痴話喧嘩の意味や使い方は?痴話喧嘩の原因や仲直りする方法は? 恋愛・心理

痴話喧嘩の意味や使い方は?痴話喧嘩の原因や仲直りする方法は?

目次

[表示]

洗濯物の畳み方が違う

Monfocus / Pixabay

もしも2人が一緒に暮らしているのならば、一緒に洗濯物を畳むということもあるでしょう。その際に、洗濯物の畳み方が違うというケースがあります。みんな自分のやり方で畳んでいるものです。

自分のやり方を主張し合うと言い争いになってしまい、喧嘩に発展してしまいます。どちらかが相手に合わせたりすることが大切でしょう。

悪口や愚痴ばかりこぼす

他人の悪口や愚痴ばかりをこぼす人がいます。そんな話を聞いている方にとっては、あまり楽しくないし、そんな話はやめて欲しいと感じるものです。それを注意したことによって喧嘩になる場合があります。

相手に素直になれない

StockSnap / Pixabay

相手に対して素直になれないことが痴話喧嘩の原因になります。思ってもいないことを相手に言ってしまったり、素直に引くことが出来ず、売り言葉に買い言葉で喧嘩が続いてしまうことがよくあるようです。

痴話喧嘩は、どちらか或いは2人が拗ねてしまい起きることがあります。しかし、拗ねた方に対して相手が素直に謝ったり構ってあげれば、すぐに仲直り出来ます。相手が拗ねても自分も拗ねてしまわないことです。

相手に素直になれないということは、痴話喧嘩になることだけではなく、喧嘩を悪化させてしまいかねないので気をつけたほうがいいでしょう。

感情任せに言いたいことを言ってしまう

Alexas_Fotos / Pixabay

喧嘩をしている時は、あまり冷静になれないですよね。感情任せに言いたいことを全部言ってしまったりしていませんか?感情的になればなるほど相手が怖がってしまったり、投げやりな対応をされてしまいます。

自分がヒートアップすれば相手もヒートアップしてしまうかも知れません。感情的になってしまうと、本当に言いたいことを伝えられずに喧嘩が終わってしまう場合も多々あるので注意が必要です。

痴話喧嘩が多いカップルの特徴は?

Free-Photos / Pixabay

痴話喧嘩が多いカップルの11個の特徴を紹介します。痴話喧嘩が多いことで、2人の刺激になったり、愛が復活したりするカップルもいます。

  • 相手に合わせようとしない
  • お互いに気が強い
  • 相手の細かいところが気になる
  • 相手に厳しく自分には甘い
  • 子供っぽく精神的に幼い
  • 何でも言い合える仲
  • 嫉妬や独占欲が強い
  • 一緒にいる時間が長い
  • 相手のことを信じていない
  • 何でも話せる友達が少ない
  • 痴話喧嘩に警察が介入することも?

このような痴話喧嘩が出来る仲良しカップルの特徴について紹介していきます。

相手に合わせようとしない

GLady / Pixabay

お互いにマイペースで、相手に合わせようとしないことから痴話喧嘩になってしまうところがあります。思った事をすぐに言葉に出してしまうことも痴話喧嘩の原因になります。

彼氏が何の考えもなしに発した言葉に対して、彼女は嫌な気持ちを受けてしまいます。お互いにマイペースで、あまり相手のことを考えず発した言葉から痴話喧嘩に至ってしまうことは十分にあり得ることです。

お互いに気が強い

skeeze / Pixabay

自分の事をちゃんと理解して欲しい気持ちが強い2人ならば、気が強くて自分の気持ちを譲れないことが原因にもなります。

どちらか一方が折れてくれるカップルならば、それほど痴話喧嘩に至ることもないですが、お互い気が強いカップルだとお互いに譲る気持ちにはなれないのでしょう。気が強い者同士のカップルは痴話喧嘩が多くなります。

相手の細かいところが気になる

RobinHiggins / Pixabay

相手の細かいところが気になる人は、無意識に相手の情報を収集して逐一行動に文句をつけてくることがあります。完璧主義なため、相手の癖や欠点というちょっとしたことが許せずイライラしたりします。

相手が完璧主義者の場合、ただの痴話喧嘩だったのが本気の喧嘩に至りやすいので注意が必要です。

相手に厳しく自分には甘い

Yuri_B / Pixabay

自分に甘いタイプの人は最悪のパターンです。自分に甘いだけならまだしも、自分に甘く他人に厳しい人は、特に喧嘩になりやすい人と言えます。他人に厳しくすることで相手に嫌な感じを与えてしまうでしょう。

