天才とは?秀才や天才肌、奇才、凡人との違いは?36の特徴まとめ! ライフ

天才とは?秀才や天才肌、奇才、凡人との違いは?36の特徴まとめ!

天才とは、努力では到達できないような才能を持った人を意味しています。歴史上、天才と呼ばれた人物は数多く存在していて、有名な名言や格言を残しています。天才と似た言葉に、秀才や奇才、天才肌といったものがありますが、天才とは少し意味が違っています。

目次

[表示]

天才とはどういう意味?定義は?

天才とは、生まれつき備わった才能のことを意味する言葉です。明確な定義はありませんが、人の努力では到達できないような才能を持った人物を指して「天才」と言います。

特定の分野で突出した能力を発揮していると、天才だと表現されるようになります。その分野で業績をあげることとなるので、歴史的に名を残す人物になることも多いです。

似ているものには、ギフテッド、神童といった表現もあります。凡人にはとうていかなわない「天才」に憧れの感情を抱く人も少なくないはずです。

関連する記事はこちら

天才の特徴まとめ!【性格編】

geralt / Pixabay

天才と呼ばれる人の正確には、いくつかの特徴があります。常にマイペースで非常に高い集中力を持っていて、探究心を持ち続ける人が天才として結果を残しているようです。

①片付けが苦手

rawpixel / Pixabay

天才と呼ばれる人によくある特徴として、片付けが苦手だということがあります。机の上や身の回りが片付けられず、雑然としたところで仕事や生活を送っている場合もあります。

また、身だしなみへの執着がなく、頭がぼさぼさだったり、服がよれていたりするのも特徴です。

天才と呼ばれる人は、自分の興味のあること以外には手がつけられないのかもしれません。

②マイペース

pikabum / Pixabay

天才と呼ばれる人は、マイペースであることが多いです。何があっても、自分のペースを崩さずにいられることが特徴です。

普通の人であればペースを乱されてしまうような場面でも、マイペースを守ることができます。そのことが、高い集中力や驚くような発送を生み出す基盤にもなっています。

ただし、マイペースを貫きすぎるために、協調性に欠けると思われてしまうことも少なくありません。

③興味があることへの集中力がすごい

DariuszSankowski / Pixabay

天才の大きな特徴の一つが、集中力の高さです。特に、興味があることへの集中力は、凡人では考えられないほどです。

「寝食を忘れて」という表現がありますが、天才と呼ばれる人達は本当に寝食を忘れて一つのことに打ち込むことができます。

この集中力こそが、天才と呼ばれるような結果を残せる理由なのだとも言えます。

④読書が好き

Free-Photos / Pixabay

天才と言われる人は、読書が好きな傾向があります。幼少期から本に触れており、読んできた本の数は膨大なものがあります。

特に興味のある分野の本であれば、何時間でも読書を続けることができます。知的好奇心が非常に高いので、本を読むほどに次々と新しい興味が沸いてきて終わりがありません。

そのため、天才と言われる人の部屋は、書籍で溢れてしまっていることも多いようです。

⑤少食で痩せ気味

Lucky2013 / Pixabay

天才の人の特徴として、少食で痩せ気味であることも挙げられます。統計的なデータがあるわけではありませんが、多くの天才はスリムな体型をしています。

集中力が非常に高いので、何かに集中していると食事のことが気にならないのかもしれません。食事に執着しない人も多いようです。

また、お腹いっぱい食べてしまうと頭が働きにくくなるので、たくさん食べることを嫌がる天才もいます。

⑥神経質

Free-Photos / Pixabay

天才と呼ばれる人には、神経質な面もあります。天才は、自分の興味のある分野に対して強いこだわりを持っています。そのこだわりを貫くためには、神経質になってしまうことが多いようです。

