嶋田久作は加藤役で有名になった?ハデスの声優も!大の猫好き?

個性派俳優のなかでもひときわ目立つ嶋田久作さん、180cmの身長を生かして演じた魔人加藤役のインパクトが強烈ですが、プライベートでは大の猫好きで有名です。またディズニー映画で悪役「ハデス」の吹替えもしています。これから嶋田さんのことを詳しく紹介しましょう。

嶋田久作の現在は?活動と出演情報

嶋田久作さんは今現在でも、大変精力的に芸能活動をしています。それでは具体的に見ていきましょう。

身長や今の年齢は?嶋田久作のプロフィール

嶋田久作さんは1955年4月24日、神奈川県横浜市で生れました。2019年6月現在で64歳になります。

学歴は、横浜市立瀬谷中学校から幾徳工業高校専門学校へ進学するも中退、その後東洋大学文学部哲学科を卒業しました。

大学卒業後にさまざまな職業を経験した後、29歳で芸能界デビューをしています。身長は180cmで、すらりとした細身のスタイルなので更に高身長に見える特徴があります。

嶋田久作の画像はある?

嶋田久作さんといえば、1988年の映画「帝都物語」の魔人加藤役の画像が一番目を引きますが、現在に至るまで大変多くの画像がネット上でヒットします。写真だけでなく、似顔なども散見されます。

現在も数多くの作品に精力的に出演している

嶋田久作さんは、現在でも非常に多くの作品に出演しています。映画では2019年公開の、最新作3作品に出演しているほど精力的です。

また、TVでも今年はテレビ東京のドラマ「フルーツ宅急便」に出演しています。嶋田さんは、妻を亡くした72歳の元警官の丸谷役です。デリヘル嬢に運命を感じ、惚れてしまう老人を好演しています。

それ以外に、テレビ東京のドラマ「さすらい温泉 遠藤憲一」や、日本テレビのドラマ「頭に来てもアホとは戦うな!」、そしてNHKBSプレミアムのドラマにも出演しています。

映画「ブルーアワーにぶっ飛ばす」

嶋田久作さんは今秋公開予定の映画、箱田優子原作・監督作品「ブルーアワーにぶっ飛ばす」に出演しています。

これは、「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」において、審査員特別賞を受賞した箱田監督の「ブルーアワー」を、映画化したものです。

女優の夏帆さんが主演で、30歳になっても自分に自信が持てず、出身地の茨城にコンプレックスを持ちながらも奮闘して、自分探しをする主人公を演じています。

NEXT 映画「こはく」