痴話喧嘩の意味や使い方は?痴話喧嘩の原因や仲直りする方法は? 恋愛・心理

痴話喧嘩の意味や使い方は?痴話喧嘩の原因や仲直りする方法は?

痴話喧嘩という言葉を耳にしたことがあると思います。痴話喧嘩の意味とは?痴話喧嘩になってしまう原因は?痴話喧嘩が原因で別れてしまうカップルや夫婦もいるようです。痴話喧嘩をしてしまう人の特徴やエピソードを交えて見ていきましょう。

目次

[表示]

痴話喧嘩とは?

Free-Photos / Pixabay

痴話喧嘩とは、痴話(愛し合う者同士が戯れてする話)から起こる他愛のない喧嘩のことをいいます。

好き合っている者同士、或いは端から見れば好き合っているとしか見えない者同士がつまらない原因から喧嘩をすることです。

痴話喧嘩の意味は?恋人同士の喧嘩?

RyanMcGuire / Pixabay

痴話喧嘩の意味は、男女間の愛情のもつれが原因で起こる他愛もない喧嘩のこと。恋人同士の他愛のない喧嘩と言った意味合いの場合が多いようです。仲良しカップルのちょっとした言い合いという感じです。

痴話喧嘩は、他人から見ると「仲良しだな~」とか、「じゃれ合っているんだな」と見えるような、くだらなすぎて笑えてしまうような面白い意味合いの喧嘩のことです。

痴話喧嘩の類義語は?英語では何ていう?

5598375 / Pixabay

痴話喧嘩の類語に、「犬も食わない夫婦喧嘩」があります。何でも食べる犬でさえ見向きもしないのが夫婦喧嘩で、夫婦間の内情は知りがたいものだし、すぐに元に戻るから構わなくていいという意味のことわざです。

また、「くだらない夫婦喧嘩」という言葉もあります。この言葉もやはり他人から見たら「そんなことで喧嘩してても本当は仲良しでしょ」なんて気にも留めない様子から「くだらない」という表現をされているようです。

痴話喧嘩は英語では、「Lovers’ quarrel」と言います。quarrelは「小さな喧嘩」という意味で、Lover’sを付けることにより、恋人の口論=痴話喧嘩と言う意味になります。

カップルに痴話喧嘩は必要?喧嘩するほど仲が良い?

StockSnap / Pixabay

ある程度の痴話喧嘩はした方がいいようです。痴話喧嘩をすることで、お互いのことが理解出来るようになると言います。お互いのことを理解出来るようになることで、相手が嫌な気持ちになっていた部分も見えてきます。

喧嘩するほど仲が良いとは言いますが、痴話喧嘩は長引かせないことが注意点です。いくら痴話喧嘩でも喧嘩をしていて気分がいい人はいません。お互いにとって良い事ではないので、長引く痴話喧嘩はやめましょう。

痴話喧嘩をしても、なるべくその日の内に解決し、仲直りするようにしましょう。好きな気持ちが冷めないように、仲の良い内に仲直りしておくことが大切です。

痴話喧嘩をしたことがある人はどれくらいいる?

Q.あなたは恋人やパートナーと痴話喧嘩をしたことがありますか?

ある……52.9%
ない……47.1%

(引用:マイナビウーマン)

痴話喧嘩をしたことがある人は全体の半数以上という結果です。2人に1人が痴話喧嘩をしていることになります。些細なことで口論になったり、2人の仲が険悪になってしまうことは、多くの人が経験しているのです。

関連する記事はこちら

痴話喧嘩しても仲直りする方法とは?

