物欲が無い人の特徴は?危険なサインや物欲がない人へのプレゼント 恋愛・心理

物欲が無い人の特徴は?危険なサインや物欲がない人へのプレゼント

あなたは買い物が好きですか?昨今では物欲に興味がなく、貯金ばかりしている男女が増えているようです。放置しておくと重大な精神疾患の恐れも。今回は物欲がない人の特徴やその理由、物欲がない事への危険信号や物欲がない恋人へのおススメのプレゼントまでご紹介します。

目次

[表示]

なぜ物欲がない?その心理や理由とは?

geralt / Pixabay

なぜ物欲がない人が増えているのか。そこには子供の頃からの癖や価値観が影響しています。ここでは物欲がない人の心理や理由を7つにまとめました。

断捨離が癖になっている

断捨離は生活に必要最低限の物のみを残してあとの物は全て処分してしまうことを言います。物欲がない人は洗練された生活を送るため、少しでも不要と感じた物は排除してしまう傾向にあります。

断捨離が癖になっている人は物を揃えることに快感を覚えるよりも物を極限まで整理し排除することで達成感を得ていると言えます。

諦め癖がついている

Hans / Pixabay

幼少期、欲しいものをねだり「ダメ」と親に言われて泣いた経験がある人は多いはずです。諦め癖がついている人は小さな頃から徹底して欲しいものを我慢していた傾向にあります。

物欲が出てきても自然と「我慢しなくてはいけない」という感覚になるのです。親からの過度な躾が原因と言えます。

無気力で新しいものに興味がない

lukasbieri / Pixabay

これは物欲に限ったことではなく物欲も含めた全てのことに関して興味がありません。毎日が憂鬱で元気が無く、買い物をするのも食材や日用品など生きていくために必要なものだけです。

こういった人は精神的な疾患を抱えている可能性があります。うつ病など重大な疾患を患う前に一度病院に行くことをお勧めします。

物に対しての価値観を見出せない

Pexels / Pixabay

価値観は育った環境や交友関係により人それぞれです。自分の価値観と欲しいものを天秤にかけ、そのものの価値を判断します。

物欲がない人は自分の価値観が異常に低く、どの物も買うに等しくないと感じてしまいます。物欲がない人には高級ブランドのカバンもブランドが付いていない安いカバンも一緒なのです。

物欲以外に欲が向いている

JillWellington / Pixabay

人は物欲以外にも欲が出ます。食欲や性欲、社会的地位や名誉など目に見えない欲に興味がある人もいるのです。

「美味しいものが食べたい」「誰にでも好かれる名誉が欲しい」など物欲があるとは言えなくとも他の欲を達成することで満足しています。

物欲よりも自由が欲しい

Fotorech / Pixabay

物を欲するのもいいですがそんなことよりも自由という時間を欲しがる人がいます。特に何も予定はありませんが「何をしてもいい」という時間を得ることに快感を覚えるとされています。

また自由を欲している人は経済的不安などから解放されたいと思っていることが多く物欲にお金を使うよりも預金や投資に回し将来の不安を少しでも減らそうと努力しているようです。

物欲がない子供の心理は?

StockSnap / Pixabay

一般的な家庭の子供は物欲に貧欲です。欲しいものがあると何とか買ってもらおうとあの手この手でダダをこねるものです。ですが物欲がない子供もいます。

本当に買ってもらいたいものがあるのに何も言わない、表情や態度に出ない場合は普段の親の躾に原因があるかもしれません。

親は子供をよく観察し、なぜ物欲がないのかをしっかり分析して子供の目線に立ち「何が欲しいの?」と優しく声をかけてみましょう。

関連する記事はこちら

物欲がない人の性格的特徴は?

