モデル体型とは?診断基準やモデル体型になれるダイエット方法を紹介 美容

モデル体型とは?診断基準やモデル体型になれるダイエット方法を紹介

「モデル体型」に憧れる女性の多くは、細いだけの低体重を目指し、せっかくのダイエットも逆効果になっている人も存在するようです。正しいダイエット法とはどのようなものか、また「BMI」数値をもとに芸能人たちのように美しい「モデル体型」を手に入れる方法をご紹介します。

目次

[表示]

モデル体型とは?

holdosi / Pixabay

外見や体型は人それぞれ個性があるものですが、外見の「綺麗」「可愛い」とされる基準が定められているように、体型にも「モデル体型」には基準が定められているようなので、調べていきたいと思います。

モデル体型とは、その名の通り「モデル」のような体型

Free-Photos / Pixabay

モデル体型とはファッション雑誌やファッションショーで活躍される人たちのような「ファッションモデル」の体型のことを指しています。

モデル体型の基準は?診断してみよう!

StockSnap / Pixabay

モデル体型で基準とされるのは「ファッション」を綺麗に魅せる体型・体のつくりとされています。そのため、体重にも一定の理想とされる目安や体のつくりにも「メリハリ」が求められているようです。

①数値(BMI)で見る場合!計算方法は?

stevepb / Pixabay

モデル体型を調べる際に主に使われている数値はBMIと言われています。BMIとは「ボディマス数値」の略し言葉で、個人の身長と体重から数値を導き出し肥満値などを知ることができる方法です。

計算式はBMI=体重(Kg)÷身長(m)÷身長(m)で導き出すことができ、モデル体型は低体重である「18」とされています。

②スタイルで見る場合!体のパーツが重要?

SplitShire / Pixabay

モデル体型では体重やBMIが目安通りであることが必要とされるわけではありません。ファッションの良さを表現するためには体のつくりのバランスも必要となってきます。

体のつくりのバランスとは手脚が長いことであったり、顔の大きさ、首の長さ、強調し過ぎない胸など全体図として見たときにメリハリのある体型のことを指しています。

③モデル体重を計算で出すこともできる!計算式は?

geralt / Pixabay

上記でご紹介したBMIを使うことで、モデル体重を導き出すことができる計算式もございます。こちらも個人の身長をもとに導き出しますので自身に合ったモデル体重を知ることができます。

計算式は身長(m)×身長(m)×18=適正体重となっており、モデル体重を知る例としてBMIを「18」とさせていただいております。

モデル体重は理想体重よりもかなり痩せている!

BMI数値を通してモデル体重の理想を調べてみますと標準体重や美容体重との体重差は大きく、標準体型のBMIは22・美容体型のBMIは20とされていますので日本人の平均身長で計算してみます。

日本人女性の平均身長は158センチですので、標準体重・54.9キロ、美容体重・49.9キロ、モデル体重・44.9キロとモデル体型とはかなりの瘦せ型の体重になると思います。

モデル体型ではただ痩せているだけではなく全体のバランスが重要

Myriams-Fotos / Pixabay

上記でもご紹介しましたが、モデル体型とは痩せ型の体重だけが必要とされているわけではありません。手脚の長さやそれぞれのパーツのバランスが必要であり、容姿も一定の美貌を必要とされます。

理想のスリーサイズは?

体のつくりではメリハリのある体型が必要とされますが、理想的なスリーサイズは10・7・10の比率がバランスが良く綺麗に見える体型と言われております。

バストとヒップにはある程度のボリュームがあり、ウエストはキュッと細い体型です。しっかりと数字でご確認したい際は、こちらの計算式で導き出せるパーツもあります。

ウエスト=身長(m)×0.37から0.39、ヒップ=身長(m)×0.53から0.54、それぞれの数字をあてはめながら参考にしてみてください。

関連の記事はこちら

モデル体型になるには?どんな方法がある?

Pexels / Pixabay

モデル体型とは自身の身長から理想とされる体重を導き出しても、かなり軽い体重だと思います。そのような体重を目指すには、どのような方法があるのでしょうか?いくつか方法があるようなのでご覧ください。

一般人がモデル体型になることは可能?

