人付き合い苦手な人の特徴は?克服方法を紹介!人付き合いは不必要? 恋愛・心理

人付き合い苦手な人の特徴は?克服方法を紹介!人付き合いは不必要?

人付き合い苦手な人で、改善していきたいと考えているならば今回紹介する人付き合いが苦手な人の特徴や原因、心理、克服方法に是非注目をしてみてください。ママ友や仕事の悩みを解決するヒントが見えてくるはずです。また、関連する病気や寂しい時の対処法も注目をしていきます。

目次

[表示]

人付き合いが苦手って、悪いこと?

skeeze / Pixabay

人付き合いが苦手、それは一般的に短所として見られることが多いものですが、実際に悪いことなのかどうか、考えたことがある人もいるでしょう。

結論から言えば、人付き合いが苦手なのは悪いことではありませんし、人には得意不得意があり、ただ人付き合いが苦手だっただけに過ぎません。

しかし、中には人付き合いが苦手な自分を克服したいと考える人もいるでしょう。そんな人のために、人付き合い苦手を克服する方法などを紹介していきます。

関連する記事はこちらから

あなたの人付き合い苦手レベルを診断!

Anemone123 / Pixabay

まずは、あなたがどの程度人付き合いが苦手なのかレベルを診断していきましょう。

飲み会などには極力行きたくない

conan_mizuta / Pixabay

仕事や友人などの付き合いで飲み会に誘われたとしても、正直行きたくないし極力は参加をしたくない、そんな人もいるでしょう。

行ったとしても何か話したいわけでもなければ、盛り上がるのを見ているのも楽しいとは思えない…飲み会などに極力行きたくないとそう感じてしまうものです。

休日は自宅でジッとしていたい

Pexels / Pixabay

休日は友人と一緒に出かけたりBBQをしたり、そんな人達を傍目で見ながらも自分は自宅でジッとしていたい人もいます。

せっかくの休日は1人の時間を満喫し、誰かに気を使うことなくのんびりと過ごしたいと思ってしまうのです。

よほど親しくないと顔と名前を覚えられない

DanaTentis / Pixabay

誰かと知り合ったところで、正直顔と名前を覚えられないという人もいます。よほど親しい、または興味がない限り、他人の顔と名前はすぐに忘れてしまうのです。

当てはまるほど人付き合いが苦手な可能性大

RobinHiggins / Pixabay

上記3つは人付き合いが苦手な人をチェックするための項目になっていますが、当てはまるものが多いほど人付き合いが苦手な可能性が高いと言われています。

人付き合いが苦手な原因は何?特徴や性格は?

