ストーカー女が急増中?その心理と被害者になった時の対象法を解説 恋愛・心理

ストーカー女が急増中?その心理と被害者になった時の対象法を解説

目次

[表示]

自分の気持ちを抑えられずじっとしていられない

geralt / Pixabay

気持ちを自制できないのもストーカー女の特徴です。相手を深く愛しているからこその行動なのだから、その気持ちを抑える必要はないのだと心の底から思っています。

そのため、相手に何かをしようと思えば、じっとしていられずにすぐに行動に移します。これをすれば相手はどう思うのか?相手の周りの人間に迷惑が及ぶのではないか?そういった思慮は一切ありません。

謎の偵察力があり、知り得ない情報まで持っている

geralt / Pixabay

ストーカー女は、ターゲットに対しては異常なほどハイレベルな偵察能力を発揮します。

ほんの些細な情報をヒントに相手の事を探り尽くし、どうやって調べたのかわからないの様なごく個人的な情報まで把握している事があります。

また、周辺の住人への聞き込み調査や興信所の利用など、信じがたい行動力を発揮する場合もあり、どんな手を使ってでも相手の事を知り尽くそうとします。

ゴミ捨て場は宝の山、何故か対象の持ち物を持っている

darksouls1 / Pixabay

ストーカー女の行動が段々とエスカレートすると、ターゲットの捨てたゴミ袋をゴミ捨て場から持ち帰り、中のものを収集するといった異常な行動に出る場合があります。

その中から見つけたターゲットの所有していた物や使用していた物は、ストーカー女にとってまさに宝物です。また、ターゲットが捨てた手紙やレシートなどを分析して、相手の行動を把握しようとします。

傷付いてる自分のアピールに余念がない

nastya_gepp / Pixabay

男性のストーカーの場合には、ターゲットに対して攻撃的な言葉をかける場合が多いですが、ストーカー女の場合は自分がいかに傷ついているかを執拗にアピールします。

例えば、付き合ってくれないなら自殺すると言ってみたり、あなたが振り向いてくれないせいで精神的におかしくなったのだから責任を取れと言ってみたりします。

まさか自分が被害者に?ストーカー女への対処法、撃退法

xusenru / Pixabay

ここまで、ストーカー女の恐ろしい特徴をいくつかあげてきました。こうしたストーカー女のターゲットにされると精神的にも大きな苦痛を感じるし、物理的な被害を被る場合も多くあります。

ここでは、ストーカー女にターゲットにされてしまった場合の対処法を紹介していきます。

自分1人で解決するのは難しい、1対1での会話はしない

geralt / Pixabay

ストーカー女にターゲットにされてしまった場合、自分1人で解決することは非常に困難です。ストーカー女と1対1で話し合おうとしても、2人きりで会ってくれたとストーカー女を喜ばせて勘違いさせるだけです。

また、ストーカー被害に遭っている場合、精神的に追い込まれてしまい、冷静な判断力を失っている事が多いです。誰か信頼できる人に相談し、冷静に客観的に対処していく必要があります。

相手は女性だからと油断は厳禁

Pexels / Pixabay

また、相手が女性だから、襲ってきても撃退できると考えて油断するのは非常に危険です。過去には、実際にストーカー女による殺人事件も発生しています。

ストーカー女は肉体的に男性に勝てない分だけ、かなり綿密に相手の殺害計画を立ててくる事があります。この場合は、その場で回避することは非常に難しいと言えます。

また、ストーカー女が凶器を用意したり、裏社会の復讐代行業者を雇ったりする場合もあるので、十分に注意しなくてはなりません。

対処や対策は早めに躊躇せず

cocoparisienne / Pixabay

この女性はこのまま行くとストーカー化するかも知れないという不安を少しでも感じたら、躊躇する事なく少しでも早く対処したり、適切な対策を取ったりする必要があります。

ストーカー行為は放置すれば放置するほどエスカレートして状況が悪化する可能性がとても高いです。初期の段階であればつながりを断つだけで解決できますが、時間が経過すると関係を断つ事自体が困難になります。

情報管理はしっかりと行い、SNSへの写真の投稿にも注意

Pixelkult / Pixabay

ストーカー女の偵察能力がとてつもなく高い事はすでに述べましたが、情報管理をしっかりとする事で対処できます。

SNSにプライベートな情報につながる内容を投稿するのは絶対に避けましょう。特に写真の投稿には気を使う必要があります。後ろに写り込んだ風景や人物などの些細な情報から居場所を探り当ててきます。

勘違いをさせないように気を配る

mohamed_hassan / Pixabay

思い込みが激しい事はストーカー女の代表的な特徴なので、相手を勘違いさせないように気を配る事は非常に重要です。

そんな気が無くても少し優しい言葉をかけただけで、ストーカー女は自分に気があると勘違いして、執拗に迫ってくる場合があります。一度そうなってしまうと、勘違いだといくら伝えても聞いてくれません。