MoonRid3r / Pixabay

続いては物欲がない人の性格的な特徴について見ていきます。

ないものねだりをせず今ある物で満足している

Pezibear / Pixabay

無い物を欲しがるのではなく今ある現状のもので満足、或いは何とかしようとする人がいます。中には三大欲求である食欲、睡眠欲、性欲を満たせていれば他はいらないという人もいます。

この性格の人は年配の方が多く該当しており、昔は物欲が多かったものの歳を重ねるにつれて物欲も薄れていったと考えられます。

物より人との関わりの方を大切にしている

rawpixel / Pixabay

物欲よりも家族や友人、恋人が何より大切だという人がいます。この人は決してお金で買えるような関係ではなく「絆」を大切にし一生の付き合いを望んでいるようです。

家庭で支え合える関係や仕事で困った時に相談できる、または助け合える関係こそが価値のあるものだと考えます。物は壊れたら買い替えで済みますが人は取り替えられません。

欲しいものはあっても面倒くさがりが優先される

StockSnap / Pixabay

この性格の人は欲しいと思うものがあっても審査があったり面倒な手続きを踏まなければいけないようなすぐに手に入らない物は買う気になりません。

また食べ物ではそのまま食べれるものを好み、皮をむかなければ食べられない物やアクを抜かなければならない食べ物などは買いません。

この性格の人は、物欲はある程度はありますが何か手を加えなければならない、加工しなければ使えない物は敬遠する傾向にあるようです。

子供の頃から我慢ばかりをしてきた

Pexels / Pixabay

子供の頃、欲しい物を買ってもらえず泣きじゃくったり親に文句を言っていた人は少なくありません。しかし中には子供の頃から我慢ばかりしてきた人もいます。

これは主に両親の躾や教育方法に影響を受けていると考えられます。子供は親を見て育ちます。親が物欲がなく普段から何も買わない家庭環境なら子供も物欲がなくなる可能性があります。

深刻なのは物を欲しがる子供に対して暴力や恐怖で子供を支配する親がいることです。この場合は深刻な精神的ストレスを負ったまま大人になっていることがあります。

一つのことしか集中していないので他に関心が無い

sasint / Pixabay

あなたは何か熱中できるものがありますか?それに集中している時は周りが見えなくなるものです。この性格は物欲よりも何か別のことに高い関心がある人です。

ペットやゲームなど物欲では決して叶えられない欲求をその人は満たしています。

物よりも目に見えないものが欲しい

pixel2013 / Pixabay

この性格は物欲よりも愛情や友情などを大事にします。

物は壊れたり無くなればまた買い直せばいい。ですが愛情や友情は実際に目に見えるものではなく、無くなればまた買い直せるものでもありません。

みんなが買える物よりも自分と相手にしかない特別な感情や意思疎通こそ価値があると思っているのです。

男性に多いのは物よりもお金や時間や健康の方が欲しい

stevepb / Pixabay

男性は物欲にはあまり興味がありません。特に家庭を持っている男性に多い特徴でもあります。家庭がある男性には一家を守る大黒柱として短期的よりも長期的に物事を判断する必要があります。

そのためにも資金運用や自分の時間、家族のために長生きするための健康を気にする傾向があります。自分の物欲は無いものの家族の物欲に快く答えてくれるのも男性の特徴です。

家でゴロゴロするのが何よりも好き

JillWellington / Pixabay

あなたは休みの日に何をすることが幸せですか?この性格の人は家で本を読んだりテレビを見たりしてゴロゴロすることが何より幸せです。

基本的に外出はしないため、例え欲しいものがあっても買いにはいきません。友達と遊びに行く予定も自分からは入れないので誘われない限りは遊びにも行きません。

「何もしなくてもいい」という状況が本人にとって最も幸せのようです。

小さな不満はあるが現状にほぼ満足している

rawpixel / Pixabay

この性格の人は物欲はありますが無いなら別にいいという性格です。目の前に欲しい物があるなら手に入れようとしますが、離れた場所にある時は自分から行動しようとはしません。

