血液型組み合わせで生まれる赤ちゃんは?カップルの相性ランキングも

親の血液型組み合わせで何型の子供が産まれるのかや輸血の可否など、血液型から知ることができる情報というのは多いものです。血液型によって恋愛の間相性占いができるという説もありますよね。血液型組み合わせについての情報を、相性ランキングも含めて紹介していきます。

血液型の組み合わせでわかることは?

mohamed_hassan / Pixabay

血液型組み合わせで分かることと聞いて、何を連想しますか?現在気になる相手がいる場合は、相手との相性占いの結果が気になるかもしれませんね。

また、両親の血液型組み合わせから生まれる可能性がある血液型の子供や、逆に決して生まれない血液型があるという話を耳にしたことがあるという人も多いでしょう。

そもそも血液型とは、どのように遺伝していくものなのでしょうか?遺伝による血液型組み合わせや、相性など、知っているようで意外と知らない、血液型組み合わせについて紹介していきます。

関連する記事はこちら

【血液型の組み合わせ一覧表】生まれる子供は何型?ありえないのは?

mario0107 / Pixabay

乳幼児が大きな病気をせずに育っていった場合「そういえば我が子の血液型を調べていない!」ということに、突然気が付く親御さんも多いことかと思います。

特に生まれてすぐの赤ちゃんの状態では血液型が確定しないため、知りたいけれど調べられないと気になってしまう方も少なくないでしょう。

ここでは、両親の血液型から誕生が考えられる子どもの血液型について紹介していきます。

日本では何型の人が多い?比率は?

guilaine / Pixabay

人間の血液型にはA型、B型、O型の3つの遺伝子が存在し、この中の2つの遺伝子を組み合わせて血液型が決定します。

日本人に多いとされる血液型とその比率は、以下のようになっています。

  • A型・39%
  • O型・29%
  • B型・22%
  • AB型・10%

やはり1位はA型という結果が出ました。日本でもそうなのですが、世界的に見てもAB型の人口というのは少ない傾向にあります。なんと国中に1人もAB型の人がいないというケースもあるのだそうです。

A型×A型から生まれる赤ちゃんの血液型とその比率は?

Pexels / Pixabay

両親ともにA型であった場合、間に生まれる赤ちゃんの血液型は以下のような割合になります。

  • A型・84%
  • O型・16%

A型が生まれる割合が圧倒的に高いですね。もともと日本に多いとされるA型同士の組み合わせから生まれる赤ちゃんの、4人に1人は親と同じA型になるわけです。

A型×A型から絶対に生まれない血液型の赤ちゃんは?

FeeLoona / Pixabay

両親がA型同士であった場合、B型とAB型の子供が生まれる可能性は0%です。B型の遺伝子を両親ともに持っていないことから、これらの血液型の子供が誕生することはありません。

NEXT A型×B型から生まれる赤ちゃんの血液型とその比率は?