石川秀美の現在は?結婚後芸能界を引退?ジュエリーブランドを経営? エンタメ

石川秀美の現在は?結婚後芸能界を引退?ジュエリーブランドを経営?

「妖艶時代」でCDデビューし、アイドルとして活躍された石川秀美さん。現在の年齢は55歳、ハワイでアクセサリーショップを経営しています。薬丸裕英さんと結婚後は芸能界を引退。病気?の真相、西城秀樹さんとの関係など、石川さんの全てを明らかにしていきます。

目次

[表示]

石川秀美ってどんな人物?今現在は?

Engin_Akyurt / Pixabay

1980年代、アイドルブーム全盛の頃、人気アイドルとして世の男性を虜にしていた石川秀美さんですが、最近ではテレビで見掛ける事はなく、その存在が忘れられがちになってきました。

石川秀美さんがどんなアイドルで、どんな活躍をされてきたのか?現在はどんな生活をされているのか?について深く調べていきたいと思います。

石川秀美のプロフィール!身長や年齢は?

彼女のプロフィールは以下の通りになります。

  • 本名:薬丸秀美(旧姓:石川)
  • 生年月日:1966年7月13日
  • 年齢:52歳
  • 出生地:千葉県木更津市
  • 血液型:A型
  • 身長:164cm
  • 職業:元歌手

石川秀美は歌手?数々のヒット曲を発表!

石川秀美さんは1982年にアイドル歌手としてデビューしています。当時のアイドルにはキャッチフレーズが付けられるのが定番でしたが、石川さんは「さわやか天使」と呼ばれていました。

1982年には「日本レコード大賞新人賞」を受賞し、その後1990年までの間に、数々のヒット曲・アルバムが発表されました。

13年連続トップ10入りを達成したり、1985年には紅白歌合戦にも出場したりと、歌手として大きな活躍をされていました。

石川秀美に病気疑惑が!真相は?

JanBaby / Pixabay

石川秀美さんの調査を進めると、「現在、病気にかかっている?」という情報が出てきました。

しかし、これは石川さん自身が病気であるからではなく、石川さんの義理のお姉さんが病気である事が要因であると分かりました。本人は至って元気との事です。

お姉さんの病名などは明かされていませんが、医療費を石川さん夫妻で払っており、高齢の両親の面倒も見ているなど、大変な生活を送られているようです。

現在は、自身のアクセサリーブランドを持っている

MianShahzadRaza / Pixabay

石川秀美さんは現在ハワイに在住しており、自身がプロデュースするハワイアンジュエリーブランドのアクセサリショップを経営されています。

ブランド名は「ALOHIRANI(アロヒラニ)」、ハワイ語で「天国の輝き」と言います。2015年に立ち上げられ、現地でも人気の高いジュエリーブランドとなっています。

店舗はホノルルに2店舗あり、ハワイを訪問した日本人旅行客のお土産としても人気のショップだそうです。

2017年には大渕愛子のブログに登場!誕生会だった?

Free-Photos / Pixabay

2017年には、大渕愛子さんのブログで石川秀美さんのお姿を拝見する事ができました。大渕愛子さんは、ふなっしー好きの弁護士として有名な方です。

石川さんのお誕生日会の様子がたくさん写真で紹介されています。カラオケルームでは、石川さんの歌を皆で熱唱して盛り上がった事も書かれていました。

28年ぶりにテレビ出演!ハワイの自宅を公開?

bibianagonzalez / Pixabay

2018年4月放送の「直撃!シンソウ坂上」で、28年ぶりのテレビ出演を果たされました。

MCである坂上忍が、ハワイの自宅を訪問し、石川さんや子供の話などプライベートに踏み込む番組でした。

インスタには、過去の可愛い画像がたくさん!

インスタグラムの「#石川秀美」を検索すると、アイドル時代の石川秀美さんのジャケット写真や歌番組での画像など、たくさん見る事ができます。

さすがトップアイドル、今でもファンが多い事の象徴ですね。

関連する記事はこちら

石川秀美は結婚している?子供は?

現在はハワイでアクセサリーショップを経営されていますが、結婚や子供の存在について明らかにしていきたいと思います。

1990年、タレント・薬丸裕英と結婚

1989年、同期デビューで人気絶頂の「シブがき隊」のメンバー、薬丸裕英さんとの親密交際が報道され、当時アイドル同士の恋愛という事で大きな話題となりました。

翌年1990年の6月に結婚を発表。石川秀美さんは23歳という若さで結婚を機に、芸能界を一時休止する事を同時に発表しています。

その後出産を経てからは、本格的に復帰する事もなく、事実上の引退となりました。

石川秀美はできちゃった婚だった?

Free-Photos / Pixabay

実は結婚を発表した際、同時に妊娠8ヶ月である事も明かしていました。今でいう「できちゃった婚」でした。

トップアイドルの妊娠・結婚報道で、当時のファンには衝撃のニュースとなりました。

度々夫婦でCMに出演している

石川秀美さんは何度か夫の薬丸裕英さんとCM共演をしています。

1995年のライオン「スパーク」から始まり、イオン「幸せの黄色いレシートキャンペーン」「ほけんの窓口」「日清サラダ油セット」「メットライフ生命保険」と、大きな企業CMに夫婦で出演されています。

子供は何人?芸能活動はしているの?

