にわかファンの意味や特徴は?あるあるやガチファンに嫌われる理由 おもしろ

にわかファンの意味や特徴は?あるあるやガチファンに嫌われる理由

目次

[表示]

サッカーやオリンピックのにわかファンはただ騒ぎたい

YazanMRihan / Pixabay

サッカーなどのメジャーなスポーツの大会やオリンピックでは国民全体が熱狂し、盛り上がります。にわかファンはその盛り上がりに乗っかって、ただ騒ぎたいだけなのです。

ガチファンからしたら、ただ騒いでいるだけのにわかファンは気に障る存在でしょう。

スポーツ選手やアーティストのにわかファンは外見重視

WikiImages / Pixabay

特に女性に多いですが、スポーツ選手やアーティストのにわかファンは外見重視のひとがいます。選手やアーティストの実力云々ではなく、顔が良いから応援しているのです。

特定の選手やアーティスト個人を応援しているので、チームやグループ全体のことはよくわからないということも珍しくはありません。

よく知りもしないのに知った面で語る

3dman_eu / Pixabay

これは、どのジャンルにおいてもよくいるタイプのにわかファンです。古くからのガチファンは知識が豊富で、それを自慢げに語ることもありません。

しかし、にわかファンはテレビで解説者が言っていたことなどをさも自分が言ったかのように発言したり、浅はかな知識で知ったかぶりをしたりします。

平気で間違ったことを言ったりするので、古参ファンからしたら腹立たしいでしょう。

流行と共に去っていく

_Marion / Pixabay

にわかファンは流行に飛びつくので、ブームが去ると共に新しい流行のもののファンになります。それまで応援していたものは、流行が去ればポイです。

にわかファンは基本的に長続きしないので、古いファンから批判されてしまうのでしょう。

とりあえずグッズを揃えている

sobima / Pixabay

にわかファンは、ライブTシャツやユニフォームなどとりあえずグッズを揃えます。そのTシャツやユニフォームには、一体何が書いてあるのか分からないという場合も珍しくはありません。

とりあえず、タオルをぐるぐる回したり、どの選手かもわかっていない名前入りのユニフォームを着ているのです。

試合を見るよりも思い出作りで写真ばかり撮る

SplitShire / Pixabay

これは特に若い人たちに多いですが、SNSに載せる写真を撮ることに必死になっているにわかファンは多いです。試合やライブを楽しむことよりもSNSに載せる写真のほうが彼らにとっては重要なのです。

ファンであることをアピールしたいという心理から来る行動なのでしょう。

一回見に行っただけなのにファンだとプロフィールなどでアピール

Free-Photos / Pixabay

SNSなどでプロフィールを書く機会がありますよね。にわかファンはプロフィール欄で、ファンであることをアピールしたがります。たいして知らないくせに、ファンを名乗りたがるのです。

たった1回しか試合やコンサートに行ったことがないのに、「趣味は○○のライブに行くこと」など書き込みたがります。

好きなアーティストのこれまでの実績や歴史を一切知らない

Gellinger / Pixabay

アーティストであれスポーツチームであれ、どんなことにも歴史というものはあります。ファンであれば、全てを知らなくともある程度の歴史や実績は認知しているものでしょう。

そのアーティストやチームの歴史を知らないと、古参ファンからにわかファン認定されてしまいます。

どさくさにまぎれた犯罪紛いの行動をする

3839153 / Pixabay

W杯など、国民が熱狂する一大イベントでは、どさくさに紛れて犯罪まがいの行動する人も現れます。大勢の人が盛り上がっているので、それに乗っかるように自分も羽目を外してしまうのでしょう。

また、沢山の人がお祭り騒ぎのように熱狂しているところを狙った痴漢なども、近年では発生しているようです。ファンの印象が悪くなることもあるので、そういった行為はやめてほしいものです。

マスコミやテレビで得た知識しか知らない

mojzagrebinfo / Pixabay

にわかファンは、特に自分から情報収集することもないのでマスコミが流す情報がすべてです。なのでマスコミの情報に踊らされやすいといえます。

自称ファンが、マスコミで流された情報だけをペラペラ喋っているとウザがられることもあります。

テレビで明かされた広島カープのにわかファンの実態

近年では、広島カープのにわかファンのマナーの悪さが目立ち、週刊誌やネット記事で報道される事態となっています。彼らの明らかなマナー違反に、古参ファンも嘆いているようです。

