緑魔子の現在の活動は?夫は石橋蓮司で娘がいる?画像・動画あり!

緑魔子さんは、華奢な肢体に大きな瞳、甘い声が魅力の女優です。1979年に現在の夫である石橋蓮司さんと結婚され、ひとり娘がいます。ドラマ「傷だらけの天使」で萩原さんと共演し、「盲獣」など著名な監督の作品に出演しています。そんな緑魔子さんのことを紹介します。

緑魔子とは?夫は石橋蓮司?娘がいる?

1964年、東宝映画「二匹の牝犬」で、小川真由美さんと共演して有名になった緑魔子さんは、華奢な肢体に大きな瞳、小悪魔的で存在感のある女優です。

そんな緑魔子さんの夫は、俳優の石橋蓮司さんで、2人の間にはひとり娘がいます。2人の間に生まれたひとり娘は、一般の女性ですから、詳しい情報などは分かっていません。

女優・緑魔子のプロフィール

緑魔子さんは、1944年3月26日生まれの女優で、現在75歳です。夫は石橋蓮司さんで、1975年に夫の石橋蓮司さんと共に劇団「第七病棟」を設立しています。

台湾の台北市で生まれ、宮崎県児湯郡高鍋町で育ちますが、経済的に貧しく自らアルバイトをしながら高校に通っていたそうです。宮崎県立宮崎大宮高等学校を卒業後に上京しています。

家政婦やバーのホステスなどの経験を経て、女優を目指してNHK演技研究所に入所、東宝のニューフェイスとして研修生となっています。1964年、東宝映画「二匹の牝犬」で主演に抜擢されています。

昭和の銀幕で小悪魔的な甘い声と抜群の存在感を放ち活躍した

緑魔子さんは、華奢な肢体に大きな瞳、甘い声と小悪魔的な雰囲気で、存在感のある女優です。

旦那は俳優の石橋蓮司

緑魔子さんは、1979年に石橋蓮司さんと結婚されていますが、そのずっと以前から同棲生活をされていました。

当時の石橋蓮司さんは、まだ子役上がりの無名の新劇俳優でしたが、緑魔子さんは既にスター女優でした。

そんな石橋蓮司さんでしたが、石橋さんは緑さんに「お前さあ」とため口で話しかけていたといいます。普通なら、緑さんが怒りそうな事柄ですが、緑魔子さんはそんな石橋蓮司さんが気に入ったようです。

1966年に「非行少女ヨーコ」で共演したのが交際のきっかけ

緑魔子さんと石橋蓮司さんとの出会いは、1966年の緑魔子さんの主演映画「非行少女ヨーコ」で共演したのがきっかけでした。

その後も1967年の映画「男なんてなにさ」でも共演しています。

緑魔子さんは、石橋さんとの交際について、新劇の俳優と付き合うことはメリットがあるからと語っていたそうです。

NEXT 緑魔子と石橋蓮司のあいだには1970年に娘が誕生