中卒・高校中退の芸能人の男女別ランキング!中卒・中退の理由は? エンタメ

中卒・高校中退の芸能人の男女別ランキング!中卒・中退の理由は?

目次

[表示]

西村賢太

小説家で随筆家の西村賢太さんです。代表作には「苦役列車」「芝公園六角堂跡」「夜更けの川に落葉は流れて」等があります。中卒です。

西村さんは中3年の時、父親が性犯罪を犯していたことを知り、その衝撃で不登校になってしまいます。成績は低下し、担任に全寮制の東京都立秋川高等学校しか進学先がないと告げられ、進学を断念します。

中学校卒業後はあちこちを転々としながら肉体労働で生計をたてられていました。「暗渠の宿」で第29回野間文芸新人賞受賞、「苦役列車」では第144回芥川賞受賞なさっています。押しも押されぬ私小説家です。

中卒・高校中退の芸能人!【女優】

中卒、高校中退の方には女優さんも多くいらっしゃいます。こちらの輝くようなご活躍も、ご紹介します。

三原じゅん子

「顔はやばいよ、ボディやんな、ボディを」という台詞を覚えてらっしゃる方も多いでしょう。女優として活躍なさり、自由民主党の現職の政治家でもおられる三原じゅん子さんです。

三原さんは小学校時代に劇団フジに入団なさり、子役として活躍されます。高校は明治大学付属中野高等学校定時制へ入学なさいましたが、2日ほどで退学しています。

現在では政治家として、健康増進法の改正、リベンジポルノ法案のとりまとめをなさる他、ご自身のガン経験を通して子宮頸がん予防ワクチン接種と検診の無料化等も訴えてらっしゃいます。

風吹ジュン

女優としてデビューから現在まで多くの作品でお姿を拝見する風吹ジュンさんです。18歳で上京し、銀座の高級クラブで働いているところをスカウトされ、デビューなっています。中卒です。

風吹さんの両親は父親の愛人問題で離婚しました。その後母親から育児放棄され、お兄様と内職等で苦しい生活をしていました。高校は行く予定でしたが、受験日に母親の再婚を知り、ショックで受験放棄してしまいます。

風吹さんは最近の出演作だけでも、高橋一生さん主演「みかづき」、杏さん主演「デート」、朝ドラ「半分、青い」などきりがありません。2019年には平野啓一郎さん原作の映画「マチネの終わりに」が公開されます。

浅田美代子

「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」等懐かしいドラマでの主演のイメージが強いですが、現在でも女優業にバラエティーに大活躍の浅田美代子さんです。高校中退です。

浅田さんは東京女学館高等学校2年の時にスカウトされ、芸能界入りします。この学校は芸能活動は一切ご法度だったため、浅田さんは中退なさいます。「時間ですよ」のオーディションはこの前後のことです。

浅田さんは、故・樹木希林さんの初企画だった映画「エリカ38」で主演なさっています。2019年6月に公開され、演技が高く評価されています。また犬猫の殺処分ゼロを目指すキャンペーンの一員でもあります。

宮沢りえ

小6でデビューし、たちまち人気女優となった後歌手デビューまで果たした宮沢りえさんです。その後離婚報道や激やせ報道でバッシングを受けながらも立ち直り、今では実力派女優の一人とされています。

宮沢さんは仕事がお忙しかったせいか、高校には進学せず、中卒となっています。余談ですが宮沢さんがブレイクする切っ掛けとなった映画「僕らの七日間戦争」は2019年アニメ映画として復活します。

宮沢さんの演技派女優としての地位を確立させたのは「たそがれ清兵衛」や「父と暮らせば」等の熱演です。現在ではチェーホフやアリエル・ドーフマンの舞台にも立たれています。

瀬戸朝香

アイドルとしてデビューし、「Age,35 恋しくて」では当時19歳とは思えないような自立した営業ウーマンの姿を言見せてしちょうしゃを驚かせた瀬戸朝香さんです。

瀬戸さんは中学生の時に自宅でスカウトされました。異例のことですが「瀬戸市で可愛い子はいないか」の聞き込み調査の末見つけられたのが瀬戸さんだったようです。芸能活動の為進学はせず、中卒となっています。

ご主人はV6の井ノ原快彦さんです。お子さん二人抱えながら、現在でも多くのドラマ、映画に出演なさっています。また、ご夫妻は気さくなご近所づきあいをなさっていることでも知られています。

倍賞千恵子・美津子

姉妹で女優として活躍なさっている倍賞千恵子さんと倍賞美津子さんです。千恵子さんは「男はつらいよ」のさくら役で山田洋二作品の常連となり、美津子さんは黒澤明監督や五社英雄監督作に多くご出演してます。