この人の物欲はその程度のものです。無いなら「まぁいいか」とすぐに切り替えれます。それだけ現状にほぼほぼ満足しています。

加齢に伴い物欲が失せて行った

Pexels / Pixabay

人間は若い時ほど無駄な買い物をするものです。歳をとってくると何が必要で何がいらないのかがわかってきます。それと併せて物欲自体も無くなる人が多いようです。

さらに今の時代は年配の方たちには難しい物が多く面倒な手続きや設定がある物も少なくありません。こういった現状も物欲が失せる原因の一つと考えられます。

物より記憶!物に対する執着がほぼなし

Free-Photos / Pixabay

物欲よりも自分の経験や記憶を何より大事にする人です。物を買い揃えて優越感に浸るより自分自身の豊富な体験と楽しい思い出がこの人の財産です。

そのため物欲は皆無に等しく、部屋にあるのは生きるために必要な最低限のものだけです。

過去にお金で苦労したことがある

stevepb / Pixabay

あなたは過去に物を買って失敗したことはありますか?あるいは買ってみたもののほとんど使っていない物はありませんか?

「新品を買ったはずが壊れていた」「友達に勧められて買ったが良くなかった」など過去に購入した物が原因で散財してしまった人は物欲を自然と抑制する傾向にあります。

この性格の人は「物を買うことは散財すること」という解釈です。自分の財産を失わないように物欲を抑制するのは当然の行為だと思っています。

ただ単に物欲も趣味もない

geralt / Pixabay

何事にも興味がなくこれといった趣味もない人は当然物欲もありません。この性格の人は自分の将来もあまり考えていないことが多く、中にはうつ病などの精神疾患を患っていることもあります。

物欲は何かしらの興味があって生まれる欲です。毎日同じことの繰り返しだと変化が起こりにくく、興味をそそるような出来事がなければ物欲は起こりません。

お金持ちは欲しいものを既に持っているからこそ物欲がない

12019 / Pixabay

一般人は物欲が生まれて買うか買わないかの自問自答を繰り返しよく考えたうえで購入に至ります。

お金持ちはいつでも欲しい時に欲しい数だけ手に入れる環境にあります。そんな金持ちは物欲という欲は存在しないに等しいのです。

物欲を欲するほどの時間がない・忙しい

B_Me / Pixabay

自分の仕事がとにかく忙しい人や子育てや家事で自分の物欲など考える暇もない人がいます。そんな人たちは物欲よりもたまの休みにはとにかく自分の休養に時間を充てるのです。

ですが気がつくと「何のためにやってるんだ?」と生きている意味を疑いたくなることもあるようです。

物欲がない人の理由と危険のサインについて

3dman_eu / Pixabay

物欲がない人はどんな理由で物欲が抑えられているのでしょうか?そして物欲がないことによって起こる危険なサインとは。ここでは物欲と身体の関係について8つにまとめました。

諦め癖をつけてしまうといざという時行動に映せなくなる

Free-Photos / Pixabay

物欲を諦めることに慣れてしまうと良くない結果を招きかねません。実は諦めること自体はそれほど悪いことではありません。問題は諦める「理由」にあります。

諦める理由が「他の目的がある」「諦めてでもやりたいことがある」などの場合はいいのですが「めんどくさいから」「なんとなく」という理由は何も解決しません。

本当に決めなければいけない時に正しい判断ができない可能性があります。

ついてしまった諦め癖は治すのに苦労する

RyanMcGuire / Pixabay

人間は人それぞれ無意識な癖があります。無意識でやっている癖を直すのは相当難しいことで誰かに監視してもらわないと改善しません。

諦め癖は感情の癖なので周りからはわかりにくく、常に自分を客観的に見れなければ改善することは困難だとされています。

自分自身に素直になり、思ったことを行動に移すことが諦め癖を改善する第一歩です。

ストレスなどで心が疲れ切っている可能性も

PDPics / Pixabay

心が疲れ切っていると何事も興味が亡くなり常に疲労感があるため物欲を満たしたい気分ではなくなります。何がストレスなのか、どうして精神的な疲れがあるのかを解明する必要があります。

放っておくと重大な精神病に繋がることもあるので早めの対応が望まれます。頼れる友人などがいるのであれば思い切って相談してみるのもいいでしょう。

NEXT:欲しがってはいけないと勝手に思い込んでいる
1/2