普段は人当たりの良い人でも、こだわりの部分に触れてしまうと、人が変わったようになってしまう場合もあります。

また、こだわる場所は人それぞれで、食べ物や日常生活の一つ一つにまで及ぶことがあります。天才と変人が紙一重だと言われる、一つの要因でもあります。

⑦他人への興味が薄い

Vertigo0402 / Pixabay

天才と呼ばれる人は、他人への興味が薄い傾向があります。そのため、人の目や意見を気にすることなく、自分のペースを守ることができます。

自分が興味のあることであれば、人から何を言われても取り合いません。その結果高い集中力を維持することができて、大きな業績を残すことができるのです。

しかし、周りからすると、協調性に欠けているように思われていることも多いです。

⑧努力が苦にならない

tookapic / Pixabay

天才の大きな特徴として、努力が苦にならないということがあります。自分が興味のあることを突き詰めることに、楽しにや喜びを感じています。

努力によって得られる知識や技能によって喜びを感じて、さらに好奇心を刺激されて努力を続けられるようになります。

天才と呼ばれる人達にとっては、努力を努力だと感じない能力が備わっていると言えます。

⑨ポジティブ

rawpixel / Pixabay

天才と呼ばれる人は、とてもポジティブな傾向があります。簡単に悲観して挫折することがないので、大きな結果を残すことができるのだと言えます。

天才は、たとえ失敗したとしても、そこから成功に繋がるヒントを見つける着想力を持っています。何があっても前に進む力に変えることができるのが、天才だと言えます。

⑩自信がある

Free-Photos / Pixabay

天才と言われる人は、自信を持っています。自分の能力を理解していて、どこで自分の力を発揮できるのかをよく知っています。

そのため、自信を失ったり卑屈になったりすることはありません。自信を持っているからこそ、自分の力を信じて突き進み、大きな成果を残すことができるのだと言えます。

⑪小さいことは気にしない

天才には、小さいことを気にしない傾向があります。自分の興味がある分野以外のことは、気にかからないという面があります。

天才と呼ばれる人は、自分の成し遂げるべき世界が見えています。そこに向かっていくことに集中しているので、瑣末なことには気に留めません。

ただし、自分の興味のある分野に関しては、非常に細かく神経質な面を持っているのも特徴です。

⑫コンプレックスがある

thatsphotography / Pixabay

天才と呼ばれる人の中には、コンプレックスを抱えている人も少なくありません。飛び抜けた能力のために、いじめにあった経験を持つ人もいます。

また、マイペースな面があり協調性に欠けているように見える部分もあるので、周りからは変人扱いされた経験を持つ人もいます。

人が及ばないような高い能力を持っていても、本人にはなかなか消せないコンプレックスがあるようです。

⑬短気で頑固

天才と言われる人は、短期で頑固な場合があります。自分が集中しているときに邪魔されたりすると、つい怒ってしまうこともあるようです。

また、自分の興味のある範囲に関しては強いこだわりを持っていることが多いので、頑固だと捉えられる場合も少なくありません。

⑭忘れっぽい

JESHOOTS-com / Pixabay

天才には、意外にも忘れっぽい面があります。自分の興味のある範囲に関しては驚異的な記憶力を見せることもありますが、それ以外のスケジュールや約束については忘れてしまいがちになります。

自分のやるべきことに非常に集中しているので、それ以外のことには注意が向きません。そのため、日常生活の中では忘れっぽい人だと思われていることも多いです。

⑮探究心がある

johnhain / Pixabay

天才と呼ばれる人達は、常に探究心を持っています。何か興味のあることを見つけたら、非常に高い探究心を持って突き詰めていくことができます。

好奇心が非常に高く、次々に知りたいことが増えていきます。探究心を持ち続けているために、大きな結果を残すことができるのだと言えます。

天才の特徴まとめ!【行動・能力編】

ElisaRiva / Pixabay

天才と呼ばれる人の行動や能力にも、様々な特徴があります。頭の回転が非常に速いので、驚くような量の情報を、すぐに自分のものにしていくことができるようです。

①会話のペースが速すぎて聞き取りにくい

geralt / Pixabay

天才の特徴として、会話のペースが速すぎて聞き取りにくいということが挙げられます。天才は非常に頭の回転が速いので、会話のペースも速くなってしまう傾向があります。

自分のペースで話すと速くなってしまうので、周りの人にはついていけないことも少なくありません。思考についていくことが難しく、脈絡のない話をしているように聞こえることもあります。

