ナルシストとは?本来は違う意味?ナルシストの特徴を含め徹底解説 恋愛・心理

ナルシストとは?本来は違う意味?ナルシストの特徴を含め徹底解説

ナルシストという言葉の本当の意味を知っていますか。ナルシストという言葉の語源は古く、しかも深い意味があります。今回は、ナルシストと言われる人の性格・特徴及び行動について解説します。この記事を参考にしてナルシストかどうか診断して見てください。

目次

[表示]

何気なく使っている「ナルシスト」、その意味は?

lord_kedaar / Pixabay

私達はナルシストという言葉をなにげなく使っています。私達が、ナルシストと言う言葉が持つイメージは決して良いものではありません。それはナルシストには否定的で悪いイメージがあるからです。

ところがナルシストの本当の意味は、私達が持っていたイメージとはかなり違ったものです。本当の意味はとても肯定的な言葉です。今回は、余り知られていないナルシストの本当の意味を紹介します。

またナルシストの意味が生まれた語源についても紹介します。さらにナルシストと言われている人の性格や特徴を解説して、ナルシストと上手く付き合うコツも紹介します。

自己陶酔やうぬぼれへの批判として用いられるナルシスト

geralt / Pixabay

私達は、ナルシストと言う言葉にネガティブなイメージを持っています。「自分の裸を見つめてウットリしている人」「自分のことしか考えない人」という風に、漠然とネガティブなイメージを持っています。

ナルシストと言う言葉に対して、大なり小なり嫉妬や軽蔑の気持ちを持って使っている人が多いのではないでしょうか。それではナルシストという言葉は、どういう風に使われているのでしょうか。

ナルシストはどんな風に使う?例文は?

Raaima / Pixabay

ナルシストという言葉は否定的な意味があるので、他人に対して使う場合には注意しましょう。また他人に言われた場合でも、性格を否定される意味になるので用心しましょう。

現代では、ナルシストという言葉は「自己陶酔」するとか「うぬぼれる」ような性格という意味になります。またナルシストと言う言葉には、自分に性的な欲望を抱くほど自分を愛すると言う意味もあります。

活用法としては「あの人は異常に化粧が長いのでナルシストに違いない」とか、「自分のことしか考えないナルシストだ」という感じで使われます。

ナルシストを英語で言うと?英語での活用法は?

6335159 / Pixabay

ナルシスト自体英語ですが、英語の場合は「ナルシシスト」と言います。「He’s a narcissist」(彼はナルシシストだ。)という風に断定的に使われます。

自己愛という部分を強調する場合は、「He’s so narcissistic」彼はとても自己陶酔的だ。という言い方になります。

または「”I’m the best!” he said,narcissistically」(「自分最高!」と彼は自己陶酔的に言った。)と言う風に使われます。

心療内科的にはナルシストは病気?

stevepb / Pixabay

ナルシストは心療内科的には「自己愛性パーソナリティ障害」と言われる病気です。自分を愛することができない為に、理想の自分に妄想を抱きます。その結果、社会生活に支障をきたすようになります。

具体的な症状は、ありのままの自分を愛することができずに葛藤します。その結果、自分は偉大で素晴らしい人間だと妄想するようになりやがて不安神経症を伴うようになります。

病気かどうかの鑑別は専門医が面接によって判定します。鑑別の基準は鬱病(うつびょう)の症状と、物質使用障害(薬物依存)の傾向がどの程度あるかによって判定されます。

自撮りをTwitterやインスタに投稿しまくる人=ナルシストではない?

viganhajdari / Pixabay

自分で自画像を撮影して、ツイッターなどに投稿する人の中には本物のナルシストもいるでしょう。しかし、現代は多くの人が自分を撮影します。それだけでナルシストだと断定するのは乱暴です。

ナルシストは、自分が自分に対して持つ感情なので明らかに主観なのですが「自分を愛する」強さが過剰になり、態度や行動に出ることによって他人からナルシストだと言われるようになります。

私達がナルシストと言う言葉を使う時は、客観的に見て「ヤリ過ぎじゃない」と感じた場合に使う場合が多いです。では次にナルシストの語源とナルシストの本当の意味を解説しましょう。

関連する記事はこちら

良い意味で使われる?ナルシストの本当の意味とは

Pexels / Pixabay

ナルシストと言う言葉は、外国でも日本でも否定的で悪い意味に使われる場合が多いです。このナルシストという言葉は、いつから使われ始めたのでしょうか。まずは、ナルシストの語源を紹介します。

そして、本来は肯定的な意味を持つと言われているナルシストの本当の意味も併せて紹介しましょう。

語源はギリシャ神話の「ナルキッソス」

wallner / Pixabay

ナルシストの語源はギリシャ神話にあります。古代ギリシャに若くて美しい「ナルキッソス」という少年がいました。オリンポス十二神で、愛と美と性をつかさどる「アプロディーテー」は彼の美を讃えて贈り物をします。

