クールビューティーは男女問わず人気?その魅力や特徴を紹介! 美容

クールビューティーは男女問わず人気?その魅力や特徴を紹介!

皆さんの周りにクールビューティーな人はいますか?今回の記事ではクールビューティーな人の服装や外見、行動、性格などの特徴やクールビューティーな芸能人について紹介します。目指したい人もぜひ参考にしてください。クールビューティーの魅力は無限大です。

目次

[表示]

モテる?モテない?クールビューティーとは

Free-Photos / Pixabay

クールビューティーな人はモテるのでしょうか?実はモテるかモテないか紙一重な特徴もたくさんあります。ほんの少しの気づきでモテるかどうかが大きく変わります。

女性からも憧れの存在?クールビューティーの意味は?

Free-Photos / Pixabay

クールビューティーとはクールな雰囲気をまとった美人のこと、もしくはクールで美しい様子のことです。

すっきりとした顔立ちや、落ち着いた態度、周りの状況に流されることなく、いつでも冷静です。誰かに媚びを売ることはせず、自分の力で生きていく大人な女性のことです。

モテるクールビューティーとモテないクールビューティーがいる?

congerdesign / Pixabay

モテるクールビューティーな人は自分のイメージとそこから発生するギャップを上手に使うことができます。

しかしクールビューティーをはき違えたただの無愛想な人はどんなに美人でもモテません。

関連記事はこちら

色気が素敵なのは女性に限った話ではありません。色気のある男性についての記事はこちらです。

クールビューティの特徴!【外見編】

Babelphotography / Pixabay

まずは第一印象を大きく左右する外見についての特徴です。

キツネ目だったり目元が涼し気な女性が多い

skeeze / Pixabay

クールビューティーな人の目元はすっきりしていることが多いです。真ん丸や黒目勝ちな目ではなく、切れ長でさっぱりとした目がクールな印象を引き立たせます。

アイメイクでより目元が際立っている

クールビューティーな女性は、すっきりとした目元が特徴的です。その涼やかな目を引き立てるのが、特徴に合わせたアイメイクです。

せっかくクールな目元を持っているのに、タレ目メイクや、つけまつげや太いアイラインを使ったゴテゴテとしたメイクでは台無しになってしまいます。

アイラインは細くすっと伸ばしましょう。アイシャドウも深みのある色やグレー、ブルー系がよく似合います。魅力的な目メイクでしっかり際立たせることができるのも美しさの秘訣です。

可愛い系ではなく美人系の顔立ち

darksouls1 / Pixabay

美しい女性と一言で言っても、美しさには色々なタイプがあります。

クールビューティーはアイドルに多いかわいい系よりモデルに多い美人系です。日本では大きくて丸い目が好まれることが多いですが、クールビューティの目はすっきりとした切れ長の目です。

好みは分かれますが、この切れ長の目のおかげで色気や品格が現れます。

顔立ちはキリっとしている

cocoparisienne / Pixabay

クールビューティーな人は顔のパーツが全体的に整っていて顔立ちがキリッとしています。すっと通った鼻筋や形の良い骨格、主張しすぎない唇、など、それぞれのパーツが整っていてバランス良く収まっています。

そのため、普段から表情も引き締まって見えます。目元は顔の中でも印象の強い部分なので涼やかな目の影響は大きいですが、その他のパーツの美しさも綺麗な表情を作るのに貢献しています。

凛々しさと女性らしさを兼ね揃えた眉

キリッとしていて形の整った眉もクールビューティな女性の特徴です。ディズニープリーセスのジャスミンの眉がかなり理想に近いです。

眉尻が少し上がり気味でアウトラインをしっかりとったきれいな眉です。また、目と眉の間が狭くなるようにメイクをすると彫りが深く見え、より美しく見えます。

リップはセクシー

kaboompics / Pixabay

目が印象的な一方でリップは控えめです。ナチュラルな色味を選び、艶はしっかりだすのがポイントです。ベージュ系やナチュラルな色味のリキッドルージュなどが良いでしょう。

目がはっきりしている分、リップメイクは控えめにしてバランスを保つところが大人っぽくてより魅力を高めます。

ファッションはシンプルでも色気と清潔感がある

DzeeShah / Pixabay

クールビューティーな女性はふわふわした素材や、レースなどの飾りのついたフェミニン、ガーリーなファッションアイテムや露出の多い服装は好みません。

シャツにスキニーパンツ、スーツなどシンプルで清潔感のある服装を好みます。しかし、そのシンプルな服装からも上品な色気が感じられるのがクールビューティの特徴です。

服装はモノトーンが基本

クールビューティーな服装、というとやはりモノトーンが中心になります。よく使う服の色は黒や紺、グレー、白など落ち着いた色が多いです。

クールビューティな女性は白いアイテムの使い方が上手で、下手をすると地味で暗い印象になりかねないモノトーンコーデに白いアイテムを使ってメリハリを与えます。

スタイルや姿勢が良いので鮮やかな色もとてもよく映えます。真っ赤なワンピースや、ブルーのスカートなど、服に負けてしまいそうなコーディネートでもしっかり着こなすことができます。

靴はヒールで歩く姿もさまになる

Pexels / Pixabay

クールビューティーな人は姿勢もスタイルも良いのでヒールで颯爽と歩く姿も様になります。

歩き方がおかしいとヒールを吐いたときにとても悪目立ちするので、ヒールが似合うのは正しく歩けている証拠です。

髪色は黒髪

nastya_gepp / Pixabay

クールビューティーな女性はその場を盛り上げるキャピキャピとしたタイプの女性とは対照的です。そこにいるだけで場の空気が引き締まるような、凛とした佇まいがあるのがクールビューティです。

