服部晴治の前妻は大竹しのぶ!息子がいる?さんまに送った手紙とは? エンタメ

服部晴治の前妻は大竹しのぶ!息子がいる?さんまに送った手紙とは?

目次

[表示]

「時間ですよ」

「時間ですよ」は、1965年~1990年の間に放送されていた銭湯を舞台にしたホームドラマです。

主演は森光子、堺正章、悠木千帆、天地真理、浅田美代子が出演しています。

「ムー一族」

「ムー一族」は、1978年~1979年に放送されたホームドラマです。

このドラマでは、「新御三家」と呼ばれていた歌手の郷ひろみさんが出演しており、樹木希林さんとデュエットした「りんご殺人事件」が大ヒットしました。

略奪愛、不倫をした芸能人

pixel2013 / Pixabay

当時婚約者がいたにもかかわらず、大竹しのぶさんと付き合い結婚をした服部さんですが、他にも略奪、不倫をしていた芸能人は実は多いです。

ここからは、略奪愛、不倫によって世間を騒がせた芸能人をご紹介していきます。

安達祐実

2005年にお笑い芸人「スピードワゴン」の井戸田潤さんと結婚後2009年に離婚し、離婚後も同居をしており事実婚状態にありましたが1年後に同居を解消します。

2013年に安達さんは自身がプロデュースした写真集の撮影でカメラマンの桑島智輝さんと出会います。

bngdesigns / Pixabay

桑島さんは当時既婚者でしたが、安達さんの写真集でセミヌード写真を撮影したことがきっかけで二人の中は急接近し交際がスタートしました。

その後、2014年117月に安達さんはカメラマンの桑島さんと再婚しています。

中谷美紀

女優の中谷美紀さんは、2003年に俳優の渡部篤郎さんとの交際が報じられました。

二人は1999年に放送された「ケイゾク」と翌年に放送された「永遠の仔」で続けての共演だった為、仲を深め交際が始まったそうです。

しかし、二人が交際をスタートさせた当時渡部さんはタレントのRIKACOさんと結婚していたため中谷さんと渡部さんは不倫関係でしたが2004年に一度別れています。

Neoloky / Pixabay

そして2005年に渡部さんはRIKACOさんと離婚。渡部さんと中谷さんは再び交際をスタートさせすぐに同棲を始め、東京、西麻布で堂々と腕を組んで歩くようになります。

ところが2016年に渡部さんは15年連れ添った中谷さんではなく、東京、銀座のクラブの元ホステスと結婚し世間に衝撃を与えました。

森泉

2011年にモデルの森泉さんと、森さんの29歳も年上の腰添建さんの不倫が報じられました。腰添さんは女優の古手川祐子さんの妹と結婚しており子供もいました。

しかも腰添さんは結婚しているにも関わらず森さんと半同棲状態にあり、生活費は森さんが全て負担していたそうです。

Free-Photos / Pixabay

このことに関して森さんの事務所は二人の交際を認めましたが、森さんは腰添さんが既婚者とは知らず「独身である」という言葉を信じていたと発表。そして「もう二度と会わない」と宣言します。

しかし、それから2年後に再び森さんと腰添さんの交際が報道されました。

この時には腰添さんは離婚しており元妻は「森さんと腰添さんの交際は実は続いていた。離婚の原因は彼女である」と怒りの言葉を残しています。

離婚後は森さんは森さんの家族ぐるみで腰添さんと交際していましたが後に破局、森さんは2018年に副住職の年上男性と結婚しています。

安藤裕子

ニュースキャスターの安藤裕子さんは、1988年に妻子あるエリートサラリーマンとの不倫が報じられました。

安藤さんは「ただのゴルフ友達」と言い張りましたがその後この男性は離婚。その直後に安藤さんと再婚しています。しかし、この男性と安藤さんとの結婚生活は3年ほどで終わります。

そして1996年に再び安藤さんは妻子ある男性と交際をします。この男性は堤康一さんというフジテレビのプロデューサーをしていた方で2015年にフジテレビ子会社の代表取締役に就任しています。

PIRO4D / Pixabay

安藤さんは不倫略奪を成功させ2006年に堤さんと再婚しました。

略奪までしたのですから、最後は結婚という形に収まってもらいたいものですが略奪の末に結婚をしたカップルはそれほど多くはないのかもしれません。

服部晴治は大竹しのぶと結婚5年後に亡くなっていた

Olessya / Pixabay

服部晴治さんは、TBSの敏腕ブロデューサーとして活躍しており、当時の人気ドラマを複数手がけていました。

また、かなりモテる男性だった為バツ2で婚約中の女性もいましたが大竹しのぶさんと結婚し子供もいます。しかし、大竹さんと結婚後わずか5年後に癌でなくなりました。

2/2