徳井優は引っ越しのサカイCMでブレイク!息子も俳優?現在活動は? エンタメ

徳井優は引っ越しのサカイCMでブレイク!息子も俳優?現在活動は?

目次

[表示]

1979年「日本の黒幕」で映画デビュー

東映京都俳優養成所の入所から翌年の1979年、徳井さんは降籏康男さん監督作品、佐分利信さん主演の映画「日本の黒幕」に出演し、銀幕デビューを果たします。徳井さんにとっては「これから!」という時。

内容は総理大臣とそれを支える取り巻きたちの汚職事件を描いた社会派サスペンス。徳井さんは当時立原繁人という芸名を使用していましたが、ちゃんと「千葉豪」という役名が付いています。

この映画は当初、大島渚さんによる監督作品の予定でしたが、急遽降籏康男さんに交代。大島さんの映画を期待していた人々の落胆は大きく、その結果「日本の黒幕」も大きな話題にはなりませんでした。

1987年に芸名を立原繁人から徳井優に改名

Pixaline / Pixabay

「日本の黒幕」が不調に終わって以降、徳井さんに大きな役は廻って来ませんでした。それでも数多くの舞台や映画のオーディションを受け続け、エキストラとして食いつないでいきます。

1987年には芸名を「立原繁人」から現在の「徳井優」に改名しています。理由については語られていませんが、旧芸名のままだと運気の上昇は見込めないと判断した可能性もあります。

1989年「引っ越しのサカイ」のCMでブレイク

芸名「徳井優」と改名した2年後の1989年、徳井優さんはついに「引っ越しのサカイ」への出演が決定します。とにかく「自分が楽しむ」ことを意識した徳井さん。振り付けや台詞は自分で考えました。

その結果、「引っ越しのサカイ」は大評判となり、その後2005年まで新作CMが制作されるほど人気が続きます。またこのCMに関連してシングルCDまで出しています。

1993年「フジサンケイグループ広告大賞」のタレント賞を受賞

「引っ越しのサカイ」以降、徳井優さんの俳優としての実力は認められ、その後数多くのCMにも抜擢されるようになります。

1993年にはその活動が認められ「フジサンケイグループ広告大賞」のタレント賞を受賞した他、1995年にはCMデーターバングで好感度1位に輝くなど人気も実力も兼ね備えた俳優となっていきます。

舞台「レ・ミゼラブル」などの舞台でも活躍

徳井優さんはミュージカル舞台「レ・ミゼラブル」でも3回に渡ってテナルディエ役を演じています。この役は他に笹野高史さんや橋本じゅんさんなども演じています。

その妻テナルディエ夫人を大浦みずきさん、田中利花さんが演じています。

2002年、大河ドラマ「利家とまつ」に出演

徳井優さんはNHK大河ドラマにも数多く登場しています。2002年放送の大河ドラマ「利家とまつ」では尾張の飲み屋「くじら屋」の権太を演じています。これが徳井さんにとっては初の大河作品でした。

元々大阪出身の徳井さんですから、コミカルで軽妙に語り掛ける飲み屋の店主役はサマになっているとファンの間でも評判です。その後も徳井さんは多くの大河ドラマに出演していきます。

2013年、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」に出演

杏さんと東出昌大さん主演で話題になった2013年放送のNHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」。このドラマで徳井さんは東出さん演じる西門悠太郎の建築課の先輩・大村宋介を好演。

最初は悠太郎のことを「赤門」と呼ぶなど嫌味な先輩キャラでしたが、やがて悠太郎のことを認めて相談にも応じる関係に発展していきました。嫌味な性格でもどこか憎めないのが徳井さんらしいところです。

2017年「サバイバルファミリー」に出演

2017年公開の映画「サバイバルファミリー」。この映画に徳井さんも出演しています。映画の内容は電気が地球上から消えた世界で人々が如何にして生き抜いていくかといったコメディタッチの社会派映画。

今作でも徳井優さんのコミカルな役どころが良い味を出しています。徳井さんは映画やドラマになくてはならない存在となっているようです。

徳井優の主な出演作品

Pexels / Pixabay

徳井優さんはこれまで数多くの話題作・ヒット作に名脇役として出演してきました。

ここからは、徳井優さんが出演した作品の中でも特に話題になったドラマや映画について取り上げていきます。

テレビドラマ「ケイゾク」

1999年TBS金曜ドラマで放送された「ケイゾク」。主演は中谷美紀さん。東大卒の女性キャリア刑事が次々に奇怪な事件を解決していく堤幸彦さん演出の刑事ドラマ。

徳井優さんは主人公・柴田淳と同じ捜査一課弐係に所属する近藤昭男を演じています。いついかなる時も定時になったら帰宅する子だくさんの父親を演じました。

テレビドラマ「SPEC(スペック)」

2010年から放送が始まり、その後映画化もされたTBS金曜ドラマ「SPEC(スペック)」。主演は戸田恵梨香さん。「ケイゾク」と同じ世界観の延長線上にありながら、直接の関係はないという設定。