StockSnap / Pixabay

モデル体型を持つ現役モデルたちも最初から理想的な体型であったとは限りません。そのため、一般人がモデル体型を目指すことは不可能ではなく、実現できることだとされています。

世界的なモデルが集まるパリコレモデルたちは「高身長」も必要とされるため、骨格など個人的な違いがありますが、日本で活躍されるモデルたちを目標とされるならば、実現は可能です。

そのためには、体が細いだけの「低体重」を目指すのではなく、下記の方法を取り入れながら「メリハリ」のある体型を作り上げることを意識してみてください。

①筋力トレーニング

5132824 / Pixabay

人間の体とは、歳を重ねるごとに重力の影響から脂肪が下がってくるといわれております。そのため、脂肪が下がらないように筋肉に変えることが必要であり、モデル体型を目指すのであれば筋力トレーニングは必須です。

筋力トレーニングでは、脂肪燃焼をさせながら引き締める効果があるだけではなく、基礎代謝をあげることができるので「太りにくい」体質になれると言われております。

②有酸素運動と無酸素運動をバランスよく取り入れる

StockSnap / Pixabay

有酸素運動と無酸素運動をバランスよく取り入れることで、脂肪燃焼が促進すると言われており、ジョギング・水泳・エアロビクスなどの有酸素運動の前には筋トレなどの無酸素運動をすると良いと言われております。

③基礎代謝を上げる

lograstudio / Pixabay

基礎代謝とは、人間が生きる上で消費する必要なエネルギーといわれており、何もしていない瞬間でも消費をしています。そのことから、基礎代謝以上な行動をとり、代謝を上げることでよりエネルギーは消費されます。

筋肉トレーニングでは基礎代謝を上げながらエネルギー消費ができますが、体温が平温より1度上がることでも代謝量が上昇するといわれていますので、体を冷やさないように心がけるのも良いようです。

④肩甲骨を正しい位置にする

Free-Photos / Pixabay

体に悪影響があるとされる肩甲骨が横に広がっている・歪んでいる人は猫背の人に多いと言われており、原因はデスクワークやスマートフォンを長時間操作などの身近なことでもなってしまうと言われております。

そのような場合は、肩甲骨をほぐしてあげることで筋肉の過緊張が緩まり肩甲骨が正しい位置へと戻りますので、肩回りなどがすっきりとし、姿勢・血行の巡り・代謝などが改善されるといわれているようです。

⑤常に「エネルギーの消費」を意識する

johnhain / Pixabay

運動を取り入れる時間がない人は、日常でエネルギーを使うことを意識してみましょう。階段を使う・腹筋に力を込める・姿勢を正すなど簡単に取り入れられるものや、腹式呼吸を意識してみるのも良いとされています。

⑥老廃物を流す

bluebudgie / Pixabay

老廃物を溜め込むことはむくみの原因とされています。そのことにより、体重増加や肉厚的体型へとなってしまう恐れがありますので、日頃からリンパマッサージや半身浴(適温)で、老廃物を流すことを意識しましょう。

⑦良質なたんぱく質を摂取する

RitaE / Pixabay

ツヤのある肌や質の良い筋肉を作るためには「たんぱく質」は最も必要とされ、肉・魚・卵・乳・大豆の5大たんぱく源をしっかりと摂取することは、メリハリのあるモデル体型を目指す上で大切な栄養素です。

⑧同じ時間に食事をとる

obpia30 / Pixabay

同じ時間に食事をとるようにすることで、体もエネルギーをとるタイミングが把握できるといわれています。そのため、自身のカロリー消費が多い時間帯にしっかりとした食事を心掛けると良いようです。

夜などのカロリー消費が少ない時間帯には、スープなどの軽めの食事を心掛け、食事のリズムが崩れてしまうような間食などは控えましょう。

⑨満腹中枢を刺激する食べ方をする

Pexels / Pixabay

満腹中枢を刺激することは「食べ過ぎ防止」になるため、水分を含む生野菜やサラダ、汁物、肉や魚の順番で食べていき、最後は炭水化物で締めるとカロリーの高い食べ物を食べ過ぎなくなるとされています。

また、「多く噛むこと」を意識しながら食事をすることで満腹中枢は刺激されやすいともいわれておりますので、体重管理に最適な方法であるようです。

モデル体型に遺伝は関係している?

