前世の記憶がある人の特徴12選!実話とともに紹介!思い出す方法も 占い・スピリチュアル

前世の記憶がある人の特徴12選!実話とともに紹介!思い出す方法も

この世には「前世の記憶」を持っている人がいます。海外では前世の記憶を持っている人についての話題が多いのですが、日本人の実話はまだまだ少ないようです。前世や輪廻転生について、また前世の記憶を覚えている人の特徴や子供の体験談などをご紹介しましょう。

目次

[表示]

前世はあるの?輪廻転生は本当なのか?

sspiehs3 / Pixabay

前世の記憶を持っている人の体験談などが話題になることが多くなりました。しかし、本当に前世はあるのでしょうか?また、輪廻転生は本当なのでしょうか?

そもそも前世とは何か

Alexis / Pixabay

そもそも前世とは、この世に生まれる前に生きていた人生のことです。過去世と呼ぶこともあります。何度も生まれ変わることを輪廻転生と呼びます。

肉体は滅びても魂は不滅であり、魂があの世に行っても、再びこの世に誕生すると信じられています。仏教やヒンズー教といった東洋思想においては輪廻転生が信じられています。

キリスト教では「復活」が信じられていますが、これは転生とは全く異なる概念です。

ほとんどの人は前世について覚えていない

Free-Photos / Pixabay

前世の記憶の話題が注目されることが多くなりましたが、実際に前世の記憶を持っている人はそう多くはありません。むしろほとんどの人は前世について何も覚えていないのです。

現世には現世でなすべき役割や使命があり、その使命を全うするためには基本的に前世の記憶の必要性がないからです。

しかし、現世で生きづらさを抱えているなど、場合によっては前世の記憶を思い出すことが必要になることもあります。

前世に関連する記事はこちら

前世の記憶がある人の特徴10選!嘘つき?本当に記憶があるの?

Myriams-Fotos / Pixabay

では実際に前世の記憶がある人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?自分にも「前世の記憶」があるかどうかチェックしてみましょう。

①デジャブを頻繁にみることがある

前世の記憶がある人の特徴として「デジャブを頻繁にみる」ことがあります。デジャブは既視感とも呼ばれ、未経験なのに経験したことのように感じる現象のことです。

デジャブは脳科学的にはっきりと解明されていません。ただ、今経験していることが脳内で過去の記憶と関連付けされる時に、過去の記憶の情報(時や場所など)がないために起こるのではないかと考えられます。

時や場所が不明瞭は過去の記憶、つまりそれは前世の記憶と考えられるために、デジャブの多い人は前世の記憶が残っていると考えられるのでしょう。

②なんとなく惹かれる国や地域、場所がある

un-perfekt / Pixabay

前世の記憶がある人は「なんとなく惹かれる国や地域、場所がある」のが特徴です。

特に深い理由もなくある国に興味を持つようになる、何となく行ってみたいという気持ちがある場合は、前世でその国・場所に住んでいたりするなどして、縁の深い場所なのかもしれません。

③初めて来たはずなのに、初めてと思えない場所が多々ある

Pexels / Pixabay

前世の記憶がある人は「初めて来たはずなのに、初めてと思えない場所が多々ある」といった経験を持っていることも少なくありません。

その「初めてとは思えない場所」が前世と深く関連しており、実際に前世で住んでいた・足を運んでいた可能性もあります。

④経験したことがないはずなのに、記憶やできることがある

Pexels / Pixabay

経験したことがないはずなのに、記憶やできることがあるのも前世の経験がある人の特徴です。

例えばまだ子供なのに酒やタバコを欲しがる、性的に早熟しているといった特徴があります。

こういった場合、前世では大人だった可能性が高く、普段の話しぶりや行動にも子供とは思えない落ち着きや冷静さが伴っています。

⑤体に生まれつきの傷跡や字がある

ulleo / Pixabay

前世の記憶がある人の体には、生まれつきの傷跡や痣(あざ)があることもめずらしくありません。

生まれつきの傷跡・痣は前世において、その部位に何らかの障害を負っていた、あるいは亡くなった原因に関連している可能性があると考えられています。

前世の亡くなった原因が傷跡や痣として現れる場合もあれば、この後紹介する「先天性欠損(せんてんせいけっそん)」として現れるケースもあります。

⑥過去の当事者しか知り得ない情報を持っている

qimono / Pixabay

前世の記憶がある人は、過去の当事者しか知り得ない情報を持っていることもあります。

例えば何らかの事件に巻き込まれて亡くなった前世を持っている人が、その事件の関係者や出来事を詳細に語るというケースがいくつもあります。

時には事件の当事者しか知り得ないような事実や情報を話すこともあり、「人間は転生する」ということを改めて思い知らされるようなこともあります。

⑦経験したことがないはずのものに恐怖を感じる

EliasSch / Pixabay

前世の記憶がある人は、経験したことがないはずのものに恐怖を感じるケースがあります。中でも自分の前世での死因が深く関係していると考えられています。

例えば火を恐れるなら火事で、水を怖がるなら水難事故といったようにです。前世で亡くなった時の恐怖が、現世でこのように表れるケースも少なくありません。

⑧先天性欠損を持っている人が多い

KELLEPICS / Pixabay

前世の記憶がある人は先天性欠損(せんてんせいけっそん)を持っていることが多いのも特徴です。先天性欠損というのは、誕生時に外見や体の機能などに障害がみられることです。

