成金とは?成金の意味や特徴を紹介!本当のお金持ちとはどう違う? ライフ

成金とは?成金の意味や特徴を紹介!本当のお金持ちとはどう違う?

目次

[表示]

人に感謝できない

geralt / Pixabay

努力をしてお金持ちになった本当のお金持ちと違い、成金はそこがわからないため人に感謝するということができません。

また、全てを金で買えると思っているので人を金で買っているという考え方があり、その意味でも感謝の気持ちが欠如する傾向にあります。

会員費の高いVIPジムに通う

Pexels / Pixabay

成金は「会員費の高いVIPジムに通う」というのは「金持ちであることのステータスである」と勘違いしています。

本当の金持ちは自分が不要だと思う事にムダな出費はしません。ビル・ゲイツは「到着時間が同じであれば高い金を払う必要が無い」と、フライトはファーストクラスに乗らないそうです。

小銭を大切にしない

image4you / Pixabay

成金は小銭の大切さがわからず、札束しかお金でないとかんちがいしています。そもそも小銭も札束も同じお金であり、「小銭を大切にしない=お金を大切にしない」になるのです。

お金を大切にしない人間から最終的にお金が逃げていくのは当然と言えるでしょう。

成金にありがちな特徴は?【成金の見た目】

お金持ちアピールをする成金にはありがちな特徴というものがあります。まずは成金の外見における特徴から紹介していきます。

派手なアクセサリーやファッションを好む

Vitabello / Pixabay

成金にありがちな見た目の特徴として、それ自体の機能、有効性よりもこれ見よがしに金持ちアピールができる派手なアクセサリーや見るからに高そうなファッションを好みます。

とにかく目立つものを好むため全体のコーディネート自体はあまり褒められたものではなく、只々品が無い印象を受けます。

ブランドものに目がない

gonghuimin468 / Pixabay

成金はブランドを過信しています。それも、「さりげなくブランド品」ではなく「あからさまにブランド品」を好みどんなスタイルであってもブランド品を付けていれば大丈夫という考えがあります。

成金はブランド品を持っているということをアピールしたい為、例えそれぞれのアイテムが高級品でもファッションセンスが無く非常にいやらしい印象で好感が持てません。

太っている

taniadimas / Pixabay

成金に多いのが太っている人です。その理由として、もちろんいつでも好きなもの食べることができるという点もありますが、それ以上にお金の管理が出来ない成金は自分の管理もできないという点が主な理由です。

ビジネスで成功した等の本当の大金持ちは不要な事をしないので自分の管理においても優れており不要な栄養を取らないので肥満体系の人は少ないようです。

ロレックスなど高級腕時計をアピールのために身に着ける

Myriams-Fotos / Pixabay

ロレックスなど高級腕時計は富の象徴であり、もちろん成金にとっては金持ちアピールするにはマストのアイテムと言えます。

一方で本当の金持ちももちろん高級腕時計を着ける人は多いのですが、成金と違うのはその時計の市場価値というものを理解したうえで身に着けているようです。

また、ファッションの点からも成金は高級腕時計が全体を下品に感じさせるのに対して、本当の大金持ちは高級腕時計を自然に身に着けています。

成金にありがちな特徴は?【成金の心理】

Prawny / Pixabay

成金にありがちな内面、心理においての特徴というものはどういったものでしょうか?彼らには共通する心理というのが働いているようです。どういったものなのか紹介していきます。

お金持ちを強く意識している

Maklay62 / Pixabay

成金はプライドが高く自分がお金持ちということを強く意識しています。その影響から接する人間もお金持ちであることを必要以上に意識しており、お金持ちと接することでのセレブアピールをしてしまいます。

また、貧乏層と接する場合でも金持ちアピールを忘れることはなく、他人に対して上から目線で接することで自分が一番であるということを見せつけたいようです。

単純思考でお金の有無にとらわれている

geralt / Pixabay

成金は全てをお金の有無で判断する、「お金に魂を奪われた人」です。お金の執着が強いのですが、「お金を増やす」という思考よりも「お金を派手に使う」という思考になるので破産する場合もあります。

本当の金持ちはお金の有無にとらわれておらず、むしろ自由な心を持って、人生を豊かにしているといます。

努力せずにお金があることを褒められたい

MabelAmber / Pixabay

特にバックグラウンドが貧乏である成金は承認欲求が非常に強く、金持ちであることをアピールして認められたいと思っています。

逆に言えば、何かで成功したとか、何かを成し遂げたというものが無く、お金が全てあると思っている成金は簡単に入ってきたお金しかアピールすることができないとも言えます。