Tumisu / Pixabay

世界的に活躍されるモデルに求められている「高身長」に関しましては、「遺伝」も関係していると言われており、両親が背の高い家系では高身長に育つ子供が多い傾向があります。

モデル体型になるための方法をまとめた動画やブログも参考に!

動画サイトでは、簡単にまとめた「モデル体型」に必要な知識を教えてくれる動画や、美容を目的とした「美容アカウント」では、どんなものを食べたのかなどを記録し、食事管理をしているブログなども存在しています。

モデル体型の芸能人が行っている実際のダイエット方法は?

Free-Photos / Pixabay

テレビや雑誌などでもダイエットは「特集」として取り上げられることが多いですが、実際の芸能人たちも自身が行っているダイエットを紹介している人がいるようなので、調べていきたいと思います。

①ダレノガレ明美のダイエット方法

ブラジル出身のダレノガレ明美さんは、海外の血が入っていることから「太りやすい体質」であることを明かしておりますが、独自のダイエット方法で最高「65キロ」あった体重を現在の体型へとキープしております。

明美さんが取り入れているのは、1時間30分ほどの水泳や毎日のウォーキングなどの有酸素・無酸素運動で行う基礎体型の引き締めダイエットです。忙しい中でも運動は欠かさない努力をしているようです。

それに加え夜は「炭水化物を抜く」という食事コントロールです。もちろん夜でも野菜や低カロリーのおかずは食べるそうですし、お昼などは好きなものを食べることで「ストレス」を溜めずに食事制限を行えるようです。

②中村アンのダイエット方法

モデルとして活躍される中村アンさんですが、過去には留学を期に最高「60キロ」まで増加したことがあるそうで、ダイエットを日々心掛けることで現在の体型をキープしているようです。

アンさんが行っているのは、全米でも話題となっている「クロスフィット」で体幹を鍛える運動です。しなやかな筋肉がついた体型になると言われており、多くのモデルやセレブも取り入れているそうです。

また食事でも「糖質制限」を心掛けており、過度な制限はリバウンドのリスクがあるため、無理のない変換(麺なら蕎麦、間食はスムージーなど)を日課としているようです。

③ぺこのダイエット方法

10代から絶大なる支持を受けているぺこさんは、19時以降の食事はしない、毎日の食事を記録するレコーディングダイエット、置き換えダイエットなど、手軽にできるトレンドのダイエット法を多く活用しています。

また、リスクはありますが効果の大きい炭水化物カットのダイエットにも成功しており、4ヵ月ほどで10キロの体重減を成し遂げています。

④益若つばさのダイエット方法

低身長モデルとしてカリスマ的人気の益若つばささんは、妊娠時に最高「50キロ」まで増えてしまった体重を、野菜中心の食事と、出産で歪んでしまった骨盤を矯正することで、現在の体型をキープしているようです。

最高峰のプロモデルが実践するダイエット方法は?

mojzagrebinfo / Pixabay

ヴィクトリアシークレットのモデルたちは「最高峰」とモデル界でも言われており、良質な食事管理(オーガニックの食材など)を心掛け、老廃物となりやすいジャンクフードや油の多いものは控えているようです。

運動面では、ヨガ・ピラティス・バレエなど体幹を鍛えながら基礎体温が上がる運動を取り入れることで、内面的にも表面的にも健康的な体作りを日々行っているそうです。

モデル体型は維持するのも大変?