RonBerg / Pixabay

痴話喧嘩をしてしまったら、悪化する前に解決することです。ちょっとした言い合いくらいならば、早めの対処で仲直りできるはずです。

ここでは、12個の仲直りする方法を紹介していきます。もし、痴話喧嘩になってしまったら実践してみましょう。

  • 喧嘩の時に言いたいことは全て言う
  • 後から話を持ち出さない
  • 早く謝る
  • 直接言えない時はメールやLINEで謝る
  • 相手に自分の価値観を押し付けない
  • 感情的にならずに冷静になる
  • 痴話喧嘩の理由を冷静に解決する
  • 自分の気持ちを素直に伝える
  • 過去の思い出を2人で話す
  • 喧嘩した時のルールを決めておく
  • とりあえず寝てしまう
  • 少し時間が経ってから、普段通りに話しかける

喧嘩の時に言いたいことは全て言う

rawpixel / Pixabay

言いたいことは喧嘩の時に全て言ってしまいましょう。その方が後腐れがなくていいはずです。

「引きずってあとからネチネチ言わないように、できるだけ喧嘩中に言いたいことを言っておく」

(引用:マイナビウーマン)

後から話を持ち出さない

oTschOo / Pixabay

後々話を引っ張り出すと、また喧嘩になりかねません。後から話を持ち出すのはやめましょう。

「その話はその場で終わる。謝り、自分の気持ち考えを伝える。相手の話もきちんと聞く。後から絶対に話を持ち出さないこと」

(引用:マイナビウーマン)

早く謝る

kalhh / Pixabay

とにかく自分から早く謝ってしまうことです。痴話喧嘩を長引かせないことが大事です。

「相手が悪いと思っていても早く謝ってしまうこと。時間が経つほどこじれるし、先に自分の言い訳をせず相手の言い分(感情)を一旦認めておけば相手も話を聞く態度になれる。その後に自分の考えを話してお互いの意見の折り合いをつければいい」

(引用:マイナビウーマン)

直接言えない時はメールやLINEで謝る

TeroVesalainen / Pixabay

直接言いづらい場合は、メールやLINEを利用するのもひとつの手段です。

「メールやLINEでこっちから謝ったり折れてみたりする」

(引用:マイナビウーマン)

相手に自分の価値観を押し付けない

johnhain / Pixabay

自分と相手の価値観が違うのは当たり前で普通のことです。なので、相手の価値観も尊重してあげましょう。自分の価値観を押し付けてしまうから喧嘩になってしまうのです。それではなかなか解決出来なくなります。

価値観は人それぞれ違うので、自分とは異なる価値観の人を尊重してあげることです。自分の価値観は相手に押し付けないようにしましょう。

感情的にならずに冷静になる

nastya_gepp / Pixabay

痴話喧嘩をしてしまっても感情的にならないことです。感情的になると、そこで喧嘩が泥沼化してしまう可能性があります。

自分か相手のどちらか一方が冷静でいられたら、仲直りすることができるでしょう。お互いが感情的になってしまうと、修復が困難になってしまいます。

痴話喧嘩の理由を冷静に解決する

StockSnap / Pixabay

なぜ痴話喧嘩になってしまったのか、その理由を冷静にきちんと考えてみましょう。喧嘩の理由について、ひとつずつ対処していけば素直に謝ることも出来るのではないでしょうか。

自分に非があれば、それは認めましょう。相手が悪い場合は冷静に指摘することです。感情的になって相手を責めてはいけません。

自分の気持ちを素直に伝える

rawpixel / Pixabay

自分の気持ちを素直に伝えることは大切です。特に女性の場合は、自分の気持ちを察して欲しいと思っています。しかし、男性はそんな気持ちを察することが出来ないためイライラしてしまうようです。

そんな場合は、女性が自分の気持ちをきちんと伝えるべきです。恋人なら彼女の気持ちを理解出来るはず!なんて期待はしないことです。そんな考え方をするとトラブルに発展してしまいますよ。

過去の思い出を2人で話す

MabelAmber / Pixabay

痴話喧嘩をしてしまったのなら過去の思い出を2人で話してみましょう。2人の思い出を話すことによって、頭を冷やすことが出来ます。次第に喧嘩をしているのが馬鹿らしくなってくるかも知れません。

過去の2人の思い出について笑い合うことが出来れば、痴話喧嘩は自然に解消されるはずです。思い出の力は絶大です!

