楠田枝里子が年齢を公表!結婚している?現在はチョコレート研究家?

皆さんは楠田枝里子さんをご存知でしょうか?若い頃は日本テレビのアナウンサーを務めていましたが、現在はアナウンサー、タレント、MC、エッセイスト、翻訳家と幅広いジャンルで活躍しています。今回はそんな楠田枝里子さんの経歴や年齢、ブログなどご紹介します。

楠田枝里子とは?今現在の活動・出演情報は?

楠田枝里子さんは現在、幅広いジャンルで活躍しています。それでは今現在の活動、出演状況はどのようなものがあるのでしょうか?

身長や血液型、事務所は?楠田枝里子のプロフィール!

まずはプロフィールを紹介します。生年月日は1952年1月12日で出身は三重県伊勢市です。身長は175cmと女性の中では高身長です。血液型はA型でファンタシウムという事務所に所属しています。

出身高校は地元の三重県立伊勢高等学校に進学し、その後は東京理科大学理学部第一部応用科学科に在籍していました。その後、日本テレビにアナウンサーとして入社しています。

1981年におよそ7年勤めた日本テレビを退社し、フリーアナウンサー、エッセイストに転身しました。数多くのMCを担当し、現在はファンタシウムという事務所に所属し、講演や翻訳等をこなしています。

ずっと非公開だった年齢を2017年にテレビで明かした

楠田枝里子さんは個性的なルックス等から、いつも年齢が話題に上がっていましたが本人はいつも年齢を公表していませんでした。しかし、ついに2017年に実年齢をテレビで明かしました。

2017年には楠田枝里子さんは65歳でした。現在は67歳ということになります。なぜ65歳になるまで年齢を公表しなかったのか。それは日本が年齢ですぐに人を判断してしまう風潮があったためといわれています。

しかし、65歳になり年齢に対するイメージが変わり自分の年齢を公表するに至りました。楠田枝里子さんは、日本テレビに在籍していた時から年齢に対する疑問を持っており、その形が表れたものでした。

現在、テレビのレギュラー出演はなし?

現在、楠田枝里子さんはテレビのレギュラー番組を持っていません。フリーアナウンサーに転身した後も、同時にエッセイストの活動も行っていたので現在に至るまで多くの著書を手がけています。

番組開始から司会を務めていた「世界まる見え!」降板の理由は?

楠田枝里子さんがMCを務めていた番組で、最も印象が強い番組は「世界まる見え!テレビ特捜部」です。実際に15年MCを務めており、番組の名物司会者として知られています。

しかし、2009年に同番組のMCを降板することになりました。この番組では楠田枝里子さんのイメージが強かったため、降板時は悲しみの声が多く上がりました。

降板の理由ですが、プロデューサーから番組の若返りを図りたいと説明されたと、降板後のブログに書いており、実際にその後の同番組のMCは若手アナウンサーが務めています。

最近では、2019年4月17日放送の「あいつ今何してる?」に出演

最近の放送では、2019年4月17日に放送された「あいつ今何してる?」にゲストとして出演しました。楠田枝里子さんが気になっていた相手というのは、同じ学校のマドンナ同級でした。

そんな彼女は世界的に有名なテニスプレーヤーであるフェデラーやナダルと一緒に仕事をしたことがあるという、驚きの今をもっていました。

2018年5月2日放送「梅沢富美男のズバッと聞きます!」にも

また、2018年5月2日に放送された「梅沢富美男のズバッと聞きます!」にもゲストとして出演しています。

この番組で、楠田枝里子さんは梅沢富美男さんから「どうして結婚しないんですか?」等と切り込まれ、その答えに自身の愛や結婚に対する価値観について素直に語っています。

アナウンサー時代から現在までエッセイストとして執筆活動も行っている

楠田枝里子さんは理学部で培った知識を使ってエッセイの分野で独自の分野を確立していました。はじめて手がけた「ロマンチック・サイエンス」はベストセラーとなりました。

その後も「不思議の国のエリコ」や「気分はサイエンス」といった科学エッセイと呼ばれる独自の視点で書いたエッセイもあります。現在も執筆活動は続けています。

講演活動も行っている

現在、楠田枝里子さんはあまりアナウンサー活動を行っておりません。その代わり、趣味が高じて執筆活動や講演活動を多数行っております。

ブログでは海外渡航の様子などを公開

楠田枝里子さんはブログも投稿しています。その内容の大半は海外渡航の様子になっています。生粋のチョコレート好きと知られる楠田枝里子さんなので、チョコレート関係の投稿も多くなっています。

関連する記事はこちら

楠田枝里子が「マツコの知らない世界」でチョコレートを語る

楠田枝里子さんは、数十年間世界中のチョコレートを食べていると豪語するほど大のチョコレート好きとして知られています。2016年1月12日に放送された「マツコの知らない世界」でその愛について語っています。

世界中のチョコレートを食べてきたという楠田枝里子

2005年頃から世界各国の著名なショコラティエと交流があり、世界中のチョコレートを食べ歩いています。なんと、物心がついた時からチョコレートを食べなかった日はないと公言するほどのチョコマニアなのです。

「マツコの知らない世界」に出演、チョコレートについて語った

楠田枝理子さんは、自身が出演した「マツコの知らない世界」でもチョコレートについて語っています。ここでは知らないと人生を損するとまで断言しており、チョコレートに対する愛の深さが窺えます。

チョコレートそのものの紹介はもちろんのこと、チョコレートを手がけるショコラティエのことも紹介しています。ここで紹介されたショコラティエは10人です。

知らないと人生を損する究極のチョコレートを手がける人や、日本では未発売のチョコレートを手がける人などたくさんのショコラティエの方を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

最新情報!?楠田枝里子がおすすめするチョコレートは?