お二人とも中学校を卒業後、松竹音楽舞踊学校に進まれます。こちらは松竹歌劇団の劇団員養成機関で、いわゆる教育機関ではありません。それなので、お二人の学歴は中卒と言うことになります。

千恵子さんはアニメ「ハウルの動く城」のヒロイン役で若い世代にもよく知られています。2015年には 旭日小綬章を受賞なされています。美津子さんは「半沢直樹」「ブラックペアン」等のドラマでお馴染みです。

泉ピン子

「渡る世間は鬼ばかり」シリーズを初め、ありとあらゆるドラマでインパクトを残されている泉ピン子さんです。コメディエンヌという経歴を生かして、バラエティーでもご活躍です。

泉さんは品川区立日野中学校卒業後、日本音楽高等学校に進学なさいます。しかし中退し、牧伸二さんに弟子入りして歌謡漫談家としてデビューなさいます。初めはキャバレー回り等で下積みなさったそうです。

芸名は、芸能界入りを反対なさってたお父様の「芸人にはピンからキリまであるのだから、志しの一番なピンの芸人になれ」という言葉から取られたそうです。泉さんはお父様の望み通りの芸道を歩まれています。

雛形あきこ

アイドルからグラビアを経て、現在女優としても評価されるようになった雛形あきこさんです。イエローキャブ時代の野田義治社長が自宅に直々にスカウトに訪れ、現在に至るまで野田社長の事務所に所属なさっています。

雛形さんは足立区立扇中学校卒業後、東京都立江北高等学校定時制に進まれますが、中退なさっています。当時劇団東俳に所属なさっていて、そちらの仕事が忙しかったためと考えられます。

現在はご主人で俳優の天野浩成さんと共に、バラエティーでもお姿をよく拝見します。また、2008年、舎人ライナーの開業時には、「地元出身応援団」の1人に選ばれています。

杉本彩

グラビア愛怒つとして活躍し、女優、小説家、株式会社オフィス彩の大乗取締役まで務める杉本彩さんです。最近では「プレバト!!」で意外な才能を発揮してるのも見せてくださいます。

杉本さんの両親は知り合いの連帯保証人になり、その知り合いが疾走してしまったため、返済に奔走されるようになります。そしてとても杉本さんの進学費用まで捻出できない状態のまま離婚します。

その後杉本さんは母親の恋人の用意してくれた部屋に住み、その恋人が高校進学の費用まで出してくれたのですが、そのこと自体が息苦しくて入学3か月で中退なさいます。その後スカウトされてデビューとなります。

真木よう子

「精霊の守り人」「よつば銀行」等のドラマ出演が記憶に新しい、真木よう子さんです。劇団☆新感線の客演なども勤められる、本格派女優さんです。

小学生の頃から女優に憧れ、中3の時父親の反対を押し切って俳優養成所「無名塾」に入塾します。日本一入団が難しい養成所とも言われ、応募者約1000人の内合格者は僅か5名でした。その為中卒です。

真木よう子さんと言えば「さよなら渋谷」「そして父になる」の日本の映画が近年では印象的です。真木さんはこの2作品で第37回日本アカデミー賞の主演女優賞、助演女優賞をそれぞれ受賞なさっています。

中卒・高校中退の女性芸能人!【歌手・ミュージシャン・アイドル】

langll / Pixabay

女声ミュージシャンの中にも、中卒、高校中退の方はいらっしゃいます。ご紹介していきます。

加護亜依

元モーニング娘。で、ミニモニ。、W(ダブルユー)などのユニットでも活躍なさった加護亜依さんです。ミニモニ。のファーストシングル「ジャンケンぴょん!」はオリコンチャート1位を獲得する等ご活躍でした。

加護さんはご両親が17さの時の娘で、1歳の時に離婚。お母様は再婚なさいますが、義父の会社の倒産などの憂き目に遭っています。加護さんその頃(中1)からモーニング娘。として活躍していました。

加護さんの収入の大半は義父の借金返済に使われたとのことです。そのこともあってか高校には進学なさらず、中卒です。現在はご結婚もして、2019年には辻希美さんとのW(ダブルユー)を復活なさっています。

藤本美貴

元モーニング娘のメンバーで、現在はマルチなご活躍をされている藤本美貴さんです。ご主人、庄司智春さんの「ミキティー!」というギャグ(?)のイメージが先行してしまう藤本さんも、高校中退です。

藤本さんは北海道の赤平高校在学中に、モーニング娘。第3回追加オーディションのを受け、レッスン生となりました。その後、高校を中退なさっているので、北海道と東京の往復が大変だったためと考えられます。

現在は二児のお母様で、すっかりママさんタレントとしての地位を確立なさっています。2018年にはご主人の庄司智春さんと共に「いい夫婦の日 パートナー・オブ・ザ・イヤー2018」を受賞なさっています。

