目が死んでる原因や特徴は?改善方法や目が死んでる芸能人を紹介! 恋愛・心理

目が死んでる原因や特徴は?改善方法や目が死んでる芸能人を紹介!

目次

[表示]

目頭の三角部分にもアイラインを

kinkate / Pixabay

目のフレームをはっきりさせて目を大きく見せるために、目頭の三角部分にも薄くアイラインを引きましょう。引いているのか分からないぐらいが丁度よいです。

アイラインで少し輪郭をはっきりさせるだけで、まるで整形で目頭を切開したかのようなデカ目の効果が得られます。

目尻のラインはオーバー気味に

Gromovataya / Pixabay

目尻側は、目を閉じたときに元の目のフレームから浮かない程度に、オーバーライン気味で引きましょう。自分の目の形を見ながら流れるような自然さで引き、目の幅を広げます。

メイクした雰囲気が強まっても構わないようでしたら、目尻のラインを跳ね上げたキャットラインにしたり、下げたラインでタレ目を作るのもよいでしょう。

目尻のラインは、目のコンプレックスを変えられる重要な部分になります。

ハイライトは立体感を意識して

stux / Pixabay

まずアイホールの中心部分に、指やブラシを使ってハイライトを縦に入れます。そうすることでまぶたに艶や立体感が出て、華やかな印象になります。

次に目頭の下部分に、目の幅の3分の1程度の長さでハイライトを入れます。白目が大きく綺麗に見える効果があり、目に艶が出て見えるので、やる気のない目にも輝きを持たせることが出来ます。

アイシャドウはラメが大きめのものを選ぶ

stux / Pixabay

アイシャドウを使う時は、大きめのラメがふんだんに入っているものを選ぶようにしましょう。

下まぶたにラメの大きいアイシャドウを入れると、ラメの輝きが目に映りこんで目が輝いているようにも見えます。それにより目の死んでいる雰囲気を軽減する効果が得られるはずです。

眉毛は太めに

StockSnap / Pixabay

目が死んでいて力がない場合、眉が薄くて細いとよりその印象を弱めてしまいます。眉を描くときは太めに自然なラインで描くようにし、目もと全体の印象を濃くするようにすると効果的です。

ただし太めと言っても、手入れをしていないただのボサボサ眉毛では逆に疲れて見えてしまうことがあるので、きちんと整えるようにしましょう。

ワントーン濃いめのファンデーションを使う

Elen_gil / Pixabay

いつもよりワントーン濃いファンデーションを使うことで、顔色を健康的に見せたり、目の下のクマを隠すことが出来ます。

顔色が悪かったりクマができていたりすると、疲れが見えてしまい表情が暗くなりがちです。クマをコンシーラーを使って隠してからファンデーションを上に乗せると、より効果が得られるでしょう。

リップは血色よく、でも自然に

kaboompics / Pixabay

唇が血色の悪い色をしていると、顔色全体が悪く見え、目も死んだように映ってしまいます。リップは血色がよく見える明るい色を選びましょう。

ただし、顔色が悪く目が疲れているときにリップだけ「真っ赤」なものをつけると、唇だけが浮いてしまいアンバランスな感じになります。

ピンク系のベージュなど自然に血色よく見える色を選ぶようにし、その上にグロスも重ねればより顔色をよくすることが出来ます。

アイプチで二重にする

Free-Photos / Pixabay

前に述べたように、一重瞼の人はどうしても目力が弱くなり、目が死んでいるような印象を与えてしまいがちです。そのような場合はアイプチなどを使い、二重にしてみましょう。

最近ではアイプチの他に、テープタイプのものなど様々なグッズがあります。二重にすることでアイメイクも映えやすく、目もとの存在感をアップすることが可能です。

死んでる目は自分次第で改善できる

Pexels / Pixabay

目が死んでしまう要因には、その人の様々な心理や性格が含まれていることが分かりました。

中には通院が必要であるようなケースもありますが、ほとんどの場合は本人の心持ちや考え方を少し変えるだけで改善することが可能です。

どうせ自分は変われないとふさぎ込むのではなく、少しでもポジティブな思考を持ち、前向きな生活を送れるよう笑顔で過ごしてみてはいかがでしょうか。

関連する記事はこちら

3/3