例えば、実際に手足の指に障害を持って生まれたある子供は、前世で殺された時に手足の指を切断された記憶を持っていたケースなどがあります。

イアン・スティーブンソン(アメリカ1918~2007)は、著書「前世を記憶する子どもたち」で、前世の記憶と先天性欠損が関連しているケースに数多く触れています。

⑨前世の名前と住所を覚えている

TheoRivierenlaan / Pixabay

前世の記憶がある人は、前世の自分の名前と住所を覚えていることがあります。

例えば、ある子供は前世の家族の記憶などを語り、さらに前世の家族の元に帰りたいなどと語ったケースがあります。

調査したところ、実際に前世の家族と住んでいた場所や特徴、自分の名前などがピッタリ一致したという事例がいくつもあります。

⑩知らないはずの言語や情報を話すことができる

geralt / Pixabay

前世の記憶がある人は、知らないはずの言語や情報を話せるという特徴もあります。全く習ったことのない言語をすらすらと話すことを真性異言(しんせいいげん)といいます。

これは前世でその言語を話していたためと考えられますが、前世の記憶について研究しているイアン・スティーブンソンの症例の中でもごくわずかな事例しかありません。

催眠中に真性異言が現れ、スウェーデン語やドイツ語などでコミュニケーションをする、あるいは前世で話していたと思われる言語で歌うといったケースも確認されています。

自分の前世は何?前世の記憶を取り戻す・思い出す方法は?

geralt / Pixabay

自分の前世はどうだったのか?知りたい人も少なくないでしょう。

しかし、どうすれば自分の前世の記憶を思い出すことができるのでしょうか?前世の記憶を取り戻す・思い出す方法についてご紹介しましょう。

思い出すための準備!メンタルを強く持って

Skitterphoto / Pixabay

基本的に前世を無理に思い出す必要はありませんが、何らかの理由でどうしても前世の記憶にアクセスしなくてはならないこともあります。

そういった場合には、まずメンタル面を強く持つことが大切で、記憶を呼び出す時には精神的に不安定な時を避けるようにします。

なぜなら精神状態が不安定な時に前世のショッキングな出来事を思い出した場合、精神不安のリスクが高まるからです。特にメンタル面の不調で通院中の人やアルコール依存の人は要注意です。

前世を思い出す方法①瞑想して、その時見えた光景や物をメモする

Activedia / Pixabay

前世を思い出す方法として、まず1つ目に「瞑想して、その時見えた光景や物をメモする」という方法があります。

瞑想はさまざまな方法がありますが、ここでは誰でも実践できるヨガの「シャバーサナ」をご紹介しましょう。シャバーサナは就寝前に行うのがおすすめです。

  • 1.床あるいはベッド等で仰向けの状態になる
  • 2.両足は肩幅程度に開き、手のひらは上に向ける
  • 3.体全体の力を抜き、腹式呼吸を行う
  • 4.腹式呼吸が自然に感じられるようになるまでリラックスする
  • 5.深いリラックス状態になったら少しずつ体や感覚の意識を取り戻す
  • 6.両手を頭上に挙げて、さらに全身を伸ばす
  • 7.腕を下ろして膝を立て、両手で体を起こす
  • 8.意識がハッキリするまで、リラックスできる姿勢で待つ

シャバーサナなどの瞑想中に見えた光景・物があれば、瞑想後にメモを取るようにしましょう。後で振り返った時に何らかの気づきが得られるかもしれません。

前世を思い出す方法②占いで前世を知る

FeeLoona / Pixabay

前世を思い出す方法として「占いで前世を知る」方法があります。前世を知る占法はいくつかありますが、中でも注目したいのはアカシックリーディングです。

アカシックリーディングとは、アカシックレコードと呼ばれる個人の転生の記録された部分にアクセスして自分の前世を知る方法です。

アカシックリーディングは、かの有名なエドガー・ケーシー(アメリカ:1877~1945)も行っていました。アカシックリーディングを得意とする占い師を探してみましょう。

