目が死んでる原因や特徴は?改善方法や目が死んでる芸能人を紹介! 恋愛・心理

目が死んでる原因や特徴は?改善方法や目が死んでる芸能人を紹介!

「目が死んでる」と言われるキャラクターや俳優がいますが、実はそれは人気のあるキャラやイケメン俳優だったりします。目が死んでいるように見える原因とは一体何でしょうか。またその改善方法についても触れながらご紹介していきます。

目次

[表示]

目が死んでるって言われたら?

StockSnap / Pixabay

あなたは友人に「目が死んでるよ」なんて言われたことはありませんか?特に落ち込んでいる訳でもないのにそう言われると「なぜ?」と思いますよね。

実は、目が死んでると言われる人にはいくつかの特徴があるのです。そしてそれは見た目だけでなく、仕草や性格にまで表れていることがあります。

関連する記事はこちら

目が死んでる人の原因や心理は?

DanaTentis / Pixabay

「目が死んでる」と周囲に思わせる人は、いったいどのような原因でそうなるのでしょうか。心理的な原因を含めてみていきます。

スマホやパソコンによる目の疲れ

Free-Photos / Pixabay

目が死んでるように見える人は、目の疲れが表情に出てしまっている場合が多いです。

仕事でパソコンを使用していたり、長時間スマホを操作していたりと、現代では目を酷使する機会がたくさんあります。

目が疲れてしまうと、どことなく元気のない表情になり、それがまるで目が死んでるようなイメージを相手に持たせてしまうのです。

覇気がない

StockSnap / Pixabay

無気力さが目にあらわれてしまい、目が死んでるように見えるケースもあるようです。

気力と言うのは「頑張ろう」「しっかり生きよう」という気持ちなので、それがない状態というのは気持ちの上で問題を抱えてしまっています。

あまりに無気力な状態が続くようであれば、精神的な治療も視野に入れた方が良いかもしれません。

ミスや失敗によって落ち込んでいる

RyanMcGuire / Pixabay

何かしらの原因で落ち込んでしまっていることで目が死んでるような表情になる場合もあります。

仕事で大きなミスをしたり、失恋をしたりで深く落ち込んでしまい、目が死んでるようになっていることがあります。

この場合は一時的な気分の問題なので、落ち込んだ原因が解決すればまた目に生気が戻るでしょう。

なにかを疑っている

xusenru / Pixabay

自分以外の人を信じられず疑心暗鬼に陥っていることも原因のひとつとして考えられます。

身近な人や、信頼していた人に裏切られるとトラウマとなり、簡単に人を信じられなくなります。過去の辛い経験から、目や表情が死んでいるようになってしまうこともあるのです。

目が乾きやすい

sweetlouise / Pixabay

目が乾きやすく疲れ目になり、目が死んだようになってしまうケースもあります。いわゆるドライアイという症状です。

ドライアイは、涙の量が不足することで起こると言われていますが、涙は乾燥を防ぐだけでなく目を殺菌する働きもあるため、不足することは目にとって大きな負担となります。

なにかを嫌々やっている

geralt / Pixabay

仕事などで、本当はやりたくないことをやらなければならない状況にある時、「嫌だな」という気持ちが表情にあらわれることで、死んだ目になることがあります。

嫌なことは断れる立場であればそれほど負担は感じませんが、断れずやるしかない状況ではやる気が出ず、気力の無い顔になってしまいます。

不安を抱えている

xusenru / Pixabay

自分に自信がなく、不安な気持ちを抱えていると死んだ目になってしまいがちです。目には心理がそのまま出やすく、自分でも気付かないうちに秘めた不安があらわれてしまっていることがあります。

「どうせ自分なんて」と思いふさぎ込んでいると、ネガティブな思考が目にあらわれてしまい、相手に伝わってしまいます。

エネルギー不足

Leroy_Skalstad / Pixabay

目が死んでいる人は、エネルギーに満ちておらず声も小さい傾向があります。大きな声を出せるというのは内なるエネルギーがあるからこそです。

睡眠が足りていない、食事をきちんと摂っていないなど不摂生をしていると体調を崩しやすく、身体のダルさが取れないため死んだ目になってしまいがちです。

忙しすぎる

B_Me / Pixabay

あまりにも忙しく感情を表に出す余裕がない上に、疲れが原因となって目が死んだようになってしまうこともあります。

この場合、表情が死んでしまうだけでなく体調の面で注意が必要になるので、周囲にオーバーワークによって死んだ目になっているような人がいれば声を掛けるようにしましょう。

目が一重

ThomasWolter / Pixabay

一重瞼の人は二重の人に比べ目力が弱く、目が死んだように見えてしまう場合があります。

この場合心理的な原因ではないので、特に落ち込むことがなくても周囲に心配されてしまうようなことがあるかもしれません。

女性の場合はメイクなどで改善できる場合があるので、それほど気にすることはないでしょう。

目が死んでる人の性格や特徴は?

