高橋恵子の現在は?娘や孫がいる?若い頃の画像は?逃避行の過去も? エンタメ

高橋恵子の現在は?娘や孫がいる?若い頃の画像は?逃避行の過去も?

最近テレビCMに出演されているので目にすることも多い女優の高橋恵子さん。64歳という年齢を感じさせない美貌の持ち主です。若い頃の芸名は関根恵子、彼女の映画デビューは衝撃的でした。昔、自殺未遂や失踪もありました。そんな高橋恵子さんの現在に至るまでをまとめました。

目次

[表示]

女優・高橋恵子の現在は?結婚した旦那は?娘がいる?

高橋恵子さんの写真を見ると「テレビCMに出ている人だ」と答える人は多いと思います。彼女は、中学2年の時に大映のカメラマンからスカウトされ衝撃的に映画デビューを果たします。

現在は何歳なのでしょうか?また、家族についてなど、詳しくみていきます。

夫は映画監督の高橋伴明(たかはしばんめい)さん、長女はタレント兼マネージャーの秋山祐奈(あきやまゆうな)さんです。長男もいるみたいですが、一般人のため公表されていません。

現在の年齢は?高橋恵子(高橋惠子)のプロフィール

高橋恵子さんは、1955年1月22日に北海道川上郡標茶町で生まれ、現在の年齢は64歳です。父親は標茶町で牧場を営んでいましたが、飼っていた牛が死んでしまい廃業に追い込まれ、保険外交員になります。

一時は北海道の釧路市や斜里町に移り住むことになります。そして、彼女が小学6年生の時、娘を文化的に育てたいという父親の希望があり家族揃って東京都府中市に住むようになります。

高橋さんの父親は若い頃、歌手を目指していたそうです。彼女はそういう父親の血を受け継いでいるのかもしれませんね。

「太陽にほえろ!」や「アデランス」CMなど広く活躍している

高橋恵子さんの昔の芸名は「関根恵子」と言います。70年代~80年代にかけて大ヒットした刑事ドラマ「太陽にほえろ」に婦人警官役内田伸子として出演しています。

内田婦警は萩原健一さんが演じる大人気のマカロニ刑事の婚約者でもありました。しかしマカロニ刑事は殉職します。その後、引き継いだ松田優作さんが演じたジーパン刑事と婚約することになります。

2012年からレディースアデランスのテレビCMに出演し、自分もウィッグを愛用していることがを公表し評判を呼んでいます。

1982年に結婚した夫は映画監督の高橋伴明

高橋恵子さんは1982年三菱銀行人質事件を題材とした映画「TATTOO<刺青>あり」に出演します。その映画監督の高橋伴明さんと知り合い結婚します。同時に芸名を関根から高橋に改名しています。

主役は宇崎竜童さん、プロデューサーは映画監督として有名な井筒和幸さんです。

1983年に娘を出産

1983年高橋恵子さんが28歳の時、娘(秋山佑奈:あきやまゆうな)を出産しています。

このyoutubeは1982年フジテレビ系で放送された「君は海を見たか」のシーンです。当時の高橋恵子さんの容姿を知ることができる貴重な動画です。

娘の秋山祐奈は女優・ドッグトレーナー・マネージャー

Lepale / Pixabay

高橋恵子さんの娘:秋山佑奈さんはマネージャー・女優でありながらドッグトレーナーとしても活躍しています。

高橋恵子さんの自宅では、ラブラトールやレトリバーなど犬9匹、猫1匹などペット13匹を飼っているそうです。

高橋さんはかなりの動物好き。そんな環境で育ったので、佑奈さんがドッグ・トレーナーになったのも無理はないことだと思います。

秋山祐奈には3人の娘と1人息子がいる

Anemone123 / Pixabay

2009年7月14日高橋惠子さんと秋山佑奈さんは人気番組「徹子の部屋」で親子で出演しました。秋山佑奈さんには娘が3人、息子が1人います。高橋恵子さんは4人のお孫さんがかわいくて仕方がないみたいです。

高橋恵子には一般人の息子もいる

shanghaistoneman / Pixabay

高橋恵子さんには娘:秋山佑奈さんと息子がいます。息子さんは現在、30歳代らしいのですが、一般人のため公表されていません。

高橋恵子夫婦は現在、秋山祐奈夫婦と孫の3世代で国立市に在住

skeeze / Pixabay

高橋恵子さんは、秋山佑奈夫婦とお孫さん4人の8人家族で国立市で暮らしています。ペットも13匹いますので、とても賑やかな家庭だそうです。

関連する記事はこちら

高橋恵子の現在の活動・出演情報は?