ストーカーされた痕跡や証拠をしっかりと残しておく

Shanon / Pixabay

警察への相談や法的な対応をしようとしても、ストーカー行為をされたという明確な証拠がなければ、警察も裁判所も絶対に動いてくれません。

ストーカー行為をされた痕跡は全て写真に残す、送られてきたメールは残らず保存しておく、相手から受けたストーカー的な発言は出来るだけ録音するなど、証拠を一つ一つ積み上げておく必要があります。

ストーカー女の攻撃対象を把握しておく

Prettysleepy2 / Pixabay

ストーカー女の行動の特徴として、ターゲット本人では無くその周囲にいる親しい女性などを攻撃対象とする場合が多くあります。周囲の女性に被害が及ばない様に注意を払っておかなくてはなりません。

また、自分の邪魔をするものは全て敵だと認識する場合があるので、間に入ってくれる人に攻撃の目が向かない様に気を配る必要もあります。

何を言っても無駄なので反応しない

pixel2013 / Pixabay

過激化したストーカー女には基本的に話が通じません。どんなに理を尽くして語りかけたとしても、都合の悪い事は決して受け入れなくなっています。

この段階までストーカー女がエスカレートしている場合は、相手から何かを言ってきても一切反応してはいけません。できるだけ相手を刺激しない様にしながら、物理的に距離を取りましょう。

警察や弁護士などを頼る

espartgraphic / Pixabay

ストーカー女の行動で身の危険を少しでも感じたら、躊躇せずに警察に相談しましょう。また、法的な対応が必要になる場合も多いので、お金に余裕があれば早い段階で弁護士に相談しておく方が良いでしょう。

ストーカーは病気?本当に必要なのは治療であることも

geralt / Pixabay

ストーカー行為をする女性は、人格障害などの精神病がその行動の原因になっている場合が非常に多いです。つまり、根本的に解決しようとする場合には病院での治療が必要になる事が多いでしょう。

被害を受ける側がそこまでしてストーカー女の面倒を見る必要性は感じませんが、万が一身内がストーカー化してしまった場合などには、精神病を疑って通院させる事も考えましょう。

女性がストーカーをする理由は?ストーカー女のタイプ

Skitterphoto / Pixabay

続いては、女性がストーカー女化してしまう理由について、いくつかのタイプに分けて紹介します。

①自分を振った相手に復讐する為な復讐型

9134173 / Pixabay

女性がストーカー化する理由として最も多い例が、過去に付き合っていた恋人に振られた結果、相手への執着や憎悪が増幅してストーカー化してしまうというパターンです。

この場合は、自分を振って酷い目に合わせた相手に何とか思い知らせてやろうとストーカー行為が始まります。

元々恋人関係だったためターゲットの個人的な情報もよく知っており、ストーキングしやすいというのもあって深刻化しやすいのがこの復讐型ストーカーです。

②自分を否定した事を根に持つナルシストタイプ

StockSnap / Pixabay

自信過剰な女性に多いのがこのナルシストタイプです。自分の事を否定した相手に異常なほどの執着心を抱き、ストーキング行為を働きます。自分が納得できるまで執拗に嫌がらせを続けます。

③一目ぼれしてストーカー行為に及ぶ恋愛型

こちらは女性がストーカーする理由としては比較的少ないのですが、どこかで偶然見て一目惚れした男性に対して、一方的な想いを寄せてストーカー化する「恋愛型」も存在します。

ターゲットにされる側が、ストーキングをしている相手がどこの誰かもわからない場合がほとんどなので、効果的な対処ができずに途方に暮れてしまう場合が多くあります。

④断ると自殺すると脅す自虐型

HASTYWORDS / Pixabay

元々自分に自信のない女性が陥りやすいのが「自虐型」のストーカーです。自信のない女性が何かの時に男性に優しくされ、その男性に執着してしまう場合にこのタイプのストーカー女になりやすいです。

ターゲットの優しさにつけ込み、交際を断るなら自殺するなどと脅迫まがいの言動をとります。ターゲットにされた男性は元々優しいタイプなので、同情して抜け出せなくなり泥沼へとはまっていきます。

⑤自分を被害者に仕立て上げるタイプも

MabelAmber / Pixabay

ストーカー女の中でも極めて悪質なのが、相手から自分がセクハラを受けた、レイプされたなどと騒ぎ立て、自分が被害者の様に吹聴するタイプです。

この場合、ターゲットは身に覚えのない事で犯罪者の様に扱われ、身の潔白を証明するためにそのストーカー女とどうしても関わらなくてはなり、精神的にズタボロにされてしまいます。

⑥最恐にして最悪サイコパスタイプ

ストーカー女の中でも最も怖いのが、サイコパスの女性がストーカー女化してしまったタイプです。相手への愛情や良心はそもそも持ち合わせておらず、ただ自分の欲望のためだけにストーカー行為を繰り返します。

非常に理知的なので、自分の仕業だとバレない様に用意周到な準備をしてきます。そのため、ターゲットにされている本人すら自分がストーキング行為を受けていると自覚しないまま、深刻な被害を被る場合があります。

⑦SNSを利用するというパターンも

Averyanovphoto / Pixabay

近年では、ストーカー女がSNSを使って執拗なストーカー行為を働く例も増えてきています。SNSでメッセージを送り続けるだけでは事件化しづらく、ストーキングされる側も有効な対策を打てません。

