メニエール病の芸能人を男性・女性別にまとめ!症状は?どんな病気? エンタメ

メニエール病の芸能人を男性・女性別にまとめ!症状は?どんな病気?

皆さんは、メニエール病という病気をごご存知でしょうか。メニエール病は男性、女性関係なくなってしまう病気です。芸能人の方々もなっている病気なのです。今回はメニエール病の症状やこの病気になっている芸能人についてまとめました。

目次

[表示]

メニエール病は芸能人に多い?どんな病気なの?

Counselling / Pixabay

メニエール病とは、ストレスや過労が原因でめまいや嘔吐、難聴などがながくおきてしまう病気です。芸能人の方もたくさんかかられていますがどんな病気か見ていきましょう。

メニエール病とは?難病指定された病気?

jarmoluk / Pixabay

メニエール病は難病指定に認定されている病気です。ですが障害認定の対象ではありません。

ですが、メニエール病によくおこるめまいや難聴、ふらつき(平衡感覚機能障害)の程度によっては認定の対象として認められるようです。

メニエール病は芸能人に多い?原因は?

geralt / Pixabay

メニエール病という病気は、芸能人の方に多いのではと言われていますがそんなことはありません。ですがストレスや過労が関係していると言われています。

芸能人の方だけではありませんが、ストレスや過労が溜まっている人はなりやすい病気といえます。

関連する記事はこちら

メニエール病の男性芸能人まとめ!

メニエール病芸能人をみていきましょう。男性芸能人ではどんな方がメニエール病を患っているのでしょうか。

ジャニーズ・今井翼

  • 生年月日:1987年10月17日
  • 出身地:神奈川県藤沢市
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優、タレント、歌手、ダンサー

あの有名なジャニーズの今井さんもメニエール病にかかられています。今は少しずつ改善はされているようです。

メニエール病に関するエピソード

以前から突発性難聴に悩まされていたそうです。2014年10月27日まで公演されていた「GOEMON 石川五右衛門」の舞台後めまいがひどくなり、11月6日に検査入院を経てメニエール病と診断されました。

退院をしてもなかなか回復は難しく、同年12月10日から予定されていたタッキー&翼のツアーも休演となったそうです。年末に行われたカウントダウンライヴで復帰されました。

2018年3月28日には再発の為入院し活動休止をされています。ですが、自分にけじめをつけるため、2018年9月10日のタッキー&翼の解散を機に事務所を退社されています。

歌手・久保田利伸

  • 生年月日:1962年7月24日
  • 出身地:静岡県静岡市
  • 職業:シンガーソングライター、音楽プロデューサー

あのシンガーソングライターで有名な久保田利伸さんもメニエール病にかかられていました。発症後治療に専念したことで今は完全に回復されているようです。

メニエール病に関するエピソード

久保田さんは、2006年にメニエール病を発症されました。発症したのが全国ツアーが始まった矢先だったということもあり、一部公演が中止となってしまったそうです。

ですが、久保田さんは発症後も、「LOVERAIN~恋の雨」と手がけるなどをしてライブを熟し歌手として活躍されました。

歌手・マオ(シド)

  • 生年月日:1977年10月23日
  • 出身地:福岡県
  • 職業:ミュージシャン、歌手、作詞家

人気グループビジュアル系バンドのシドであるマオさんもメニエール病にかかられていました。現在は、元気に活動されています。

メニエール病に関するエピソード

マオさんがメニエール病の症状が出始めたのは2013年です。めまいが頻繁に起きるようになったそうです。2015年にはブログでメニエール病であることを明かしています。

その時は、ベストアルバムがリリースされてから間もない時期な上にでライブまで控えてたそうです。スケジュールを乗り越えながら治療に専念していました。

グループの10周年に泥を塗りたくない、メンバーやスタッフやファンの方々にも迷惑をかけたくないという気持ちも強くあったそうです。

ジャーナリスト・鳥越俊太郎

  • 生年月日:1940年3月13日
  • 出身地:福岡県うきは市
  • 職業:テレビタレント、ジャーナリスト

ジャーナリストで有名な鳥越さんもメニエール病にかかられた中の一人です。左耳は居間はほとんど聞こえないとのことです。

メニエール病に関するエピソード

2000年からめまい、耳鳴り、難聴という障害が起き始めました。最初はそこまで気にしていなかったようですが、病院で検査をしていくうちにメニエール病だとわかったそうです。

左耳がほとんど聞こえない為、インタビューの際は相手の上手に座り右耳でしか会話が聞き取れなかったそうです。テレビに出ていても自分が聴覚障害だとは気づいてもらえず苦労していたようです。