カップルによって表現方法は様々ですが、人に厳しく自分に甘い人は、カップル間だけではなく人間関係でもトラブルを起こしやすい人なのかも知れません。

子供っぽく精神的に幼い

子供っぽいカップルに多く見られる痴話喧嘩は、その喧嘩の内容も子供っぽく、第三者から見ても笑えてしまう喧嘩に見えてしまいます。でも、本人達は本気で喧嘩をしているので痴話喧嘩に見えないところもあります。

厄介なのは、自分の事を子供っぽいと思っていないことが原因で喧嘩になっていることも理解していないところです。子供っぽいところは、経験などにより心を磨かなければ成長することは出来ません。

子供っぽいところが好きな相手ならば、付き合いも順調に進むでしょう。しかし、痴話喧嘩が多くなったり、その精神の幼さについて行けなくなった場合にはすぐに飽きられてしまいます。

何でも言い合える仲

pixel2013 / Pixabay

長い付き合いのカップルは、何でも言い合える間柄なのでしょう。お互いに意見が言いやすいので、痴話喧嘩になりやすい面もあります。何でも言い合えるのは良いのですが、何でも言ってしまうという欠点もあります。

何でも言ってしまうことによって、相手を傷つけてしまったり、感情的になりやすいことを忘れないことです。何でも言い合える間柄であることで、痴話喧嘩になりやすい特徴となる場合があります。

嫉妬や独占欲が強い

JillWellington / Pixabay

嫉妬心や独占欲が強いことで痴話喧嘩になりやすく、自分に自信を持てないために本気の喧嘩にまで発展してしまうことがあります。これは、痴話喧嘩になりやすいカップルの特徴です。

自分に自信がないことから、自分の彼氏や彼女が他の異性の話をすると嫌な気持ちになり、自分だけを見て欲しいという気持ちになるようです。嫉妬心や独占欲が強いことなどは、心を見直す必要があるのかも知れません。

一緒にいる時間が長い

sasint / Pixabay

付き合いの長いカップルや、一緒にいる時間が長いカップルは、何でも言いやすい関係になっているでしょう。一緒にいる時間が長いことで、馴れ合いの関係やマンネリ化しやすく、痴話喧嘩にもなりやすいです。

付き合いの時間が長ければ、それだけ相手に言いたいことを言いやすくなって喧嘩も多くなるでしょう。喧嘩が多くなることで、痴話喧嘩以外にも普通の喧嘩も多くなってしまうこともあります。

いくら付き合いが長くても、馴れ合いの関係でも、言いたいことを全て言い過ぎてしまうと関係が崩れてしまいますよ。

相手のことを信じていない

Alexas_Fotos / Pixabay

過去に何かトラウマがあったりすると、相手を心から信頼出来なくなることがあります。相手の浮気を疑ったり、また傷つけられるのではないかと心にブレーキをかけてしまうのです。

そんな経験のトラウマから相手を心から信頼することが出来なくなり、相手に自分の心を満たしてくれるような行動をして欲しいと願う気持ちから、相手をコントロールしたい気持ちが強くなるのです。

何かしらの過去の出来事やトラウマから相手を心から信用出来なくなってしまうのです。

何でも話せる友達が少ない

Seaq68 / Pixabay

友達が少ないために彼氏や彼女に執着し過ぎると、相手が息苦しさを感じてしまいます。

友達が少ないことで自分に注意を向けて欲しかったり、独占欲が強くなったりすることから、彼氏や彼女に求めることが多くなってしまうのでしょう。

このように、友達が少ないことや、関わる人が少ないことで、恋人に求める部分が大きくなるため痴話喧嘩になりやすいと考えられます。

痴話喧嘩に警察が介入することも?

Utility_Inc / Pixabay

痴話喧嘩がエスカレートし過ぎて警察沙汰!なんて人はそれほど多くはいないでしょう。警察は基本的に民事不介入ですが、あまりにも行き過ぎた痴話喧嘩や夫婦喧嘩には警察が介入しないとも言い切れません。

ちょっとした口論では警察が出来ることは限られますが、夫婦間などで起こるDVなどには警察は積極的に介入しています。

もしも自分達が痴話喧嘩や夫婦喧嘩をしてエスカレートした場合、警察を呼ばれてしまうかも知れません。あまりに熱くなり過ぎて、その様な事態を招かないように気をつけた方がいいでしょう。

痴話喧嘩で別れてしまうこともある?実際のエピソードは?