また、ストーキングしている本人も、これがストーカー行為だと認識しづらく、気がつかないうちにストーカー化してしまっている場合もあります。

怖すぎ!ストーカー女の実話や体験談

geralt / Pixabay

ここからは、ストーカー女によって引き起こされた怖い実話や体験談をいくつか紹介します。

福山雅治・吹石一恵夫妻もストーカー女の被害に

2015年に女優の吹石一恵さんと結婚したシンガーソングライターの福山雅治さんは、2016年に熱狂的なファンの女性からストーカー行為を受けています。

この女性は、福山雅治さんの自宅マンションを突き止め、少しでも接近するためにそのマンションに常駐するコンシェルジュになって潜り込みます。

福山雅治さんの生活の一部始終をSNSなどで実況中継するなどし、ついに福山さんの部屋内へ侵入して逮捕されています。妻の吹石一恵さんはこの時この女と鉢合わせし、強い恐怖を感じたそうです。

子供を作りたいとストーカー、逮捕された事件

Pexels / Pixabay

2017年には、当時42歳の女性が客として訪れた会社に努める20代の男性に一目惚れし、その後ストーカー化した事件が発生しました。

この女性は、3年にわたってこの男性に執拗にメールを送り続けています。その内容は「新婚旅行は北海道へ行きたい」「2人の子供を作りたい」など、まるで婚約者に送る様な内容でした。

男性の出勤時間に合わせて、会社の周りをうろつくなども日常的にあったそうで、男性は3年の間ひどい恐怖に駆られ生活していたそうです。

はじめしゃちょーもストーカー女の被害に、ストーカー女の動画も

人気YouTuberの「はじめしゃちょー」も2016年にストーカー女の被害にあっています。

このストーカー女は以前にも人気YouTuberグループの東海オンエア「てつや」さんにストーカー行為を働いて、自宅まで押しかけて逮捕されています。

その後、はじめしゃちょーへとターゲットを切り替え、度々自宅へ押しかけるなどした為に二度目の逮捕となりました。まとめ動画なども上がっていますが、それを見る限り精神疾患の可能性もありそうです。

Youtuberニューワールドもストーカー被害にあった動画を公開

人気YouTuber「ニューワールド」のりっくんも2018年にストーカー女の被害にあっています。高校時代の同級生を名乗る女性から突然連絡がきて、すぐに会ってくれないなら死ぬと発言します。

りっくんの実家の住所や現住所も正確に特定されており、相手が何者なのかもわからないまま、その後直接会って話し合いをする事になります。

その様子は全て動画に上げられていますが、このままストーカー女に関わる動画投稿を続けると取り返しのつかない事になりかねないという事で、その後の顛末については不明なままとなっています。

恐怖のライン!彼女でもないのにお弁当の差し入れ

milivanily / Pixabay

ネット上にはストーカー女につきまとわれた実際の体験談も数多く上がっています。ある男性は、20代後半の頃、仕事上の付き合いでLINEを交換した女性からストーキングを受けました。

その男性はある日、コンビニで買い物をしていたところ、その女性から突然LINEがきます。その内容は「何買うの?」というもの、男性はギョッとしますが続けて「今後ろいるよ」とLINE。

まるで怪談の様な展開です。後日、その女性から「毎日外食ばかりで心配だからお弁当置いとくね」という内容のLINEが送られてきます。玄関を開けるとドアの取っ手に手作り弁当がかけられていたそうです。

2ch発、ストーカー女怖い

hoangsonftu2 / Pixabay

ネットで話題になったストーカー女としては、匿名掲示板「2ch」で2008年に立てられた「ストーカー女怖い」というスレッドで語られた、スレ主の幼馴染「アダモ」が有名です。

アダモはスレ主にベタ惚れで幼稚園の頃から大量の手紙を送りつけ続ける、生まれついてのストーカー女ともいうべき存在で、中学時代にスレ主が別の女子と付き合うと、その女子に嫌がらせをするなどします。

18歳になっていたスレ主が予備校で偶然アダモと再会し、ストーカー行為が再開された事でスレが立てられました。その後、アダモはスレ主の彼女宅前でスレ主に無理やりキスを迫るという衝撃的な展開になります。

ベランダから覗いていた隣人

ネット上にはこの他にも、ストーカー女から被害を受けたエピソードが数多く紹介されています。ある30代の会社員男性は、自宅マンションの玄関ホールでよく顔を合わせていた女性からストーキングを受けました。

その後、その女性は男性の隣の部屋に住んでいる女性である事が発覚するのですが、いつも男性が出かけるのと必ず同じタイミングで隣の女性も部屋から出てくるのだそうです。

これはさすがに偶然ではないだろうと訝しみ、友人に相談すると「ベランダから覗いてんじゃない?」と脅かされます。男性は気になってベランダへ出てみると、本当に隣の女性がベランダから覗き込んでいたそうです。

NEXT:自分がストーカーにならない為にするべきことは?
2/3