安室奈美恵

誰もが認める平成の歌姫、安室奈美恵さんです。安室さんの名曲を挙げると「SWEET 19 BLUES 」「CAN YOU CELEBRATE? 」「Hero 」等、きりがありません。

安室さんは地元沖縄のタレント養成所、沖縄アクターズスクールに小5の時に入校なさいます。そして中2でSUPER MONKEY’Sのメンバーに選出され、翌年には全国区の活動を始めます。その為中卒です。

2018年9月、安室さんは日本中のファンに惜しまれながら引退なさいました。2019年にはApple Musicでこれまでに発表された全楽曲の一斉ストリーミング独占配信が始まっています。

中森明菜

1980年代を代表するアイドルの一人で、「ミ・アモーレ」「DESIRE -情熱-」「難破船」等のヒット曲をお持ちの中森明菜さんです。高校中退なさっています。

中森さんは大東学園高等学校から明治大学付属中野高等学校定時制へ編入なさい、その後中退となっています。中森さんはデビュー当時から大人気だったので、多忙の為の中退と考えられます。

2010年、中森さんは体調不良を理由に芸能活動の無期限休止を発表なさいました。しかし2015年には無事に復帰なさり、第29回日本ゴールデン・ディスク賞を受賞なさる等のご活躍を見せています。

小泉今日子

「キョンキョン」の愛称で知られ、堀ちえみさん、石川秀美さん、早見優さん、シブがき等同期の方と「花の82年組」と呼ばれるアイドルだった小泉今日子さんです。高校中退なさっています。

小泉さんは津久井高校に進学なさいますが、高1の時「スター誕生!」で合格しデビュー、たちまち人気アイドルとなります。その後明治大学付属中野高校定時制に転校し、芸能活動多忙の為中退なさいます。

現在は「あまちゃん」や大河ドラマ「いだでん」で、女優としてもご活躍です。余談ですが、ラジオ番組でサリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」を紹介して、同書をベストセラーにする等の影響力もお持ちです。

中島美嘉

「GLAMOROUS SKY 」「LIFE 」等のヒット曲をお持ちの中島美嘉さんです。モデルとしてもご活躍なさっている中嶌さんは、中卒です。

中島さんは鹿児島市立天保山中学校卒業後、高校には進学せず、アルバイトをしながらモデルとしてオーディションを受け、且つ、歌手としての夢の為にデモテープを送り続けたとのことです。

2019年には、中島さんのヒット曲「雪の華」をモチーフにした同名映画が公開されたことでも話題になりました。また、幾度となく日本レコード大賞を受賞なさっているのも記憶に残ります。

椎名林檎

「ここでキスして。」「ギブス」「茜さす帰路照らされど…」等のヒット曲をお持ちの椎名林檎さんです。広末涼子さんSMAP、PUFFY などにも楽曲提供されています。

椎名さんは福岡県立筑前高等学校に進学なさいます。進学校でした。軽音楽部で活躍なさり、高3のになる直前、「自分の人生に関係のない勉強はしたくない」と中退なさいます。デビューはその直後です。

現在は、さまざまなあーてイストとのコラボを精力的になさっています。トータス松本さんとの「目抜き通り」や宮本浩次さんとの「獣ゆく細道」等は、テレビでも耳にする機会が多いです。

八代亜紀

女性演歌歌手の大御所であり、数十回の紅白歌合戦出場、何度もの座長公演をなさっている八代亜紀さんです。時折バラエティーでも姿をお見かけする矢代さんは中卒です。

八代さんは中学卒業後、地元熊本のバス会社九州産業交通のバスガイドになります。しかし15歳の時お父様の反対を押し切って上京し、歌手のになる道を選ばれます。八代さんのお父様は浪曲の名手でした。

八代さんは2013年にニューヨークの名門ジャズクラブ・バードランドでライブを開催なさっています。その他第12回東京JAZZ等のイベントにも参加して、演歌のみならず、ジャズにも挑戦なさっています。

和田アキ子

「和製リズム・アンド・ブルースの女王」であり、「ゴッド姉ちゃん」とも呼ばれている大御所、和田アキ子さんです。ホリプロの所属ですが、社長・堀威夫さん直々にスカウトされたそうです。

和田さんは私立城星学園高校に進学なさいますが、お父様が勝手に退学届けを出されてしまい、高校中退となってしまいます。入学後3日のことです。理由は定かではありません。

タレントとしてバラエティーでもよくお見かけしますが、やはり和田さんのご活躍は歌手として評価される傾向にあります。紅白歌合戦には通算39回出場なさり、この記録はいまだに抜かれていません。