喧嘩した時のルールを決めておく

reinbacher / Pixabay

もしも喧嘩をしてしまってもスムーズに仲直り出来るようにルールを決めておきましょう。そうすれば、たとえ喧嘩をしてしまっても、そのルールに従って仲直りをするための行動に出ることが出来ます。

例えば、どんなに喧嘩をしていても挨拶は必ずするなどという決まりを作ったりしましょう。上手いルールを作っておくことです。

とりあえず寝てしまう

kalhh / Pixabay

喧嘩をして和解が出来なそうなら、とりあえず寝てしまうのも手段のひとつです。お互いにヒートアップしている時は何を言っても無駄かも知れません。そんな時は寝てしまうことです。

朝起きて顔を合わせると、お互いに何故そんなにヒートアップしていたのか思い出せず、いつの間にか仲直りしていることでしょう。

少し時間が経ってから、普段通りに話しかける

Oldiefan / Pixabay

痴話喧嘩をしてしまったら、少し時間をおいて何事もなかったかのように普通に話しかけてみてはどうでしょう。喧嘩を長引かせてしまうと、その場の雰囲気も悪くなり、つまらないと思います。

普通に話しかけてみれば、案外と普通に返事が返ってきて、いつの間にか仲直り出来ているかも知れません。

痴話喧嘩の原因は何?主な喧嘩の内容や例は?

maturika / Pixabay

何故、痴話喧嘩が起こるのでしょうか?その原因を探っていきましょう。主な喧嘩の内容や例をあげてみました。

  • デートする回数や会う回数が減った
  • 身の回りの変化に気づいてくれない
  • 彼女よりも友達を優先する
  • セックスがマンネリ化
  • 食べ物の趣向が合わない
  • 大事な記念日を忘れる
  • 洗濯物の畳み方が違う
  • 悪口や愚痴ばかりこぼす
  • 相手に素直になれない
  • 感情任せに言いたいことを言ってしまう

この10個の痴話喧嘩の原因にもなる事柄について、以下で詳しく紹介していきます。

デートする回数や会う回数が減った

Free-Photos / Pixabay

デートをする回数が減ってしまったり、会う回数が減ってしまったりして喧嘩になることがあります。これには様々な事情が関わっていると思います。

例えば、仕事が忙しくて会えずデートが出来ないとか、マンネリ気味でデートに行く気にならないということがあるでしょう。会う回数が減ったり、デートの回数が減ってしまえば、どちらかが不満を抱くことになります。

身の回りの変化に気づいてくれない

Free-Photos / Pixabay

女性がせっかくオシャレをしているのに、それに気づかないと喧嘩になることがあります。例えば、新しい服を買って着ていたり、髪を切ったりしたのに彼氏が気づいてくれないなどです。

そのことによって、彼女が怒ってしまい、痴話喧嘩になってしまうことがあります。

彼女よりも友達を優先する

nuzree / Pixabay

彼氏が彼女よりも友達を優先してしまうというケースがあります。例えば、彼女とのデートよりも友達との遊びを優先してしまうと、彼女は放ったかされていると感じ、寂しいと思ってしまいます。

彼女が自分に構って欲しいと感じてしまうので、喧嘩になってしまうのです。

セックスがマンネリ化

Free-Photos / Pixabay

セックスをしていてもおざなりだったりという場合があります。最初の頃よりも、次第にマンネリ化してしまうのです。これは彼氏だけのせいではなく、彼女の方も工夫をしていないこともあるでしょう。

それでも彼女はもっとちゃんとセックスをして欲しいと感じて喧嘩になってしまうのです。

食べ物の趣向が合わない

LubosHouska / Pixabay

お互いの食べ物の趣向が合わないというケースがあります。例えば、彼女が手料理を振る舞っても彼氏が気に入らないとか。味というのは、それぞれの家で異なり、みそ汁の味ひとつでも好みは違うのです。

自分の育ってきた環境によって備わってきた味覚なので仕方がないのですが、それによって喧嘩になってしまうことがあります。

大事な記念日を忘れる

marla66 / Pixabay

大概は彼女の方が記念日を大切にしている傾向があります。様々な記念日をしっかり覚えているので、それらの記念日を大切にするべきです。

彼氏が記念日に時間を作ってくれないと彼女は不満を感じてしまい、怒ってしまいます。そのため、喧嘩になってしまうのです。

NEXT:洗濯物の畳み方が違う
1/3