ところが、贈り物を侮辱したナルキッソスはアプロディーテーに呪いを掛けられます。その結果、ナルキソッスは他人から愛されなくなり、また他人を愛することもできなくなります。

自分を愛することしかできなくなったナルキッソスは、ある時、喉の渇きを癒そうとして泉に近づきます。その時、泉の中に現れた美しい少年に恋をします。だが、それは川面に映った自分の姿だったのです。

zjbrewer / Pixabay

ナルキッソスは自分に恋するあまり泉から離れられなくなって食事も摂れずやせ細って死んだと言われています。また別の説では、泉の中の自分にキスをしようとして溺れ死んだと言われています。

その後、泉には水仙の花が咲いたと言われています。その神話にちなんで水仙の花言葉はナルシストなのです。ちなみにナルキッソスが掛けられた呪いについては別の説もあります。

それによると冷酷なナルキッソスに恨みを持つ者が復讐の女神ネメシスに呪いを掛けて貰ったというものです。いずれにしても、自分に恋した美少年「ナルキッソス」の神話がナルシストの語源です。

ナルシストは元々、心理学用語?オランダ語で正しくはナルシシスト

ナルシストと言うのは、心理学で最初に言われ始めた言葉です。英語読みのナルシシストも意味は同じです。日本ではナルシストの方が定着しています。

自分を恋したナルキッソスの神話が、語源になったナルシストという言葉ですが、現在は自分を溺愛するという否定的な意味を持っています。

ナルシストの本当の意味は、「自分を愛せる人」?

DanaTentis / Pixabay

ナルシストの本当の意味は、実は肯定的な意味があります。本当の意味は「自己愛」つまり自分を愛する能力のことです。別の言い方をすれば自分を肯定する能力・感性と言ってもいいでしょう。

なお、本当の意味は「自己愛」ですが、自己陶酔もうぬぼれも意味は同じようなものです。要するに分別のある自己愛と、度を超えた自己陶酔やうぬぼれの両方がナルシストなのです。

良い意味でのナルシストの特徴は?

FotoRieth / Pixabay

良い意味でのナルシストには自分を大切にするという特徴があります。また自分を傷つけるような危険なことから遠ざかろうとする特徴があります。また向上心も自己愛の1種と言えるでしょう。

本来は良いものであるにも関わらず否定的に使われているのは、度を超すと良くないと言う要素があるからでしょう。うぬぼれも度が過ぎると他人の反感や嫉妬を買います。

ナルシストという言葉には「ちょっとやり過ぎじゃないの」という、他人からナルシストに対する批判的なメッセージが込められているのです。

現代版ナルシストの特徴は?【行動・見た目編】

Free-Photos / Pixabay

現代のナルシストの意味は、本来の「自己愛」という意味に加えて「自己陶酔」「うぬぼれ」「目立ちたがり」「自己中心的」という意味があります。

自己陶酔もうぬぼれも、他人が不快にならない程度ならナルシストと呼ばれることはないでしょう。そういう意味では、現代のナルシストは「ナルシスト的」な傾向のある人に使われるという特徴があります。

それでは行動や見た目で分かるナルシストの特徴を紹介します。

鏡をチェックする回数が多い

kaboompics / Pixabay

鏡をいつも持ち歩いて、頻繁に自分のフェイスチェックをしている女性に多いです。化粧の回数が多いという理由だけでナルシストだと決めつけるのは乱暴ですが、要は程度の問題です。

芸能人なら仕事で何度も鏡を見ることはあります。単純に鏡を見る回数が多い人はナルシストの傾向がある人と言っていいでしょう。目に余るような場合はナルシストだと言われるでしょう。

芸能人かと思うような服装やファッション

ナルシストと聞いて、一番最初にイメージするのは芸能人です。自分の魅力に誰よりも関心があるのが芸能人です。芸能人はとかく目立つ服装を好み自分の魅力をアピールします。

ところが、一般の人は周囲の人と極端に違う服装はしません。そういう意味では、普段から芸能人のような派手なファッションを好む目立ちたがりの人は、ナルシストと言っていいでしょう。

隙あらば自分アピール

Pexels / Pixabay

常に目立ちたがる性格の人もナルシストに多いです。普通の人は人前で目立ちたがることはありません。それどころか、人前に出るのを嫌がるのが普通です。目立ちたがる人は自信過剰な人に多いです。

また、目立ちたがる人は自分の魅力に自信を持ち、うぬぼれているので他人に自慢したいと言う気持ちが強い人です。さらに自分を認めて欲しいという承認欲求が強い人もナルシストに多くみられる特徴です。

自分の話題が大好き

pasja1000 / Pixabay

自分のことが話題になっていないのに、強引に自分のことを話題にするにもナルシストに多い特徴です。その深層心理には、自分の魅力に気がついて欲しいという自己顕示欲があります。

