気分転換におすすめの方法を紹介!うまくできないときやNG行動は? 恋愛・心理

気分転換におすすめの方法を紹介!うまくできないときやNG行動は?

気分転換におすすめな方法とは、どんなことでしょう。また、気分転換には特別な意味があるのでしょうか。気分転換がうまく出来ないと、うつ病になる可能性もあると言います。一人旅など、自分だけでも気分転換はできます。これらについて詳しく考えていきます。

目次

[表示]

気分転換とは?どんなときにするもの?

Myriams-Fotos / Pixabay

気分転換におすすめな方法には、どんなことがあるでしょう。気分転換すべき時や、どういう方法で行うものなのか、順を追って見ていきましょう。

気分転換の意味や効果は?

気分転換にはどんな意味があり、どんな効果があるでしょうか。気分転換とは心身どちらでも、疲れたと感じる気分をリセットしたい時の行動様式のことです。何か次のステップに進む前には大きな効果があります。

仕事でも毎日が同じことの繰り返しだと、精神的に疲れます。あるいは過度の緊張に晒されると、普段よりも疲労感を感じるでしょう。そのような時、臨機応変に気分をリフレッシュする意味があります。

気分転換すべきとき①心身の疲労があるとき

Sponchia / Pixabay

心身共に疲れた、と感じる時などには気分転換は必要なことです。体の疲労は具体的な体力消耗で解りやすいですが、メンタルの疲れには意外と気が付きません。無理を強いると一晩寝るだけで済まないかもしれません。

疲労には「休息」こそ一番ですが、先に目先の気分を変えておくとしっかり休めます。サボりではなく、これはリフレッシュなのです。頑張った自分へご褒美をあげてもいいでしょう。

気分転換すべきとき②人間関係の悩みがあるとき

johnhain / Pixabay

職場にせよ学校にせよ、対人関係がうまくいっていないと、まずメンタルがやられます。このダメージは当然体へも及び、大きな疲労感を感じることになります。

無理に取り組んだり、いい人を演じてばかりいないで気持ちを一旦逸らしましょう。一拍置いて、自分を客観視することも大切なことです。

気分転換すべきとき③恋愛がうまくいってないとき

Takmeomeo / Pixabay

人間関係の中でも、恋愛がうまくいかないのは心に大きく圧し掛かってきます。ケンカもそうですが、フラれたりした時にはダメージも大きいでしょう。色恋如きで仕事は休めない、という無理は禁物です。

感受性には個人差がありますが、やはり恋愛で躓いた時も気分転換は必要でしょう。何かで気を紛らせてリフレッシュする方法を取るべきです。

気分転換すべきとき④仕事で大きなミスをしてしまったとき

stevepb / Pixabay

社会人にとって、仕事上のミスが大きければ相当なストレスとなります。ミスを挽回しようとするあまり、逆に深みにハマるケースもあるでしょう。ミスは誰にでもあると、一旦「引く」勇気を持ちましょう。

大きな失態とは、それだけ大きな仕事を任されていた証拠でもあるのです。そのままの状態で突進せず、一度気分転換して出直す方が、実際早い挽回に繋がることは多いでしょう。

気分転換ができていないと何が起こる?

geralt / Pixabay

上手に気分転換が出来ていないと、ストレスの素になり、集中力が落ちます。定期的に気分転換をしていないと、疲労が蓄積してむしろ回復に時間がかかることにもなります。

集中力が低下するとミスを起こしやすくなり、ストレスが溜まります。この「悪循環」に陥らないためにも、日常的にリフレッシュの時間を持つことは重要なのです。

寂しい時の過ごし方は?、に関する記事はこちら!

自分でできる気分転換の方法は?

