徳井優は引っ越しのサカイCMでブレイク!息子も俳優?現在活動は?

引っ越しのサカイでブレイクした徳井優さんは「SPEC」「西郷どん」など数多くの話題作・ヒット作に出演。名脇役俳優として活躍されています。そんな徳井さんですが、息子も俳優をしているといいます。今回は俳優・徳井優さんの仕事からプライベートまで取り上げます。

名脇役俳優・徳井優とは?ブレイク後、現在の活動は?

un-mimo / Pixabay

徳井優さんといえば数多くのドラマや映画で名脇役俳優として活躍されています。名前は知らないくても顔を見れば「あの人!」と誰もが思い出す俳優さんです。

徳井優さんはCM「引っ越しのサカイ」出演がきっかけでブレイクしました。そんな徳井さんですが、その後の活動はどうでしょうか?徳井さんのプロフィールと合わせて紹介していきます。

徳井優のプロフィール!画像は?

  • 芸名:徳井優(とくい ゆう)
  • 本名:徳井利次(とくい としつぐ)
  • 職業:俳優
  • 出身地:大阪府大阪市
  • 生年月日:1959年9月28日
  • 身長:158cm
  • 体重:50kg
  • 血液型:A型
  • 配偶者:あり
  • 所属事務所:高岡事務所

俳優の徳井優さんは1959年9月28日大阪府生まれの現在59歳。身長は158cmの小柄な俳優さんです。現在は2時間ドラマや大河ドラマなど数多くの話題作で欠かすことの出来ない名脇役俳優となっています。

そんな徳井さんですが、「徳井優」という名前は芸名です。本名は徳井利次さんといいます。また以前は立原繁人という名前で活動されていた時期もあったようですが、それは俳優として売れる前のことです。

1979年デビュー以降エキストラを多くしていた

Free-Photos / Pixabay

徳井優さんは今でこそ連続ドラマや大河ドラマなど、数々の人気ドラマに出演されていて、彼の顔を知らない視聴者は殆どいなくなりましたが、売れるまでがかなり長かったようです。

徳井優さんは俳優としてデビューしたのは1979年に公開された映画「日本の黒幕」に出演したことでした。当時は芸名を立原繁人と名乗っていました。といってもデビューしたての新人に過ぎません。

その後も舞台や映画でオーディションに挑むも、大役のチャンスはなかなか訪れませんでした。通行人や店の客など役名も台詞もないエキストラとして多くの作品に出演し何とか食いつないでいたそうです。

1988年「引っ越しのサカイ」のCMでブレイク

そんな鳴かず飛ばずの徳井優さんが一躍世間に注目されるようになったのは、1988年から出演している「引っ越しのサカイ」のCMでした。コテコテの関西弁を喋る小男の役が視聴者に大うけしたのです。

ネットでも「徳井優」と検索すると必ず「引っ越しのサカイ」とキーワードがついてくるほど徳井さんといえばこのCMです。徳井さんの「引っ越しのサカイ」はその後、2005年まで新作が放送されます。

徳井さんは大阪の出身ですが、このCMに出演するまで「コテコテの関西人」のキャラクターがあまり好きではなかったといいます。しかしこれをきっかけに、そんなこだわりは捨てるようになりました。

NHKの朝ドラや大河ドラマに常連の名脇役俳優として活躍している

「引っ越しのサカイ」のCMで有名俳優の仲間入りを果たした徳井優さんはその後、NHK朝の連続テレビ小説6作品、大河ドラマ6作品(いずれも2019年現在)に出演するなど名脇役として安定しています。

すべて役どころは異なりますが、どれも徳井優さんの小柄で可愛らしいキャラクターが視聴者に受けているようです。大物の下に就く子分の役が多い徳井さんに、真の悪役は似合わないという人もいるほど。

NEXT 2019年は、ドラマ「あなたの番です」に出演