元ヤンキー・不良芸能人80人を男女別に紹介!【画像あり】 エンタメ

元ヤンキー・不良芸能人80人を男女別に紹介!【画像あり】

芸能界といえば、煌びやかで華やかな世界のイメージがあるでしょう。そんなキラキラした世界にいる男性、女性の芸能人達。しかし、実は元ヤンキーで不良だったという隠しておきたい過去がある!?今回は、そんな元ヤンキー芸能人80人を男女別に紹介していきます。

目次

[表示]

【画像あり】意外な元ヤンキー・不良芸能人ランキング!

The_Double_A / Pixabay

とても明るいキャラクターで好印象だったり、清楚で煌びやかな顔立ち、今ではそんなイメージのある芸能人も過去には元ヤンキーだった噂もあるようです。

今回は「えっ、意外!?」と思ってしまうような元ヤンキーの芸能人たちにはどのような方々がいらっしゃるのでしょうか?さっそく見ていきましょう。

第5位!中居正広

国民的グループ「SMAP」のリーダーだった中居正広さん、今ではバラエティー番組の司会のイメージが強い方ですよね。

中居さんも中学生の頃からヤンキーだったようです。学校もサボり、暴走族にも入っていたといいます。

土曜日は暴走族をやって、日曜日はジャニーズのレッスンを受けに行く、という週末を繰り返していたなんていう噂もあります。

第4位!ウド鈴木

その明るいキャラクターと天然っぽいボケで、お茶の間を笑いに変えてくれる、キャイーンのウド鈴木さんですが、元ヤンキーで喧嘩が強いと言われています。

テレビでは社交ダンスなどもやっていた印象があるのではないでしょうか。

背が高くて、野球や柔道をしていた経験からガタイもいいので、喧嘩が強くて、なおかつハッキリとモノが言える性格なのかも知れませんね。周りからは恐れられていたのかもしれません。

第3位!武井咲

EXILEのTAKAHIROさんと結婚されて、今では母親にもなっている女優の武井咲さんです。最近は育児に専念されているのか、あまりテレビではお見かけしない気がします。

一時期はドラマ、映画、そしてその好感度の高さからCMの数もかなりあったのではないでしょうか。

そんな武井さんも元ヤンキーの噂があります。彼女の場合は、過去に撮ったプリクラなどが流出してしまったために疑惑が浮上してしまいました。着ていた服に「我等友情永遠不滅成」と書かれていたとか。

第2位!玉木宏

時代劇から、オシャレなドラマまでこなすイケメン俳優の玉木宏さんです。玉置さんが元ヤンキーだというのは、意外だという声が多いみたいです。

最近では、女優の木南晴夏さんと結婚されて、最後のイケメン独身がいなくなってしまったと世の女性たちから騒がれていました。

しかし、彼が書いた著書の中で「高校生の時に、中学の先輩に誘われてヤンキーの仲間入りをした」書いていることから、彼が元ヤンキーだったことは間違いないようです。

第1位!佐々木希

モデル、女優として活躍する佐々木希さん。最近では芸人の渡部建さんと結婚して話題になりました。佐々木さんが元ヤンキーだというのは、かなり有名な話らしいです。

中学生の頃からヤンキー仲間と行動を共にするようになったみたいで、佐々木さんが茶髪でタバコをくわえているプリクラも出回っているので、ほぼ元ヤンだと断定して言えるでしょう。

関連する記事はこちら

元ヤンキー・不良の女性芸能人!【タレント編】

dianageanina / Pixabay

怒れば恐そうなイメージのある方や、全くそんな気配のない方まで、色々な女性タレントの方が元ヤンキーで不良だと噂されています。彼女たちはどんな風に元ヤンキー時代を過ごしていたのでしょうか。

岡田美里

タレントで実業家の岡田美里さん。元夫はミスター隠し芸こと堺正章さんです。そんな岡田美里さんも過去にはヤンチャなことも。

自身曰く、中学生の頃は学校で最も悪いグループと付き合っていたとか。スカートは足首まで長くして、カバンもぺちゃんこの物を使っていたという。当時のスケ番のようないでたちですね。

飯島直子

トレンディー女優のイメージもある飯島直子さん。元夫はチューブの前田日明さんですね。

1991年に、テレビドラマ「マスカット・ムーン」で女優としてデビューしました。その年の年末には初めて映画にも出演しました。

飯島さんは元不良としてかなりの武勇伝があるようです。川崎を拠点に活動していた暴走族に入っていたそうで、日々喧嘩に明け暮れていたようです。また、学校の番長と交際していたらしいです。

飯島愛

2000年自伝小説「プラトニックセックス」で衝撃的な過去をカミングアウトしてベストセラーになるものの、2008年の12月に自殺をしてしまった、元タレントでセクシー女優だった飯島愛さんです。

