考えすぎる人の特徴は?どういう心理をしている?対処法も! 恋愛・心理

考えすぎる人の特徴は?どういう心理をしている?対処法も!

物事に取り組もうとした時に、リスクばかり気になってしまう。考えすぎる癖というのは思慮深いという長所にもなりますが、行動力に欠けるという短所ともなります。どうすれば考えすぎるのをやめられるのでしょう?考えすぎる人の特徴や原因、その対処法などを紹介していきます。

目次

[表示]

深く考えすぎる癖をやめたい!原因は?どういう心理?

Counselling / Pixabay

考えすぎてしまうのが悩み、と聞いた時に普通の人であれば「慎重な性格で良いんじゃないの?」と感じるかもしれません。

しかし、考えすぎる癖というのは本人にとっては大きな悩みで、人生の質を左右する程の問題です。ここでは、考えすぎる人というのはどのような心理を持っているのか、その原因を紹介していきます。

考えすぎはストレスの元!ネガティブ思考に繫がることも?

TheDigitalArtist / Pixabay

考えすぎる人は些細なことで注意を受けた場合も「次回から気をつけよう!」と気分を切り替えることができずに、いつまでもそれを引きずってしまいます。

そしてどんどん悪い方向へ考えが進んで行ってしまい、ネガティブ思考に陥りやすいのです。

このようなことが日常的に考えすぎる人の中では展開しているため、悩んでいる時間が非常に長くなり、結果として大きなストレスを抱えてしまうようになると言えます。

考えすぎる人はどういう心理をしている?

geralt / Pixabay

考えすぎてしまう原因として、答えの無いものを探ろうとしてしまうという心理、思考の癖が挙げられます。

特に人から投げられた言葉の真意などは、考えても仕方がないことと言えます。相手の頭をのぞき込みでもしない限り、何を考えていたのかなどは知ることができませんよね。

しかし、そう分かっていても頭の中であれこれ悪い想像を膨らませて自家中毒を起こしてしまうのが、考えすぎる人の心理とされます。

「考えすぎる」は短所?見方によっては長所となり得る?

geralt / Pixabay

考えすぎるというのは本人にとっては悩みの種ですが、長所としてとらえることもできます。

頭の中で色々考えを巡らせることができるというのは思慮深いと言い換えられますし、見切り発車で行動しない慎重な性格とも言えます。

「考えすぎる」をプラスに言い換えた例文は?

sik-life / Pixabay

履歴書などに考えすぎるという短所を書く場合、どのように書けばネガティブな印象にならないのでしょうか?

頭の中でシミュレーションをしてから動くため、スロースターターではあるけれど、熟考してから動くために失敗が少なく、スムーズに物事を進められる。

このように書けば、考えすぎるという点をプラスのイメージで伝えることができますね。

関連する記事はこちら

考えすぎる性格を直したい!対策や対処法は?

geralt / Pixabay

プラスに言い換えられたとしても、考えすぎる癖は生活の質にも大きく影響することから、直せるものなら直したい癖ですよね。ここでは、考えすぎる癖を直す対処法を15選紹介していきます。

解消法①自分を客観視する

geralt / Pixabay

考えすぎる癖を持っている人の中には、自分はネガティブな人間だという自覚はあっても、その原因が考えすぎという思考の癖であることに気付かないというケースも多いものです。

考えすぎる癖を持っているということを理解して、思考が暗い方に進んでいる時は気分転換をするなど、客観的に自分を見るように努めましょう。

解消法②考えすぎることを悪だと割り切らない

Pexels / Pixabay

考えすぎることをコンプレックスに思い過ぎないことも、大切です。考えすぎるというのは、色々なことに考えが及ぶということでもあります。

ネガティブになり過ぎずに、自分の癖の良い面も見るようにしましょう。

また考えすぎるというのは脳の癖のようなものだと考え、考えすぎる自分は暗くて駄目な人間だと、必要以上に自らを責めないようにしてくださいね。

解消法③別のものに集中してみる

stokpic / Pixabay

考えすぎているなと感じたら、他のことに集中して気分を強制的に切り替えるのも有効な対処法です。

職場などでネガティブな思考にはまりそうになったら、呼吸に集中するだけでも気分転換の効果が望めますよ。血中にCO2が増えることで気分がリフレッシュされて、気持ちがリセットされますよ。