メディアの仕事をする上で、難聴で聞こえないというのはとても大変なことです。公演での仕事も聞き直したりうまくごまかすなどをして乗り切っていたとのことです。

シーメンスという補聴器と出会い今は夫婦関係も良好なっているそうです。また、ジバントス株式会社のアンバサダーに就任し補聴器の普及に一役買いたいとおっしゃっています。

鑑定家・中島誠之助

  • 生年月日:1938年3月5日
  • 出身地:東京都青山
  • 職業:骨董商・古美術鑑定家、エッセイスト、テレビタレント

テレビで活躍されている中島誠之助さんもメニエール病にかかられています。

メニエール病に関するエピソード

メニエール病であることを告白し、「開運!なんでも鑑定団」での出演をされて活躍されていました。メニエール病であるということを告白することで同じ病の方々に勇気を与えているでしょう。

そんな中島さんですが、「初花」という天下人が触れていたお茶器を手にした際緊張したのかメニエール病の症状でもある難聴が車の中でおこり15時間ほど無音の世界にいたようです。

競艇選手・今村豊

  • 生年月日:1961年6月22日
  • 出身地:山口県山陽小野田市
  • 職業:競艇選手

競艇で活躍されている今村豊さんもメニエール病にかかられた一人です。今もなおトップクラスのレーサーとして活躍されています。

メニエール病に関するエピソード

今村さんがメニエール病を発症したのは1992年前後からです。左耳の耳鳴りは今でもずっとしていて左耳はほとんど聞こえないそうです。

一時期はレースを欠場することも多くありました。ですが欠場されることは、ファンや関係者にも迷惑をかけるので引退まで考えたそうです。今でも時折再発しているようですが結果を残しています。

野球監督・栗山英樹

  • 生年月日:1961年4月26日
  • 出身地:東京都小平市
  • 職業:プロ野球監督、野球解説者・評論家、スポーツジャーナリスト

元プロ野球選手で現在は監督である栗山英樹さんもメニエール病にかかられています。現在は監督や解説者として活躍されています。

メニエール病に関するエピソード

栗山さんがメニエール病にかかられたのは、プロ野球選手になった2年目です。3年目のオフの際、治療にかかり、6年目にはゴールデングラブ賞を受賞し復活されています。

試合中に突然めまいや立ち眩みが出始めたそうです。地面がユレ、ボールが2つにも3つにも見えたそうです。

症状が出始めたのは一・二軍のボーダーラインの時期だったということもあり、頭をクラクラとさせながら最後まで試合に出続けました。

野球解説者・広沢克己

  • 生年月日:1962年4月10日
  • 出身地:茨城県結城市
  • 職業:野球解説者、ナショナルチーム・コーチ

現在野球解説者で有名な広沢克己さんもメニエール病にかかられています。めまいなどの症状に悩まされていますが現在も活躍されています。

メニエール病に関するエピソード

メニエール病が発症したのは2005年で予兆はフラフラして地震かと思ったそうです。それが我慢できなくなり嘔吐までしてしまったそうです。

突然、強いめまいに襲われると、嘔吐や大量の発汗が続き難聴や耳鳴りにも陥ることもあったそうです。また、本屋やスーパーなどにいくと症状が出やすくなってしまうとのことです。

自転車や車も10~15乗って降りた際、体が震えてしまったり、急ブレーキだけで症状がでてしまうと言います。ですが、広沢さんは今後一生付き合っていくと前向きに語られています。

メニエール病の女性芸能人まとめ!

Free-Photos / Pixabay

ここまでは男性芸能人や有名人についてみてきましたが女性の芸能人や有名人ではどんな方々がメニエール病になられているのか見ていきましょう。

漫才師・ハイヒールモモコ

  • 生年月日:1962年2月21日
  • 出身地:大阪府大阪市
  • 職業:漫才師

お笑いで活躍されているハイヒールモモコさんもメニエール病にかかられています。原罪も関西を中心にテレビなどで活躍されています。

メニエール病に関するエピソード

モモコさんは、20歳の時に発症し治療をして24歳の時には一度完治したそうです。ですが、再発されて41歳の時にメニエール病であることを告白されています。

38歳の時の再発は運転中に急にめまいが起きたそうです。子供を乗せて運転されていたそうですがめまいが起きた時急ブレーキをしたことによりお子さんは頭にけがをしています。

頭を縫うほどの大けがをさせてしまいました。その後、漫才をしている最中でもめまいが起きるようになってしまい引退も考えれたそうです。

NEXT:女優・相田翔子
1/2