Andi_Graf / Pixabay

次に、人付き合いが苦手な人の原因や特徴、性格について見ていきましょう。

自分から喋ろうとしない

StockSnap / Pixabay

人付き合いが苦手な人は基本的に自分からは喋りません。

誰かが喋ってくれるのを待って適当に相槌を打ってみたり、聞き手に徹していたほうが楽だと感じるからだと思っている人は多いようです。

話しかけてもリアクションが薄い

pasja1000 / Pixabay

人付き合いが苦手な人は、他人から話しかけられてもリアクションが薄いという特徴を持っています。

そのため、周りからは接しづらいと思われていることが多い言われています。

ただ、本人からしてみれば自分にとっては普通のリアクションであり、決してテンションが低いわけではないと思っている人も多いようです。

人の意見を聞いているだけ

Pezibear / Pixabay

人付き合いが苦手な人は、自分の意見をあまり言いません。何かを主張すること自体が苦手であり、非常にエネルギーを使うからだと言われています。

そのため、基本的に人の意見を聞いているだけであり、それに対して反論や異論を唱えることはめったにしません。

人との衝突を避けたい

aitoff / Pixabay

人付き合いが苦手な原因には、対人トラブルを避けたいと考えすぎてしまっている節があると言われています。

そのため、少しでもトラブルを回避するためにも、自分の意見を言わない、争いに巻き込まれないように浅い関係を築きたいという考えを強く持っている人が多くいるようです。

自分の中で考えて納得する時間が必要

nile / Pixabay

人付き合いが苦手な人は、よく考え事をすると言われています。

さらに、その考え事を納得するまでには時間がかかるため、その間誰かと接したり、意見を言われたりするのは避けたい人が多いようです。

結果的に、人との接点が少なくなり、人付き合いが苦手になっているというケースもあると言われています。

会話の流れや場の空気を壊したくない

422737 / Pixabay

自分が意見をすることで場の空気や考えが変わってしまうのは避けたい、そんな気持ちから、人付き合いが苦手な人は空気のようにいようと徹しています。

そのため、誰かの会話に入ることも、たとえ飲み会に参加せざるを得ない状況で参加をしたとしても、必要最低限のコミュニケーションで済まることがほとんどのようです。

うっかり口をすべらせてしまう

qimono / Pixabay

人付き合いが苦手な人は極力自分の意見は言わないものの、うっかりと口をすべらせて、周りから驚かれてしまうことが多々あります。

これは、人付き合いに慣れていないからこそ言動と考えの処理が上手くマッチングせず、突然自分の考えや気持ちを口に出してしまうからだと考えられています。

過去にトラウマを抱えている

ambermb / Pixabay

人付き合いが苦手な人は、過去にトラウマを抱えているケースがあります。

もともと明るく人付き合いが好きだった人でも、対人トラブルに巻き込まれたり、いじめの標的にされたりすることで、人に対しての苦手意識が生まれてしまい、人付き合いが苦手になってしまうそうです。

自信が持てない

人付き合いが苦手な人は、自信がない人が多いと言われています。

自信がないからこそ何かを主張したり、自らコミュニケーションを取ったりすることは怖いと感じており、もしそれをしてしまえば関係や空気が悪くなると恐れているそうです。

認めらたい気持ちが強い

sasint / Pixabay

実は、人付き合いが苦手な人の多くには認められたい気持ちが強い、つまり承認欲求が強い人が多いと言われているのです。

自分で主張をすることが苦手だと感じながらも、誰かに認められないという気持ちがくすぶっており、突然寂しい気持ちに襲われたりする人もいるようです。

そのため、突然自分に脚光が浴びることに対しては構えてしまうものの、内心は嬉しく、もっと他人から関心を集めたいと考えている人は少なくないようです。

遊びの誘いに乗らない

darksouls1 / Pixabay

人付き合いが苦手な人は、あまり遊びの誘いには乗りません。

他人といること自体苦痛ではないものの、気を使い、何を話せばいいのかを考えてしまうため、人付き合いが苦手な人にとっての人との交流は激しい心理戦と同じようなものなのです。

そのため、精神的にはかなり疲れてしまい、遊びたいという気持ちがあったとしても疲れることを避けるために、遊びの誘いにはあまり乗らないと言われています。

自分が興味のあるものなら参加する

Lazare / Pixabay

基本的に遊びの誘いには乗らない人付き合いが苦手な人ですが、自分が興味のあるものならば積極的に参加をするという特徴も持っています。

これは、精神的に疲れてしまうという疲労感よりも、興味があるものへの好奇心が勝っている状態であり、その状態での人付き合いは疲れを感じさせないことを知っているからである、と考えられています。

そのため、興味があることに目を輝かせている状態だと、人付き合いが苦手な人の普段見れないような違った一面を見れる場合もあるようです。

見た目からして近寄りがたい

EliasSch / Pixabay

人付き合いが苦手な人の中には、実は人付き合いをどんどんしたいと考えている人もいます。

しかし、本人の見た目が近寄りがたい服装や髪型、メイクなどをしていることにより、他人があまり近寄ってくれず、人と接する機会が激減してしまっていることがあるのです。

結果的に、人付き合いをする経験が少なくなるため、いざ人付き合いをしようとしても上手く行かず、悪循環に陥ってしまっていることもあるようです。

刺激に過敏なHSPの可能性も

RyanMcGuire / Pixabay

実は、人付き合いが苦手な人の中にはHSPという特徴を持っている可能性がある人もいます。HSPは人よりも刺激に敏感であり、人の喜怒哀楽の感情に大きく左右されやすいと言われています。