現在、高橋恵子さんは国立市にある株式会社ブロウアップに所属しています。株式会社ブロウアップは娘の秋山佑奈さんも所属している芸能事務所です。

高橋さんがこれから出演する番組も株式会社ブロウアップのホームページで確認することができます。驚くことに高橋親子はオーガニックコスメブランドを立ち上げこの会社で化粧品も販売しています。

舞台「サザエさん」

2019年9月~10月東京・明治座と福岡・博多座で上演される「舞台サザエさん」。サザエさん役は藤原紀香さん、サザエさんの母親フネ役として高橋恵子さんが抜擢されました。

サザエさんの父親波平役には松平健が選ばれたことで上演前から話題になっています。

CM「レディースアデランス フォンテーヌ」

高橋恵子さんの名前を知らない人でも顔を見ると「レディースアデランス」CMの人として有名です。彼女自身が利用している「フォンテーヌ」はかなり評価が高い製品です。

映画「四月の永い夢」

世界四大映画祭のひとつモスクワ国際映画祭を受賞した2018年5月公開の映画「四月の永い夢」。主人公の恋人の母親役として高橋恵子さんは出演しています。

何歳になっても美しい高橋恵子の動画集

高橋恵子さんは、若い時から本当に美しいですね。現在、64歳になっても変わらない美しさに共演者も驚きを隠せません。そんな動画の数々を紹介していきます。

「マクガワン・トリロジー」出演時のコメント動画

高橋恵子さんは、ニューヨークのアイルランド演劇祭で複数の賞を受賞した舞台「マクガワン・トリロジー」に出演しました。

主演は若手俳優で人気が高い松坂桃李さんで2018年6月~7月に愛知・兵庫・東京で公演されました。

舞台「まほろば」出演時のコメント映像

高橋恵子さんは2019年4月に東京芸術劇場と梅田芸術劇場で公演された「まほろば」に母親ヒロコ役として主演しています。「まほろば」は第53回岸田國士戯曲賞を受賞しました。

アデランスのウィッグの魅力を語る高橋恵子

高橋恵子さんがウィッグを付けることにためらっている女性に対してアデランス「グラデージュ」を勧める動画です。高橋さんが本音で語っているように感じてしまいます。好感度が高いCMになっていると思います。

高橋恵子は若い頃、自殺未遂・失踪・逃避行していた?

「高校生ブルース」で衝撃的に映画デビューを果たし「おさな妻」でゴールデンアロー新人賞を受賞した高橋恵子さん。70年代は次々と映画に出演しました。

女優業で成功を収めていたそんな彼女がまさかの自殺未遂・失踪を図ります。なぜ彼女はそんな行動を起こしたのか?迫ってみたいと思います。

1977年に服毒自殺を図り女優業を休止

HASTYWORDS / Pixabay

1977年高橋恵子さんが22歳の時、精神不安定から睡眠薬を大量に服薬し自殺未遂を起こしました。その後、女優業を休業して癒しを求めて、岐阜県の山村で過ごします。

1979年に舞台復帰が決まるが恋人とともに逃避行

1979年高橋恵子さんは事務所に女優に復帰させて欲しいと申し出ます。そして7月に渋谷PARCO西武劇場で公演される「ドラキュラ」のルーシー役に抜擢されます。

しかし彼女は公演日の前日、演技をすることに強い不安を覚え、バンコクに逃亡しました。一緒だったのは、当時付き合っていた作家の河村季里氏でした。

バンコクのホテルでマスコミに見つかった時、彼女は長い髪をバッサリ切ってショートカットにサングラスの出で立ちで周囲を驚かせました。この動画では、ルーシー役を安倍なつみさんが演じています。