解消法④相談しても相手のアドバイスに流され過ぎない

Free-Photos / Pixabay

悩みごとや迷っていることがあると、とにかく人に聞いてもらいたいと思う人も少なくないでしょう。

しかし、考えすぎる人を悩ませている物事には答えがないケースも多く、相談をして良い結果が得られるとは限りません。

また考えすぎる人は人からもらったアドバイスに流されてしまったり、アドバイスに対しても深読みしてしまう恐れもあるので、相談は程々にしましょう。

解消法⑤考えすぎるループにハマる前に体を動かす

Free-Photos / Pixabay

考えすぎている、考えが悪い方向に進んでいると気づいたら、体を動かしてスッキリするのもおすすめです。

ジムへ出掛けて本格的に体を動かすとまでいかなくても、簡単なストレッチや散歩でも十分な気分転換になりますし、仕事中なら席を立って飲み物を買いに行く程度でも良いでしょう。

解消法⑥過去を振り返らず現在に目を向ける

Alexas_Fotos / Pixabay

考えても仕方がないことの代表として、過去に起きた出来事が挙げられますよね。すでに起きてしまったことは変えようがないにも関わらず、考えすぎる人は過去にとらわれがちです。

自分を顧みることは大切ですが、まずは現在に目を向けましょう。また、考えすぎる人は起こってもいないことについても悩んでしまう傾向がありますが、これもあまり意味の無いことです。

解消法⑦どうにもならないことは抗わない

Riedelmeier / Pixabay

自分の力で物事を解決しなければ、最善の方向にもっていかなければという自責の念が強いというのも、考えすぎる人に見られる特徴と言えます。

しかし、全てのことが個人の努力で解決できるとは限りません。時には深く考えずに流れに身を任せてみるようにしましょう。

その時には運が悪いと感じたことも、後になれば自分に必要な経験だったというケースも多いものです。

解消法⑧気持ちをリセットして物事をポジティブに捉える

sweetlouise / Pixabay

病は気から、という言葉がある程、ネガティブな思考というのは生活に影響を及ぼすものです。自分は考えすぎだという自覚があるのなら、意識して気持ちをポジティブに切り替えましょう。

悪いことを考えていると、本当に物事は悪い方向に進んでいくとも言われています。思考が暗い方向に進んでいたら、気持ちを切り替えるように心がけてくださいね。

解消法⑨自分の考えを紙に書き出してみる

悩みを紙に書き出すのも、気持ちを整理するのに有効です。1度に複数のことに悩んでしまって混乱してしまった場合などは、特に紙に考えを書き出してみると良いでしょう。

その中から自分で対処できるものと、悩んでも仕方がないものの線引きを行えば、今するべきことが見えてきますよ。

悩んでも仕方がないものに関しては思い切って先送りにする、良い意味で適当になる癖をつけるためにも、紙に悩み事を書くのは効果的です。

解消法⑩導き出した答えに自信を持つ

Alexas_Fotos / Pixabay

自分の出した結論に自信が持てず、1つのことをダラダラ考えすぎてしまうということも、考えすぎる人がストレスをためてしまう原因です。

自分の考えをしっかりと確立して、1度下した決断には迷いを持たないように心がけましょう。

解消法⑪答えが見つからなければ考えることをやめる

Pexels / Pixabay

考えても仕方がないことというのは存在します。分かっていても考えるのを止められないという人は「考えるのを止めた!」と口に出してみましょう。

気持ちがすっきりして、とりとめのない思考から離れることができますよ。

解消法⑫物事をシンプルに考える

BRRT / Pixabay

考えすぎる人というのは、物事を複雑にとらえすぎてしまう人でもあります。周囲から言われたことに隠された真意があるのではないかと疑わずに、シンプルに考えましょう。

また考え込んでしまった場合も、なるべく悩んでいる問題を単純化して、答えを出しやすいように工夫してみると良いですよ。

解消法⑬失敗を恐れずとにかく行動!