pasja1000 / Pixabay

痴話喧嘩の理由は様々ですが、喧嘩は行き過ぎてしまうと仲直りしづらくなります。いくらお互いに好き合っていても、取り返しのつかないことにもなりかねません。

ここでは、痴話喧嘩で別れたカップルのエピソードを紹介していきます。

遠距離恋愛で痴話喧嘩になり別れた

Free-Photos / Pixabay

「遠距離恋愛からどっちが会いに行くかどうかで喧嘩になった」

(引用:マイナビウーマン)

どちらかではなくお互いが会いに行くように決められていれば、喧嘩にならず別れることにもならなかったかも知れませんね。

食べ物の好き嫌いで痴話喧嘩になり別れた

luk1004 / Pixabay

「料理の好き嫌いの話で喧嘩になり別れました。私が大好きな物を彼が大嫌いで目の前で食べるなと言われたので、その場で別れました」

(引用:マイナビウーマン)

食の好みは人それぞれです。どちらかが譲れたら喧嘩になることもなく、別れることもなかったのではないでしょうか。

洗濯物の畳み方で痴話喧嘩になり別れた

「洗濯物の畳み方でもめて、別れたことがあります。そもそも片付けの価値観がちがったことからの喧嘩です」

(引用:マイナビウーマン)

洗濯物の畳み方もそれぞれです。みんな自分のやり方で畳んでいますが、これもどちらかが合わせることで解決出来たのではないでしょうか。

クリスマスなのに痴話喧嘩になり別れた

Free-Photos / Pixabay

「クリスマスにバイトを勝手に入れられて、デートができず喧嘩になってそのまま別れた」

(引用:マイナビウーマン)

バイトを「勝手にいれられた」ことを理解してあげられたら、喧嘩になったとしても別れるまでにはならなかったのではないでしょうか。

価値観の違いにより別れた

johnhain / Pixabay

「嘘だとしても別れようって簡単に言える考え方が理解できない。自分の好きな人が傷付くのが想像できないのかな?いつでも別れたがっているその彼女に愛情を注ごうとは思えなくなった」

(引用:POUCHS)

言葉の重みに対しての価値観が違い過ぎて、別れざるを得なくなったようです。言葉に気をつけていれば別れなくて済んだかも知れませんね。

痴話喧嘩の誤解により別れた

andreas160578 / Pixabay

とある遠距離恋愛のカップルの例を見てみましょう。大学生なのでなかなか会えず、長期の休みにしか会えないカップルでした。ある日、彼女が学校の創立記念の休日を利用して彼氏に会いに行くことにします。

彼氏は授業のため不在で合い鍵を使って部屋に入ると、知らない女性の写真が何枚もありました。浮気かも?と疑っていたので、彼氏に電話をしましたが出なかったので待つことにしました。

夕方に彼氏が帰って来た時に女物の服を持っていました。彼女はそれで怒って「別れる!」と言ってしまったのです。しかし、実は女性の写真や服は被写体だったのです。小さな誤解から別れに発展した残念な例です。

痴話喧嘩で逆に仲良くなることも!可愛いエピソードは?

StockSnap / Pixabay

痴話喧嘩を経験した人達の中には、痴話喧嘩がきっかけで仲良くなれたという人達もいます。

ここでは、痴話喧嘩からお互いの仲を深めた人達の可愛いエピソードを紹介します。

寝言がうるさいと夫婦喧嘩

Pexels / Pixabay

「寝言がうるさい」「そっちの方がうるさい」と口論になったので昨晩どっちが本当にうるさいか録音しながら寝たら、ダンナ「子供が死んじゃうよー!」私「ブルーベリー食べてるから大丈夫!♪ブルベリアイッ!」ダンナ「アイッ!」という全く身に覚えが無い会話が録れていた。怖い。どっちもうるさい。

(引用:笑うメディアクレイジー)

「寝言がうるさい」なんて痴話喧嘩になりながらも、寝言の検証結果が面白い内容で良かったですね。仲良し夫婦ならではのエピソードでした。

父と母の痴話喧嘩

sabinevanerp / Pixabay

朝から父と母が痴話喧嘩してて、急いで止めに入って二人から痴話喧嘩してた理由を訊いたら「母さんにもちょっとした夏休みをあげたくて、今日の朝飯は俺が作ろうと思ったんだ!」「父さんは今日も仕事なんですから、家のことは私がやりますから!」という内容でなんかもう、この夫婦が羨ましくなった。

(引用:笑うメディアクレイジー)

面白いけれど素敵な家事の奪い合いですね。これは誰もが羨む夫婦なのではないでしょうか。

NEXT:夫婦喧嘩の後の母からのメール
2/3