小野武彦(俳優)に死亡説?現在の活動は?若い頃の画像も紹介!

小野武彦さんといえば、「踊る走査線」「科捜研の女」などで個性的な役を演じている俳優さんですね。ですが実は死去されている、という噂があります。これについて、また、死亡の原因とされる病気、現在について、最近の画像などの有無についても調べてみました。

俳優・小野武彦の現在は?

skeeze / Pixabay

小野さんは、テレビドラマや映画のみならず、舞台にも多く出演されています。死亡説が出ていますが、調べたところ、2019年5月30日に「徹子の部屋」に出演されています。死去の噂はまずは間違いですね。

では、画像も交えつつ彼に関することをみていきましょう。

今の年齢や画像は?小野武彦のプロフィール

ドラマでも6月6日に終了した日テレ系ドラマ「向かいのバズる家族」に出演されていました。

そんな小野武彦さんのプロフィールは下記の通りになります。

  • 1942年8月1日生まれ 現在76歳
  • 東京都狛江市出身
  • 所属事務所はシス・カンパニー
  • 旧芸名は黒木 進
  • 玉川大学文学部中退
  • 俳優座養成所卒業後、文学座に入団
  • 60年代から端役として活躍後、70年代に入り「大都会」シリーズや「前略おふくろ様Ⅱ」などでレギュラーを射止める
  • デビュー50年を超える大ベテラン俳優

俳優座や文学座で学び、様々な役を演じてきた大ベテラン俳優

adonyig / Pixabay

多くの名優を輩出している俳優座と文学座、2つの劇団で役者としてのスキルを叩き込まれた小野さんは演技の幅の広さで次々とレギュラーの座を獲得していきます。

なくてはならない存在という役者さんの一人として70代後半という年齢になっても精力的にドラマ、そして舞台に活躍されています。

「踊る大捜査線」を代表とするヒット作品にも多数出演している

geralt / Pixabay

一番印象的なのは「踊る大走査線」のスリーアミーゴスでの活躍でしょう。この三人組でのスピンオフ企画は、劇場版のパブリシティとしての単発深夜ドラマやバラエティへの出演、CMなど目白押しでした。

他にも三谷幸喜さんの脚本による「王様のレストラン」や長寿ドラマ「科捜研の女」などの大ヒットドラマに出演されています。

テレビや舞台・映画など幅広く活躍中!現在の出演情報は?

geralt / Pixabay

2019年のドラマは、テレ東系「スパイラル~町工場の奇跡~」、日テレ系「向かいのバズる家族」、テレ朝系「東京独身男子」に出演されています。

また、2019年11月には映画「天使にラブソングを」のミュージカル舞台版に出演される予定です。

NEXT 2019年5月30日、「徹子の部屋」にゲスト出演