お2人の間には、子供が5人おられて、3男2女の母親として、石川さんが日々奮闘しているとの事です。

芸能界引退後は、主だった芸能活動はしていませんが、CM出演と夫・薬丸さんへのコメント(書面・声)での出演をする程度に留まっています。

長女の留学を機に、ハワイへ!

Free-Photos / Pixabay

石川秀美さんの子供たちは、海外留学をする事を基本としています。3人の男の子たちは、皆1人で海外留学を経験させてきました。

しかし、長女の留学を考えた際、女の子1人で海外留学は心配という事になり、次女を連れた3人で、長女の留学先であるハワイに移住する事を決断しました。

薬丸裕英は週末にハワイ通い?

happymom33 / Pixabay

長女の留学が終わると同時に帰国する予定でしたが、次女と2人でハワイに残る事となりました。

薬丸裕英さんは、週末になるとハワイに来て帰るという生活をここ何年も繰り返しているという事を、「直撃!シンソウ坂上」の中で明かしていました。

石川秀美の現在の様子は?夫・薬丸裕英のブログに度々登場!

石川秀美さんの現在の様子は、夫の薬丸裕英さんのブログ「Rainbow Family」で見る事ができます。50代とは思えない、アイドル時代のままの美しさと評判です。

ブログの広告リンクには、石川さんのプロデュースする「ALOHIRANI(アロヒラニ)」のホームページも掲載されています。

石川秀美のヒット曲10選!

BEP / Pixabay

1980年代、数多くのアイドルが活躍する中、石川秀美さんもたくさんのヒット曲を発表しています。

ここで、「石川秀美ヒット曲10選」と題して、ヒット曲の数々を紹介していきたいと思います。

「妖精時代」

1982年4月21日、松本隆作詞・小田裕一郎作曲「妖精時代」で歌手石川秀美が誕生しました。

「さわやか天使」というキャッチフレーズで、現在より少しふっくらした初々しい石川秀美さんの動画が、youtubeでも公開されています。

「ゆ・れ・て湘南」

デビュー曲から3ヶ月後の7月21日、2枚目のシングル「ゆ・れ・て湘南」が同作詞作曲でリリースされました。オリコンチャート最高29位と、人気アイドルとして飛躍を始めます。

「涙のペーパームーン」

1983年1月1日には、麻木かおる作詞作曲「涙のペーパームーン」を4枚目のシングルとしてリリースしました。

「ゆ・れ・て湘南」のせつなさから一転、石川秀美さんの健康美な魅力を引き出す、アップテンポな曲調が、当時の勢いを象徴すると評されています。

「Hey! ミスター・ポリスマン」

同年3月21日には、松宮恭子作詞作曲「Hey!ミスター・ポリスマン」を5枚目シングルとしてリリースしました。

1983年から85年にかけて、TBSの人気歌番組「ザ・ベストテン」に16週連続トップ10入りを果たしていますが、この曲が最初にランクインした曲として有名です。

「ミステリーウーマン」

1984年10月24日、松宮恭子作詞作曲「ミステリーウーマン」を12枚目のシングルとしてリリース。

「ザ・ベストテン」では、最高の7位タイの記録を残している代表曲となります。

「もっと接近しましょ」

シングル売上で言うと、「Hey!ミスターポリスマン」「ミステリーウーマン」「涙のペーパームーン」がトップ3になりますが、オリコン最高位が最も高かった曲が「もっと接近しましょ」でした。

オリコンチャート4位まで上昇したこの曲は、1985年1月23日にSHOW作詞・黒住憲五作曲でリリースされました。

「SHOOT SHOOT」

ポップで健康的な歌が多かった時期から、パンクロック調のノリの良い音楽へと転換していきます。

1986年7月21日リリースのアルバム「PASTICHE」の中の「SHOOT SHOOT」(佐藤ありす作詞・S.Lambert / S.Byrd作曲)は、後期の石川秀美さんを象徴する曲となっています。

「熱風」

大人っぽい女性へと変貌していく石川秀美さんを演出するために作られた曲が11枚目のシングル「熱風」でした。

少し戻って、1984年7月25日、鈴木博文作詞・林哲司作曲でリリースされました。

作曲の林哲司さんは、元々石川秀美さんのファンで、曲をようやく手掛ける事ができた喜びと、この曲で石川さんを大人のイメージにしたかったと、後に語っています。

「サイレンの少年〜遠くで抱きしめて〜」

「ザ・ベストテン」でのトップ10入りが最後となったのが、1985年12月18日リリースの「サイレンの少年~遠くで抱きしめて~」(売野雅勇作詞・芹澤廣明作曲)でした。

「愛の呪文」

「サイレンの少年~遠くで抱きしめて~」の1つ前のシングル、「愛の呪文」は、コーセー化粧品タイアップソングとしてのタイアップ効果もあり、オリコン最高位7位まで上昇しました。

1985年9月18日、松宮恭子作詞作曲でリリースされた曲で、年末に様々な賞を受賞し、念願の紅白歌合戦初出場を果たすきっかけともなりました。

石川秀美と西城秀樹の関係は?

石川秀美さんは芸能界に入る前は、西城秀樹さんのファンである事を明かしています。地元の団地祭りで、西城さんの歌を唄った思い出を語っていました。

そんな西城秀樹さんが、後の石川秀美さんに大きな影響を与える人物となります。お2人の関係についてまとめていきたいと思います。

NEXT:石川秀美は西城秀樹がきっかけで芸能界に?
1/2