世渡り上手はどんな人?特徴やなり方を知る事で人間関係も円滑に! 恋愛・心理

世渡り上手はどんな人?特徴やなり方を知る事で人間関係も円滑に!

この記事では、世渡り上手な人の性格や行動などの特徴についてご紹介します。世渡り上手な人は人間関係を円滑に進めることができ、それが様々な場面で有利に働くことでしょう。実際に世渡り上手な人になるための方法もご紹介していますので、ぜひ世渡り上手を目指しましょう。

目次

[表示]

人生順風満帆?世渡り上手とは

bugent / Pixabay

ではまず、「世渡り上手」とはどのような意味なのかについて見ていきましょう。

世渡り上手はどんな意味?

Free-Photos / Pixabay

世渡り上手の「世渡り」というのは、そもそもは世を渡る、つまり生活していくことを指します。では、世渡りというのは「生活が上手」という意味なのかというと、それだけではありません。

世渡り上手というのは、「有利な人間関係を築いて、人生を成功させる」という意味を持っています。世渡り上手な人になるためには、「いかに人間関係を上手く築いていくか」ということが大切になるのです。

世渡り上手の反対語や類語は?

geralt / Pixabay

人間関係を上手く築き人生を成功させることを「世渡り上手」というのであれば、その反対語は何と言うのでしょうか。

一般的には世渡り上手の反対語は、「世渡り下手」と言われることが多いです。その言葉の通り、人間関係があまり上手くいかなかったり、立ち回りが下手な人のことを指す言葉です。

また、世渡り上手の類義語としては、「そつがない」「立ち回りが上手い」「処世術に長けている」などといった言葉が挙げられるでしょう。

世渡り上手は周囲からあざといと思われる事も?

RobinHiggins / Pixabay

世渡り上手な人は、時に周囲から「あざとい」と思われてしまうこともあるでしょう。特に世渡り下手な人から見ると、世渡り上手の人はあざとい人に見えてしまうかもしれません。

しかし、世渡り上手な人は誰かに媚びを売ったり裏で悪口を言うようなことはありません。「世渡り上手」な人と「あざとい」人を混同してしまう人も多いようですが、本来はかなり違うものであると考えて良いでしょう。

関連する記事はこちら

あなたはどう?世渡り上手診断

qimono / Pixabay

では、実際に自分が世渡り上手かどうかを簡単に見極める方法はあるのでしょうか。

ネットで「世渡り上手 診断」などと検索すると、世渡り上手度を診断してくれるサイトが多く出てきます。どれも簡単な選択問題で世渡り上手かどうかを診断してくれるので、気になる人はぜひチェックしてみましょう。

世渡り上手な人の特徴【行動・外見編】

rawpixel / Pixabay

ではここからは、世渡り上手な人の特徴について見ていきましょう。まずは、行動や外見など周囲の人から見てもわかりやすい特徴からご紹介します。

危機管理能力が高く、悪い事から逃げるのが得意

Buecherwurm_65 / Pixabay

世渡り上手の人は、危機管理能力が高いです。自分の身に危険なことが迫っていれば、それをすぐに察知することができます。

つまり、自分にとって都合の悪いことが起きそうあるいは起きていると感じたら、すぐにその場から逃げることができるのです。

楽しみながらよく聞き、よく話す

Pexels / Pixabay

聞き上手な人はモテるとよく言われますが、それだけではなく話のも上手なのが世渡り上手な人の特徴です。

自分の思いを周囲に伝えるのが得意ですが、自己主張をするばかりではなく周囲の言葉にもきちんと耳を傾けられる人なのです。

そのため、世渡り上手の本人も会話している相手も、お互いに楽しく会話をすることができるのです。

笑顔でいる事が多く、印象が良い

StockSnap / Pixabay

世渡り上手の人は、常に笑顔を欠かしません。常に笑顔の人とそうでない人、どちらの方が印象が良いでしょうか。恐らく多くの人は、常に笑顔の人の方が印象が良いと感じることでしょう。