Free-Photos / Pixabay

慎重すぎてあらゆるリスクを考えてからではないと行動に移せないというのも、考えすぎる人には良く見られる傾向です。

何も考えないで手を出すというのも考えものですが、ある程度考えて目途が立ったら、迷わずに行動に移すようにしてみましょう。

トラブルが起きたら、その時に対応しようとポジティブな気持ちで物事に挑戦できるように決断力をつけてください。

解消法⑭切り替えのクセをつける

TeroVesalainen / Pixabay

1つのことを気にすると無制限に考え込んでしまうという場合は、〇分思いっきり悩んだら気持ちを切り替えるというルールを作ると効果的です。

考えても時間の無駄ということがあるのも学べて、効率的に時間が使えるようになりますよ。

解消法⑮理想を最低限まで下げる

Free-Photos / Pixabay

完全主義者であることから、行動に移せずに悩み過ぎてしまうことも、考えすぎる人には良く見られる特徴です。

心当たりがある場合は物事に対する理想を下げて、現在の自分にできる範囲内のことをするように心がけてみてください。

あまりに高いハードルを設けてしまっても、できないことに悩み、さらにストレスを抱え込んでしまうだけです。今の自分を基準に、できることとできないことを選別しましょう。

結論が出ない!考えすぎる人にはどんな特徴がある?

DanaTentis / Pixabay

考えすぎてしまう人には、どのような特徴があるのでしょうか?ここでは考えすぎる人に見られる共通の特徴を、15個挙げていきます。

特徴①考えても仕方のないことを延々と考え続ける

Pexels / Pixabay

考えるべきことだけではなく、考えても仕方がないことまで延々と考えてしまう。そのために時間をロスして本人も疲弊してしまうというケースは、考えすぎる人に見られるの1つ特徴です。

深く考えるのは自分でコントロールできる事柄だけ、と線引きをしましょう。

特徴②一つのことを長い時間悩み続ける

nile / Pixabay

考えるのを止められず、長時間1つの思考にとらわれてしまうタイプの人もいるでしょう。

長く考えたからと言って最良の決断が下さるとは限らないため、考える時間を区切るように心がけてください。

特徴③既に考えたことを改めて考え直す

MabelAmber / Pixabay

もう結論が出たはずのことに対して、時間をおいて「やっぱり…」と何度も考え直す癖が止められない、という人もいることでしょう。

自分はこのタイプだという場合、なぜその結論に辿り着いたのかを紙に書きとおめておく癖をつけましょう。

同じことを考えようとした時に、前はどのような結論になったのかを冷静に確認できれば、いつまでも堂々巡りをすることが防げるはずですよ。

特徴④物事をマイナスに捉える

xusenru / Pixabay

物事の悪い面ばかりが気になってしまって、考えることを止められない。このような特徴も、考えすぎる癖のある人には見られます。

急にポジティブになるというのは無理があるため、考える時間を区切るようにしましょう。そして、それ以外の時はネガティブな思考は切り離すようにしてください。

考える時は特定の部屋を使うようにすると決めるなど、日常生活と線引きをするとより効果的です。

特徴⑤周りの目を気にしすぎる

Graehawk / Pixabay

周囲に迷惑を掛けたくない、悪く思われたくないという気持ちが高じ過ぎて、変に考えてすぎてしまうということもあります。人の目を気にしすぎて、臆病になってしまっているとも言えます。

このようなケースでは自信の無さが原因のこともあるため、自分をしっかり持つよう心がけましょう。

特徴⑥アウトプットが少ない・抱え込む

考えすぎる癖がある人には、心配なことや抱えていることを上手く発散することができずに、キャパオーバーになってしまうこともよく見られます。

何でも人に相談すれば良いとは限りませんが、自分1人でできることには限界があることを知りましょう。

NEXT:特徴⑦失敗やミスを極度に恐れている
1/3