ある事情から片手のない女性刑事が、様々なスペックホルダー(超能力者)と対決する異色の刑事ドラマ。このドラマでも徳井さんは「ケイゾク」と同じ近藤昭男役を演じています。

NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」

2010年に向井理さんと松下奈緒さんのW主演で公表を博したNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」。徳井さんは、まだ漫画家として売れない向井さん演じる村井茂が足しげく通う質屋の主を演じています。

NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」

2013年の「ごちそうさん」では東出昌大さん演じる西門悠太郎の職場の先輩・大村宋介を厭味ったらしくもコミカルに演じています。公判では悠太郎の良き相談相手となるなど、人情に厚い男の役でした。

NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」

2018年放送の大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」。徳井さんは若き日の西郷を支える島津斉彬の側近・山田為久を熱演。

西郷に口うるさく言うも、西郷が窮地に陥ると何とかして救おうとする熱血漢を演じています。

映画「Shall We Dance」

周防正行監督が後に主演の草刈民代さんと結婚したことでも話題になった映画「Shall We Dance」。この映画で徳井さんはダンス教室の生徒の1人・服部藤吉を演じています。

妻に誘われたことがきっかけでダンスを習い始めるも、うんちくを多く語る役どころでした。また小柄な体型で懸命にダンスを覚えようとする姿もコミカルでファンには面白かったようです。

名脇役俳優・徳井優の原点には両親の存在が大きかった

「引っ越しのサカイ」以降、映画にドラマに大活躍の徳井優さんですが、その原点は徳井さんの少年時代にあったようです。

なぜ徳井さんが俳優を志すようになったのか。そこには父親の戦争体験と母親の子を想う優しさがありました。

父親の口癖「好きなことをやれ」

徳井優さんが日経新聞の2018年11月6日の夕刊で語ったインタビューによると、徳井さんの父親は戦時中中国へ渡っていたそうです。

6つ離れた優秀な兄と比較されることもなく「人には向き不向きがある」と父親。「お前はお前の好きなことをやればいい」と言ってくれたことが、その後の人生に大きく関わっているといいます。

徳井さんは戦後生まれですから戦争中の父親の若い頃は知りませんが「兵隊1人では出来ないことも多かった」と。自分に向かないことを無理してやるより、好きなことに全力で挑めと教えられたと語ります。

遊び好きの父親、苦労人の母親

Graehawk / Pixabay

ただ父親は戦争から帰って来てからというもの、若い頃から夜な夜な遊びに出かけては飲んで帰ってくることを繰り返します。生活費は苦しい上に子供たちも養わなければならない母親は大変でした。

それでも母親は決して父親の悪口を息子たちの前で愚痴をこぼすことはしません。徳井さんが父親に憤慨して付いていこうとすると「すぐ帰るから心配しないで」と止めた光景を今でも覚えているといいます。

徳井さんが休みの日に家族のために尽くす場面を近所の人々は何度も目撃しているといいますが、その原点にあったのは、母親の優しさだったのではないでしょうか。

俳優として売れた後も息子を心配する両親

1866946 / Pixabay

「引っ越しのサカイ」のCM出演後、徳井さんは名脇役として数々の作品に出演し、俳優としても生活が安定するようになりました。

それでも実家の父親は電話をかけてきては「ちゃんと食べてるか」と聞いてきたといいます。それは父親が亡くなるまで続きました。

また徳井さんが家族で実家を訪れた時も、箪笥の引き出しから数万円を取り出して奥さんに渡していたといいます。両親の徳井さんを想う愛情あふれるエピソードです。

徳井優が息子・徳井汰朗に伝える言葉

Free-Photos / Pixabay

俳優として成功を収めた徳井優さんですが、その息子・徳井汰朗さんもまた父親と同じ俳優の道を進んでいます。今はまだ発展途上ですが、夢を諦めず父の背中を追いかけています。

そんな徳井汰朗さんに徳井優さんはいつも言っている言葉あるといいます。それは徳井さんの父が幼い日の徳井さんに言っていたあの言葉「好きなことをやれ」。いつか親子共演も見てみたいものですね。

「引っ越しのサカイ」でブレイク!家庭でも優しい徳井優さんは今後も注目です!

asmuSe / Pixabay

徳井優さんは東映京都俳優養成所に入り本格的に芝居を始めるものの鳴かず飛ばずの時代が長く続きます。それでも食べて行かなければならず多くのドラマや映画でエキストラとして食いつなぎます。

そんな徳井さんに転機が訪れたのは「引っ越しのサカイ」のCMでした。井筒和幸監督に言われた「役を思いきり楽しめ」の一言を実践した結果、コミカルで魅力あふれる俳優・徳井優が誕生したのです。

またプライベートでは一般女性と結婚し、後に俳優となる息子・汰朗さんも生まれます。家族仲良く公園を歩いている姿も目撃されるなど、優しい人柄の徳井優さんの活躍に今後も目が離せません!

名脇役に関連する記事はこちら

2/2