②字が汚い

Bru-nO / Pixabay

天才と呼ばれる人は、とても字が汚い場合があります。頭の回転が早いので、思考に字を書く手が追いつかないことがあるようです。

また、字をきれいに書くということに興味がないのも、原因の一つだと考えられます。

周りの人間から見ると、天才の書いたメモは解読不能なことも少なくありません。

③左利きの人が多い

athree23 / Pixabay

天才と呼ばれる人の中には、左利きの人が多いと言われています。たとえば、モーツァルトやピカソも左利きでした。

左利きと天才との関係ははっきりとはわかっていませんが、右脳と左脳の使い方が一般的な人とは異なるのではないかと考えられています。

④生活リズムが不規則

Monoar / Pixabay

天才は、生活リズムが不規則になりがちです。一つのことに集中してしまうと、寝る間も惜しんで取り組んでしまう傾向があるからです。

また、短時間の睡眠で済んでしまう場合や、夜中に頭が冴えるといった人もいるようです。

通常の生活リズムにとらわれず自分のペースで生活をするのも、天才の特徴だと言えます。

⑤単独行動が好き

jameswheeler / Pixabay

天才と言われる人は、単独行動を好む傾向があります。非常にマイペースな面があるので、人のペースに合わせることが、苦痛に感じることもあるようです。

また、周りの人からは協調性のない人だと思われていることもあるので、単独での行動を好むようになると考えられます。

⑥数字に強い

_Alicja_ / Pixabay

天才と呼ばれる人の多くは、数字に強いという特徴があります。数学や科学の分野で天才と言われている人だけではなく、芸術や文学の分野での天才も数字に強い傾向があります。

天才は非常に頭の回転が早く、論理的思考能力が高いので、数字にも強くなると考えられます。数学が専門分野ではなくても、数学的センスが高いのが特徴です。

⑦自分の能力の活かせる場所がわかっている

geralt / Pixabay

天才は、自分の能力を活かせる場所をよくわかっています。自分が得意な分野と、逆に苦手としている部分を誰よりも理解しているので、能力を最大限に発揮することができます。

能力の活かし方を知っているので、そこに向かって迷わず突き進んでいくことができます。そのため、他の人間には考えられないような結果を残すことができるのだと言えます。

⑧物事の理解が速い

geralt / Pixabay

天才と言われる人は、物事の理解がとても速いです。頭の回転が速く、入ってきた情報を処理する能力も非常に高いです。

理解するのが速いだけではなく、あっという間に自分のものにしてしまいます。入ってきた情報を自分の頭の中で様々なことに結びつけて、すぐに取り込んでしまうことができます。

⑨インプットからアウトプットが速い

fancycrave1 / Pixabay

天才の特徴の一つに、インプットからアウトプットが速いことが挙げられます。

天才と呼ばれる人は、常に大量の情報をインプットしていきます。それを頭で処理して、自分の言葉でアウトプットするまでの作業が非常に早いです。

情報処理能力が高く、普通の人間には考えられない速さで自分のものにしてしまうのが天才です。

⑩決断が速い

Free-Photos / Pixabay

天才と言われる人は、決断するのが非常に速いです。自分の目的に照らし合わせて、メリットとデメリットをすぐに考えることができます。

多くのメリットが得られる方を選べばよいので、決断までのスピードはとても速いです。

また、常に自分のペースを守っていて興味のないことは考慮しないので、迷う要素が少ないのも決断が速い要因です。

NEXT:天才の特徴まとめ!【考え方編】
1/3