世渡り上手な人の穏やかな雰囲気に惹かれて、自然と周囲に人が集まってくるのです。

面倒見が良く、困ってる人に手を貸す

geralt / Pixabay

世渡り上手な人は面倒見が良く、周囲に困っている人がいれば迷わずに手を貸します。特に後輩に対しては、相談に乗ってあげたり問題の解決方法を親身になって一緒に考えてくれることでしょう。

後輩から慕われるのはもちろんのこと、後輩を上手に教育することは会社の利益にも繋がりますから、結果的に多くの人に慕われるようになるでしょう。

話しかけやすい雰囲気を持つ

congerdesign / Pixabay

周囲から見て「感情の起伏が激しいな…」と感じる人には、どうしても話しかけにくいですよね。何か伝えなくてはいけないことがあっても、話しかけるタイミングに迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

しかし、世渡り上手な人が相手であればこのようにタイミングを伺う必要はありません。常に話しかけやすい雰囲気を持っているのが、世渡り上手な人の特徴です。

空気を読む能力に長ける

StockSnap / Pixabay

世渡り上手な人は、常に情報収集を欠かしません。普段から、周囲の人たちの様子もよく伺っていることでしょう。

そのため、どんな場所においても空気を読むことが得意です。誰に対してどのように対応すれば良いのかわかっているので、会話する相手も話しやすく感じることでしょう。

人をよく食事に誘う

Free-Photos / Pixabay

誰かと一緒に食事をするのは、お腹だけではなく心を満たすことに繋がります。世渡り上手な人は誰かを食事に誘って会話を楽しみながら、相手の心を自分の方に向かせることが得意なのです。

相談には親身になって応じる

nastya_gepp / Pixabay

面倒見が良い世渡り上手な人は、人の相談事に親身になって応じるのも得意です。

単に話を聞くだけではなく、問題の解決方法や今後どうしたら良いかということについても一緒に考えてくれるので、多くの人から慕われる存在でしょう。

人の悪口を言わない、争わない

Engin_Akyurt / Pixabay

たとえ些細な一言であっても、人の悪口は人間関係を築く上で悪影響を及ぼす可能性があります。

世渡り上手な人はそのことを十分に理解しているので、悪口は滅多に言いませんし、誰かの悪口に同調するようなこともありません。

また、人と滅多に争うことがないのも世渡り上手な人の特徴です。むしろ、周囲で起きた争いごとの仲裁を任されることが多いと言えるでしょう。

適度に力を抜くなど要領が良くメリハリがある

Lernestorod / Pixabay

世渡り上手な人は、メリハリがあるのも特徴です。職場でも真面目にやる時は真面目にやる、楽しむ時は楽しむといったような切り替えが上手です。

また、物事にきちんと優先順位をつけて取り組んだり、必要以上に力を入れて仕事をするということもないので、疲労やストレスに悩まされることも少ないと言えるでしょう。

自分の力を誇示したりしない

1643606 / Pixabay

世渡り上手な人は、自分の力を周囲に誇示することもありません。たとえ高い能力を持っていたとしてもそれを隠し、常に謙虚な姿勢でいることを忘れないのです。

そんな謙虚さを持つ世渡り上手な人に甘えられたり頼られたりすれば、周囲の人たちは思わず助けてあげたくなってしまうでしょう。

話題が非常に豊富

StockSnap / Pixabay

常に様々なジャンルの情報収集を欠かさずに行うのも、世渡り上手な人の特徴です。そのため、話題が非常に豊富で、長時間話していても相手を飽きさせることはないでしょう。

行動は常識的でマナーを守る

WilliamCho / Pixabay

世渡り上手な人は、常識人でもあります。常識的でマナーを守るということは当たり前のように思う人もいるかもしれませんが、これが上手に人間関係を築いていく上で非常に重要なポイントなのです。