中卒・高校中退の女性芸能人!【タレント・お笑い芸人】

klimkin / Pixabay

中卒、高校中退の女性芸能人にはタレントさんやお笑い芸人さんもいらっしゃいます。ご紹介します。

叶恭子

姉妹ユニット「叶姉妹」の姉役、叶恭子さんです。現在では「ライフスタイルプロデューサー」という肩書で活動なさっています。ゴージャスな生活ぶりと豊かな男性との交友関係で有名です。

叶恭子さんは帝国女子高校を中退なさっています。どのような経緯で高校中退になったのかは不明ですが、中退後、芸能活動を始められます。初期には杉本 エルザという芸名を使われていたそうです。

現在の叶姉妹の話題で一番熱いのはコミックマーケットへの参加です。一般参加は勿論サークル参加までなさっています。コミケのルールにきちんと従って行動していると、他の参加者からも好感を持たれました。

浜口京子

アニマル浜口さんのお嬢さんで、女子レスリング界で輝かしい成績を残されてきた浜口京子さんです。オリンピックでは2004年のアテネ大会、2008年の北京大会で銅メダルを獲得なさっています。

浜口さんは武蔵野中学校卒業後、武蔵野高校を中退なさっています。14歳からレスリングを始められたとのことで、練習に集中するための中退と考えられます。

現在は武蔵野学院大学日本総合研究所客員教授を務められています。また、news every.には不定期で金曜日第一部にご出演です。それ以外にも、バラエティー番組でもお姿を拝見出来ます。

渡辺直美

ビヨンセの楽曲「クレイジー・イン・ラブ」のダンスのモノマネ芸でブレイクし、今では「インスタ女王」としてTIME誌に「インターネットで最も影響力のある25人」に選ばれるまでになった渡辺直美さんです。

渡辺さんは石岡市立石岡中学校卒業後、勉強が全くできなかったために受験に失敗してしまいます。その為中卒です。その後アルバイトなどをして貯金をしていましたが、お父様の反対を押し切ってNSCに入ります。

渡辺さんは、モノマネ芸人のコロッケさんを目指していたとのことです。またポップなファッションセンスも多く支持されています。そして世界中の舞台に立たれていることは皆さんご存知の通りです。

スザンヌ

「おばかタレント」として大ブレイクし、バラエティー番組に引っ張りだこだったスザンヌさんです。14歳の頃スカウトされ、モデルとして芸能界のお仕事をなされるようになりました。

スザンヌさんは学力に不安要素があり、担任からも「熊本で確実に合格できる高校はない」と言われたそうです。そこで芸能コースのある福岡の高校に進学しますがそこも中退、ローカルタレントとして活躍します。

現在はシングルマザーとなり、息子さんの為に熊本での生活を決められ、楽しく過ごされているとのことです。地元でタレント活動もされているようですが、時折全国区の番組でお見かけします。

吉川ひなの

ファッションモデルや女優として活躍なさっていた吉川ひなのさんです。小6の時スカウトされ、主に広告モデルとしてのお仕事をなさっていたとのことです。中卒です。

吉川さんは東久留米市立南中学校をご卒業なさっています。その頃にはファッションモデルとして注目されていたとのことですから、やはり仕事が忙しくて進学を断念なさったものと思われます。

映画「瀬戸内ムーンライト・セレナーデ」では日本アカデミー賞新人賞を受賞なさっています。現在ではご主人との間に二人のお子さんがいて、ハワイに在住しながら子供服などのプロヂュースもなさっています。

はるな愛

ニューハーフ世界のミスコン「ミス・インターナショナル・クイーン」で日本人初の優勝を遂げるなどニューハーフタレントとして活躍なさる一方、実業家としての顔もお持ちのはるな愛さんです。高校中退です。

中学時代はいじめに遭い、学校が辛かったためか成績はよくありませんでした。高校は男子校に進学なさいましたが、好きな男性に会うために度々早退し、退学なさいます。そのしばらく後にショーパブで働き始めます。

はるなさんは性別適合手術を受けられました。しかし「男性と結婚するまで大西賢示でいることが親孝行」であると、戸籍上の名前は生まれた時の「大西賢示」のままでいらっしゃいます。

松居直美

モノマネタレントとしてよく知られ、元祖茨城県出身バラエティータレントとも言うべき松居直美さんです。モノマネレパートリーは石川さゆりさんから椎名林檎さんまで多岐に渡ります。

松井さんは明治大学付属中野高等学校定時制中退なさった後、東海大学付属望星高等学校へ進学し、中退なさっています。中3には芸能活動を始められていたので、仕事が理由での中退と考えられます。

松井さんは現在シングルマザーでらっしゃいます。そしてご自身のオフィシャルブログで更年期障害や息子さんの不登校の経験などを語り、同じ苦しみを持つ方々を勇気づけられています。

NEXT:上沼恵美子
3/4