simonwijers / Pixabay

その時々で心理的な原因から目が死んでしまうことがありますが、死んだ目の人にはそもそもの性格に特徴があるものなのでしょうか。

生気が感じられない

Graehawk / Pixabay

目が死んでいる人は、活力がなく生気が感じられないのが特徴です。活力の無さが表情にあらわれてしまっています。

また表情だけでなく行動にもそれは表れ、何をするにしてもだらだらとするなど、無気力さが感じられます。

疲れた表情をしている

Pitsch / Pixabay

目が死んでいる人は、疲れた表情をしていることが多いです。なんとなくいつも気怠そうな雰囲気なので、周囲には「あまり動きたくない人」なのだというイメージを持たれがちです。

猫背で目つきが悪い

Chraecker / Pixabay

目が死んでいる人は、生気がないためうつむき気味になり、猫背になることが多いです。

いつもうつむき加減なので、上を見ようとしたとき目だけを動かして見ようとし、目つきが悪く見えることから「目が死んでる」と思われてしまいます。

粘り強さがない

目が死んでいる人は、何事に対しても諦めが早いという特徴もあります。

そもそも目が死んでいる人は何かを頑張ろうという気力があまりなく、何かしようと思ってもちょっとしたことで早々に諦めてしまいがちです。

考え方がドライ

langll / Pixabay

「これ以上頑張っても意味がない」とか、「誰かのために頑張りたくない」という冷めた考えを持っているのも目が死んでいる人の特徴と言えます。

クールな人とも言い換えられますが、物事に対する情熱を持っていないためドライな割り切り方をしがちです。

人に対する信頼がない

Free-Photos / Pixabay

目が死んでる人は、人に対して疑心暗鬼になっているところがあり、あまり簡単に人を信用しません。辛い過去を持っていることから人を信じることを恐れているケースもあります。

自分自身が誰かのために行動するということがないため、その誰かが自分のために何かをしてくれる、という意識を持てないようです。

目が笑ってない

nastya_gepp / Pixabay

目が死んでいる人は、笑顔になっても目だけは笑っていないような表情をすることが多いです。

口元だけで笑っているような印象で、少し気味が悪くもありますが、ミステリアスな雰囲気もないとは言えません。

感情の起伏がない

leninscape / Pixabay

目が死んでいる人は、いつも無表情に近い状態であるので感情が読み取りにくく、あまり起伏がないように見えます。

感情が分からないためコミュニケーションを取りづらいと感じる人もいるようです。

まわりの状況を気にしない

stux / Pixabay

そもそも人のために、人に合わせて行動しようという気がないため、とてもマイペースなのも特徴です。

例えば周りの同僚達が残業していようが、自分の仕事が終われば声もかけずにさっと帰るようなところがあります。

周囲に関心を持てないというよりは、どう行動に移したらよいのか分からないといった場合が多いようです。

あまりまばたきをしない

目が死んでいる人は、まばたきが少ない傾向があります。もともと少ない体質なのかもしれませんが、ドライアイなどの症状が原因となっている場合もあります。

まばたきが少ないため、なんとなくボーっとしているような印象を受けやすいです。

身体が弱い

jarmoluk / Pixabay

体調を崩しやすい人も目が死んでいる場合が多く、いつも顔色が悪い印象があります。体調が悪いとうつむき気味にもなるため、なおさら表情が暗くなり、死んだ目になってしまうようです。

判断や行動がゆっくり

Capri23auto / Pixabay

目が死んでいる人は、判断力が鈍く、それゆえ行動に移すのが遅くなる傾向があります。

疲れや処理能力の低さが原因ですが、何かを頼んでも行動が遅いため、かえってイライラしてしまうことがあるでしょう。

自己主張や主体性がない

SJJP / Pixabay

体力と思考が必要となる自己主張をしたがらないため、なんでも人任せにしてしまい、自分というものが無いのも特徴です。

自分の意思をわざわざ伝える気力がなく、面倒くさいと感じている場合が多いでしょう。

すぐため息をつく

1388843 / Pixabay

目が死んでいる人は、やたらとため息が多く、それを見ている人達にも不愉快な思いをさせてしまうことがあります。

心の疲れからため息が出てしまう場合はありますが、周りに大変さをアピールしたいがためにわざとため息をつくことも。努力を嫌うタイプの人に多くありがちです。

ネガティブ思考

sasint / Pixabay

目が死んでいる人はいつもネガティブで、その心がそのまま目に表れてしまっていることもあります。

何をするにも「どうせ自分なんて」と卑屈になり、投げやりになることが多く、物事を最後まで達成できないパターンが見られます。

NEXT:カラコンをしている
1/3