HSPは病気ではなく気質の問題ですが、生まれつき人よりも刺激に過敏であることが多いため、人付き合いが疲れるというよりも、人の感情に振り回される自分に疲れてしまうことが多いようです。

もし、自分が他人の感情に振り回されやすく疲れやすい、共感をして疲れてしまう、そんな自分に自己嫌悪をするという特徴が見られう場合には、HSPの可能性を疑ってみるのも良いでしょう。

人付き合い苦手なのは改善・克服できる?

qimono / Pixabay

人付き合いが苦手な人の中には、そんな自分を改善して人付き合いが苦手な自分を克服したいと考えている人もいます。

そんな人のために、人付き合い苦手を克服する方法を紹介していきましょう。

ある程度なら克服できる

Fotorech / Pixabay

そもそも、人付き合いが苦手な自分を克服出来るのだろうかと疑問に感じている人もいるでしょう。

結論から言えば、ある程度なら克服出来ると言われています。

人付き合いに対する印象や気持ちというものは積み重ねであり、簡単に印象が変わるものでもありません。少しずつ、無理をしない程度に変えていくという意識を持つことが大切です。

まずはあいさつから

novelrobinson / Pixabay

人付き合いが苦手な人にとって、あいさつはハードルが高いと感じられる物の1つだと言われています。

しかし、人付き合いをするにあたってあいさつは必要不可欠な存在であると言っても過言ではありません。

まずは親しい相手からでもOKなので、あいさつを毎日欠かさずに出来るよう心がけていきましょう。

人付き合いが上手な人を真似てみる

StockSnap / Pixabay

身近に人付き合いが得意な人がいるならば、その人を真似してみるのもおすすめです。

どのように会話をして、どのように接しているのか、間のとり方や視線、動作などに注目をしてみると、人付き合いが得意な人からヒントを得られることはたくさんあるはずです。

もし勇気が出るならば、本人に人付き合いが苦手なこと、人付き合いをする上でのコツを相談したり、教えてもらったりすると良いでしょう。

聞き上手になる

klimkin / Pixabay

人付き合いが上手な人の印象には、話し上手という印象を持つ人も多くいます。しかし、必ずしも話し上手が人付き合い上手ではありません。

人と接するという行為は、誰かが何かをして、それを受け止める、という役割があって成立しています。つまり、話し上手がいるということは、聞き上手がいるということでもあるのです。

人付き合いが苦手な人の多くは、自分から話すのはあまり得意ではない人たちです。わざわざ得意ではないことを進んでやる必要はないため、聞き上手を目指して頑張ってみるのも克服の道になるのです。

人がたくさんいるイベントなどで自分を慣らす

Free-Photos / Pixabay

思い切って人がたくさんいるようなイベントに足を運んでみると、次第に人と接すること、疲れないためのコツ、人との距離感などが掴めていき、人付き合いが苦手を克服出来るようになっていきます。

特に人付き合いが苦手な人は、知人だと余計に構えてしまう人も多いため、自分のことを何も知らない人たちがいる趣味のイベントなどに顔を出してみると良いでしょう。

人に興味をもつ

人付き合いが苦手な人は、他人に対する興味を遮断している傾向にあります。そのため、まずは人に興味を持つことから始めてみると良いでしょう。

たとえば、あの人はどんなことが好きでどんな趣味を持っているのか、それに注目をしてみるだけでも、その人のことを少しでも知ることが出来ます。

さらに、自分と同じ共通点があるならば、そこから会話を広げることも出来ますし、話を振られたら受け答えも出来るようになっていくのです。

NEXT:自分のことを愛せるようになる
1/2