反対に非常識な態度を取れば、周囲の人たちを不快にさせ、良好な人間関係を築くための大きな壁となることでしょう。

連絡がマメで時間はしっかり守る

JESHOOTS-com / Pixabay

世渡り上手な人は、周囲との連絡もマメで、時間もしっかり守ります。時間にルーズな人というのは、それだけで「信用ならない人」に思えてしまいますよね。

世渡り上手な人は約束の時間や納期を守るだけではなく、周囲への報告・連絡・相談のいわゆるホウレンソウも欠かさないので、周囲から良い印象を持たれることが多いでしょう。

清潔感のある身だしなみ

Pexels / Pixabay

「人は見た目が第一印象」という言葉もある通り、世渡り上手な人になるためには身だしなみも非常に重要です。初対面で清潔感が良い人であれば、それだけでもプラスな印象になりませんか?

上手く人間関係を築いていくためには、周囲の人たちに自分に対する良い印象を持ってもらうことが大切なのです。

世渡り上手な人の特徴【性格・内面編】

congerdesign / Pixabay

では続けて、世渡り上手な人の性格や内面の特徴を見ていきましょう。

甘えるのも褒めるのも上手

un-perfekt / Pixabay

自分で何でもこなしてしまう人は「出来る人」という感じがしますが、どうしても近寄りがたいイメージになってしまうこともしばしばあるでしょう。

それを本能的に理解している世渡り上手な人は、周囲の人たちに甘えたり頼ったりするのが得意なので、周囲の人たちから助けてもらったり可愛がられたりすることが多いでしょう。

また、周囲の人たちを褒めるのも上手です。あからさまなお世辞では気分を悪くする人もいると思いますが、世渡り上手な人の場合はお世辞などではなく、さりげなく相手を褒めることができます。

人を思いやる気持ちももっている

congerdesign / Pixabay

また、世渡り上手な人は周囲の人を思いやる気持ちも欠かしません。相手が求めていること、相手のために自分ができることなどを常に考えて行動しています。

当然目上の人に対する気遣いも上手にできますから、そういう意味でも可愛がられることが多いかもしれません。

頼りがいがある

Anemone123 / Pixabay

周囲の人に甘えたり頼ったりすることが得意なのが世渡り上手な人の特徴でしたが、一方でいざという時に頼りがいがあるのも特徴のひとつです。

職場などでは、「この人に任せておけば大丈夫」と思われていることも多いでしょう。普段から頼りがいのある人だからこそ、困っている時には周囲の人たちが手を差し伸べてくれるのかもしれませんね。

協調性がある

rawpixel / Pixabay

協調性があるというのも、上手に世を渡っていくために大切なポイントです。自分だけが得することを考えているのではなく、周囲の人のことも常に気にして行動するので、周囲に敵が少ないと言えるでしょう。

敵が少なければその分世渡りがしやすくなります。良好な人間関係を築く上で、協調性というのは欠かせないものでしょう。

多趣味で情報通

fancycrave1 / Pixabay

世渡り上手な人は多趣味である場合が多いです。趣味が多ければ多いほど、様々な人の趣味を理解し、相手に合わせて話題を変えることができるからです。

そんな世渡り上手な人は、情報通と言うことができるでしょう。自分の中にある様々な情報から相手に合う話題を見つけ出して楽しませることができるのは、人間関係を築く上で非常に役に立つスキルと言えるでしょう。

男性の場合、犬っぽい

Free-Photos / Pixabay

世渡り上手な男性の場合、明るく従順な姿は犬に例えられることが多いです。上司や先輩の指示にしっかりと従い、さらに周囲から可愛がられるその姿はまさに犬のようです。

世渡り上手な人が周囲から好かれるのは「才能」と言っても過言ではありません。自然と周囲の人たちを引き寄せる魅力を持っているのが世渡り上手な人の特徴なのです。

NEXT:女性の場合、お淑やか
1/2