AbsolutVision / Pixabay

では、自分ひとりだけで出来る気分転換の方法にはどんなものがあるでしょうか。ここでは、おすすめの方法をいくつもピックアップしました。

自分に合った方法とは何か、考えながらお読みください。

深呼吸を繰り返す

alfcermed / Pixabay

深呼吸には、それ自体いくつかの意味があります。まず呼吸数を抑えることで、リラックス効果が得られます。そして大きく呼吸することで、循環器の動きが促進され代謝が上がります。

その場でいつでも行える方法ですから、手軽でおすすめな方法と言えるのではないでしょうか。

瞑想を習慣にする

terimakasih0 / Pixabay

瞑想(メディテーション)は、近年多くのビジネスマンや、経営者などの間で流行しています。カルチャースクールでもヨガとセットにして教室が開かれていることが多いです。

無論、正しい瞑想の方法を習って行うことがベストですが、ノウハウ本などで学んでもいいでしょう。瞑想は、取組み始めにはなかなか要領を得ないものです。しかし継続し、習慣化すると効果が発現します。

湯船につかる、シャワーでもOK

ErikaWittlieb / Pixabay

入浴は、全身の副交感神経を優位にして、大きなリラックス効果が得られる方法です。湯船に浸かることで、その温熱効果から体が暖まります。そして水圧がかかることで循環器が刺激され血行促進されます。

時間がない時や、のぼせやすい体質の方はシャワーでも効果は得られます。何よりも、体が清潔に保たれることのリフレッシュ効果は大きいものです。

好きなものを食べる

rawpixel / Pixabay

好きなものを食べることも気分転換に有効な方法です。特に「スイーツ」はストレス解消には絶大な効果がある、人気の方法です。レストランに行かなくても、コンビニのスイーツは近年進歩しました。

料理も冷凍食品で本格的なものがありますし、デパチカで購入して家飲みするのもいいでしょう。ただし摂取カロリーにはくれぐれも気を付けてください。

高い所から景色を眺める

Free-Photos / Pixabay

景色の良いところに行くのは、日常から解放される良い機会になります。特に高い所から「見下ろす」景色はストレス解消には大きな効果があります。

高層ビルなどのラウンジなどから、夜景を見下ろすことも非常に良い気分転換になるでしょう。

運動やストレッチをする

運動嫌いな人もいますから、万人向けではありませんが、軽い運動は気分転換に役立ちます。ストレッチで体を伸ばすことでも体をリフレッシュさせる効能があります。

しかし気分転換が目的となる場合、ハードにはせず軽めの運動に留める方が有効でしょう。

身の回りの掃除・断捨離

jarmoluk / Pixabay

部屋、すなわち環境の乱れはそのまま心の乱れを表すと言います。これは、どちらが「先」ともいえるのです。もしも身の回りが散らかっていたら、掃除をしてみましょう。

思い切った「断捨離」が、非常に大きな効果を生むことは多くの人が語っています。身の回りがきれいに片付くと、それにつれて気持ちも落ち着いてくるものです。

服や下着を新調する

jackmac34 / Pixabay

身辺を清める意味では、洋服や特に「下着」を新調するのも良いでしょう。身につけるものが一新されると、気持ちも晴れやかになってくるものです。

旅行で非日常を味わう

Pexels / Pixabay

旅行は気分転換の中でも、最大級の方法でしょう。あまり計画的にせず、一人旅もいいものです。一人旅の利点は無計画でいいことと、気遣い無用なことでしょう。

時間がなくて難しいという人も、一人旅なら急に取れた休暇でも出来るでしょう。前述した「入浴」と「美味しいもの」を一挙両得できる温泉旅行などおすすめです。

気の置けない友達と会話する

StockSnap / Pixabay

これは「相手」を必要とする内容ですが、気の置けない何でも話せる友人と話すのは気分転換になるでしょう。この場合、職場でいつも顔を合わせる仲間もいいですが、少しの遠出で会いに行くのもおすすめです。

普段話している職場の友人とは、違った感覚・感性で話しが出来て、刺激をもらえて気分転換になります。

アロマを焚く

fudowakira0 / Pixabay

「アロマテラピー」という言葉がある通り、アロマはストレス解消方法の代表格です。しかも手軽に比較的安価に試せることが大きなメリットです。

お香タイプでもキャンドルでも、本格的ディフューザーでもどれでも有効。コーンタイプで着火するだけのものなどはお手軽な割に効能が大きいようです。

本を読む

StockSnap / Pixabay

これは人によりけりですが、読書で気分転換するのは素敵な方法の一つです。特に名作や大作などをわざわざ選ばなくてもいいのです。ライトノベルでも啓蒙本でも、異世界に瞬間移動できます。

