アルコール依存症の芸能人・有名人の男女別まとめ!克服した人は? エンタメ

アルコール依存症の芸能人・有名人の男女別まとめ!克服した人は?

目次

[表示]

⑤ロバート・ダウニー・Jr

『アイアンマン』など大ヒット映画の主演を務めるハリウッドスター・ロバート・ダウニー・Jrさんも長い間アルコールとドラッグへの依存症で苦しんでいたそうです。現在では克服し、ドラッグもしていないようです。

⑥ブラッド・ピット

日本でも大人気のブラっと・ピットさん。「20歳のころからお酒を飲んでいない日が一日もない」と公言するほどのアルコール依存症でしたが、現在ではすっかり症状を克服しているようです。

⑦ナオミ・キャンベル

海外の有名ファッションモデルで、女優や歌手としても活躍するナオミ・キャンベルさん。彼女も20代の頃、重度のアルコール依存症となってしまいましたが、リハビリの末断酒に成功し、完全克服したようです。

アルコール依存症を克服するには?

Skitterphoto / Pixabay

芸能人の中にもアルコール依存症を克服した人は大勢いますが、その道のりはとても困難なもののようです。アルコール依存症から脱するためには、どのような方法があるのでしょうか。

アルコール依存性の克服方法は?

rawpixel / Pixabay

アルコール依存症から克服するためには、医療機関での治療が最も有効ですが、なによりも本人が本気で断酒を決意しなければ、結局はまた再発してしまうでしょう。

周囲の家族や友人などみんなで支え合って、アルコールから徹底的に切り離すことが大切です。

日本とアメリカではアルコール依存症の捉え方が違う?

ThorstenF / Pixabay

日本ではアルコール依存というだけでネガティブイメージとなってしまうので、治療に関する報道も耳にすることはありません。

しかし、アメリカでは依存症の治療はポジティブイメージですので、有名人の依存症治療に関する報道はよくされています。

アルコール依存症の人に多い急性膵炎ってどんな病気?

valelopardo / Pixabay

アルコールを過度に飲み続けている人たちがなりやすい病気の一つに急性膵炎がありますが、一体どんな病気なのでしょうか。本当にアルコールが原因なのか、調べました。

急性膵炎の2大原因はアルコールと胆石

Bru-nO / Pixabay

急性膵炎の一番の原因は、お酒の飲み過ぎです。飲酒を続けていると、膵臓への刺激から多量の膵液が分泌され、膵管の内圧が高くなることで、炎症が起きてしまいます。

炎症を起こした膵臓からは、他の臓器に悪影響を及ぼす物質が多く分泌されるため、心臓、肺など全身の臓器に障害が及ぶ可能性もあり、ときには死に至ることもあるのです。

また、胆石によって膵液の出口をふさがれてしまうことでも急性膵炎を発症する可能性があります。

急性膵炎の症状と治療法

rawpixel / Pixabay

急性膵炎の症状としては多いのは腹痛が。ですが、膵臓の場所が定かではない人が多く、胃の痛みと勘違いして放置してしまう場合もあるようです。そして、病状が悪化すると最悪、意識不明となってしまう場合も。

急性膵炎の多くは、絶食絶飲と輸液により次第に回復していくようです。ですが、発見が遅くなれば命に係わる怖い病気なので、健康診断や人間ドッグなども定期的に受診しましょう。

アルコール依存症は周りの協力で克服できる!

Daria-Yakovleva / Pixabay

芸能人の中には、過度のストレスなどにアルよりコール依存症となってしまった人が多くいますが、家族や友人が支えることで克服できた人も多くいます。

飲酒運転や暴行事件など、芸能人の不祥事が未だに耐えませんが、これ以上被害者が増えないようにアルコール依存症が疑われる人は早めに治療を受け、克服して欲しいものですね。

山口達也に関する記事はこちら

3/3