そのイメージの通り、髪色も染めていない地毛の黒髪のままでいることが多いです。ツヤのある美しい黒髪はそれだけでかなり印象的です。

流行に流されない

12019 / Pixabay

髪色の明るい女性は流行を取り入れることが好きで、多数派に合わせる量産型が多いです。しかし流行に流されず髪を染めないまま保つ所にもクールビューティの芯の強さが表れています。

私は私、人は人、としっかり分けて考えることができます。

髪型はロングヘアーが似合う

ThePixelman / Pixabay

クールビューティーな人にはロングヘアーが似合います。スタイルが良いので髪が長くてもバランスが乱れません。

また、綺麗なアップスタイルにして変化を楽しむこともできます。

スレンダーでモデル体型の女性が多い

Bergadder / Pixabay

クールビューティな女性は立っているだけで絵になるような美しいスタイルと綺麗な姿勢が特徴です。スタイルと姿勢は両方優れていて初めて美しく見えるものです。

どんなにスタイルが良くても姿勢が悪かったらそれは決して美しくありません。日頃からピシッと背筋を伸ばして綺麗な姿勢をキープできるのは意思の強さからくるものでしょう。

また、自分のコントロールがしっかりできているので太りすぎることも痩せすぎることもなくちょうどよいスタイルをキープすることができます。

小物使いがとても上手

gr8effect / Pixabay

基本的にはシンプルな物を好むクールビューティな女性ですが、細かいところでさりげなく女性らしさ取り入れるのが上手です。

例えば、シンプルなデザインのピアスや、華奢なブレスレット、ちょっと上級アイテムのスカーフなどです。

ほかのファッションアイテムと同じように、デザインはシンプルなものが多いですが、アクセサリーという存在が女性的なのでその印象を上手く取り入れています。

細く長い美脚の持ち主

Engin_Akyurt / Pixabay

クールビューティであるために欠かせないのがスタイルの良さですが、その中でも特に脚は重要です。すっと伸びる美しい脚は男女問わず誰もが目を奪われるでしょう。

ただ細いだけでは美しい脚とは言えません。バランスよく筋肉がつくことで綺麗な形を保つことができるのです。

そのため、歩き方がだらしないと筋肉に偏りが生じ、美しい脚から遠ざかってしまいます。クールビューティな女性は正しい歩き方もマスターしなくてはいけないのです。

声のトーンが落ち着いている

Bessi / Pixabay

声質や話し方はその人の印象を大きく左右します。見た目がクールビューティでも高い声でガチャガチャと品のない話しかたをされたら一気に幻滅してしまいます。

クールビューティな人はトーンは低めで落ち着いた声で静かに話します。話し方に内面の冷静さや品格が表れています。

どんな話し方か想像しにくいひとは天海祐希さんの声を思い出して見てください。天海祐希さんの話し方はクールビューティそのものです。

話し方は改善しやすい

Free-Photos / Pixabay

話し方は自分の意識次第である程度改善できます。自分の話し方はもしかしたら品がないかも!?と心当たりのあるひとはまず意識して落ち着いて話すように心がけましょう。

手入れの行き届いた美肌

クールビューティーでもそうでなくても、美人の条件として、肌が綺麗であることは必須です。

どんなに忙しくてもスキンケアを怠らず、潤いのあるすべすべ肌を保っています。 肌は1日2日のお手入れできれいになるものではありません。毎日丁寧なケアを続けているからこそ、美しい肌を保てるのです。

知的な雰囲気を持っている

Comfreak / Pixabay

クールビューティーな人は、見た目の美しさだけでなく中身も充実しています。人一倍努力を重ね、向上心が高い姿勢は知的な雰囲気となって表れます。

知的な雰囲気が漂っていると特に男性に近寄りがたいと思われることもありますが、それはその相手がどこかで優越感を感じたいと思っているからではないでしょうか。

本質的な良さを求める質の良い男性は知的な雰囲気こそ魅力に感じるでしょう。そう言う意味では自然と、周りにも質の良い人が多くなると考えられます。

クールビューティの特徴!【心理・性格編】

ElisaRiva / Pixabay

クールビューティーの心理や性格の傾向を紹介します。

クールの言葉通り冷静沈着

stevepb / Pixabay

クールビューティーなひとは何かあっても取り乱したりせず、いつでも冷静です。そんなところが周囲に頼りがいがあると思わせるのでしょう。

大人な思考力も持っている

5688709 / Pixabay

クールな見た目の通り、大人びた思考を持っている人がおおいです。年上の人と話が合うことも多いでしょう。

ポーカーフェイスで表情から内面が読み取りにくい

Free-Photos / Pixabay

外見だけ整えてもクールビューティーとは言えません。相応しい中身が伴って初めてクールビューティです。内面が落ち着いていて常に冷静なことが重要です。

それが現れるのがポーカーフェイスです。決して無愛想なわけではありませんが、笑顔も微笑むくらいが多いです。

また、人間なので生きていれば感情が動く時もありますが、それを顔に出さないでいられるのがクールビューティです。

慣れるまで喜怒哀楽を見せない

Comfreak / Pixabay

クールビューティな人は初対面だとほとんど喜怒哀楽を表現しません。警戒心が強いためでもありますがら実は初対面で緊張してしまう、という可愛らしい一面があるからでもあります。

緊張してもそれを表に出そうとはしないのでツンツンしてる、と思われることもありますが、悪意があっての行動ではありません。

また何度も会って慣れてくると少しずつ感情を表現するようになります。喜怒哀楽を見せてくれるようになったら仲良くなれた証拠だと思って良いでしょう。

NEXT:心を許した相手には喜怒哀楽を見せる
1/3