6557056 / Pixabay

モデル体型を目指すことは簡単なことではありません。しっかりとした食事と運動を心掛けることは基本ですが、短期間・長期間と成果はそれぞれですし、日々続け自身の日課として持続することが大切です。

モデル体型になるために逆効果なダイエット方法もある?

ijmaki / Pixabay

「ダイエット法」とされるものは数えきれないほどあり、日々進化しているとも言われています。しかし、中には「間違ったダイエット法」も存在しているため、場合によっては逆効果となってしまいます。

逆効果のダイエット方法とは、普通よくやりがちなものが多いようですので、ご紹介していきます。

①食べない・飲まない

5598375 / Pixabay

食べない・飲まないダイエットとは、一見すると体へものを取り入れないので痩せると思われがちですが、一時的な方法であり「逆効果」です。栄養がない体では正しくエネルギー消費が行われません。

また、断食などを行った体は取り入れた栄養を補完しようとするため老廃物が溜まりやすく、リバウンドになりやすいダイエット法となっていますので、オススメはされません。

②食事制限のみ

lukasbieri / Pixabay

糖質制限や炭水化物を抜くなどの食事制限は、効果があるのは事実でありますが過度な制限はリバウンドを起こします。そのため、無理のないレベルから始めストレスが身体共に感じないように心がけましょう。

③水の飲み過ぎ

solut_rai / Pixabay

大量に水を摂取することは「むくみ」の原因となります。また、冷たい水を摂取することで体は冷えてしまうので、基礎代謝も下がってしまいます。水を飲む際は、常温・白湯などがオススメで適度な量にしましょう。

④激しい筋トレ

5132824 / Pixabay

体を引き締めるために過度なトレーニングを行うことは厳禁です。適度な運動から「メリハリ」のある体は作られるため、激しい運動では必要なボリュームも筋肉となり「モデル体型」とはかけ離れてしまうようです。

⑤下剤を飲む

stevepb / Pixabay

過食や暴食をしてしまった際、下剤を飲み体外へ出してしまうダイエット法がありますが、下剤をダイエット目的で摂取することは体に大きな負担となるため控えた方が良いようです。

日本と海外ではモデル体型の基準が違う?

nastya_gepp / Pixabay

「モデル」とは世界各国におり憧れの存在となることもありますが、国によって「モデル」に求める体型の基準は違うようです。では、モデルたちに求める「モデル体型」がどのように違うのか調べていきたいと思います。

日本のモデル体型の特徴

sasint / Pixabay

日本人モデルの体型には「細さ」がボディラインの特徴とされており、顔の大きさも小さいことを求められます。脚は長く八頭身などは読者から羨まれ、目標ともされています。

そのため、「低体重」からつくりだされるモデル体型が理想的とされていますが、海外と比べると日本人のモデルたちは細すぎるようにも見えてしまうようです。

海外のモデル体型の特徴

海外モデルたちは、日本人のように「細さ」にはこだわらず、グラマラスなボディラインが特徴とされています。ウエストはキュッと引き締まっているがバスト・ヒップはボリュームのある体型が理想とされています。

また、脚は長さよりも「真っ直ぐ」であるつくりがモデル体型となっているため、日本人モデルと比べると比較的ボリューム感を持ちながらスラっと高身長なモデルが多いようです。

男性のモデル体型はどのくらい?

Free-Photos / Pixabay

「モデル」とは女性だけの職業ではありません。そのため、男性のモデルたちは女性のモデルと同じくモデル体型を武器とし活躍しています。では、男性の「モデル体型」とはどのような体型なのか調べてみましょう。

メンズのモデル体型は「細マッチョ」

Free-Photos / Pixabay

男性がモデルとして求められるモデル体型は「細マッチョ」といわれております。男性の筋肉のない細すぎる体型には女性・男性と共に魅力を感じることは少なく、ほどよい筋肉質が女性の憧れであり、モデルの理想です。

BMIは22が理想

Olichel / Pixabay

自身の身長から導き出せるBMIでは、男性は「22」が理想的とされています。「22」で導き出せる例としては、170センチの男性ですと63.5キロと、筋肉量があるであろう体型の体重が導き出されます。

理想のWHR値・SHR値とは?

whitesession / Pixabay

WHRでは男性のウエストとヒップの比率を調べることができ、ウエスト÷ヒップでWHRを求めることができますが、ウエストとヒップの比率は少なめがモデル体型とされ、0.9が理想的といわれています。

またSHRでは肩回りとヒップの比率が調べられ、肩回り÷ヒップで導き出せるSHRの数値は1.3が男性モデルの理想とされる比率であるようです。

モデル体型を目指せる?モデル体型ダイエット塾とは?