そんなチョコレートをこよなく愛する楠田枝理子さんがおすすめするチョコレートはどのようなものなのでしょうか?いくつかご紹介しましょう。

まず1つ目が「ギモーブショコラ」と呼ばれるチョコレートです。こちらは楠田枝理子さんがオススメするショコラティエの1人であるピエールマルコリーニさんが手がけたチョコレートになります。

2つ目は「マッチャセザム」です。名前の通りホワイトチョコレートに抹茶が練りこまれています。甘すぎることがなく楠田枝理子さんに抹茶チョコレートの概念を変えるチョコレートだと言わしめました。

2004年には著書「チョコレート・ダイエット」も出版

楠田枝理子さんは2004年に「チョコレート・ダイエット」という著書を出版しています。チョコレートとはカカオを主成分としており、そのダイエット効果を紹介しています。

この著書では健康やダイエットのためにはカカオ含有70%以上のチョコレートを食べることをオススメしています。

一時期、高カカオ含有のチョコレートがブームとなりましたが、その火付け役は楠田恵理子さんなのです。

現在、チョコレート研究家としても大いに活躍中!

現在も楠田枝理子さんはチョコレート研究家として活躍しています。世界的に有名であるチョコレートの祭典である「サロン・デュ・ショコラ」で2017年にアンバサダーとして活躍しました。

他にも世界中で行われているチョコレートの新作発表会や、チョコレートに関するシンポジウムに積極的に参加されています。趣味の範疇を超えた情熱をチョコレートにささげています。

楠田枝里子は消しゴム収集も趣味?

チョコレート愛の深い楠田枝里子さんですが、同じくらいハマっている趣味が消しゴム収集です。

楠田枝里子は消しゴムコレクターとしても知られている

楠田枝里子さんは芸能界きっての消しゴムコレクターとして知られており、日本の消しゴムだけでなく、海外の消しゴムも集めおり、今現在も珍しい消しゴムを見ると魅力を感じています。

一概に消しゴムといっても、海外のものとなると国や民族性によりデザインの傾向が変わり、その国の傾向が分かるそうです。その中でも日本の消しゴムはユニークな形のものが多いそうです。

1999年には「消しゴム図鑑」という本を出版している

消しゴムコレクターの楠田枝里子さんですが、ただ集めるだけでは満足できず1999年に「消しゴム図鑑」という本を出版しました。

消しゴム収集を始めたのは小学生の頃

楠田枝里子さんが消しゴムの収集を始めたのは、なんと小学生の頃だそうです。面白い形の消しゴムを見つけるたびに机の引き出しに入れておいたことが収集のきっかけだそうです。

その後、大学生に進学し机の整理をした際に大量の消しゴムが出てきたことをきっかけに消しゴムのコレクションをはじめました。

劣化防止のために保存にも細心の注意を払っている!

昔の消しゴムは今のものとは違い、その名の通りゴムで作られていました。そのため劣化が早く保存方法もかなり注意を払う必要がありました。

そこで楠田枝里子さんは消しゴムに紫外線防止用フィルムを貼り付け、部屋の照明も美術館等で採用されている専用の証明を使い、皮脂が付かないよう極力消しゴムには触らないよう徹底しています。

楠田枝里子は結婚している?

現在でもとてもきれいな楠田枝里子さんですが、結構されているのでしょうか?

楠田枝里子は結婚しておらず独身

楠田枝里子さんは、現在も「独身」です。ただ、結婚したいのにできないのではなく楠田枝里子さん本人に結婚願望があまりないようです。

結婚することに対し、あまり必要性を見出せていないようで趣味等を楽しみながら毎日を楽しんでいます。

結婚願望がないことをテレビ番組で明かしている

以前に、TBSの番組に出演した際に「昔から結婚願望はなかった」と告白しています。時他にも「結婚とは社会の制度のなかで契約を結ぶこと」など独特な恋愛観を持っているようです。

若い頃から仕事や研究、趣味などで毎日が楽しかったのでわざわざ結婚したいと思わなかったことも関係しています。

過去にはプロポーズを受けたことも?

過去にはプロポーズを受けたこともあったそうですが、お互いに仕事などで忙しいなかに限りある時間をその会う時間に割くだけで充分だったと述べています。

一度だけ結婚したいと思ったこともあったと語っている

まるで結婚に全く興味ないように思える楠田枝里子さんですが、過去に一度だけ結婚を意識したことがあったそうです。

その時は仕事が上手くいっておらず、その逃げ道のために結婚を考えたそう。他の人とは結婚を考える理由がまるで違いますが、楠田枝里子さんらしい結婚に対する価値観となっています。

楠田枝里子にロボット説があるのはなぜ?

インターネットを見ていると、時々目にする「楠田枝里子さんはロボット?」という記事ですがどうしてこうした記事が出ているのでしょうか?

事の発端はビートたけしだった?

楠田枝里子さん=ロボットという認識が付き始めた発端はビートたけしさんが番組で、何事にも動じない楠田枝里子さんのことをロボットと言ったことだそうです。

他にもコトノハというソーシャルサイト内で「楠田枝里子 ロボット説」が取り上げられたことがおおやけに広がったきっかけになっています。

ロボット説の原因は、いくつになっても変わらず美しいため

また、ロボット説が長い期間、話題に上がる原因として楠田枝里子さんの見た目がいつまでも変わらないことも上げられます。見た目が変わらないことがロボットのようなのですね。

NEXT 高身長におかっぱ頭でモードな雰囲気も理由