読書とは言えないかもしれませんが、連続もののコミックを読破するのも非常に大きな気分転換になります。物語の中に自分を「投影」できると気持ちがリフレッシュします。

自然が豊かな場所に行く

ROverhate / Pixabay

自然に触れることは、人にとって最高の気分転換になり得ます。特に都会で暮らす人にとっては、何気ない風景も癒しになるでしょう。

首都圏近郊でも、最近は大規模な公園がありますので、一度調べてみてはいかがでしょうか。

動物に癒される

Pezibear / Pixabay

医学の世界では「アニマルセラピー」という手法も取り入れられるほどです。動物との触れ合いは、人からは得られない異質の癒しがあるようです。都会でも動物カフェなどがあって利用できます。

動物園で童心に帰るというのも、非日常的で良いかもしれません。

ファッションや髪型を変える

1866946 / Pixabay

イメチェンを行うことで、気分が一新され気分転換になります。新しい自分自身を見ることもそうですが、身近な人に見つけてもらえる楽しさもあるでしょう。

思い切ったイメチェンでなくても、少しの変化をつけるだけでも気持ちの切り替えになります。まず「見かけ」から入るというのは、気分転換では有効な手段です。

家の換気をする

psaudio / Pixabay

部屋の空気が澱んでいるような気持ちがしたら、積極的に換気をしてみましょう。空気は目に見えないものではありますが、外気に触れることでリフレッシュ効果が期待できます。

コーヒーや紅茶を飲む

cocoparisienne / Pixabay

好きな飲み物を時間をかけて楽しむことも効果的でしょう。この時香りが高いコーヒーや紅茶などは、嗅覚の刺激になって、より大きな気分転換になります。ココアも落ち着きが得られるといいます。

コーヒー・紅茶は「カフェイン」も含有していますので、シャキっとなる効能が狙えます。何かの合間でも、始める時でも「ティーブレイク」を取り入れると気分転換になります。

好きなテレビ番組を観る

StockSnap / Pixabay

自分の好きなジャンルのテレビ番組を見ることもおすすめです。この時決して、ダラダラと長時間にならないよう、録画したものや動画サイトなどが利用できればベターでしょう。

スマホやPCでも、地上波放送後の番組を配信するサービスがあります。有料ですが、オンデマンドで番組を見る方法もあります。1時間程度のバラエティや、30分区切りのアニメなどはおすすめです。

手軽に見始めて、手軽に終われるようにすることがコツでしょう。続き物であれば、次の気分転換用にとっておくのもいい方法です。

音楽で心のゆとりを思い出す

theglassdesk / Pixabay

好きな音楽に浸ることも手軽に導入できる気分転換の方法です。1曲の尺は多くの曲では5分前後ですし、アルバム通しでも1時間かからないものが多いです。

音楽の最大の特徴は、何回リピートしても好きな曲は飽きないことです。他のメディアですと意味や内容が解っていますとマンネリしますが、音楽だけはその特性がありません。

ヘビロテできる「プレイリスト」を作成しておくと利用するのに便利でしょう。スマートスピーカーを上手に利用すると、手も触れずに声で命令するだけで音楽を楽しめます。

カフェに行く

analogicus / Pixabay

気分を変えるには、環境を変えることは有効です。オシャレ感のあるカフェなどで、ゆったり過ごしてみるのもいいでしょう。天気が良ければ、外気に触れながらコーヒーなど、一度に2つの気分転換です。

モバイルPCを持ち込んで、好きなことをしたり、スマホやレコーダーで音楽に浸ることもできます。あまり混雑しないお店を選ぶことがコツかもしれません。

NEXT:美術館や博物館に行く
1/3