Free-Photos / Pixabay

ダイエットには運動・食事制限などさまざまな種類がありますが、「モデル体型ダイエット塾」では、元来のダイエットとは違うものを紹介するダイエット協会があるようなので、調べてみたいと思います。

食べて痩せるダイエットをサポートしてくれるダイエット塾

rawpixel / Pixabay

モデル体型ダイエット塾では「食べて痩せる」ことに視点を置き、運動・食事制限・サプリは活用せずに、人間が1日に必要とされる34種類の栄養素を摂取することでダイエットを行う方法であるようです。

リバウンドしないダイエット方法?

GDJ / Pixabay

リバウンドとはダイエットを行う上で感じる「ストレス」から起こりますが、モデル体型ダイエット塾では「食べて痩せる」を提示してくれているため、ストレスを感じることなくリバウンドをしないと言われております。

無料のメールセミナーも!

luxstorm / Pixabay

「モデル体型ダイエット塾」では、食べて痩せる秘訣を知りたい人に向けて「無料」でメールセミナーを利用できるようになっているようです。

内容はモデル体型ダイエット塾が主としている「食」に関する内容のようで、大多数が食べることに対して抱いてしまう「我慢」をせずになぜ痩せるのか?運動が不要な理由などに、応えてくれるようです。

痩せる?痩せない?モデル体型ダイエット塾の評判は?

ijmaki / Pixabay

「食べているのに体重が減った」「お菓子を食べなくても満足している」「筋肉は減らずに体脂肪だけ減った」など、セミナーを利用した受講者からの評価は良いものが多いようです。

身長別・気になるモデル体型の女性たち

polocanon7d / Pixabay

ファッションモデルとして活躍される女性たちは、紙面では分かりませんが身長もそれぞれです。モデルの身長やボディラインをもとにすることで「モデル体型」が知りやすいと思いますので、参考にしてみてください。

148センチ・高橋みなみ

高橋みなみさんはモデルではありませんが、低身長の方もいますので参考にご覧ください。成長期であった当時48.5キロでBMIが22と標準でしたが、激ヤセ時には37キロだったためモデル体重を下回っています。

154センチ・鈴木奈々

カリスマモデルであった益若つばささんのファンであり、スカウトがきっかけで2007年からポップティーンモデルとして活躍されていた鈴木奈々さんは154センチとモデル界では低身長です。

そのため、モデル体型をキープすることは高身長の女性よりも大変とされていますが、公表体重は40.9キロでBMIは17.25と、低体重ではありますが理想的な体型をキープされているようです。

160センチ・北川景子

2003年からセブンティーンモデルとして活躍し、現在では女優としても幅広い演技力をみせる北川景子さんは、身長160センチ公表体重40キロと細身で、BMIは15.62とモデル体重より6キロほど細いです。

170センチ・榮倉奈々

中学3年生であった2002年にスカウトを受け、セブンティーンモデルとして活躍されていた榮倉奈々さんは、2017年に第一子を出産されていますが現在も変わらない体型をキープしております。

身長は170センチ公表体重は48キロとスレンダーなボディラインであり、BMIは16.61と細身のモデルの中でも高身長でありながらモデル体型を持続し続けているようです。

憧れのモデルたちのように

7110427 / Pixabay

モデル体型を維持し憧れの存在であるモデルたちは、思っている以上に努力を重ねながら美しさを保っているようです。しかし、モデル体型を目指すことは不可能ではないため、憧れから目標とするのも良いでしょう。

そこでカリスマモデルとして活躍されていた女性の歳を重ねた現在をご紹介しますので、気になる方はこちらの記事もご覧ください。

関連する記事はこちら