試合の2、3日前から球場の正面に寝泊まりし、夜中に大騒ぎして近隣住民に迷惑をかけるにわかファンや、仲間の自由席確保のためにうちわなどを何十席にも置くにわかファンがいるようです。

ここでは書ききれませんが、他にもにわかファンによる迷惑行為が周囲の人たちの頭を悩ませているようです。

嫌われるにわかファンにならないためにはどうすれば良い?

ijmaki / Pixabay

ファンになりたてのうちは誰しもが知らないことだらけでしょう。そこで、嫌われるにわかファンにならないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。

ここで事前に振舞い方を学んでおけば、古くからのガチファンの気に障ることもないでしょう。

知ったかぶりをせずファンの前ででしゃばったりしない

Free-Photos / Pixabay

にわかファンは基本的に、知ったかぶりをしたりファンの前ででしゃばることが多いです。試合会場やライブで必要以上に騒ぐような人もいるでしょう。

ファンになりたての頃は、知ったかぶりや出しゃばりをせずに謙虚でいることが大切です。

にわかファンと言われたくないなら最低基礎知識は学ぶ

LubosHouska / Pixabay

にわかファンと言われるのが嫌なら、ファンである以上必要最低限の基礎知識は身に付けていることがマストです。何も、隅から隅まで完璧に情報を叩き込むなんてことはしなくて良いです。

ファンとしての基礎知識は抑えておいたほうが良いと思われます。

開き直るのではなく自分がにわかファンだと認める

geralt / Pixabay

嫌われるにわかファンになりたくなければ、「俺、にわかだから~」と開き直るのではなく、心の中で自分がにわかファンであることを認めることが大事です。

嫌われるにわかファンは、意地でも自分がにわかファンであることを認めません。にわかファンであることを認めることで、自分自身を客観的に見ることができます。

目移りをせず一途に応援する

Free-Photos / Pixabay

好きなチームやバンドをコロコロ変えずに、一途に応援してみましょう。そもそも、好きでファンになったのなら応援するチームやバンドをコロコロ乗り換えすることもないと思います。

流行に乗って一時的に応援してブームと共に去るようなことがあれば、にわかファン認定されてしまいます。

SNSなどでいちいちアピールしない

ijmaki / Pixabay

にわかファンは、自分がファンであることをすぐにアピールしがちです。本当に好きでファンをやっているのなら、アピールせずとも自分がただ応援しているだけで充実感が得られるはずです。

ガチファンはSNSで過剰にアピールするなんてことはしません。ドヤ顔でSNSに写真を載せると、「こいつはにわかだ」と思われてしまいます。

それでもにわかファンは必要?新規ファンとの違いは?

Free-Photos / Pixabay

にわかファンをうざいと批判する人がいる一方で、にわかファンは新規ファン獲得のために必要だという声もあります。芸能人やネットの声を見ていきましょう。

また、にわかファンと混同されがちな「新規ファン」との違いについてもご説明していきます。

最初は誰でもにわかファン?

にわかファンて言い方なんだよ。。みんなファン初日があっただろうよ。。

(引用:ツイッター)

タレントの武井壮さんは、Twitterで上記の発言をしました。確かに、誰でも最初はファン駆け出しの時期があるはずなのです。

武井壮さんは、駆け出しの新規ファンを批判するのはよくないという意味を込めてツイートしました。なので「みんな最初はにわかファン」ではなく、「みんなファン初日があった」と発言しています。

しかし、にわかファンとファン初日では明らかに違いがあるのです。最近では、新規ファンとにわかファンが同じ括りにされてしまうこともあります。

にわかファンと新規ファンは別物

8385 / Pixabay

にわかファンと新規ファンは別物です。にわかファンはただ流行に乗ってどんちゃん騒ぎしたいだけの人たちです。周囲の迷惑になることも考えずにマナー違反などをします。

新規ファンは本当に好きで応援したくてファンになった人たちです。にわかファンとは比べ物にならない熱量や思いを持っています。にわかファンと新規ファンには違いがあることを知っておいてください。

本当に好きなもののファンになろう

Nietjuh / Pixabay

ファンが増えて、そのチームやバンドなどで盛り上がりが起こるのは古くからのガチファンにとっても嬉しいことでしょう。好きなものを心から応援することは何にも代えられない充実感を覚えます。

にわかファンになって騒ぎ立てるよりも、本当に好きなもののファンになって心の底から熱狂するほうが生き生きとして、人生を楽しむことができるのではないでしょうか。

羽生結弦の追っかけファンに関する記事はこちら

2/2