北野誠が謹慎処分になった原因は?現在は復帰して怪談で人気?

怖いもの知らずの本音トークで人気を集め、怪談や怖い話好きとして知られる北野誠。彼は現在までどのような芸能生活を送ってきたのでしょうか。これまでの活動や、ラジオなどへの出演状況についてまとめていきましょう。人気番組「北野誠の茶屋町怪談」の動画も紹介します。

北野誠が干された原因は?現在の活動は?

お笑いタレントの北野誠は、一時期芸能界を干され、テレビやラジオから姿を消した時期があったことは有名な話です。

いったい何が原因で、そのような事態になったのでしょうか?その原因と、復帰のきっかけを解説していきます。

また、現在はどのような活動をしているのかについても触れ、北野誠とはどういう芸能人なのかに迫っていきましょう。

北野誠のプロフィール

北野誠という名前は、芸名ではなく本名だそうです。松竹芸能に所属し、お笑いタレントとして活動しています。

1959年1月25日生まれで、出身は大阪府大阪市。身長は171cmで、体重は63kgと、公式プロフィールには記載されています。

競馬や車、映画鑑賞、格闘技観戦やボクシングなどを趣味とし、「野菜ソムリエ」や「足裏療法士」といった資格を取得しているとのことです。

1993年に山本リンダのヘアヌード写真集を酷評し損害賠償請求!?

そんな北野誠は、歯に衣着せぬ発言をするタレントとしても知られ、芸能界で度々、波紋やトラブルを巻き起こしてきました。

1993年に山本リンダとの間で起こったトラブルは、とくに有名です。彼は、自身がパーソナリティを務める「謎のサイキック青年団」というラジオ番組で、山本リンダのヘアヌード写真集を、酷評したのです。

これに怒った山本リンダ側は、一億円という額の損害賠償を番組に対して請求しました。

これを機に知名度が上がり起用されるようになる

Gadini / Pixabay

この騒動は大々的な芸能ニュースとして、当時各局、各紙に取り上げられました。特に、渦中のタレント北野誠と山本リンダが同席するという謝罪会見の模様は、全国的に注目を集めます。

しかし怪我の功名と言うべきか、北野誠の知名度は、この時から爆発的に上昇していくことになるのです。

世間を騒がせるような爆弾発言を期待してか、数多くの番組が彼に出演のオファーを出すようになりました。

2009年に大手芸能事務所の社長に関する不適切発言で謹慎処分に

RobinHiggins / Pixabay

ギリギリの発言を連発してお茶の間を沸かせた北野誠でしたが、とうとう手痛いしっぺ返しを被ることとなってしまいます。ある大物を揶揄したことでその人物の逆鱗に触れ、芸能界を干されてしまうのです。

その人物とは、大手芸能事務所の「バーニングプロダクション」社長であり、「芸能界のドン」とも呼ばれた、周防郁夫のことです。北野誠は、彼を指して「ヤクザみたいなもの」だと発言してしまいました。

このことが元で、2009年の4月28日、彼は所属する事務所から謹慎処分を言い渡されます。人気だったレギュラー番組も、軒並み降板させられました。

NEXT やしきたかじんや笑福亭鶴瓶が働きかけて1年後に復帰している