前世を思い出す方法③複数の霊能者に鑑定してもらう

PhotosCopyright / Pixabay

前世を思い出す方法として「複数の霊能者に鑑定してもらう」のも一つの手段です。

霊能者といってもそれぞれ得意とする分野・不得手な分野があるので、前世鑑定に強い霊能者に鑑定してもらうことがポイントです。選ぶ際には評判や口コミなども参考にしましょう。

ただし、一人の霊能者の鑑定結果だけをうのみにするのではなく、できる限り複数の霊能者に鑑定してもらい、鑑定結果で共通する部分に注目してみましょう。

前世を思い出す方法④直感に任せて”気づき”を待つ

8385 / Pixabay

前世を思い出す方法として「直感に任せて”気づき”を待つ」というものもあります。直感・ひらめきを得たらそれに従って行動してみましょう。

そうすることで何らかの”気づき”がやって来ることがあります。

直感やひらめきといった第六感によって「どこかに行ってみたい」という気持ちや何かに興味・関心を持ったら、素直にそれに従ってみることです。

前世を思い出す方法⑤興味が惹かれるものをとことん追求する

Free-Photos / Pixabay

前世を思い出す方法として「興味が惹かれるものをとことん追求する」のも効果的です。興味がある=前世でも興味を持っていた可能性があります。

ですから、気になることや興味・関心を抱いたことに積極的に関わってみましょう。

これまで全く経験したことのないことをスラスラとやってのけるようなことがあれば、前世でも同じようなことをしていた確率が高いかもしれません。

前世を思い出す方法⑥夢に見たことを日記につける

picjumbo_com / Pixabay

前世を思い出す方法として「夢に見たことを日記につける」というものがあります。

いわゆる「夢日記」なのですが、夢の記憶をノートなどに書き記すことによって潜在意識にアクセスしやすくなり、自分の前世に関する情報を引き出しやすくなると考えられています。

枕元に一冊のノートを置いて、夢から目ざめたらすぐにノートにありのままの状況を書き記します。記録する際には「こんな事あり得ないだろう」という内容であっても、否定せずに書くことがポイントです。

前世を思い出す方法⑦気になる場所に行ってみる

JESHOOTS-com / Pixabay

普段から気になってしょうがない場所があるなら、いっそ気になる場所に行ってみるのもいいでしょう。

前世を思い出す方法としてもポピュラーです。もしかするとその場所は、あなたの前世に関係する場所である可能性があります。

もし、実際に足を運んでみて「懐かしい」と感じたり、強い感情を持つようなことがあれば、前世に関連する場所の可能性が濃厚です。

前世を思い出す方法⑧感じたことを受け止める

brenkee / Pixabay

前世を思い出すには「感じたことを受け止める」ことが大切です。ここで注意したいのは感じたことを「そのまま」受け止めることであって、否定したりすることではありません。

恐ろしいといった何らかの強い感情を持ったとしても、それを冷静に客観的に受け止めるようにします。

その時々の感情に浸ることなく、「なぜそう感じたのか?」を分析することで、自分の前世が見えてくることがあります。

前世を思い出す方法⑨催眠療法を受ける

OliverKepka / Pixabay

前世を思い出す方法として催眠療法を受けるのもおすすめです。催眠療法(ヒプノセラピー)は、前世療法・過去世退行と呼ばれることもあります。

催眠をかけることによって前世の経験を思い出し、現世における問題解決のヒントを得ようとするものです。スピリチュアルな部分が注目されがちですが、心理療法としても側面も持っています。

前世の記憶を思い出した人の実話を紹介!どんなパターンがある?

geralt / Pixabay

前世の記憶を実際に思い出した人の話は実にたくさんあります。実際にどんな話・パターンがあるのかを一緒に見てみましょう。

前世の記憶は子供の方が持っている?

Bessi / Pixabay

前世の記憶は大人よりも子供の方が残っているとされます。

子供の方が前世の記憶を思い出しやすい理由は、生まれ変わってからまだそれほど時間が経過しておらず、前世の記憶が残っている確率が高いからです。

特に言葉を話し出す2~7歳ぐらいまでの年齢の子供が、前世の記憶を思い出しやすいようです。

【動画あり】「風と共に去りぬ」の脚本家の生まれ変わりの少年

2006年にアメリカで生まれたエリックは奇妙な夢を見るようになりました。実はこの夢は前世にまつわる記憶であり、その後も悪夢としてエリックを苦しめるようになりました。

後にこの悪夢が「風と共に去りぬ」の脚本家の記憶と判明。「風と共に去りぬ」はアカデミー賞で9部門を受賞した大ヒット映画ですが、彼は脚色賞を受賞する前に事故死していました。

事実が判明しても悪夢から解放されずにいたエリックですが、ハリウッドミュージアムにあった「風と共に去りぬ」のオスカー像に触れてからは、夢にうなされることはなくなったようです。

NEXT:僅か10日で転生?生後16ヶ月にして前世の記憶を持つ赤ちゃん
1/3