中学生の頃から不良の仲間とディスコに入り浸り、夜な夜な遊びまわっていたとか。遊ぶお金が尽きると、万引きやカツアゲなどもしていたようです。高校にも入学はしますが、すぐに中退してしまったようです。

鈴木紗理奈

1992年の全国国民的美少女コンテストにおいて演劇部門賞を受賞し、1993年に美SHOW女のメンバーの1人となり、グラビアなどで活躍するようになりました。

現在は、歌手、そしてバラエティータレントとしてメディアで活躍している鈴木紗理奈さんです。

彼女は、他の人に比べてグレるのが少し早かったみたいです。ご自身曰く、小学校の5、6年の頃がピークだったらしいです。その名残から、中学1年生の時もよく先生に反抗して、大人たちを困らせていたようです。

上原美優

櫻井ひなや藤崎まや達と共にフォーミュラ・ニッポン「ディレクシブレーシングガール」としてレースクイーンとしてデビューしました。その後は「種子島出身の貧乏アイドル」として知名度を上げていきました。

貧乏アイドルとして、自身の貧しい家庭で育ったエピソードを明るく話していた、元タレントの上原美優さん。2011年にはマンションの自室で首を吊って亡くなっています。

そんな彼女も元々はかなりな悪だったようです。その原因もなかなかに壮絶で、高校時代に受けたレイプが彼女の人生を大きく左右したらしいです。関東連合の元総長と付き合っていたなんて噂も。

小森純

中学生の時にギャルだった姉の影響で「egg」などの雑誌でギャルファッションに目覚め、高校生になった時に109系ファッションが流行しました。

そして、17歳で自身初めてのポップティーン雑誌に読者モデルとして登場しました。本人は不本意だろうが「ペニーオークション」と聞けば思い出してしまう、元読者モデルでタレントの小森純さんです。

中学の頃はほとんど家にも帰らないで、男だらけのたまり場で生活していたようです。学校までの通学路を男友達と一緒に歩くと、その威圧感からか道がサーっと開いたらしいです。

木下優樹菜

芸人の藤本敏史と結婚し、子供も3人授かり今ではすっかりママタレになっている、ユッキーナことタレントの木下優樹菜さん。

彼女は筋金入りの元ヤンキーで、ご存知の方も多いのではないでしょうか?学生の頃は公園でよくタイマンを張っていたとか、タイマンが強すぎて服番長にまで上り詰めたそうです。

嘘つきが許せないらしく、クラスの中で嘘をついていた子を問い詰めすぎて、学校に来られなくしたという恐ろしい話もあります。

重盛さと美

2017年の12月「テレビバラエティ番組の「めちゃ2イケてるッ!」のスペシャルにて、「抜き打ちテスト」で「ネバーエンディングバカ」になってバカ四冠を達成しました。

そんな天然でおバカキャラとして活躍しているタレントの重盛さと美さんです。おっとりとした可愛らしい表情からは想像できないかもしれないが、彼女も中学時代は暴走族の入っていたそうだ。

特攻服を着て写っている写真が出回っており、当時、彼女がヤンキーだったという事実は信憑生が高いかもしれなません。

元ヤンキー・不良の女性芸能人!【女優編】

martieda / Pixabay

現在では清楚なイメージがあり、好感度も高く、コマーシャルにも出ているような方々ですが、彼女たちの過去も地元ではかなりの悪だったなんて言われているようです。

どんな武勇伝を作っていたのでしょうか。見ていきましょう。

瀬戸朝香

芸名は出身地の愛知県瀬戸市からきているそうです。中学生の時に自宅でスカウトされたのがきっかけで芸能界入りしたようです。

夫はジャニーズ事務所「V6」の井ノ原快彦で、現在2児の母でもある女優の瀬戸朝香さん。負けん気の強そうなその表情から、怒れば恐い元ヤンキーのようです。

地元の愛知県瀬戸市では数々の伝説的な武勇伝を残しているようです。

伊東美咲

短大の時に大阪、心斎橋でスカウトされたのがきっかけで芸能界入りしました。1999年にはアサヒビールイメージガールを務め、「CanCan」の専属モデルも勤めました。

その美しい美貌から数々のドラマ、映画に出演した女優の伊東美咲さん。プライベートでは、2009年に実業家の方と結婚し、現在は3児の母です。

そんな彼女も実は元ヤンキーの噂が。地元福島県いわき市では、子供の頃から手が付けられないほどの不良だったというから驚きです。

矢田亜希子

1978年に神奈川県の川崎市高津区に生まれました。中学2年生の時に母親と東京原宿で買い物をしていたところをスカウトされて芸能界に入りました。アルバイトなどの仕事はしたことがないようです。

