人賞も受賞し期待の新星となる

そして、1989年に「男同士」で演歌歌手デビューを成し遂げました。また、この年に「第31回日本レコード大賞新人賞」を受賞し、演歌界期待の新星となりました。

1992年にはドラマデビューもかざる!

rawpixel / Pixabay

演歌歌手デビューをした4年後の1992年に、香田さんは2時間ドラマ「小京都シリーズ・会津涙橋殺人事件」に出演をし、ドラマデビューをかざりました。

香田さんはこの作品で、福岡県喜多方市の流し歌手役を演じています。

1994年にはNHK紅白歌合戦に「夢いちど」を引っ提げて登場

ドラマデビューをかざった2年後である1994年に、香田さんはNHK紅白歌合戦に出場しました。そして、香田さんは「夢いちど」を熱唱しました。

1999年エバラからあげの素のCMに出演し「からあげの人」として有名に!

また、紅白出場から5年後に、香田さんはエバラからあげの素のCMに出演をしました。

先ほども紹介したように、香田さんはこのCMで「フニクリ・フニクラ」のコミカルな替え歌を披露し、その替え歌が頭から離れなくなった人も多かったと言われています。

そのため、香田さんはこのCMに出演したことで「からあげの人」として一躍有名になったと言われています。

2005年からは「クイズ!ヘキサゴン」に出演しおバカタレントとして有名に

香田さんがタレントとして活躍をするきっかけとなったのが、2005年から放送が開始され、おバカタレントブームに火をつけたという番組「クイズ!ヘキサゴン」に出演したことです。

香田さんは、放送初期から出演を続けている最古参の「おバカタレント」であり、その珍解答から「先生」とも呼ばれていました。

ほぼ毎回出演していたことや、漁師のような服装に鉢巻という特徴的な衣装であったことから、香田さんはタレントとしてブレイクするようになりました。

2008年には料理本も出版!

また、2008年には自身の内弟子時代に培った料理の腕を活かした料理本「ハチマキ王子のしりとりレシピ」を出版しました。

2010年には芸能界で初の鮪解体師の免許を取得した

そして、2010年には芸能界で初の鮪解体師1級の免許を取得したことで話題となりました。

この鮪解体師1級という資格は持っている人がとても少なく、また香田さんが芸能界初の取得者であったため、かなり話題になったと言われています。

2012年4月5日に体調不良を理由に休止を発表した

Qiuyang / Pixabay

そして、最初に説明をしたように、香田さんは2012年の4月に体調不良を理由に活動休止を発表し、その後ファンクラブなどの閉鎖を行い芸能界を引退しました。

香田晋さんのほかにどんな人が?飲食店を経営している芸能人

12019 / Pixabay

先ほども紹介したように、香田さんは芸能界を引退した後に料理店を営んでいます。また、芸能人は飲食店などをプロデュースする人も多いと言われています。

ここからは飲食店を経営している芸能人についてまとめていきたいと思います。

飲食店を開店するにはどうすればよいのか?

qimono / Pixabay

芸能人の飲食店経営の話をする前に、飲食店を開店するまでの流れについて説明をしたいと思います。コンセプトなども大切ですが、飲食店経営をするにあたって必要になるのは「食品衛生責任者」です。

飲食店を経営するためには、オーナーもしくは従業員の中から「食品衛生責任者」を選定し、保健所に届け出をする必要があります。この資格は講習を受講することで取得することができます。

また、営業する店の規模によっては「防火管理者」というのを消防署に届け出る必要があります。こちらも「食品衛生責任者」と同様に消防署で講習を受けることで取得することができます。

芸能人が経営している飲食店は多いがうまくいかず閉店という場合も

geralt / Pixabay

芸能人が経営したりプロデュースをした飲食店はかなりあります。芸能人がプロデュースしたということで注目を集めるため、芸能人のサイドビジネスとして飲食店を経営することが多いとも言われています。

しかし、中には調不景気の影響などで閉店をしている店もありました。今回は、そんな中で現在も営業しているお店をピックアップして紹介していこうと思います。

飲食店を経営している芸能人①東貴博さん

まず、最初に紹介するのは「東MAX」の愛称で知られる東貴博さんです。東さんは地元の浅草で「浅草MJ」という、もんじゃ焼きのお店を経営しています。

食べログの評価も上々で、値段もリーズナブルであることから、浅草の中でも人気のお店になっていると言われています。

飲食店を経営している芸能人②名倉潤さん

次に紹介するのは、お笑いトリオ「ネプチューン」のツッコミである名倉潤さんです。名倉さんは中目黒にある「ステーキなぐら」という店をプロデュースしています。

「美味しいものをよりおいしく」というコンセプトで人気のこのお店は、2010年頃からメディアに取り上げられており、現在も営業を続けている人気店となっています。

NEXT:飲食店を経営している芸能人③デビット伊東さん
2/3