普通の人は、自分の話題に触れられることを嫌がる人が多いのですが、ナルシストは自己顕示欲が強いので自分が話題になると喜ぶ傾向にあります。

その割に人の話は聞かない

geralt / Pixabay

ナルシストは、自分のことに興味はある反面、他人に対して興味を持ちません。その為に自分の話を聞かせたがるのに他人の話は真面目に聞かないという特徴があります。

あるいは他人の話を聞いているふりをしていても、無関心で真面目に聞いていないように見えるので、自分勝手で冷酷な人に見られがちです。

ポーズを決めての自撮り写真や自作ポエムをSNSに投稿する

27707 / Pixabay

最近はモバイルが普及したので、自分で自分を撮影する人が増えました。そんな人の中で、自分の良い所を見て欲しいという気持ちを異常に強く持っているのがナルシストです。

自分の写真を撮るのは自然な行為で、誰もが普通にやる行為です。ただし、自分が撮影した写真や動画をSNSに投稿する人の中に、ナルシストが多いのは間違いないでしょう。

夢は大きいが行動はしない

DanaTentis / Pixabay

ナルシストは、自分に対する期待が大き過ぎて誇大妄想を持つ傾向にあります。ところが大きな夢は持つのですが行動が伴わないという特徴があります。

あまりにも理想が高すぎて現実が夢に追いつくことはありません。そのため慢性的な欲求不満になることが多くなり、誇大な夢を膨らませるのですが行動が伴わない傾向にあります。

人の意見を否定して、従わせようとする

Free-Photos / Pixabay

ナルシストは自分のことに関心が強すぎて独善的になりがちです。その為、他人の意見を否定することが多くなります。そして自分の意見に従わせようとします。良い意味で解釈すれば自信があるからでしょう。

ただ、根拠も何もなく虚栄心だけで自分の意見に従わせようとすることが多いので他人から反発を受けることが多いです。

傷付きやすい

Free-Photos / Pixabay

ナルシストには、傲慢になりやすい特徴があると同時にタイプによっては傷つきやすいナルシストもいます。自分自身の才能や魅力に対する要求が強すぎるので反対に挫折しやすいという欠点を持っています。

その為、些細なことで傷ついたりします。そんなタイプのナルシストは機嫌が良い時と悪い時の波が激しいです。結果的に他人からは、気まぐれな性格と思われるのもナルシストの特徴と言えるでしょう。

失敗を周りのせいにする

Pexels / Pixabay

失敗を認めたくない心理は誰の心にもあります。ただし、明らかに自分のミスで失敗した場合はミスを認めざるをえません。ところがナルシストには、自分の失敗を認めないタイプが多いです。

それは言うまでもなく自分は他の人より美しい。あるいは優れていると思いたいからです。その為にミスをしても自分がミスをしたと思いたくないので他人のせいにしがちです。

サプライズをするが相手の為ではない

RyanMcGuire / Pixabay

ナルシストが相手を驚かせるのは自分に注目してほしい。自分に気がついて欲しいという心理があるからです。サプライズする場合の多くは相手を驚かせて楽しませてあげようとする気持ちからではありません。

目的達成の為に周囲を利用する

geralt / Pixabay

ナルシストには自己中心的な人が多いです。また成功に対する欲求も強いので、他人を利用しても構わないと思いがちです。自分が良ければそれでいいという独善的な考えに陥りやすいのです。

フォロワーの数に敏感

Alexas_Fotos / Pixabay

ナルシストは、ツイッターのフォロワーの数に異常にこだわる人が多いです。自己顕示欲が強すぎるので、他人に認められない自分を許すことができないのです。

その為、自分のフォロワーが多いと有頂天になり逆に少ないと不快になります。自分が認められているか、いないのかということに敏感で、そのことを気にするのがナルシストです。

スキンケアや筋トレに余念がないタイプも

skeeze / Pixabay

ナルシストには筋力トレーニングやエアロビクスを好む人が多いです。間違ってはいけないのは、筋力トレーニングをする人やエアロビクスをする人が全てナルシストというわけではありません。

しかし、ナルシストは自分の体をより美しく、より魅力的にしたいと思っている人が多いです。そして自分の肉体に酔いしれるのです。そう考えればボディビルダーにナルシストが多いというのは事実です。

勘違いしがち

KELLEPICS / Pixabay

ナスシストの語源は、自分に恋したナルキソッスが語源です。ナルキシスは泉に映った自分を他人だと勘違して恋をした結果、ナルシストという言葉が生まれました。

その語源を考えると、ナルシストは自分の魅力を勘違いしている人と言い換えることもできます。ナルシストは常に誇大な妄想をします。他人から良く思われている。あるいは嫌われている。

いずれにしても、過度な思い込みや主観にとらわれて行動するので、勘違いを起しやすいのが特徴です。

tiktokはナルシストの巣窟だと言われている

kennethr / Pixabay

TikTok(ティックトック)とは、15秒~1分程度の短い動画を作成してスマホなどで投稿できるモバイルアプリです。自分を愛するナルシストが大好きになりそうなアプリがTikTokです。

言い換えればナルシストの社交場あるいは巣窟だと言ってもいいでしょう。ただし、TikTokを利用する人が必ずナルシストだとは限りません。

NEXT:関連記事はこちら
1/3