清純派なイメージが強くて、よくCMでも見かけていた矢田亜希子だが、2006年に結婚した俳優の押尾学の不祥事から、少しイメージダウンしてしまっているようです。

地元の川崎では「軽い女」だと有名だったらしく、毎朝違う男と登校していたなんて話もあります。渋谷で出会ったチーマーと仲良くなり、ヤンキー道を駆け上がっていたという。

吉瀬美智子

高校卒業後は地元の喫茶店でアルバイトをしていました。そして、喫茶店でのアルバイト中にスカウトをされて、地元でモデルの仕事を始めました。当時は「小雪」という芸名で活動をしていたようです。

元々はモデル出身ですが、現在はドラマや映画に精力的に活動している女優の吉瀬美智子さんです。私生活では、2010年に実業家の方と結婚し、現在は2児の母だそうです。

彼女の出回っている過去の写真を見ると、元ヤンキーだったという噂の信憑生は高いかもしれません。ロングの髪は茶髪で耳にはピアス。地元福岡でも有名な不良だったらしいです。

高島礼子

高校卒業後に横浜市の自動車関連会社で3年間OLとして働きながらアマチュアレーサーとして活動し、21歳でJAFのコンペンションモータースポーツライセンス国内A級を取得しました。

元レースクィーンから女優に華麗なる転身をした高島礼子さん。彼女は「極道の妻たち」のイメージが強いかもしれませんね。

神奈川県の舞岡市では、レディースに所属していたらしく、一番の武器であるメンチ(睨み)で相手を黙れせていたみたいです。

元ヤンキー・不良の女性芸能人!【歌手・アイドル・ミュージシャン編】

Manne1409 / Pixabay

あの歌姫や、人気グループのセンター、そして芸能界の女番長まで、過去は元ヤンキーで不良だったそうです。

みなさんどのような学生時代を過ごしていたのでしょうか。

川村カオリ

17歳で歌手デビューして、その後は女優、ラジオパーソナリティー、モデルなどで活躍している川村カオリさん。

子供の頃は、暇つぶしで万引きをするほど悪かったようですね。文房具屋、アクセサリー、洋服、それに惣菜など、目に入った物はなんでも盗んだというとんでもない話もあります。

吉村由美

中学生の頃は陸上部に所属して、走り幅跳びで寝屋川市の大会で優勝しました。運動神経が良く、デビュー前はスポーツジムや鉄筋工のアルバイトをしていました。

1996年にPUFFYの一人として歌手デビュー。1999年に同じく歌手の西川貴教と結婚するが、その後離婚。現在は一般の方と再婚して第一子を授かったが、再度離婚している。

学生の頃は、不良仲間と行動を共にしていたそうだが、彼女自身、茶髪で物事をなんでもハッキリという性格だったため、周囲の人たちは怯えていたそうです。

相川七瀬

1990年の15歳の頃にソニー主催のオーディションを受けました。結果は合格で、この時に後でプロデューサーとなる織田哲郎と出会いました。その後、歌手デビューするため、上京しました。

1995年に「夢見る少女じゃいられない」で歌手デビューした相川七瀬さん。彼女は自分で元ヤンキーを公言している珍しいタイプです。

当時は、共演者からタメ口で話されるとガンを飛ばしていたというエピソードもあるぐらいです。

中山美穂

1982年の中学1年生の時に原宿でスカウトされました。雑誌「花とゆめ」や広告、ポスター等のモデル活動のほか、TDKカセット「スプレンダー」や明治製薬のCMに出演しました。

アイドルでデビューして、女優としても活躍する歌手の中山美穂さん。2002年にミュージシャンの辻仁成さんと結婚。第一子を授かったが、その後辻さんとは離婚している。

清楚なイメージの彼女からは想像できないかもしれないが、長いスカートで、明菜ちゃんヘアーの髪型はもちろん茶髪。当時は怖いものなんてなかったと言っているほどです。

中島みゆき

1975年、財団法人ヤマハ音楽振興会の主催による「ポピュラーソング・コンテスト」に「傷ついた翼」が入賞しました。9月には「アザミ嬢のララバイ」でレコード・デビューを果たしました。

「空と君とのあいだに」や「地上の星」など、数々のヒット曲を出している現在67歳の中島みゆきさん。

中島さんは過去のインタビュー記事で、高校生の頃はあまり学校にもいかないようなワルだったと語っていると載っているようです。

浜崎あゆみ

女子中高生を中心に、彼女のファッションやメイクを真似する若者たちが増え、マスコミなどから「女子高生のカリスマ」と呼ばれるようになりました。

モデルや女優などの活動を経て、1998年に歌手デビューした、言わずと知れた「歌姫」浜崎あゆみさん。何かと恋愛が話題の浜崎さんですが、元ヤンキーを匂わせる発言をしています。

ご自身曰く、どういった人を不良と呼んでいるのかは分からないが、おそらく自分は「あの不良娘」と呼ばれていたと語っているという。

NEXT:大島優子
1/4