自分だけのために仕事をしている

StockSnap / Pixabay

成金は常に自分中心です。お金も派手に使いますが全て自分の為です。仕事においても自分だけのために仕事をしており、自分にお金が入ってくることしか考えていません。

一方本当の金持ちは、お金がある状態で育っており、誰かの為、地域の為、中には世界の為に仕事をしている人もいるようです。

のし上がる気持ちが強い

fxxu / Pixabay

成金の中には棚からぼたもちを得た金持ちではなく、下から這い上がってきた人もいます。そういった成金はのし上がる気持ちが非常に強くハングリー精神に満ちています。

それは成功の原動力になり、一旦成金になったその後をどのようにしていくかが成金どまりか本当の金持ちになるかの分け目と言えるでしょう。

コンプレックスを抱えている

PIRO4D / Pixabay

貧乏であったことをコンプレックスにしている成金は少なくなく、それが金持ちアピールの原因になっている一つの大きな要因と考えられます。

歴史的な成金の代表といえる「豊臣秀吉」が征夷大将軍としての武士の官位よりも関白として公家の地位を要望したのはこのコンプレックスを抱いていたからと言われています。

成金にありがちな特徴は?【成金の趣味】

Alexsander-777 / Pixabay

成金にありがちな特徴として成金の趣味に関して紹介していきます。あなたが思っている成金のイメージと当てはまるでしょうか?チェックしていきましょう。

外車好き

Noel_Bauza / Pixabay

一般的な金持ちのイメージは「外車に乗っている」だと思います。成金はかつて自分が描いたそのイメージを実現させるためにお金があれば即外車という思考に陥ります。

一方で本当の金持ちも外車に乗っている人はいますが、そのイメージの為ではなく、車自体の資産価値を重要にしているようです。

また、外車にこだわらず国産でも乗りたい車を乗っている人もいます。投資家の「ジム・ロジャース」は車に興味が無く所有はしているものの自転車で移動するとのこと。

コレクター気質

Pexels / Pixabay

お金を「最も無駄なモノ」に使う事が金持ちの象徴であると考える成金はコレクター気質です。とにかくお金を使う事に意味を感じているので無駄なモノでも買い集めてしまう傾向にあります。

ステータスとして馬主になる

Alexas_Fotos / Pixabay

やたらと馬主になりたがる成金もいます。個人登録馬主になるには収入や資産の条件を満たす必要があり、「オレは馬主だ」というだけで金持ちアピール十分です。

競馬が趣味であれば成金の好物である「VIP待遇」を受けることもできるので成金競馬好きにはそれも魅力的なようです。

ギャンブルで散財することも

quinonesnaomy / Pixabay

金持ちのイメージで多いのが「カジノ」です。パチンコなどの庶民的なギャンブルではなく、ラスベガスなどのVIPルームで大枚をはたくのはまさに、ハリウッド映画のワンシーンのよう。

そんなイメージを実現させ欲求を満たす成金は多いのですが、散財し破産する為の道を進んでいることに気づかない人の数は減る事が無いようです。

ホストやキャバクラでお金をばらまく

Skitterphoto / Pixabay

金持ちや芸能人がホスト、キャバクラでお金をばらまくシーンは成金にとっては野球少年が甲子園でプレイするシーンを思い描くのと同じ意味を持つようです。

まさに夢の舞台で大枚をはたく、女性たちにチヤホヤされるということにハマってしまう成金は多いようですが、キャストからすれば「良いカモ」で終わることでしょう。

成金と本当のお金持ちは具体的にどんな違いがある?

nattanan23 / Pixabay

成金の特徴についてご紹介してきましたが本当のお金持ちとの違いは具体的にどういったものなのかを見ていきます。あなたが出会った金持ちが成金か本物かを見分けるヒントにしてください。

成金に多い職業はネットや仮想通貨、本当のお金持ちは実業家や不動産

Simon / Pixabay

成金に比較的多い職業はネットビジネス、仮想通貨などここ数年で急成長してきたビジネスが多いようです。どれも新しいビジネスモデルで急速に発達したビジネスなので成金が生まれるのもうなずけます。

一方で本当のお金持ちは実業家や不動産オーナー等、昔からある金持ちの職業が多いようです。

成金は消費するだけ、本当のお金持ちは投資して増やしていく

nattanan23 / Pixabay

昔貧しかった成金は欲しいものが買えなかったその反動から金持ちになった途端に消費祭りがスタートします。お金は消費するものとしか考える事ができません。

一方で本当のお金持ちは、お金を使って資産を増やすという考え方です。自分の次の世代、その次の世代までと先を見据えて着々と資産を増やします。

成金は外見でアピール、本当のお金持ちは見せない

Capri23auto / Pixabay

成金は外見から行動、ありとあらゆるところにお金を注ぎ、お金を持っているということを必死でアピールします。それは貧乏だったころのイメージ通りにすることで自信の欲求を満たすからです。

本当のお金持ちは無理してお金があるところを見せません。むしろ変な人間がやってくる恐れもある為余計なアピールどころか隠す場合もあるようです。

成金はプライドが高い、本当のお金持ちは誠意がある

Alexas_Fotos / Pixabay

成金はお金が全てであり、貧乏から金持ちになったせいか、プライドが高くなる傾向にあります。一方で本当のお金持ちはそういった無駄なプライドを持つことはありません。

本当のお金持ちは生まれも育ちも良い為謙虚で誠意があり、とげとげしい攻撃的な雰囲気がありません。

成金が満たされることはない、本当のお金持ちは満たされている

geralt / Pixabay

貧乏から金持ちになった成金は物欲主義になりがちで今まで買うことができなかったもの、手の届かなかったものを手に入れることが全てになってしまいがちです。

本当のお金持ちは既にお金がある為心に余裕があり、またお金でも手に入らないものがあることを知っています。

成金は自分のために、本当のお金持ちは社会のために

Alexas_Fotos / Pixabay

成金はお金への執着心が強く全てが自分中心で、お金も自分の為に使います。今まで満たせなかった部分を満たすため自分中心になってしまいがいちです。

本当のお金持ちは余裕がある為視野が広く、意識が社会に向かっています。

本当のお金持ちになるために必要なことは?

pixel2013 / Pixabay

では本当のお金持ちになるために必要なこととは何なのでしょうか?それを知っておけば、もしあなたが”金に成った”時に思い出して実践することができるはずです。

お金の無駄遣いはしないが必要なことには惜しまない

StockSnap / Pixabay

本物のお金持ちは基本的に無駄な出費をしません。また何がムダで何が必要なのかを見分ける目を持っています。そして必要な時はそれに十分お金を注ぎ込むのです。

成金にならないようにするには自分に本当に必要なもの、事を見極め、自分をコントロールすることが大事です。

NEXT:お金を儲けることを前向きにとらえる
2/3