1980年に復帰会見を開き、活動を再開

高橋恵子さんは1979年11月、日本に帰ってきて記者会見を開き謝罪します。翌年の1980年1月には芸能界に復帰するため再度記者会見を開きます。その時の様子が動画になっています。

芸能レポーター達が彼女に対して執拗な追及を行うシーンを見ると、スゴクかわいそうに思った、という声が多くあがっています。

高橋恵子は萩原健一を兄のように慕っていた?

高橋恵子は荻原健一との関係について、取材に以下のように答えました。

萩原健一さん(享年68)の死去を受けて、ドラマ「太陽にほえろ!」など多数の作品で共演した女優の高橋恵子(旧芸名関根恵子=64)が、日刊スポーツの取材に応じた。

81年の映画「魔性の夏」や、82年のドラマ「君は海を見たか」など、共演作品も多かった。「ハラハラさせられる面もありましたが、他にああいう個性を持った人はなかなかいないと思います。ショーケンさんの事務所にお世話になったこともありました。兄のように感じていました。最期まで、個性を持ち続けた方だったのではないでしょうか」と残念がった。

(引用:日刊スポーツ)

「太陽にほえろ!」以来多くの作品で共演した

高橋恵子さんは萩原健一さんと多くの映画・ドラマで共演しています。「太陽にほえろ」を始め「君は海を見たか」「恋文」等々。この動画は2人が共演した「魔性の夏・四谷怪談より」です。監督は蜷川幸雄さんです。

萩原健一の誘いで同じ小規模の事務所に在籍したこともあった

1981年8月高橋恵子さんの主演復帰作となる映画「ラブレター」が日活から公開されました。この映画はロマンポルノ始まって以来の最高の興行成績を上げました。

公開されて1ヶ月位経った頃、萩原健一さんが「僕が所属している事務所に来ないか」と彼女を誘います。ちょうど彼女は新しい事務所を探していた時でしたので、この誘いを受け小規模の事務所に移ることにしました。

後日、彼女が語ったのは「小規模の事務所を選んだのは実験的な作品にも出演しやすいだろう」と考えたからだそうです。高橋さんにとって萩原さんからの誘いは渡りに船の申し出で、すぐに快諾したそうです。

萩原健が亡くなった際も死を悼むコメントを寄せている

萩原健が亡くなったとき、彼女は以下のようなコメントを寄せました。

高橋は「ショックです。びっくりしました。最近10年くらいお会いしていなかったのですが、テレビを通して見ていて、元気にしているんだな、と安心していたので…驚きました」と言葉を詰まらせた。萩原さんが病名を公表せずに11年から闘病していたことについて、「『ショーケン』として、ずっとみんなの憧れであり続けなきゃいけない、という気持ちがあったんじゃないでしょうか」と推し量った。

72年にスタートした「太陽にほえろ!」で初共演した。「私が17歳の時でした。ショーケンさんは自分でいろいろアイデアを出される方で、劇中で亡くなる時のシーンにも、ご自身のアイデアが採用されていたんじゃないかと思います。着るものにもすごくこだわっていらっしゃって、刑事らしくないスーツを着て、新しい形を打ち出していました」と振り返った。

(引用:日刊スポーツ)

高橋恵子のガキ使「笑ってはいけないシリーズ」出演が話題?

https://www.youtube.com/watch?v=bMdezhvBjRc

高橋恵子さんという大女優がバラエティ番組に出演して爆笑を誘ったということが信じられますか?信じられないと思いますが、確かに高橋恵子さんはダウンタウンの「ガキの使いやあらへんで」に出演しています。

