渡辺美佐子の現在は?夫や子供は?誰がために憲法はあるに出演?

渡辺美佐子さんは女優として数々の映画やドラマに出演。映画「誰がために憲法はある」に出演するなど現在でも活躍されています。そんな渡辺美佐子さんですが顔を整形したとの疑惑もあります。また最愛の夫の死、息子のこと、渡辺さんの平和への願いについても取り上げていきます。

渡辺美佐子の現在は?

skeeze / Pixabay

渡辺美佐子さんはこれまで数多くの映画やドラマに出演するなど、女優として長年に渡って活躍されてきました。近年でも舞台や映画に出演されるなど勢力的に活動されています。

そんな渡辺美佐子さんの2000年以降の活躍はどのようなものがあるのでしょうか?渡辺さんのプロフィールと合わせて紹介していきます。また今後公開予定の映画についても取り上げます。

渡辺美佐子のプロフィール!年齢は?

  • 名前:渡辺美佐子(わたなべ みさこ)
  • 職業:女優
  • 出身地:東京都東京市麻布区
  • 生年月日:1932年10月23日
  • 血液型:AB型
  • 配偶者:大山勝美
  • 所属事務所:現在はフリー

女優の渡辺美佐子さんは1932年10月23日東京都生まれ。女優としてデビュー以来数々の映画やドラマに出演。86歳になった現在でも映画や舞台など幅広い分野で活動を続けています。

また1965年には元TBSプロデューサーの大山勝美さんと結婚。2人の間には息子も生まれています。渡辺さんは女優として活動する傍ら、朗読劇なども長年に渡って活動されてきました。

2008年から女優18人で「夏の雲は忘れない」に取り組む

2008年に上演の朗読劇「夏の雲は忘れない」は1945年、太平洋戦争末期の広島と長崎を舞台にした朗読劇です。出演は渡辺さんの他、岩本多代さん・大橋芳江さん・大原ますみさんなど18名の女優陣。

往年のベテラン女優が勢ぞろいしている点でも注目されていますが、テーマは戦争の悲劇を後世に語り継ぐもの。原爆で両親を失った子供たちや子供を失った家族の手記を渡辺さん等が読み上げて行きます。

大道具や小道具など余計な演出はありませんが、当時の映像に加えて音楽や効果音、照明をタイミングに合わせて導入するなど戦争の悲劇や恐ろしさを巧みに伝える演出は見どころです。

2014年舞台「黄昏にロマンス」に平幹二朗と出演

2014年には舞台「黄昏ロマンス」でベテラン俳優の平幹二朗さんと共演しています。原作はソビエト連邦の劇作家アレクセイ・ニコラエヴィチ・アルブーゾフ。物語の舞台は1968年のバルト海に面した街。

登場人物は平幹二朗さん演じる老齢の医師ロデオンと渡辺さん演じる患者リダの2人だけ。バルト海に沈む夕日を老い先短い2人の人生の終焉に重ねて物語は静かに、しかし情熱的に進行していきます。

2015年舞台「リア」でリア王を演じる

2015年に渡辺美佐子さんは、シェイクスピア作品の「リア王」を原作にした舞台「リア」で、リア王を演じています。リア王は男性ですが、その役を渡辺美佐子さんが演じています。

リアが2人の娘に裏切られ狂気にかられて彷徨い歩くシーンや、最後に自分を助けようとした3人目の娘コーデリアの亡骸に嘆き悲しむシーンは見る者を圧倒しました。

渡辺さんはその後も「リチャード三世」でシェイクスピア作品を演じています。

NEXT 2018年映画「ビブリア古書堂の事件手帖」に出演