今までの高橋恵子という女優とは違った、ガキ使での彼女の一面を覗いてみましょう。

2011年末の「笑ってはいけない空港24時」にCA教官役として出演

2011年、高橋恵子さんは「大晦日年越しスペシャル:笑ってはいけない空港24時演」にCA教官役として出演しました。

マツコ・デラックスさんがチーフCAとして、Every Little Thingの伊藤一朗さんがお笑い追っかけの女子高生役として出演しています。

にしおかすみこに扮した演技とスタイルの良さに注目が集まった

https://www.youtube.com/watch?v=j_dWGlPzfM8

高橋恵子さんが演じたのは「にしおかすみこ」のモノマネでした。「にしおかすみこ」はお笑い芸人です。彼女の芸風はSMの女王様ネタでした。ボンテージ衣装に身を包み、鞭を引っ張って絶叫から入るスタイルです。

高橋恵子さんがボンテージ衣装で登場するというだけでもビックリしたと思うのですが、彼女が逆立ちをする場面では目を疑った人も多かったのではないかと思います。

高橋恵子さんのスタイルの良さとバラエティー番組でここまでやるのかという女優魂に共感が寄せられました。

高橋恵子の学歴・経歴

ここからは高橋恵子さんの学歴と芸能界に入ってからの経歴についてまとめます。

小学校2年生の時に、父は帯広市で保険外交員に転職し、母は住み込みによる宿泊業の仕事を得て恵子と釧路市へ移った。その後は5年生で父の転勤により斜里町へ移るも、もともと歌手を目指していた父の『娘を東京で育てたい!(文化的な意味合いで)』との希望により、6年生の途中で一家揃って東京都府中市へ落ち着く事となる。

(引用:ウィキペディア)

中学2年のときにスカウト!中学校卒業後、高校進学はせず大映に入社

高橋恵子さんが中学2年生の時、写真館に現像フィルムを取りに行ったところ、たまたま居合わせた大映のスチールカメラマンにスカウトされます。中学校を卒業するまで大映の研修所で演技指導を受けます。

そして第1回ミスセブンティーンのオーディションを目指します。そのオーディションでは歌の審査があったので音楽教室に通うのですが、そこでデビュー前の石川さゆりと出会ったといいます。

1970年高校には進学せず、中学校を卒業するとすぐに大映に入社することになります。

1970年に映画「高校生ブルース」で主演デビュー

1970年8月、関根恵子の芸名で映画「高校生ブルース」で主演デビューを果たします。当初主演予定だった南美川洋子さんが役を断ったため代役に抜擢されます。

女子高生が妊娠するという衝撃的な主役を演じました。フルヌードやネグリジェ姿の大胆な演技が大きな話題となりました。

昔から美人!高橋恵子の若い頃の画像は?

1970年11月公開の「おさな妻」に出演しゴールデンアロー賞新人賞を受賞します。元々はこの映画が彼女のデビューする作品でした。

妻として、母として、高校生として懸命に生きる姿を描いた作品ですが、マスコミによって作られた奔放な不良少女というイメージが独り歩きしたことで、彼女は傷つき一時は引退を決意します。

彼女は引退作と考え出演した映画「遊び」で増村保造監督に出会います。彼女は監督の情熱に打たれ引退を撤回したと言います。この映画で彼女は水に濡れた裸体を大胆に披露しています。

1971年に東宝へ移籍、翌年「新・だいこんの花」にレギュラー出演

1971年11月末に大映が倒産し高橋恵子さんは東宝へ移籍することになります。

翌年の1972年、森繁久彌、竹脇無我の親子関係を描いたテレビドラマ・シリーズの第2弾「新・だいこんの花」にレギュラー出演します。竹脇無我の妻役を務めました。

1972年、人気ドラマ「太陽にほえろ!」にヒロイン出演し人気となる

1972年7月より高橋恵子さんは東宝日本テレビ共同制作のテレビドラマ「太陽にほえろ」に出演しました。このドラマは警視庁七曲警察署捜査第一係の刑事の活躍を描いた人気ドラマで15年近く放送されました。

高橋恵子さんは七曲署の婦人警官「シンコ」役で人気を博し、2年間レギュラー出演しました。

NEXT:1977年、自殺未遂を起こし女優業を一時休止
1/2